Product SiteDocumentation Site

9.11. Disk Partitioning Setup

警告 — データをバックアップして下さい

システム上のデータは常にすべてバックアップをしておいた方がよいでしょう。例えば、アップグレードをするときやデュアルブートを作成する場合、ストレージデバイスに保存しておきたいデータはすべてバックアップしておくべきです。万一の場合、 誤ってデータを喪失してしまう恐れがあります。

重要 — テキストモードでインストール

Fedora をテキストモードでインストールする場合は、 このセクションに記載している通りデフォルトのパーティション設定しか使用しません。 インストーラが自動的に追加や削除をするもの以外、 パーティションやファイルシステムの追加または削除はできません。 インストール時にカスタムのレイアウトを必要とする場合は、 VNC 接続経由かキックスタートインストールでグラフィカルなインストールを行ってください。
更には、LVM、暗号化したファイルシステム、及びサイズ変更可能なファイルシステムなどの高度なオプションはグラフィカルモードとキックスタートでのみ使用可能です。

Important — Booting from RAIDs

If you have a RAID card, be aware that some BIOSes do not support booting from the RAID card. In cases such as these, the /boot/ partition must be created on a partition outside of the RAID array, such as on a separate hard drive. An internal hard drive is necessary to use for partition creation with problematic RAID cards.
A /boot/ partition is also necessary for software RAID setups.
If you have chosen to automatically partition your system, you should select Review and manually edit your /boot/ partition.
Partitioning allows you to divide your hard drive into isolated sections, where each section behaves as its own hard drive. Partitioning is particularly useful if you run multiple operating systems. If you are not sure how you want your system to be partitioned, read 付録A An Introduction to Disk Partitions for more information.
Disk Partitioning Setup
Choose automatic partitioning or manual partitioning.
図9.36 Disk Partitioning Setup

画面では、4つの異なる方法の内の1つでデフォルトパーティションの作成を選択するか、 あるいはカスタムレイアウトを手動で作成するためにストレージデバイスのパーティション 設定を選択できます。
最初の4つのオプションでは、自分自身でストレージデバイスのパーティション設定を行わずに自動インストールを実行することができます。システムのパーティション設定が煩雑に感じられる場合は、これらのオプションの1つを選択してインストールプログラムに ストレージデバイスのパーティション設定をさせることをお薦めします。この方法でも どのデータがシステムから削除されるかを(ある場合)制御できます。
オプションは以下のようになります:
Use All Space
このオプションを選択すると、ハードドライブ上の全ての パーティション (これには、Windows VFAT や NTFS パーティションなど他の OS で 作成されたパーティションも含まれます) を削除します。

Warning

If you select this option, all data on the selected hard drives is removed by the installation program. Do not select this option if you have information that you want to keep on the hard drives where you are installing Fedora.
In particular, do not select this option when you configure a system to chain load the Fedora boot loader from another boot loader.
Replace Existing Linux System(s)
このオプションを選択して、以前の Linux インストールで作成しているパーティションのみを削除します。これは、ハードドライブにある他のパーティション (VFAT や FAT32 パーティション) は削除しません。
現在のシステムを縮小する(Shrink Current System)
Select this option to resize your current data and partitions manually and install a default Fedora layout in the space that is freed.

Warning

If you shrink partitions on which other operating systems are installed, you might not be able to use those operating systems. Although this partitioning option does not destroy data, operating systems typically require some free space in their partitions. Before you resize a partition that holds an operating system that you might want to use again, find out how much space you need to leave free.
Use Free Space
Select this option to retain your current data and partitions and install Fedora in the unused space available on the storage drives. Ensure that there is sufficient space available on the storage drives before you select this option — refer to 「ディスク容量は十分ですか?」.

Warning

If your 64-bit x86 system uses UEFI instead of BIOS, you will need to manually create a /boot partition. This partition must have an ext3 file system. If you choose to partition automatically, your system will not boot.
Create Custom Layout
このオプションを選択してストレージドライブを手動でパーティション設定し、カスタム化したレイアウトを作成 します。「カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更」 を参照して下さい。
好みのパーティション設定法を選択するには、ダイアログボックス内の 該当説明の左側にあるラジオボタンをクリックします。
システムを暗号化(Encrypt system) を選択して、 /boot パーティション以外の全てのパーティションを暗号化します。暗号化に関する詳細情報には、付録C ディスク暗号化 を参照して下さい。
To review and make any necessary changes to the partitions created by automatic partitioning, select the Review option. After selecting Review and clicking Next to move forward, the partitions created for you by anaconda appear. You can make modifications to these partitions if they do not meet your needs.

Important — chain loading

To configure the Fedora boot loader to chain load from a different boot loader, you must specify the boot drive manually. If you chose any of the automatic partitioning options, you must now select the Review and modify partitioning layout option before you click Next or you cannot specify the correct boot drive.

Important — Mixing multipath and non-multipath devices

When you install Fedora on a system with multipath and non-multipath storage devices, the automatic partitioning layout in the installer might create volume groups that contain a mix of multipath and non-multipath devices. This defeats the purpose of multipath storage.
We advise that you select only multipath or only non-multipath devices on the disk selection screen that appears after selecting automatic partitioning. Alternatively, select custom partitioning.
Click Next once you have made your selections to proceed.