Product SiteDocumentation Site

15.4. Kickstart Options

以下のオプションはキックスタートファイル内で配置できます。キックスタートファイルの作成にグラフィカルインターフェイスを使用したい場合、キックスタート設定 のアプリケーションを使います。詳細は 16章Kickstart Configurator をご覧下さい

Note

If the option is followed by an equals mark (=), a value must be specified after it. In the example commands, options in brackets ([]) are optional arguments for the command.
autopart (optional)
自動的にパーティションを作成します — 1 GB 又はそれ以上の root (/) パーティション、スワップパーティション、そして アーキテクチャに適切な boot パーティション。part ディレクティブを使用して1つ、又は複数のデフォルトパーティションサイズを再定義することができます。
  • --encrypted — サポートのあるデバイスはすべてデフォルトで 暗号化されるべきかどうか ? これは、初期パーティション設定画面の Encrypt チェックボックスをチェックすることと同等になります。
  • --passphrase= — 全ての暗号化したデバイス用に デフォルトのシステム全体のパスフレーズを提供します。
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store data encryption keys of all encrypted volumes as files in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. The keys are stored as a separate file for each encrypted volume. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to each encrypted volume. Store these passphrases in separate files in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
ignoredisk (optional)
インストーラが指定ディスクを無視するようになります。これは、自動パーティションを使用して、 一部のパーティションが確実に無視されることを希望する場合に役に立ちます。例えば、 ignoredisk なしで、SAN クラスター上で導入しようとすると、インストーラは、パーティションテーブルを返さない SAN への受け身パスを検知するため、キックスタートは失敗します。
The syntax is:
ignoredisk --drives=drive1,drive2,...
where driveN is one of sda, sdb,..., hda,... etc.
To ignore a multipath device that does not use logical volume management (LVM), use the format disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to ignore a disk with WWID 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017, use:
ignoredisk --drives=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
Multipath devices that use LVM are not assembled until after anaconda has parsed the kickstart file. Therefore, you cannot specify these devices in the format dm-uuid-mpath. Instead, to ignore a multipath device that uses LVM, use the format disk/by-id/scsi-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to ignore a disk with WWID 58095BEC5510947BE8C0360F604351918, use:
ignoredisk --drives=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

Warning — Never specify multipath devices by device names like mpatha

Device names like mpatha are not specific to a particular disk. The disk named /dev/mpatha during installation might not be the one that you expect it to be. Therefore, the ignoredisk command could target the wrong disk.
  • --only-use — 使用するインストーラ用のディスクの 一覧を指定します。他のディスクはすべて無視されます。例えば、インストール中に sda を使用するには、その他のディスクを無視します:
    ignoredisk --only-use=sda
    To include a multipath device that does not use LVM:
    ignoredisk --only-use=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    To include a multipath device that uses LVM:
    ignoredisk --only-use=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918
autostep (optional)
次の画面に進むという以外は interactive に似ています。 多くの場合、デバグで使用されます。
  • --autoscreenshot — インストール中の全てのステップで スクリーンショットを取り、そのイメージをインストールが完了した後に /root/anaconda-screenshots にコピーします。これは文書化のために非常に役に立ちます。
auth or authconfig (required)
システム用の認証オプションをセットします。これは、インストール終了後に実行できる authconfig コマンドに似ています。デフォルトで、パスワードは 通常暗号化されており、シャドウ化されていません。
  • --enablenis — NIS サポートを有効にします。 デフォルトでは、 --enablenis はネットワーク上で見つけた任意のドメインを 使用ます。必ず --nisdomain= オプションを使用してドメインを手動で指定してください。
  • --nisdomain= — NIS サービスに使う NIS ドメインの名前です。
  • --nisserver= — NIS サービスに使うサーバーです (デフォルト ではブロードキャスト)。
  • --useshadow 又は --enableshadow — シャドウパスワードを使用します。
  • --enableldap — Turns on LDAP support in /etc/nsswitch.conf, allowing your system to retrieve information about users (for example, their UIDs, home directories, and shells) from an LDAP directory. To use this option, you must install the nss-pam-ldapd package. You must also specify a server and a base DN (distinguished name) with --ldapserver= and --ldapbasedn=.
  • --enableldapauth — Use LDAP as an authentication method. This enables the pam_ldap module for authentication and changing passwords, using an LDAP directory. To use this option, you must have the nss-pam-ldapd package installed. You must also specify a server and a base DN with --ldapserver= and --ldapbasedn=. If your environment does not use TLS (Transport Layer Security), use the --disableldaptls switch to ensure that the resulting configuration file works.
  • --ldapserver=--enableldap または --enableldapauth を指定した場合、 利用する LDAP サーバーの名前を指定するのにこのオプションを使用します。このオプションは、 /etc/ldap.conf ファイル内で 設定します。
  • --ldapbasedn=--enableldap または--enableldapauth を指定した場合、ユーザー情報が格納されたLDAP ディレクトリツリーの DN を指定するためにこのオプションを使用します。このオプションは /etc/ldap.conf ファイルで設定します。
  • --enableldaptls — TLS (Transport Layer Security) ルックアップを使用します。 このオプションによって、LDAP は認証前に暗号化したユーザー名とパスワードを LDAP サーバーに送信できます。
  • --disableldaptls — Do not use TLS (Transport Layer Security) lookups in an environment that uses LDAP for authentication.
  • --enablekrb5 — Use Kerberos 5 for authenticating users. Kerberos itself does not know about home directories, UIDs, or shells. If you enable Kerberos, you must make users' accounts known to this workstation by enabling LDAP, NIS, or Hesiod or by using the /usr/sbin/useradd command. If you use this option, you must have the pam_krb5 package installed.
  • --krb5realm= — ワークステーションの所属先である kerberos 5 の realm (レルム) です。
  • --krb5kdc= — realm への要求に対してサービスを提供する KDC(複数可)。realm 内に複数の KDC がある場合には、 名前をカンマ(,)で区切って指定します。
  • --krb5adminserver= — realm にある KDC で、kadmind が動作しているもの。 このサーバーはパスワードの変更やその他の 管理関連要求を取り扱います。複数の KDC がある場合には、 このサーバーはマスター KDC 上で実行しなければなりません。
  • --enablehesiod — ユーザーのホームディレクトリ、UID、シェルをルックアップするための Hesiod サポートを有効にします。 ネットワークでの Hesiod の設定と使い方に関しての詳細 はglibc パッケージに含まれている /usr/share/doc/glibc-2.x.x/README.hesiod 内に あります。Hesiod は DNS の 拡張機能であり、DNS レコードを使用してユーザーや グループ、及び各種項目に関する情報を保存します。
  • --hesiodlhs and --hesiodrhs — The Hesiod LHS (left-hand side) and RHS (right-hand side) values, set in /etc/hesiod.conf. The Hesiod library uses these values to search DNS for a name, similar to the way that LDAP uses a base DN.
    To look up user information for the username jim, the Hesiod library looks up jim.passwd<LHS><RHS>, which should resolve to a TXT record that contains a string identical to an entry for that user in the passwd file: jim:*:501:501:Jungle Jim:/home/jim:/bin/bash. To look up groups, the Hesiod library looks up jim.group<LHS><RHS> instead.
    To look up users and groups by number, make 501.uid a CNAME for jim.passwd, and 501.gid a CNAME for jim.group. Note that the library does not place a period (.) in front of the LHS and RHS values when performing a search. Therefore, if the LHS and RHS values need to have a period placed in front of them, you must include the period in the values you set for --hesiodlhs and --hesiodrhs.
  • --enablesmbauth — Enables authentication of users against an SMB server (typically a Samba or Windows server). SMB authentication support does not know about home directories, UIDs, or shells. If you enable SMB, you must make users' accounts known to the workstation by enabling LDAP, NIS, or Hesiod or by using the /usr/sbin/useradd command.
  • --smbservers= — The name of the servers to use for SMB authentication. To specify more than one server, separate the names with commas (,).
  • --smbworkgroup= — SMB サーバーのワークグループ名。
  • --enablecache — Enables the nscd service. The nscd service caches information about users, groups, and various other types of information. Caching is especially helpful if you choose to distribute information about users and groups over your network using NIS, LDAP, or Hesiod.
  • --passalgo — To set up the SHA-256 hashing algorithm, run the command authconfig --passalgo=sha256 --kickstart.
    To set up the SHA-512 hashing algorithm, run authconfig --passalgo=sha512 --kickstart.
    Remove the --enablemd5 option if it is present.
bootloader (required)
ブートローダがインストールされるべき方法を指定します。このオプションはインストールとアップグレードの両方に必要となります。

