Product SiteDocumentation Site

B.2. スタートアップ時の iSCSI ディスク

ISCSI 関連のイベントがシステム開始時に多くの場所で発生する可能性があります:
  1. initrd 内の init スクリプトは / の ために使用される iSCSI ターゲット(存在すれば)にログインします。これは iscsistart ユーティリティを使用して実行されます(iscsid の実行無しで機能します)。
  2. root ファイルシステムがマウントされて、各種サービスの initscript が実行されると、 iscsid initscript がコールされます。 その後、いずれかの iSCSI ターゲットが / のために使用されているか、 又は iSCSI データベース内のいずれかのターゲットが自動的にログインするようにマークされている場合に、 この initscript は iscsid をスタートします。
  3. 旧来のネットワークサービススクリプトが実行された後(又は、有効な場合に実行される状態であった時)、 iscsi initscript が稼働します。ネットワークがアクセス可能な場合、iscsi initscript は 自動ログインの マークがある iSCSI データベース内のいずれかのターゲットにログインします。ネットワークがアクセス出来ない場合は、 このスクリプトは静かに終了します。
  4. ネットワークにアクセスするために(旧来のネットワークサービススクリプトの代わりに)NetworkManager を 使用している場合、NetworkManager が iscsi initscript をコールします。

    重要

    NetworkManager/usr 内にインストールされているため、/usr が、iSCSI ターゲットなどのネットワーク付帯のストレージ上に ある場合は、NetworkManager を使用してネットワーク アクセスを設定することは出来ません。
システムがスタートする時点に iscsid が 必要でない場合は、それは自動的に開始しません。iscsiadm を開始している場合は、iscsiadmiscsid を開始します。