Product SiteDocumentation Site

9.12. パーティションの暗号化

「システムを暗号化(Encrypt System)」 のオプションを選択していた場合、 インストーラはシステムのパーティション暗号化に使用するパスフレーズを催促してきます。
パーティションは Linux 統一キーセットアップ(Linux Unified Key Setup) を 使用して暗号化できます。 — 詳細情報には、付録C ディスク暗号化 を 参照して下さい。
暗号化されたパーティション用のパスフレーズを入力
このダイアログには、パスフレーズを入力してそれを確定するためのテキストボックスが含まれています。
図9.37 暗号化されたパーティション用のパスフレーズを入力

パスフレーズを選択して、ダイアログボックスの2つのフィールド両方にそれを記入します。このパスフレーズは システムがブートする度に提供する必要があります。

警告 — このパスフレーズを紛失しないで下さい

このパスフレーズを紛失すると、暗号化したパーティションとそこにあるデータは完全に アクセス不可能になります。そして紛失したパスフレーズを取り返す手段はありません。
Note that if you perform a kickstart installation of Fedora, you can save encryption passphrases and create backup encryption passphrases during installation. Refer to 「パスフレーズの保存」 and 「バックアップパスフレーズの作成と保存」.