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
  • --append= — カーネルパラメータを指定します。複数のパラメータを 指定するには、パラメータをスペースで区切ります。例えば:
    bootloader --location=mbr --append="hdd=ide-scsi ide=nodma"
  • --driveorder — BIOS がブートする順序で最初になるドライブを指定します。例えば:
    bootloader --driveorder=sda,hda
  • --location= — ブートレコードを書き込む場所を指定します。有効な値は次のようになります。 mbr (デフォルト)、 partition (カーネルを収納しているパーティションの最初のセクションにブートローダをインストール)、または、none (ブートローダをインストールしない)
  • --password= — GRUB を使用している場合、このオプションで 指定された人に対して GRUB ブートローダパスワードを設定します。これは、随意のカーネルオプションが 渡される GRUB シェルへのアクセスを制限するために使用されるべきものです。
  • --md5pass= — GRUB を使用している場合、パスワードがすでに暗号化してあること以外は --password= と似ています。
  • --upgrade — 古いエントリを保存しながら、既存のブートローダー設定をアップグレードします。このオプションはアップグレードでのみ使用できます。
clearpart (optional)
新しいパーティションを作る前に、システムからパーティションを削除します。デフォルトでは、パーティションは削除されません。

Note

If the clearpart command is used, then the --onpart command cannot be used on a logical partition.
  • --all — システムのすべてのパーティションが消去されます。
  • --drives= — パーティションを消去するドライブを指定します。例えば、 以下のコマンドでは、プライマリ IDE コントローラの最初の 2 つのドライブ上のすべてのパーティションを消去します。
    clearpart --drives=hda,hdb --all
    To clear a multipath device that does not use logical volume management (LVM), use the format disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to clear a disk with WWID 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017, use:
    clearpart --drives=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    Multipath devices that use LVM are not assembled until after anaconda has parsed the kickstart file. Therefore, you cannot specify these devices in the format dm-uuid-mpath. Instead, to clear a multipath device that uses LVM, use the format disk/by-id/scsi-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to clear a disk with WWID 58095BEC5510947BE8C0360F604351918, use:
    clearpart --drives=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

