Product SiteDocumentation Site

第7章 インストールをブートする

7.1. インストールプログラムを起動する
7.1.1. x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムでインストールプログラムを起動する
7.1.2. The Boot Menu
7.1.3. 追加のブートオプション
7.2. 異なるソースからのインストール
7.3. PXE を使用してネットワークからブートする

重要 — 32-bit x86 システム対応の UEFI

Fedora 16 does not support UEFI for 32-bit x86 systems.

重要 — AMD64 と Intel 64 対応の UEFI

UEFI と BIOS のブート設定はお互いに明確な相違を持っています。そのため、インストール済のシステムは インストール時に使用されたものと同じファームウェアを使用してブートする必要があります。BIOS を使用するシステムで オペレーティングシステムをインストールして、それから UEFI を使用するシステムでこのインストールをブートすることは できません。
Fedora 16 supports version 2.2 of the UEFI specification. Hardware that supports version 2.3 of the UEFI specification or later should boot and operate with Fedora 16, but the additional functionality defined by these later specifications will not be available. The UEFI specifications are available from http://www.uefi.org/specs/agreement/
To start the installation program from a Fedora DVD or from minimal boot media, follow this procedure:
  1. インストールに必要のない外部の FireWire ディスク、又は USB ディスクを取り外します。 詳細情報には 「FireWire と USB のディスク」 を参照して下さい。
  2. コンピュータシステムの電源を入れます。
  3. コンピュータにメディアを挿入します。
  4. ブートメディアが挿入された状態でコンピュータの電源をオフにします。
  5. コンピュータシステムの電源を入れます。
You might need to press a specific key or combination of keys to boot from the media. On most computers, a message appears briefly on the screen very soon after you turn on the computer. Typically, it is worded something like Press F10 to select boot device, although the specific wording and the key that you must press varies widely from computer to computer. Consult the documentation for your computer or motherboard, or seek support from the hardware manufacturer or vendor. On Apple computers, the C key boots the system from the DVD drive. On older Apple hardware you might need to press Cmd+Opt+Shift+Del to boot from the DVD drive.
If your computer does not allow you to select a boot device as it starts up, you might need to configure your system's Basic Input/Output System (BIOS) to boot from the media.
x86、AMD64、あるいは Intel 64 のシステム上で BIOS セッティングを変更するには、 コンピュータが最初にブートする時点でディスプレイ上に提供される指示を確認します。 1行のテキストが表示されて BIOS セッティングに入るために押すキーを知らせます。
BIOS セットアッププログラムに入った後は、ブート順番を変更できるセクションを見つけます。デフォルトでは多くの場合、C から A、又は A から C (ハードドライブ [C] からブートするか、 フロッピィ [A] からブートするかで異なります)となっています。この順番を DVD が 最初にブートできるような順番に変更し、 C か A が2番目になるようにします。この設定が コンピュータに対してブート可能なメディア用に最初に DVD ドライブを見るように指示します。 コンピュータは DVD ドライブにブート可能なメディアを見つけない場合には、2番目にあるハードドライブか、フロッピィドライブをチェックします。
変更を保存してから BIOS を退出します。詳細情報は、使用システムに添付してある 資料でご覧下さい。

注記 — インストールの中止

To abort the installation, either press Ctrl +Alt+Del or power off your computer with the power switch. You may abort the installation process without consequence at any time prior to selecting Write changes to disk on the Write partitioning to disk screen. Fedora makes no permanent changes to your computer until that point. Please be aware that stopping the installation after partitioning has begun can leave your computer unusable.

7.1. インストールプログラムを起動する

重要 — 32-bit x86 システム対応の UEFI

Fedora 16 does not support UEFI for 32-bit x86 systems.

重要 — AMD64 と Intel 64 対応の UEFI

UEFI と BIOS のブート設定はお互いに明確な相違を持っています。そのため、インストール済のシステムは インストール時に使用されたものと同じファームウェアを使用してブートする必要があります。BIOS を使用するシステムで オペレーティングシステムをインストールして、それから UEFI を使用するシステムでこのインストールをブートすることは できません。
Fedora 16 supports version 2.2 of the UEFI specification. Hardware that supports version 2.3 of the UEFI specification or later should boot and operate with Fedora 16, but the additional functionality defined by these later specifications will not be available. The UEFI specifications are available from http://www.uefi.org/specs/agreement/
To start, first make sure that you have all necessary resources for the installation. If you have already read through 4章x86 アーキテクチャ上のインストール計画, and followed the instructions, you should be ready to start the installation process. When you have verified that you are ready to begin, boot the installation program using the Fedora DVD or any boot media that you have created.

