Product SiteDocumentation Site

4.2. ネットワークキング

4.2.1. NetworkManager Bluetooth DUN

多くの旧式電話は Bluetooth ダイアルアップネットワーキング (DUN) 経由でコンピュータに対するモバイルブロードバンド共有をサポートしています。 電話とコンピュータが一組となる場合、 コンピュータは電話が仮想シリアルポートを提供するよう要求し、 次にそのコンピュータはその仮想シリアルポートを通常のモバイルブロードバンド接続カードとして扱い AT コマンドを送信して PPP を開始します。
gnome-bluetooth プラグインの拡張機能では、 nm-applet メニューで電話とネットワーク接続が使用可能になると、 ユーザーは数クリックでネットワーク接続のセットアップを行うことができるようになります。
The Fedora user now will only have one tool to use instead of having to use a 3rd-party tool that doesn't fully function with Fedora.

4.2.2. NetworkManager Command Line

NetworkManager Command Line を使用するとユーザーはGUI を使用することなく NetworkManager を制御することができるようになります。
ユーザーによるターミナルやヘッドレスのマシン、 適切な CLI クライアントを持つ initscripts などからの NetworkManager の制御を可能にするツールを NetworkManager は作成しました。 非常に軽量なツールを持たせることがこのプログラムの目的となります。 従ってツールは Python で記述されたものより C で記述されたものが好まれます。
NetworkManager をサーバー環境により適したものにしネットワーク構成を統合強化することが NetworkManager Command Line により Fedora ユーザーにもたらされる利点となります。

4.2.3. NetworkManager Mobile Status

NetworkManager アプレットは、 この機能がサポートされているカードに対して接続されている間、 現在の信号の強さ、 無線通信技術 (GPRS/EDGE/UMTS/HSPA または 1x/EVDO など)、 ローミング状態などを表示します。
Mobile Status によりモバイルブロードバンドが使い易くなるというのが Feodra ユーザーにとっての利点となります。 ユーザーはいつ手持ちのデバイスにシグナルがありローミングしているのかいないのかを知ることができるようになります。 これにより経済的な効果を得られる可能性もあります。

4.2.4. NFS

「ファイルシステム」 を参照してください。