    Warning — Never specify multipath devices by device names like mpatha

    Device names like mpatha are not specific to a particular disk. The disk named /dev/mpatha during installation might not be the one that you expect it to be. Therefore, the clearpart command could target the wrong disk.
  • --initlabel — 使用中のアーキテクチャ用のデフォルトにディスクラベルを初期化します。(例えば、 x86 には msdos) 新品のハードドライブにインストールしている場合、インストールプログラムはディスクラベルを初期化すべきかどうか尋ねないので便利です。
  • --linux — 全ての Linux パーティションを消去します。
  • --none (デフォルト) — どのパーティションも削除しません。
cmdline (optional)
Perform the installation in a completely non-interactive command line mode. Any prompts for interaction halts the install.
device (optional)
ほとんどの PCI システムでは、インストールプログラムは Ethernet カードと SCSI カードを正常に自動検出します。但し、旧式のシステムと 一部の PCI では、キックスタートが正しいデバイスを見つけるのにヒントが必要になります。device コマンドは インストールプログラムに対して余分のモジュールをインストールするように指示しますが、以下の形式になります:
device <moduleName> --opts=<options>
  • <moduleName> — Replace with the name of the kernel module which should be installed.
  • --opts= — NFS エキスポートのマウント用に使用する マウントオプションです。NFS マウントの為に /etc/fstab 内で 指定出来るオプションはいずれも許可されます。このオプションは nfs(5) man ページ内に一覧表示してあります。オプションが複数ある場合はコンマで分離します。
driverdisk (optional)
Driver diskettes can be used during kickstart installations. You must copy the driver diskettes's contents to the root directory of a partition on the system's hard drive. Then you must use the driverdisk command to tell the installation program where to look for the driver disk.
driverdisk <partition> --source=<url> --biospart=<biospart> [--type=<fstype>]
Alternatively, a network location can be specified for the driver diskette:
driverdisk --source=ftp://path/to/dd.img
driverdisk --source=http://path/to/dd.img
driverdisk --source=nfs:host:/path/to/img
  • <partition> — Partition containing the driver disk.
  • <url> — URL for the driver disk. NFS locations can be given in the form nfs:host:/path/to/img.
  • <biospart> — BIOS partition containing the driver disk (for example, 82p2).
  • --type= — ファイルシステムタイプです (例、vfat または ext2)。
firewall (optional)
このオプションはインストールプログラム内の ファイアーウォールの設定 画面に相当します:
firewall --enabled|--disabled [--trust=] <device> [--port=]
  • --enabled 又は --enable — DNS 応答や DHCP 要求などの アウトバウンド要求に応答のない受信接続を拒否します。 このマシンで実行中のサービスにサクセスが必要な場合は、 特定サービスがファイアウォールを通過できるよう選択できます。
  • --disabled 又は --disable — どんな iptable のルールも設定しません。
  • --trust= — この一覧にデバイス (たとえば eth0 など) を記述 すると、そのデバイスからのすべてのトラフィックはファイアウォールを通り抜けることができます。複数の デバイスを記述するには、 --trust eth0 --trust eth1のように指定します。--trust eth0, eth1 のようにカンマで区切ることはできません。
  • <incoming> — Replace with one or more of the following to allow the specified services through the firewall.
    • --ssh
    • --smtp
    • --http
    • --ftp
  • --port= — ファイアウォールの通過を許可するポートを、 port:protocol の形式で指定できます。たとえば、 IMAP アクセスがファイアウォールを通過できるようにするには、imap:tcp と指定します。ポートを数値で直接指定することもできます。たとえば、ポート 1234 上で UDP パケットを許可するには、1234:udp と指定します。複数のポートを指定するには、カンマで区切って隔離します。
firstboot (optional)
Determine whether the firstboot starts the first time the system is booted. If enabled, the firstboot package must be installed. If not specified, this option is disabled by default.
  • --enable 又は --enabled設定エージェント はシステムが初めて起動する時に開始します。
  • --disable 又は --disabled設定エージェント はシステムが初めて起動する時に開始しません。
  • --reconfig — システムが起動する時に、セットアップエージェント の開始を再設定モードで有効にします。この再設定モードでは言語、マウス、キーボード、 root パスワード、セキュリティレベル、タイムゾーン、及びネットワーク設定のオプションをデフォルト設定に追加して選択することができます。
graphical (optional)
グラフィカルモードでキックスタートインストールを実行します。これがデフォルトです。
halt (optional)
インストールが正常に完了した後にシステムを停止します。これは anaconda がメッセージを表示して、ユーザーが再起動のためにキーを押すまで待機する手動インストールと似ています。キックスタートインストール内に完了方法が指定されていない場合は、デフォルトでこのオプションが使用されます。
The halt option is equivalent to the shutdown -h command.
For other completion methods, refer to the poweroff, reboot, and shutdown kickstart options.
install (optional)
既存システムのアップグレードではなく、フレッシュなシステムをインストールするようにシステムに対して指示します。これがデフォルトモードです。インストールのために、cdromharddrivenfs、又は url (FTP か HTTP のインストール用) のいずれかの インストールタイプを指定しなければなりません。install コマンドとインストール方法のコマンドは 別々の行で設定します。
  • cdrom — システムの最初の光学ドライブからインストールします。
  • harddrive — Install from a Fedora installation tree on a local drive, which must be either vfat or ext2.
    • --biospart=
      BIOS partition to install from (such as 82).
    • --partition=
      Partition to install from (such as sdb2).
    • --dir=
      Directory containing the variant directory of the installation tree.
    例えば:
    harddrive --partition=hdb2 --dir=/tmp/install-tree
  • nfs — 指定した NFS サーバからインストール
    • --server=
      Server from which to install (hostname or IP).
    • --dir=
      Directory containing the variant directory of the installation tree.
    • --opts=
      Mount options to use for mounting the NFS export. (optional)
    例えば:
    nfs --server=nfsserver.example.com --dir=/tmp/install-tree
  • url — FTP または HTTP 経由でリモートサーバ上にあるインストールツリーからのインストール
    例えば:
    url --url http://<server>/<dir>
    又は:
    url --url ftp://<username>:<password>@<server>/<dir>
iscsi (optional)
iscsi --ipaddr= [オプション].
Specifies additional iSCSI storage to be attached during installation. If you use the iscsi parameter, you must also assign a name to the iSCSI node, using the iscsiname parameter earlier in the kickstart file.
可能であれば、iscsi パラメータの使用よりも、システム BIOS 内で、又は ファームウェア(Intel システムでは iBFT)内で iSCSI ストレージの設定を推奨します。Anaconda は 自動的に BIOS 内の又は ファームウェア内のディスクを検出して使用しますので、キックスタートファイル内で 特別な設定は必要ありません。
iscsi パラメータを使用しなければならない場合は、 インストールの開始時にネットワークが始動されていることを確認して下さい。そして、 キックスタートファイル内で clearpartignoredisk などの パラメータで iSCSI ディスクを参照する前に iscsi パラメータが表示されることを 確認して下さい。
  • --port= (mandatory) — ポート番号 (一般的に、 --port=3260
  • --user= — ターゲットで認証するために必要なユーザー名です
  • --password= — tターゲット用に指定されたユーザー名に 該当するパスワードです
  • --reverse-user= — 逆 CHAP 認証を使用するターゲットからの イニシエータで認証するために必要なユーザー名です。
  • --reverse-password= — イニシエータ用に指定された ユーザー名に該当するパスワードです。
iscsiname (オプション)
Assigns a name to an iSCSI node specified by the iscsi parameter. If you use the iscsi parameter in your kickstart file, you must specify iscsiname earlier in the kickstart file.
keyboard (required)
Sets the default keyboard type for the system. The available keyboard types are:
  • be-latin1 — Belgian
  • bg_bds-utf8 — Bulgarian
  • bg_pho-utf8 — Bulgarian (Phonetic)
  • br-abnt2 — Brazilian (ABNT2)
  • cf — French Canadian
  • croat — Croatian
  • cz-us-qwertz — Czech
  • cz-lat2 — Czech (qwerty)
  • de — German
  • de-latin1 — German (latin1)
  • de-latin1-nodeadkeys — German (latin1 without dead keys)
  • dvorak — Dvorak
  • dk — Danish
  • dk-latin1 — Danish (latin1)
  • es — Spanish
  • et — Estonian
  • fi — Finnish
