Product SiteDocumentation Site

8.3.5. Installing via FTP or HTTP

重要 — プロトコルを指定しなければなりません

インストールソースに対して URL を提供するとき、プロトコルとして、明示的に http://ftp:// を指定する必要があります。
The URL dialog applies only if you are installing from a FTP or HTTP server (if you selected URL in the Installation Method dialog). This dialog prompts you for information about the FTP or HTTP server from which you are installing Fedora. If you used the repo=ftp or repo=http boot option, you already specified a server and path.
インストール元となる FTP 又は HTTP サイトの 名前か IP アドレスを入力して、 使用アーキテクチャの /images ディレクトリを含んでいる ディレクトリの名前を入力します。例えば:
/mirrors/fedora/F-16/Server/i386/
proxy サーバーのアドレスを指定して、必要であればポート番号、ユーザー名、及び パスワードを提供します。全てが正常に指定されるとメッセージボックスが出てきて ファイルがサーバーから取り込まれていることを表示します。
使用している FTP 又は HTTP サーバーがユーザー認証を必要とする場合、以下のようにして URL の一部としてユーザーとパスワードを指定します:
{ftp|http}://<user>:<password>@<hostname>[:<port>]/<directory>/
例えば:
http://install:fedora16pw@name.example.com/mirrors/fedora/F-16/Server/i386/
URL Setup Dialog
URL setup dialog.
図8.11 URL Setup Dialog

Proceed with 9章Installing using anaconda.