Product SiteDocumentation Site

14.3.3. Firewall Considerations

VNC ビューワシステムが、ターゲットシステムとは異なるサブネット上のワークステーションで ある状況でインストールを実行している場合、ネットワークルーティング問題に遭遇するかも 知れません。ビューワシステムがターゲットシステムへルートして、ポート 5900 と 5901 が 開いている限りは VNC はちゃんと機能します。使用中の環境がファイアウォールを持つ場合、 ポート 5900 と 5901 が ワークステーションとターゲットシステム間で開いていることを確認して 下さい。
vnc ブートパラメータを渡すことに加えて、これらの状況では vncpassword パラメータも渡すと良いでしょう。パスワードが ネットワーク上で平文で送信されている間、ビューワがシステムに接続するまで余分のステップを 提供しません。ビューワが VNC 上でターゲットシステムに接続すると、他の接続はもう許可 されません。これらの制限は通常インストール目的には十分です。

Important

vncpassword オプションには一時的なパスワードを使用することに 注意して下さい。このパスワードはどのシステムにも使用するようなパスワードであってはいけません。 特に本当の root パスワードは厳禁です。
If you continue to have trouble, consider using the vnc vncconnect parameter. In this mode of operation, you start the viewer on your system first telling it to listen for an incoming connection. Pass vnc vncconnect=HOST[:port] at the boot prompt and the installer will attempt to connect to the specified HOST (either a hostname or IP address). Specifying the port is optional.