  • fi-latin1 — Finnish (latin1)
  • fr — French
  • fr-latin9 — French (latin9)
  • fr-latin1 — French (latin1)
  • fr-pc — French (pc)
  • fr_CH — Swiss French
  • fr_CH-latin1 — Swiss French (latin1)
  • gr — Greek
  • hu — Hungarian
  • hu101 — Hungarian (101 key)
  • is-latin1 — Icelandic
  • it — Italian
  • it-ibm — Italian (IBM)
  • it2 — Italian (it2)
  • jp106 — Japanese
  • ko — Korean
  • la-latin1 — Latin American
  • mk-utf — Macedonian
  • nl — Dutch
  • no — Norwegian
  • pl2 — Polish
  • pt-latin1 — Portuguese
  • ro — Romanian
  • ru — Russian
  • sr-cy — Serbian
  • sr-latin — Serbian (latin)
  • sv-latin1 — Swedish
  • sg — Swiss German
  • sg-latin1 — Swiss German (latin1)
  • sk-qwerty — Slovak (qwerty)
  • slovene — Slovenian
  • trq — Turkish
  • uk — United Kingdom
  • ua-utf — Ukrainian
  • us-acentos — U.S. International
  • us — U.S. English
The file /usr/lib/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py on 32-bit systems or /usr/lib64/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py on 64-bit systems also contains this list and is part of the system-config-keyboard package.
lang (必須)
Sets the language to use during installation and the default language to use on the installed system. For example, to set the language to English, the kickstart file should contain the following line:
lang en_US
The file /usr/share/system-config-language/locale-list provides a list of the valid language codes in the first column of each line and is part of the system-config-language package.
Certain languages (for example, Chinese, Japanese, Korean, and Indic languages) are not supported during text-mode installation. If you specify one of these languages with the lang command, the installation process continues in English, but the installed system uses your selection as its default language.
langsupport (廃止決定)
The langsupport keyword is deprecated and its use will cause an error message to be printed to the screen and installation to halt. Instead of using the langsupport keyword, you should now list the support package groups for all languages you want supported in the %packages section of your kickstart file. For instance, adding support for French means you should add the following to %packages:
@french-support
logvol (オプション)
Create a logical volume for Logical Volume Management (LVM) with the syntax:
logvol <mntpoint> --vgname=<name> --size=<size> --name=<name> <options>
The options are as follows:
  • --noformat — 既存の論理ボリュームを使用してフォーマット化しません。
  • --useexisting — 既存の論理ボリュームを使用して再フォーマット化します。
  • --fstype= — 論理ボリューム用のファイルシステムタイプを設定します。 有効な値は、xfsext2ext3ext4swapvfat、及び hfs です。
  • --fsoptions= — ファイルシステムをマウントする時に 使用する自由形式の文字列を指定します。この文字列はインストールされるシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされますので引用句で囲む必要があります。
  • --grow= — (もしあれば) 最大利用可能サイズまで論理ボリュームを拡張する、または、指定限度サイズまで拡張するように指示します。
  • --maxsize= — The maximum size in megabytes when the logical volume is set to grow. Specify an integer value here such as 500 (do not include the unit).
  • --recommended= — 論理ボリュームのサイズを自動的に 決定します。
  • --percent= — Specify the amount by which to grow the logical volume, as a percentage of the free space in the volume group after any statically-sized logical volumes are taken into account. This option must be used in conjunction with the --size and --grow options for logvol.
  • --encrypted — Specifies that this logical volume should be encrypted, using the passphrase provided in the --passphrase option. If you do not specify a passphrase, anaconda uses the default, system-wide passphrase set with the autopart --passphrase command, or stops the installation and prompts you to provide a passphrase if no default is set.
  • --passphrase= — Specifies the passphrase to use when encrypting this logical volume. You must use this option together with the --encrypted option; by itself it has no effect.
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store data encryption keys of all encrypted volumes as files in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. The keys are stored as a separate file for each encrypted volume. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to each encrypted volume. Store these passphrases in separate files in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
  • --label= — assign a label to an individual volume.
Create the partition first, create the logical volume group, and then create the logical volume. For example:
part pv.01 --size 3000 
volgroup myvg pv.01
logvol / --vgname=myvg --size=2000 --name=rootvol
Create the partition first, create the logical volume group, and then create the logical volume to occupy 90% of the remaining space in the volume group. For example:
part pv.01 --size 1 --grow
volgroup myvg pv.01
logvol / --vgname=myvg --size=1 --name=rootvol --grow --percent=90
logging (オプション)
This command controls the error logging of anaconda during installation. It has no effect on the installed system.
  • --host= — ロギング情報を該当するリモートホストに送信 します。このホストはリモートロギングを受理するように設定された syslogd プロセスを実行している 必要があります。
  • --port= — リモートの syslogd プロセスがデフォルト以外の ポートを使用する場合、このオプションで指定できます。
  • --level= — debug、info、warning、error、又は、 critical の内の1つです。
    Specify the minimum level of messages that appear on tty3. All messages will still be sent to the log file regardless of this level, however.
mediacheck (オプション)
If given, this will force anaconda to run mediacheck on the installation media. This command requires that installs be attended, so it is disabled by default.
monitor (オプション)
If the monitor command is not given, anaconda will use X to automatically detect your monitor settings. Please try this before manually configuring your monitor.
  • --hsync= — モニタの水平同期周波数を指定します。
  • --monitor= — 指定されたモニターを使用します。 モニター名は、hwdata パッケージからの /usr/share/hwdata/MonitorsDB 内のモニターの 一覧から来る必要があります。モニターの 一覧はキックスタート設定の X 設定画面上でも見ることが できます。--hsync 又は --vsync が提供されている場合は、--monitor= は 無視されます。モニター情報が提供されない場合、インストールプログラムが自動的にそれを検出する 試みをします。
  • --noprobe= — モニターの検出をしない。
  • --vsync= — モニタの垂直同期周波数を指定します。
mouse (廃棄決定)
マウスキーワードは廃止されました。
network (オプション)
Configures network information for the target system and activates network devices in the installer environment. The device specified in the first network command is activated automatically if network access is required during installation, for example, during a network installation or installation over VNC. You can also explicitly require device to activate in the installer environment with the --activate option.

