Product SiteDocumentation Site

17.2. ユーザーの作成

この画面であなた自身のための利用者アカウントを作成します。あなたの Fedora システムにログインするには rootアカウントではなく、常にこのアカウントを使用します。
Firstboot のユーザー作成画面
Firstboot のユーザー作成画面
図17.3 Firstboot のユーザー作成画面

ユーザー名とフルネームを記入します。そして選択したパスワードを記入します。 パスワードの確認 ボックスでもう一度パスワードを入力して、 それが正しいことを確定します。
Check the Add to Administrators group box if you would like administrative privileges. This will place you in the wheel group, which gives you access to all administrative functions, including installing and updating software, creating and altering configuration files, and administering other users.
To configure Fedora to use network services for authentication of user information, click Use Network Login. Refer to 「認証の設定」 for further details.
To create additional users or customise your first user account, click Advanced to open the User Manager.
User Manager
Firstboot user manager screen
図17.4 User Manager

In User Manager you can edit various properties, such as a private group for the user, the preferred login shell, and user and group IDs.

重要 — 少なくともユーザーアカウントを1つ作成します。

If you do not create at least one user account in this step, you will not be able to log in to the Fedora graphical environment. If you skipped this step during installation, refer to 「Booting into a Graphical Environment」.

注記 — 余分なユーザーアカウントの作成

インストールが完了した後に余分のユーザーアカウントを追加するには、 システム管理ユーザーとグループ と進んで行きます。

17.2.1. 認証の設定

ユーザーの作成(Create User)画面上で ネットワークログインを使用 (Use Network Login)をクリックしている場合は、このシステムでユーザーが認証される方法を 指定しなければなりません。ドロップダウンメニューを使ってユーザーデータベースの以下のタイプから 選択します:
  • ローカルアカウントのみ(Local accounts only) (ネットワーク上でユーザー データベースにアクセス出来ない時に使用)
  • LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)
  • NIS (Network Information Service)
  • Winbind (Microsoft Active Directory での使用)
Firstboot の認証の設定画面
Firstboot の認証の設定画面
図17.5 Firstboot の認証の設定画面

使用ネットワーク用に適切なユーザーデータベースのタイプを選択する時には、 そのデータベースタイプに関連した追加の詳細を供給しなければなりません。 例えば、LDAP を選択する場合、LDAP 検索用に ベース 識別名(base distinguished name) と LDAP サーバーのアドレスを指定する 必要があります。また、選択するユーザーデータベースに適切な 認証方法(Authentication Method) も選択する必要があります。例えば、Kerberos パスワード、LDAP パスワード、又は NIS パスワード。
高度なオプション タブでは、指紋読み取り、スマートカード、及び /etc/security/access.conf 内のローカルアクセス制御を含む その他の認証メカニズムを有効にすることができます。
Firstboot の認証の高度なオプション画面
Firstboot の認証の高度なオプション画面
図17.6 Firstboot の認証の高度なオプション画面