Product SiteDocumentation Site

7.4. What's new for amateur radio operators

Fedora  13 には、アマチュアラジオを操作するユーザーやこの機能に興味があるユーザーには注目を引くアプリケーションやライブラリが複数含まれています。 これらのアプリケーションの多くは Fedora Electronic Lab スピンに収納されています。 また、 Circuit Design、 Embedded Development、 Science and Mathematics にもアプリケーションがあります。 Fedora 内で利用できるアマチュアラジオの全アプリケーション一覧は wiki の http://fedoraproject.org/wiki/Applications_for_Amateur_RadioApplications for amateur radio を参照してください。
このセクションでは Fedora 12 からアプリケーションへの大幅な変更について概説しています。 小規模の変更を含めたすべての変更点に関する詳細は http://docs.fedoraproject.orgFedora 13 Technical Notes (テクニカルノート) を参照してください。

7.4.1. hamlib

hamlib has been updated to version 1.2.10. New capabilities include:
  • 新しいモデル: IC-7200、 PCR-1500、 PCR-2500、 RX-340、 R&S ESMC、 BC898T、 Si570 AVR-USB、 Paragon (スケルトン)
  • 新しい rotator バックエンド: SPID、 GS-232 (A または B ではない)
  • 修正と特長:
    • TH-F7E、 K2、 FT-920、 Yaesu NewCAT、 IC-7000、 IC-7800、 IC-910、 IC-718、 IC-756PROIII、 Tentec Orion、 Jupiter、 RX320、 AOR-8000、 PCR-1000、 Video4Linux、 Kenwood の全バックエンド、 GS-232A
    • バックエンド記号での ABI バージョン
    • rig_set_conf() を通じて PTT/DCD セットアップを公開します
    • 並列ポート PTT が cwdaemon (STROBE+INIT) インターフェイスに従うようになります
    • バインディング
    • ltdl 更新

7.4.2. xastir

xastir 1.9.6 で修正された多くのバグの他、 NIMS 標準 ICS の使用に準拠するよう形状と用語が更新されています。