How to manually input network settings

If you need to manually specify network settings during an otherwise-automated kickstart installation, do not use network. Instead, boot the system with the asknetwork option (refer to 「Starting a Kickstart Installation」), which will prompt anaconda to ask you for network settings rather than use the default settings. anaconda will ask this before fetching the kickstart file.
Once the network connection is established, you can only reconfigure network settings with those specified in your kickstart file.

注記

You will only be prompted for information about your network:
  • before fetching the kickstart file if you are using the asknetwork boot option
  • when the network is first accessed once the kickstart file has been fetched, if the network was not used to fetch it and you have provided no kickstart network commands
  • --activate — activate this device in the installer environment.
    If you use the --activate option on a device that has already been activated (for example, an interface you configured with boot options so that the system could retrieve the kickstart file) the device is reactivated to use the details specified in the kickstart file.
    Use the --nodefroute option to prevent the device from using the default route.
    The activate option is new in Fedora 16.
  • --bootproto= — One of dhcp, bootp, ibft, or static.
    The ibft option is new in Fedora 16.
    The bootproto option defaults to dhcp. bootp and dhcp are treated the same.
    The DHCP method uses a DHCP server system to obtain its networking configuration. As you might guess, the BOOTP method is similar, requiring a BOOTP server to supply the networking configuration. To direct a system to use DHCP:
    network --bootproto=dhcp
    To direct a machine to use BOOTP to obtain its networking configuration, use the following line in the kickstart file:
    network --bootproto=bootp
    To direct a machine to use the configuration specified in iBFT, use:
    network --bootproto=ibft
    The static method requires that you specify the IP address, netmask, gateway, and nameserver in the kickstart file. As the name implies, this information is static and is used during and after the installation.
    All static networking configuration information must be specified on one line; you cannot wrap lines using a backslash as you can on a command line. A line that specifies static networking in a kickstart file is therefore more complex than lines that specify DHCP, BOOTP, or iBFT. Note that the examples on this page have line breaks in them for presentation reasons; they would not work in an actual kickstart file.
    network --bootproto=static --ip=10.0.2.15 --netmask=255.255.255.0
     --gateway=10.0.2.254 --nameserver=10.0.2.1
    
    ここでは複数のネームサーバーを設定することもできます。それを実行するには、 それらをコマンドライン内にコンマで区切られた一覧として指定します。
    network --bootproto=static --ip=10.0.2.15 --netmask=255.255.255.0
     --gateway=10.0.2.254 --nameserver 192.168.2.1,192.168.3.1
    
  • --device= — specifies the device to be configured (and eventually activated) with the network command. For the first network command, --device= defaults (in order of preference) to one of:
    1. the device specified by the ksdevice boot option
    2. the device activated automatically to fetch the kickstart file
    3. the device selected in the Networking Devices dialog
    The behavior of any subsequent network command is unspecified if its --device option is missing. Take care to specify a --device option for any network command beyond the first.
    You can specify a device in one of five ways:
    • the device name of the interface, for example, eth0
    • the MAC address of the interface, for example, 00:12:34:56:78:9a
    • the keyword link, which specifies the first interface with its link in the up state
    • the keyword bootif, which uses the MAC address that pxelinux set in the BOOTIF variable. Set IPAPPEND 2 in your pxelinux.cfg file to have pxelinux set the BOOTIF variable.
    • the keyword ibft, which uses the MAC address of the interface specified by iBFT
    network --bootproto=dhcp --device=eth0
  • --ip= — IP address of the device.
  • --ipv6= — IPv6 address of the device, or auto to use automatic neighbor discovery, or dhcp to use DHCPv6.
  • --gateway= — Default gateway as a single IPv4 or IPv6 address.
  • --nameserver= — Primary nameserver, as an IP address. Multiple nameservers must each be separated by a comma.
  • --nodefroute — Prevents the interface being set as the default route. Use this option when you activate additional devices with the --activate= option, for example, a NIC on a separate subnet for an iSCSI target.
    The nodefroute option is new in Fedora 16.
  • --nodns — いずれの DNS サーバーも設定しない。
  • --netmask= — Network mask of the device.
  • --hostname= — インストール済みシステムのホスト名。
  • --ethtool= — ethtool プログラムに渡される ネットワークデバイス用の追加の低レベル設定を指定する。
  • --onboot= — 起動時にデバイスを有効にするかどうか
  • --dhcpclass= — DHCP クラス
  • --mtu= — デバイスの MTU 。
  • --noipv4 — このデバイス上の IPv4 を無効にする。
  • --noipv6 — このデバイス上の IPv6 を無効にする。
part あるいは partition (インストールで必須、アップグレードで無視)
Creates a partition on the system.
If more than one Fedora installation exists on the system on different partitions, the installation program prompts the user and asks which installation to upgrade.

Warning

All partitions created are formatted as part of the installation process unless --noformat and --onpart are used.

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
part の実行例の詳細には、「Advanced Partitioning Example」 を参照して下さい。
  • <mntpointmultipath --name= --device= --rule=> — The <mntpoint> is where the partition is mounted and must be of one of the following forms:
    • /<path>
      For example, /, /usr, /home
    • swap
      The partition is used as swap space.
      To determine the size of the swap partition automatically, use the --recommended option:
      swap --recommended
      The size assigned will be effective but not precisely calibrated for your system.
      If you wish to set the swap partition more precisely, refer to 「Recommended Partitioning Scheme」.
    • raid.<id>
      The partition is used for software RAID (refer to raid).
    • pv.<id>
      The partition is used for LVM (refer to logvol).
  • --size= — The minimum partition size in megabytes. Specify an integer value here such as 500 (do not include the unit).

