Product SiteDocumentation Site

14.3.2. キックスタートの考慮

ターゲットシステムがネットワーク経由でブートする場合でも、VNC はまだ使用可能です。 そのシステム用のキックスタートファイルに vnc コマンドを 追加するだけです。VNC ビューワを使用すればターゲットシステムへの接続とインストールの 進捗をモニターすることができます。使用するアドレスはシステムがキックスタートファイル経由で 設定されているアドレスです。
If you are using DHCP for the target system, the reverse vnc vncconnect method may work better for you. Rather than adding the vnc boot parameter to the kickstart file, add the vnc vncconnect=HOST[:port] parameter to the list of boot arguments for the target system. For HOST, put the IP address or DNS host name of the VNC viewer system. Specifying the port is optional. See the next section for more details on using the vncconnect mode.