Product SiteDocumentation Site

C.3. Anaconda 内で暗号化したブロックデバイスを作成

システムインストール中に暗号化したデバイスを作成できます。これにより、 システムを暗号化したパーティションで簡単に設定することができます。
ブロックデバイスの暗号化を有効にする場合はパーティションの自動作成時に「Encrypt System (システムの暗号化)」チェックボックスに印を付けるか、 個別パーティションやソフトウェア RAID アレイ、 論理ボリュームの作成時なら「Encrypt (暗号化)」のチェックボックスに印を付けます。 パーティション作成が終了すると暗号化のパスフレーズが求められます。 このパスフレーズが暗号化デバイスにアクセスする際に求められます。 既存の LUKS デバイスがありインストールプロセスの際に既に適切なパスフレーズを入力している場合は、 パスフレーズ入力ダイアログにもチェックボックスが表示されます。 このチェックボックスに印を付けると、 暗合化されている既存のブロックデバイスそれぞれのスロットに新しいパスフレーズを追加することになります。

ヒント

「Automatic Partitioning (自動パーティション作成)」画面にある「Encrypt System (システムの暗号化)」チェックボックスに印を付けて「Create custom layout (カスタムのレイアウトを作成)」を選択してもブロックデバイスが自動的に暗号化されるわけではありません。

ヒント

kickstart を使用すると、それぞれの新規暗号化済みブロックデバイス用に 個別のパスフレーズを設定することができます。

C.3.1. 暗号化できるブロックデバイスの種類は?

ほとんどのタイプのブロックデバイスで LUKS を使用した暗号化が出来ます。anaconda から パーティション、LVM 物理ボリューム、LVM 論理ボリューム、及びソフトウェア RAID アレイを 暗号化することができます。