Product SiteDocumentation Site

第3章 メディアの作成

3.1. Making an installation DVD
3.2. インストールソースとしての USB フラッシュドライブの準備
3.2.1. Making Fedora USB Media on a Windows Operating System
3.2.2. Making Fedora USB Media in UNIX, Linux, and Similar Operating Systems
3.3. 最低限ブートメディアの作成
3.3.1. UEFI ベースのシステム
このセクションに説明してある方法を使用して、インストールとブート用メディアの 以下のタイプを作成します:
以下の表では、異なるアーキテクチャ用に使用できるブート及びインストールメディアと そのメディアを作成するために必要なイメージファイルの説明を示しています。
表3.1 ブート用とインストール用のメディア
Architecture Installation DVD Installation USB flash drive ブート CD 又は ブート DVD ブート用USB フラッシュドライブ
BIOS ベースの 32-bit x86 x86 DVD ISO イメージファイル x86 DVD ISO イメージファイル boot.iso boot.iso
UEFI ベースの 32-bit x86 利用不可
BIOS ベースの AMD64 と Intel 64 x86_64 DVD ISO イメージファイル (64-bit オペレーティングシステムインストール用) 又は x86 DVD ISO イメージファイル (32-bit オペレーティングシステムインストール用) x86_64 DVD ISO イメージファイル (64-bit オペレーティングシステムインストール用) 又は x86 DVD ISO イメージファイル (32-bit オペレーティングシステムインストール用) boot.iso boot.iso
UEFI ベースの AMD64 と Intel 64 x86_64 DVD ISO イメージファイル 利用不可 利用不可 efiboot.img (x86_64 DVD ISO イメージファイルから)

3.1. Making an installation DVD

You can make an installation DVD using the disc burning software on your computer.
The exact series of steps that produces a DVD from an ISO image file varies greatly from computer to computer, depending on the operating system and disc burning software installed. Use this procedure as a general guide. You might be able to omit certain steps on your computer, or might have to perform some of the steps in a different order from the order described here.
ご使用のディスク焼き付けソフトウェアでイメージファイルからディスクの焼き付けが出来ることを確認して下さい。ほとんどのディスク焼き付けソフトウェアがこれを実行できますが、一部に例外があります。
特に、Windows XP と Windows Vista に組み込まれているディスク焼き付け機能は DVD 焼き付けが出来ないこと、及び、それ以前の Windows オペレーティングシステムはデフォルトでディスク焼き付け機能を持っていなかったことに注意して下さい。そのため、使用するコンピュータに Windows 7 以前の Windows オペレーティングシステムがインストールされている場合、このタスクには別のソフトウェアが必要になります。Windows 対応でユーザーが既に所有している可能性がある人気の ディスク焼き付けソフトウェアの例としては、 Nero Burning ROMRoxio Creator があります。
The Disk Utility software installed by default with Mac OS X on Apple computers has the capability to burn discs from images built into it already. Most widely-used DVD burning software for Linux, such as Brasero and K3b, also includes this capability.
  1. Download an ISO image file of a Fedora 16 disc as described in 2章Obtaining Fedora.
  2. Insert a blank, writeable disc into your computer's disc burner. On some computers, a window opens and displays various options when you insert the disc. If you see a window like this, look for an option to launch your chosen disc burning program. If you do not see an option like this, close the window and launch the program manually.
  3. Launch your disc burning program. On some computers, you can do this by right-clicking (or control-clicking) on the image file and selecting a menu option with a label like Copy image to DVD, or Copy CD or DVD image. Other computers might provide you with a menu option to launch your chosen disc burning program, either directly or with an option like Open With. If none of these options are available on your computer, launch the program from an icon on your desktop, in a menu of applications such as the Start menu on Windows operating systems, or in the Mac Applications folder.
  4. In your disc burning program, select the option to burn a DVD from an image file. For example, in Nero Burning ROM, this option is called Burn Image and is located on the File menu.
    Note that you can skip this step when using certain DVD burning software; for example, Disk Utility on Mac OS X does not require it.
  5. 先にダウンロードしていた ISO イメージファイルへ閲覧していき、それを焼き付け用に選択します。
  6. そして焼き付けプロセスを開始するボタンをクリックします。
一部のコンピュータでは、ISO ファイルからディスクを焼き付けるオプションはファイル ブラウザ内の コンテキストメニュー(context menu) に 統合してあります。例えば、GNOME デスクトップを稼働している Linux 又は UNIX オペレーティングシステムを 持つコンピュータで ISO ファイルを右クリックすると、Nautilus ファイルブラウザが 「ディスクに書き込む(Write to disk)」 オプションを提示します。