Product SiteDocumentation Site

C.4.4. マッピングを作成して解読されたデバイスの内容にアクセスできるようにする

解読したデバイスの内容にアクセスにはカーネル device-mapper を使ってマッピングを確立する必要があります。
このマッピングにはわかりやすい名前を選択すると便利です。 LUKS は各デバイスに UUID (ユニバーサルに固有となる識別子) を与えます。 デバイス名とは異なり (/dev/sda3 など)、 LUKS ヘッダーが変わらない限り不変となります。 LUKS デバイスの UUID を見つけるには次のコマンドを実行します。
cryptsetup luksUUID <device>
An example of a reliable, informative and unique mapping name would be luks-<uuid>, where <uuid> is replaced with the device's LUKS UUID (eg: luks-50ec957a-5b5a-47ee-85e6-f8085bbc97a8). This naming convention might seem unwieldy but is it not necessary to type it often.
cryptsetup luksOpen <device> <name>
There should now be a device node, /dev/mapper/<name>, which represents the decrypted device. This block device can be read from and written to like any other unencrypted block device.
マップしたデバイスに関する情報の一部を見るには以下のコマンドを使用します:
dmsetup info <name>

ヒント

詳細情報には、dmsetup(8) man ページをご覧下さい。