Product SiteDocumentation Site

5.7. システムデーモン

5.7.1. mdadm

mdadm プログラムは Linux md デバイスを制御します (ソフトウェアで実装される 独立したディスクの冗長なアレイ、 または ソフトウェア RAID)。 アレイの作成、 組み立て、 報告、 監視が可能で、 必要に応じてアレイ間で予備ストレージを移動することもできます。
The version of mdadm in Fedora 13 has been upgraded from version 3.0.2 to version 3.1.1. The most important changes include:
  • コンテナ 内の メンバー がアクティブなうちはそのコンテナを停止することができなくなります。
  • homehost パラメータが AUTO 設定行に追加されています。 -all オプションと一緒に使用すると、 このパラメータにより mdadm はこのホストに属するアレイをすべて自動的に組み立て、 他のアレイは一切自動的には組み立てないようにします。
  • 以前は相互依存関係を持つアレイは特定の順序で mdadm.conf に記載しなければなりませんでした。 今後はこの順序が重要ではなくなります。

5.7.2. openssh-server

Openssh-server は SSH プロトコル用のオープンソースのサーバーデーモンです。
The version of openssh-server in Fedora 13 has been upgraded from version 5.2p1 to version 5.4p1. The most important changes include:
  • SSH プロトコル 1 はデフォルトでは無効になります。
  • PKCS#11 トークンのサポートが追加されました。
  • 新しい最小の OpenSSH 証明書形式を使ったユーザーとホストの証明書認証のサポートが追加されました (X.509 ではない)。
  • クライアントの標準入出力をサーバーの単一ポートフォワードに接続する netcat mode が追加されました。
  • sshd および ssh へのキーを破棄できる機能が追加されました。
詳細は http://www.openssh.com/txt/release-5.4 を参照してください。