    Important - --size value must be high

    If the --size value is too small, the installation will fail. Set the --size value as the minimum amount of space you require. For size recommendations, refer to 「Recommended Partitioning Scheme」.
  • --grow — (もしあれば) 最大利用可能サイズまでパーティションを拡張 する、または、指定限度サイズまで拡張するように指示します。

    Note

    swap パーティション上に --maxsize= を設定しないで、 --grow= を使用すると、Anaconda は swap パーティションの最大サイズを制限します。2GB 以下の物理メモリーを持つシステムでは、 課せられる制限は物理メモリーの2倍となります。2GB 以上の物理メモリーを持つシステムには この制限は物理メモリープラス 2GB となります。
  • --maxsize= — The maximum partition size in megabytes when the partition is set to grow. Specify an integer value here such as 500 (do not include the unit).
  • --noformat — Specifies that the partition should not be formatted, for use with the --onpart command.
  • --onpart= or --usepart= — Specifies the device on which to place the partition. For example:
    partition /home --onpart=hda1
    puts /home on /dev/hda1.
    The device must already exist on the system; the --onpart option will not create it.
  • --ondisk= 又は --ondrive= — パーティションが 特定のディスク上に作成されるように強制します。例えば、--ondisk=sdb は、システム上の 2 番目の SCSIディスクにパーティションを設定します。
    To specify a multipath device that does not use logical volume management (LVM), use the format disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to specify a disk with WWID 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017, use:
    part / --fstype=ext3 --grow --asprimary --size=100 --ondisk=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    Multipath devices that use LVM are not assembled until after anaconda has parsed the kickstart file. Therefore, you cannot specify these devices in the format dm-uuid-mpath. Instead, to specify a multipath device that uses LVM, use the format disk/by-id/scsi-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to specify a disk with WWID 58095BEC5510947BE8C0360F604351918, use:
    part / --fstype=ext3 --grow --asprimary --size=100 --ondisk=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

    Warning — Never specify multipath devices by device names like mpatha

    Device names like mpatha are not specific to a particular disk. The disk named /dev/mpatha during installation might not be the one that you expect it to be. Therefore, the part command could target the wrong disk or partition.
  • --asprimary — プライマリパーティションとして自動割り当てを強制的に実行します。実行できなければパーティションの設定に失敗します。
  • --type= (fstype に入れ換え) — このオプションはもう利用できません。代わりに fstype を使用します。
  • --fsoptions= — ファイルシステムをマウントする時に 使用する自由形式のオプションの文字列を指定します。この文字列はインストールしたシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされますので引用句で囲む必要があります。
  • --fsprofile — Specifies a usage type to be passed to the program that makes a filesystem on this partition. A usage type defines a variety of tuning parameters to be used when making a filesystem. For this option to work, the filesystem must support the concept of usage types and there must be a configuration file that lists valid types. For ext2, ext3, and ext4, this configuration file is /etc/mke2fs.conf.
  • --fstype= — パーティション用のファイルシステムタイプを設定します。有効な値は、 xfsext2ext3ext4swapvfat、及び hfs です。
  • --recommended — パーティションのサイズを自動的に 決定します。
  • --onbiosdisk — BIOS で検出された特定のディスク上で パーティションが作成されるように強制します。
  • --encrypted — Specifies that this partition should be encrypted, using the passphrase provided in the --passphrase option. If you do not specify a passphrase, anaconda uses the default, system-wide passphrase set with the autopart --passphrase command, or stops the installation and prompts you to provide a passphrase if no default is set.
  • --passphrase= — Specifies the passphrase to use when encrypting this partition. You must use this option together with the --encrypted option; by itself it has no effect.
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store data encryption keys of all encrypted partitions as files in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. The keys are stored as a separate file for each encrypted partition. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to each encrypted partition. Store these passphrases in separate files in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
  • --label= — assign a label to an individual partition.

Note

If partitioning fails for any reason, diagnostic messages appear on virtual console 3.
poweroff (オプション)
インストールが正しく完了した後に、システムをシャットダウンして電源を切ります。通常、手動のインストールでは anaconda はメッセージを表示して、再起動前にユーザーがキーを押すのを待ちます。キックスタートインストールでは、完了法が指定されていない場合、 デフォルトで halt オプションが使用されます。
The poweroff option is equivalent to the shutdown -p command.