7.1.1. x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムでインストールプログラムを起動する

次のいずれかのメディアを使ってインストールプログラムをブートできます(ご使用のシステムがサポートするメディアによります)。
  • Fedora DVD — Your machine supports a bootable DVD drive and you have the Fedora installation DVD.
  • Fedora live CD — Your machine supports a bootable CD drive and you have a Fedora live CD.
  • ブートCD-ROM — ご使用のマシンがブート可能な CD-ROM ドライブをサポートし、ネットワークインストールかハードドライブインストールを行なう場合。
  • USB フラッシュドライブ — マシンが USB デバイスからの起動に対応している場合。
  • ネットワーク経由による PXE 起動 — マシンがネットワークからの起動に対応している場合。 これは高度なインストールパスになります。 この方法に関する詳しい説明は 13章Setting Up an Installation Server を参照してください。
ブート用 又はインストール用に 起動 CD-ROM を作成するか、USB フラッシュドライブを準備するには 「最低限ブートメディアの作成」 を参照してください。
ブートメディアを挿入してシステムをリブートします。
You might need to press a specific key or combination of keys to boot from the media. On most computers, a message appears briefly on the screen very soon after you turn on the computer. Typically, it is worded something like Press F10 to select boot device, although the specific wording and the key that you must press varies widely from computer to computer. Consult the documentation for your computer or motherboard, or seek support from the hardware manufacturer or vendor. On Apple computers, the C key boots the system from the DVD drive. On older Apple hardware you might need to press Cmd+Opt+Shift+Del to boot from the DVD drive.
If your computer does not allow you to select a boot device as it starts up, you might need to configure your system's Basic Input/Output System (BIOS) to boot from the media.
x86、AMD64、あるいは Intel 64 のシステム上で BIOS セッティングを変更するには、 コンピュータが最初にブートする時点でディスプレイ上に提供される指示を確認します。 1行のテキストが表示されて BIOS セッティングに入るために押すキーを知らせます。
BIOS セットアッププログラムに入った後は、ブート順番を変更できるセクションを見つけます。デフォルトでは多くの場合、C から A、又は A から C (ハードドライブ [C] からブートするか、 フロッピィ [A] からブートするかで異なります)となっています。この順番を DVD が 最初にブートできるような順番に変更し、 C か A が2番目になるようにします。この設定が コンピュータに対してブート可能なメディア用に最初に DVD ドライブを見るように指示します。 コンピュータは DVD ドライブにブート可能なメディアを見つけない場合には、2番目にあるハードドライブか、フロッピィドライブをチェックします。
変更を保存してから BIOS を退出します。詳細情報は、使用システムに添付してある 資料でご覧下さい。
After a short delay, the graphical boot screen appears, which contains information on a variety of boot options. Installation program automatically begins if you take no action within the first minute. For a description of the options available on this screen, refer to 「The Boot Menu」.
Alternatively, press the Esc key to access the boot: prompt, at which you can enter additional boot options as described in 「追加のブートオプション」.

7.1.2. The Boot Menu

The boot media displays a graphical boot menu with two options:
Install or upgrade an existing system
This option is the default. Choose this option to install Fedora onto your computer system using the graphical installation program.
Troubleshooting
This option leads to a menu with several additional boot options.
If no key is hit within 60 seconds, the default boot option runs. To choose the default, either wait for the timer to run out or hit Enter on the keyboard. To choose another option, use the arrow keys on your keyboard and hit Enter when Troubleshooting is highlighted. If you want to customize the boot options for a particular option, press the Tab key. To access the boot: prompt at which you can specify custom boot options, press the Esc key and refer to 「追加のブートオプション」.
ブート画面
ブート画面
図7.1 ブート画面

