Product SiteDocumentation Site

LVM を理解する

LVM (Logical Volume Management) partitions provide a number of advantages over standard partitions. LVM partitions are formatted as physical volumes. One or more physical volumes are combined to form a volume group. Each volume group's total storage is then divided into one or more logical volumes. The logical volumes function much like standard partitions. They have a file system type, such as ext4, and a mount point.

/boot パーティション と LVM

ほとんどのアーキテクチャでは、ブートローダは LVM ボリュームを読み込めません。 /boot パーティションには、標準の非-LVM ディスク パーティションを作成する必要があります。
しかし、System z では、zipl ブートローダは リニアマッピングを使用して LVM 論理ボリューム上の /boot を サポートします。
LVM をより良く理解するために、物理ボリュームのことをいくつかの ブロックの 塊だと想像して下さい。1つのブロックはデータを保存する単なるストレージ用単体です。いくつかの ブロックの塊が集合してより大きな塊を形成しますが、それが物理ボリュームがボリュームグループを 形成するのと同じことなのです。その結果の大きな塊が別の目的で自由な任意サイズに再分割されることが ボリュームグループをいくつかの論理グループに再分割することと同じなのです。
標準のパーティションとは異なり、管理者は論理ボリュームをデータを破壊することなく 拡張したり縮小したりすることができます。ボリュームグループに属する物理ボリュームが 別のドライブや RAID アレイに存在する場合は、管理者はストレージデバイスの 全域に渡って論理ボリュームを拡散することもできます。
ボリューム上のデータが必要とするサイズ以下まで論理ボリュームを縮小するとデータを 消失することになります。柔軟性を最大限まで高めるためには現在にニーズにマッチする 論理ボリュームを作成して余分のストレージ領域を未割り当て状態で残します。必要に なればその未割り当ての領域を使用して論理ボリュームを拡張できます。

LVM とディフォルトパーティションレイアウト

デフォルトでは、インストールプロセスは、/boot パーティションを 隔離して、/ パーティションとスワップパーティションを LVM ボリューム内に作成します。