Note

poweroff オプションは使用中のハードウェアに多く依存します。 特に、BIOS、APM (advanced power management)、ACPI (advanced configuration and power interface) など特定のハードウェアコンポーネントはシステムカーネルと交流できる必要が あります。使用システムの APM/ACPI 能力に関してはその製造元に連絡して下さい。
For other completion methods, refer to the halt, reboot, and shutdown kickstart options.
raid (オプション)
Assembles a software RAID device. This command is of the form:
raid <mntpoint> --level=<level> --device=<mddevice> <partitions*>
  • <mntpoint> — Location where the RAID file system is mounted. If it is /, the RAID level must be 1 unless a boot partition (/boot) is present. If a boot partition is present, the /boot partition must be level 1 and the root (/) partition can be any of the available types. The <partitions*> (which denotes that multiple partitions can be listed) lists the RAID identifiers to add to the RAID array.
  • --level= — 使用する RAID のレベル (0、1、または、5)。
  • --device= — 使用する RAID デバイスの名前 (md0 や md1 など)。 RAID デバイスの範囲は md0 から md15 まであり、 それぞれ 1 度だけ使用することができます。
  • --spares= — RAID アレイに割り当てられたスペアドライブの数を指定します。スペアドライブはドライブが故障した場合にアレイを再構築するために使用します。
  • --grow= — Only supported for RAID0. Tells the RAID device to grow to fill available space (if any), or up to the maximum size setting.
  • --fsprofile — Specifies a usage type to be passed to the program that makes a filesystem on this partition. A usage type defines a variety of tuning parameters to be used when making a filesystem. For this option to work, the filesystem must support the concept of usage types and there must be a configuration file that lists valid types. For ext2, ext3, and ext4, this configuration file is /etc/mke2fs.conf.
  • --fstype= — RAID アレイ用のファイルシステムタイプを設定します。有効な値は、 xfsext2ext3ext4swapvfat、及び hfs です。
  • --fsoptions= — ファイルシステムをマウントする時に 使用されるオプションの自由形式の文字列を指定します。この文字列はインストールされるシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされますので引用句で囲む必要があります。
  • --noformat — 既存の RAID デバイスを使用し、RAID アレイをフォーマットしません。
  • --useexisting — 既存の RAID デバイスを使用し、再フォーマットします。
  • --encrypted — Specifies that this RAID device should be encrypted, using the passphrase provided in the --passphrase option. If you do not specify a passphrase, anaconda uses the default, system-wide passphrase set with the autopart --passphrase command, or stops the installation and prompts you to provide a passphrase if no default is set.
  • --passphrase= — Specifies the passphrase to use when encrypting this RAID device. You must use this option together with the --encrypted option; by itself it has no effect.
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store the data encryption key for this device in a file in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to this device. Store the passphrase in a file in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
The following example shows how to create a RAID level 1 partition for /, and a RAID level 5 for /usr, assuming there are three SCSI disks on the system. It also creates three swap partitions, one on each drive.
part raid.01 --size=60 --ondisk=sda
part raid.02 --size=60 --ondisk=sdb 
part raid.03 --size=60 --ondisk=sdc
part swap --size=128 --ondisk=sda  
part swap --size=128 --ondisk=sdb  
part swap --size=128 --ondisk=sdc
part raid.11 --size=1 --grow --ondisk=sda  
part raid.12 --size=1 --grow --ondisk=sdb  
part raid.13 --size=1 --grow --ondisk=sdc
raid / --level=1 --device=md0 raid.01 raid.02 raid.03  
raid /usr --level=5 --device=md1 raid.11 raid.12 raid.13
raid の実行例の詳細には、 「Advanced Partitioning Example」 を参照して下さい。
reboot (オプション)
Reboot after the installation is successfully completed (no arguments). Normally, kickstart displays a message and waits for the user to press a key before rebooting.
The reboot option is equivalent to the shutdown -r command.
For other completion methods, refer to the halt, poweroff, and shutdown kickstart options.
キックスタートファイルに明示的に他の方法が示されていない場合は、halt オプションがデフォルトの完了方法です。

注記

Use of the reboot option may result in an endless installation loop, depending on the installation media and method.
repo (オプション)
Configures additional yum repositories that may be used as sources for package installation. Multiple repo lines may be specified.
repo --name=<repoid> [--baseurl=<url>| --mirrorlist=<url>]
  • --name= — レポジトリの id です。このオプションは必須です。
  • --baseurl= — レポジトリ用の URL です。 yum repo config ファイル内で使用される可能性のある変数はここではサポートされていません。 このオプションか、又は --mirrorlist のどちらかを使用できますが、両方は使用できません。
  • --mirrorlist= — レポジトリ用のミラーの一覧を ポイントしている URL です。yum repo config ファイル内で使用される可能性のある変数は ここではサポートされていません。このオプションか、又は --baseurl のどちらかを使用できますが、 両方は使用できません。
rootpw (required)
Sets the system's root password to the <password> argument.
rootpw [--iscrypted] <password>
  • --iscrypted — これを設定すると、引数のパスワードはすでに暗号化されているものとみなされます。
selinux (optional)
インストール済みシステム上に SELinux の状態をセットします。SELinux は anaconda で強制モードがデフォルトです。
selinux [--disabled|--enforcing|--permissive]
  • --enforcing — デフォルトのターゲットポリシーが強制 されている SELinux を有効にします。

    Note

    If the selinux option is not present in the kickstart file, SELinux is enabled and set to --enforcing by default.
  • --permissive — SELinux ポリシーを基にして警告を 出力しますが、実際にはポリシーを強制しません。
  • --disabled — システム上の SELinux を完全に無効にします。
For more information regarding SELinux for Fedora, refer to the Fedora Deployment Guide.
services (optional)
Modifies the default set of services that will run under the default runlevel. The list of disabled services is processed before the list of enabled services. Therefore, if a service appears on both lists, it is enabled.
  • --disabled — コンマで隔離された一覧で提示された サービスを無効にします。
  • --enabled — コンマで隔離された一覧内で提示された サービスを有効にします。

サービスの一覧には空白を入れないで下さい

コンマで隔離された一覧内に空白を挿入すると、キックスタートは最初の空白までの サービスだけを有効、又は無効にします。例えば:
services --disabled auditd, cups,smartd, nfslock
これは、auditd サービスのみを無効にします。4つの全ての サービスを無効にするには、サービス名の間に空白が入るべきではありません:
services --disabled auditd,cups,smartd,nfslock
shutdown (optional)
インストールが正しく終了した後にシステムをシャットダウンします。キックスタートインストール内で、 完了法が指定されていないと、デフォルトとして halt オプションが使用されます。
The shutdown option is equivalent to the shutdown command.
For other completion methods, refer to the halt, poweroff, and reboot kickstart options.
skipx (optional)
存在する場合は、インストールしたシステム上では X は設定されません。

Package selection might configure X

If you install a display manager among your package selection options, this package will create an X configuration, and the installed system will default to run level 5. The effect of the skipx option is overridden.
sshpw (オプション)
During installation, you can interact with anaconda and monitor its progress over an SSH connection. Use the sshpw command to create temporary accounts through which to log on. Each instance of the command creates a separate account that exists only in the installation environment. These accounts are not transferred to the installed system.
sshpw --username=<name> <password> [--iscrypted|--plaintext] [--lock]
  • --username — ユーザーの名前を提供します。このオプションは 必須です。
  • --iscrypted — Specifies that the password is already encrypted.
  • --plaintext — Specifies that the password is in plain text and not encrypted.
  • --lock — これを設定すると、新規のユーザーアカウントは デフォルトでロックされます。すなわち、そのユーザーはコンソールからログインできません。