一般的なブートオプションの一覧と説明には、11章ブートオプション を参照して下さい。
The boot options in the Troubleshooting menu are:
Install Fedora in basic graphics mode
This option allows you to install Fedora in graphical mode even if the installation program is unable to load the correct driver for your video card. If your screen appears distorted or goes blank when using the Install or upgrade an existing system option, restart your computer and try this option instead.
Rescue a Fedora system
Choose this option to repair a problem with your installed Fedora system that prevents you from booting normally. Although Fedora is an exceptionally stable computing platform, it is still possible for occasional problems to occur that prevent booting. The rescue environment contains utility programs that allow you fix a wide variety of these problems.
Run a memory test
This option runs an exhaustive test on the memory on your system. For more information, refer to 「メモリー (RAM) テストモードのロード」.
Boot from local drive
このオプションは、最初にインストールされたディスクからシステムをブートします。偶然にインストールディスクからブートした場合、 すぐにこのオプションを使用して、インストーラを開始しないでハードディスクからブートします。

7.1.3. 追加のブートオプション

While it is easiest to boot using a DVD and perform a graphical installation, sometimes there are installation scenarios where booting in a different manner may be needed. This section discusses additional boot options available for Fedora.
To pass options to the boot loader on an x86, AMD64, or Intel 64 system, press the Esc key at boot time. The boot: prompt appears, at which you can use the boot loader options described below.

Note

このセクションで触れていない他のブートオプションについては、11章ブートオプション を参照してください。
  • テキストモードインストールを実行するには、インストールブートプロンプトで以下を入力します:
    linux text
  • インストールソースを指定するには、 linux repo= オプションを使用します。例えば:
    linux repo=cdrom:device
    linux repo=ftp://username:password@URL
    linux repo=http://URL
    linux repo=hd:device
    linux repo=nfs:options:server:/path
    linux repo=nfsiso:options:server:/path
    これらの例の中では、cdrom は、CD か DVD のドライブを示し、 ftp は FTP によりアクセス可能な場所を示し、http は HTTP によりアクセス可能な場所を示しており、hd はハードドライブパーティション上で アクセス可能な ISO イメージファイルを示して、さらに nfs は NFS でアクセス可能な 展開したインストールツリーを示して、それから nfsiso は NFS でアクセス可能な ISO イメージファイルを示しています。
  • ISO イメージはその中に SHA256 チェックサムを組み込んでいます。 ISO イメージのチェックサム整合性をテストするには、 インストールブートプロンプトで以下を入力します:
    linux mediacheck
    The installation program prompts you to insert a DVD or select an ISO image to test, and select OK to perform the checksum operation. This checksum operation can be performed on any Fedora DVD. It is strongly recommended to perform this operation on any Fedora DVD that was created from downloaded ISO images. This command works with the DVD, hard drive ISO, and NFS ISO installation methods.
  • シリアルモード でインストールを実行する必要がある場合は、以下のコマンドを入力します:
    linux console=<device>
    テキストモードインストールには、次を使用します。
    linux text console=<device>
    In the above command, <device> should be the device you are using (such as ttyS0 or ttyS1). For example, linux text console=ttyS0.
    Text mode installations using a serial terminal work best when the terminal supports UTF-8. Under UNIX and Linux, Kermit supports UTF-8. For Windows, Kermit '95 works well. Non-UTF-8 capable terminals works as long as only English is used during the installation process. An enhanced serial display can be used by passing the utf8 command as a boot-time option to the installation program. For example:
    linux console=ttyS0 utf8

7.1.3.1. カーネルオプション

オプションをカーネルに渡すこともできます。 例えば、USB ストレージデバイス から anaconda インストールプログラムの更新を適用するには次を入力します:
linux updates
テキストモードインストールには、次を使用します。
linux text updates
このコマンドは anaconda の更新を含んでいるデバイスへの パスを要求する結果となります。ネットワークインストールを実行していてサーバー上の rhupdates/ に更新イメージの内容を取り込んでいる場合は必要ありません。
オプションを入力したら、これらのオプションを使ってブートするよう Enter を押します。
ハードウェアを認識するために起動オプションを指定する必要がある場合は、 そのオプションを書き留めておきます。 この起動オプションはインストールのブートローダー設定部分で必要になります (詳細については 「x86、 AMD64、及び Intel 64 のブートローダ設定」 を参照してください)。
カーネルオプションについての詳細は 11章ブートオプション を参照してください。