Product SiteDocumentation Site

E.3. Installing GRUB

If GRUB was not installed during the installation process, it can be installed afterward. Once installed, it automatically becomes the default boot loader.
Before installing GRUB, make sure to use the latest GRUB package available or use the GRUB package from the installation DVD. For instructions on installing packages, refer to the chapter titled Package Management with RPM in the Fedora Deployment Guide.
Once the GRUB package is installed, open a root shell prompt and run the command grub-install <location>, where <location> is the location that the GRUB Stage 1 boot loader should be installed. For example, the following command installs GRUB to the MBR of the master IDE device on the primary IDE bus:
grub-install /dev/hda
The next time the system boots, the GRUB graphical boot loader menu appears before the kernel loads into memory.

重要 — GRUB と RAID

GRUB はソフトウェア RAID を構築できません。そのため、 /boot ディレクトリは、単独の特定のディスクパーティションに 存在する必要があります。/boot ディレクトリはレベル 0 の RAID として複数のディスクに渡ってストライプ化ができません。システムでレベル 0 の RAID を 使用するには、RAID の外側で独立したパーティション上に /boot を配置します。
Similarly, because the /boot directory must reside on a single, specific disk partition, GRUB cannot boot the system if the disk holding that partition fails or is removed from the system. This is true even if the disk is mirrored in a level 1 RAID.
これらの問題は、アレイを構成している個別ディスクがシステム上で個別ディスクとして 見えている状態のソフトウェア内で実装された RAID のみに該当するものです。これらの 問題は複数のディスクが単独のデバイスとして表示されるハードウェア RAID には該当しません。