Important — You must boot with sshd=1

By default, the ssh server is not started during installation. To make ssh available during installation, boot the system with the kernel boot option sshd=1. Refer to 「Enabling Remote Access with ssh」 for details of how to specify this kernel option at boot time.
text (optional)
キックスタートインストールをテキストモードで実行します。デフォルトでは、キックスタートインストールはグラフィカルモードで実行されます。

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
timezone (required)
Sets the system time zone to <timezone> which may be any of the time zones listed by timeconfig.
timezone [--utc] <timezone>
  • --utc — これを指定すると、ハードウェアクロックが UTC (グリニッジ標準) 時間に合わせて 設定されているものとみなされます。
upgrade (optional)
フレッシュなシステムのインストールではなく、既存システムのアップグレードをシステムに指示します。インストールツリーの場所として cdromharddrivenfs、又は url (FTP と HTTP 用) のいずれかを指定する必要があります。詳細は install でご覧下さい。
user (optional)
システム上に新規のユーザーを作成します。
user --name=<username> [--groups=<list>] [--homedir=<homedir>] [--password=<password>] [--iscrypted] [--shell=<shell>] [--uid=<uid>]
  • --name= — ユーザーの名前を提供します。このオプションは 必須です。
  • --groups= — デフォルトグループの他にもユーザーが 所属すべきグループ名のコンマで分離された一覧があります。このグループはユーザーアカウントが 作成される前に存在する必要があります。
  • --homedir= — The home directory for the user. If not provided, this defaults to /home/<username>.
  • --password= — The new user's password. If not provided, the account will be locked by default.
  • --iscrypted= — パスワードが提供されているか?、 パスワードが既に暗号化されているかどうか?
  • --shell= — The user's login shell. If not provided, this defaults to the system default.
  • --uid= — The user's UID. If not provided, this defaults to the next available non-system UID.
vnc (optional)
VNC 経由のリモートでグラフィカルインストールを表示できるようにします。この方法が通常はテキストモードよりも好まれます。テキストインストールには一部のサイズと言語に限界があるからです。オプション指定がない場合は、このコマンドはパスワード無しでマシン上で VNC サーバーを開始し、リモートマシンを接続するために実行すべきコマンドを表示します。
vnc [--host=<hostname>] [--port=<port>] [--password=<password>]
  • --host= — VNC サーバーをインストールマシンで開始する 代わりに、該当するホスト名でリッスンしている VNC ビューワプロセスに接続します。
  • --port= — リモート VNC ビューワプロセスがリッスンしている ポートを提供します。提供されないと、anaconda は VNC のデフォルトを使用します。
  • --password= — パスワードを設定します。これは VNC セッションへの 接続のために用意されなければなりません。これはオプションですが、推奨事項です。
volgroup (optional)
LVM (Logical Volume Management) グループを以下の構文で作成するために使用します:
volgroup <name> <partition> <options>
The options are as follows:
  • --noformat — 既存のボリュームグループを使用し、フォーマットしません。
  • --useexisting — 既存のボリュームグループを使用し、再フォーマットします。
  • --pesize= — 物理拡張領域のサイズを設定します。
Create the partition first, create the logical volume group, and then create the logical volume. For example:
part pv.01 --size 3000 
volgroup myvg pv.01 
logvol / --vgname=myvg --size=2000 --name=rootvol
volgroup の実行例の詳細には、 「Advanced Partitioning Example」 を参照して下さい。
xconfig (optional)
Configures the X Window System. If you install the X Window System with a kickstart file that does not include the xconfig command, you must provide the X configuration manually during installation.
Do not use this command in a kickstart file that does not install the X Window System.
  • --driver — ビデオハードウェア用に使用する X ドライバーを指定します。
  • --videoram= — ビデオカードのビデオ RAM 容量を指定します。
  • --defaultdesktop= — デフォルトのデスクトップを GNOME または KDE に設定します (%packages によって GNOME または KDE のデスクトップ環境がインストールされていることが前提)。
  • --startxonboot — インストールされたシステムでグラフィカルログインを使います。
zerombr (optional)
zerombr が指定されていると、ディスク上で検出された無効なパーティションテーブルが 初期化されます。これは無効なパーティションテーブルを持つディスクの全てのコンテンツを抹消します。
このコマンドは以前は、zerombr yes として指定されていた ことに注意して下さい。この形式は現在では廃棄されており、今はその代わりにキックスタート ファイル内で単に zerombr を指定します。
%include (オプション)
%include /path/to/file コマンドを使用すると、キックスタートファイル内に別のファイルのコンテンツを含んで、まるでそのコンテンツがキックスタートファイルの %include コマンドの 場所にあるかのように機能します。

15.4.1. Advanced Partitioning Example

The following is a single, integrated example showing the clearpart, raid, part, volgroup, and logvol kickstart options in action:
clearpart --drives=hda,hdc --initlabel  
# Raid 1 IDE config 
part raid.11    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hda 
part raid.12    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hda 
part raid.13    --size 2000     --asprimary     --ondrive=hda 
part raid.14    --size 8000                     --ondrive=hda 
part raid.15    --size 16384 --grow             --ondrive=hda             
part raid.21    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hdc 
part raid.22    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hdc 
part raid.23    --size 2000     --asprimary     --ondrive=hdc 
part raid.24    --size 8000                     --ondrive=hdc 
part raid.25    --size 16384 --grow             --ondrive=hdc  

# You can add --spares=x  
raid /          --fstype ext3 --device md0 --level=RAID1 raid.11 raid.21 
raid /safe      --fstype ext3 --device md1 --level=RAID1 raid.12 raid.22 
raid swap       --fstype swap --device md2 --level=RAID1 raid.13 raid.23 
raid /usr       --fstype ext3 --device md3 --level=RAID1 raid.14 raid.24 
raid pv.01      --fstype ext3 --device md4 --level=RAID1 raid.15 raid.25  

# LVM configuration so that we can resize /var and /usr/local later 
volgroup sysvg pv.01     
logvol /var             --vgname=sysvg  --size=8000     --name=var 
logvol /var/freespace   --vgname=sysvg  --size=8000     --name=freespacetouse 
logvol /usr/local       --vgname=sysvg  --size=1 --grow --name=usrlocal
This advanced example implements LVM over RAID, as well as the ability to resize various directories for future growth.