Product SiteDocumentation Site

11.2. インストールシステムへのリモートアクセスを有効化

You may access a graphical interface for the installation system from any other system. To remotely access the graphical display of an installation system, use client software that supports the VNC (Virtual Network Computing) display protocol.

Fedora 上に VNC クライアントをインストール

Fedora には、VNC クライアント vncviewer が含まれています。vncviewer を入手するには、tigervnc パッケージをインストールします。
インストールシステムは、VNC 接続の確立に於いて2つの方法をサポートしています。 その1つでは、インストールを開始して別のシステム上の VNC クライアントでグラフィカル ディスプレイへ手動ログインをすることです。もう1つの方法では、インストール システムを設定して、リスニングモード で稼働中のネットワーク 上にある VNC クライアントに自動的に接続するようにします。

11.2.1. VNC でリモートアクセスを有効にする

インストールシステムへのリモートグラフィカルアクセスを有効にするには、プロンプトで 2つのオプションを入力します:
linux vnc vncpassword=qwerty
vnc オプションは VNC サービスを有効にします。 vncpassword オプションはリモートアクセスの為の パスワードを設定します。上記の例では、qwerty として パスワードを設定しています。

VNC パスワード

VNC パスワードは最低でも 6文字の長さが必要です。
その後に続く画面で言語、キーボードレイアウト、及びネットワークセッティングを インストールシステムの為に指定します。その後に、VNC クライアントを介してグラフィカル インターフェイスにアクセスできます。インストールシステムは VNC クライアント用に以下の ような正しい接続セッティングを表示します:
Starting VNC...
The VNC server is now running.
Please connect to computer.mydomain.com:1 to begin the install...
Starting graphical installation...
Press <enter> for a shell
それから VNC クライアントを使用してインストールシステムにログインできます。 Fedora 上で vncviewer クライアントを 実行するには、アプリケーションアクセサリVNC Viewer の順で進みます。 又は、ターミナルウィンドウでコマンド vncviewer を入力します。 VNC Server ダイアログ内にサーバーとディスプレイ番号を記入します。 上記の例では、VNC Servercomputer.mydomain.com:1 です。