Product SiteDocumentation Site

18.3. グラフィカルログインへの切り替え

重要 — ソフトウェアレポジトリへのアクセスが必要かも知れません。

To switch to a graphical environment, you might need to install extra software from a repository. You can access Fedora repositories through the Internet or use a Fedora installation DVD as a repository. Refer to 「コマンドラインからのソフトウェアレポジトリアクセスを有効にする」.
テキストログインを使用してインストールして、グラフィカルログインに切り替えたい 場合は、次の手順に従います。
  1. まだ、root になっていない場合は、root アカウントにユーザーを切り替えます:
    su -
    プロンプトが出たら、管理者パスワードを入れます。
  2. まだインストールしていない場合は、X Window システム とグラフィカルデスクトップ環境をインストールします。例えば、 GNOME デスクトップ環境をインストールするには、次のコマンドを使用します:
    yum groupinstall "X Window System" Desktop
    KDE デスクトップ環境をインストールするには、次を使用します:
    yum groupinstall "X Window System" "KDE Desktop"
    This step may take some time as your Fedora system downloads and installs additional software. You may be asked to provide the installation media depending on your original installation source.
  3. Run the following commands to change the run level:
      rm -f /etc/systemd/system/default.target
      ln -s /lib/systemd/system/graphical.target
      /etc/systemd/system/default.target
reboot コマンドを使用して、システムを再起動します。これで システムは再スタートしてグラフィカルログインを提示します。
If you encounter any problems with the graphical login, refer to 10章Intel 又は AMD システム上のインストールのトラブルシューティング.

18.3.1. コマンドラインからのソフトウェアレポジトリアクセスを有効にする

The usual way to install new software on a Fedora system is through a software repository. You can access Fedora repositories through the Internet, or use a Fedora installation DVD as a repository. The software that you access through online repositories is more up-to-date than what is available on an installation DVD. Furthermore, configuring a Fedora system to access online repositories is generally easier than configuring the system to use an installation DVD as a repository, as long as you have an existing, wired network connection available.

18.3.1.1. インターネット経由でソフトウェアレポジトリへのアクセスを有効にする

By default, every Fedora installation is already configured to access Fedora repositories through the Internet. Therefore, all you must do is ensure that the system can access the Internet. If you have an existing, wired network connection available, this process is straightforward:
  1. まだ、root になっていない場合は、root アカウントにユーザーを切り替えます:
    su -
  2. システムがネットワークに継っていることを確認します。ネットワークは、コンピュータと 外部モデム/ルーターとだけの小規模なものかも知れません。
  3. system-config-network を実行します。ネットワーク設定ツールが スタートして、アクションの選択 画面が表示されます。
  4. Select Device configuration and press Enter. The network configuration tool displays the Select A Device screen with a list of network interfaces present on your system. The first interface is named eth0 by default.
  5. 設定するネットワークインターフェイスを選択して、Enter を 押します。ネットワーク設定ツールは ネットワーク設定 画面を 開きます。
  6. この画面では、静的 IP、ゲートウェイ、及び DNS サーバーを手動で設定できますが、 また、これらのフィールドを空白にしたままデフォルト値を受理することも出来ます。 設定を選択したあとは、OK を選んで Enter を 押します。ネットワーク設定ツールは デバイスの選択 画面に戻します。
  7. 保存 を選んで Enter を押します。 ネットワーク設定ツールは アクションを選択 の画面に戻します。
  8. 保存して終了 を選択して Enter を押します。ネットワーク設定ツールは今までの設定を保存して終了します。
  9. ifup interface を実行します。 ここで、interface はネットワーク設定ツールで設定した ネットワークインターフェイスです。例えば、ifup eth0 を 実行すると、eth0 がスタートします。
ダイアルアップやワイヤレスインターネット接続の設定はもっと複雑であり このガイドの範囲を越えています。

18.3.1.2. Using a Fedora Installation DVD as a Software Repository

To use a Fedora installation DVD as a software repository, either in the form of a physical disc, or in the form of an ISO image file.
  1. If you are using a physical DVD, insert the disc into your computer.
  2. まだ、root になっていない場合は、root アカウントにユーザーを切り替えます:
    su -
  3. レポジトリ用の マウントポイント を作成します:
    mkdir -p /path/to/repo
    /path/to/repo とは、レポジトリ用の場所です。 例えば、/mnt/repo
  4. Mount the DVD on the mount point that you just created. If you are using a physical disc, you need to know the device name of your DVD drive. You can find the names of any CD or DVD drives on your system with the command cat /proc/sys/dev/cdrom/info. The first CD or DVD drive on the system is typically named sr0. When you know the device name, mount the DVD:
    mount -r -t iso9660 /dev/device_name /path/to/repo
    例えば、: mount -r -t iso9660 /dev/sr0 /mnt/repo
    ディスクの ISO イメージファイルを使用している場合は、以下のようにしてイメージファイルをマウントします:
    mount -r -t iso9660 -o loop /path/to/image/file.iso /path/to/repo
    For example: mount -r -o loop /home/root/Downloads/Fedora16-Server-i386-DVD.iso /mnt/repo
    イメージファイルを収納しているストレージデバイス自身がマウントされている場合にのみ イメージファイルをマウントできることに注意して下さい。例えば、イメージファイルが システムブート時に自動的にマウントされないハードドライブに収納されている場合、 そのハードドライブ内のイメージファイルをマウントする前にハードドライブをマウント しなければなりません。ブート時に自動的にマウントされないハードドライブの名前を /dev/sdb と想定して、その最初のパーティションのディレクトリ Downloads にそのイメージファイルが収納されていると想定します:
    mkdir /mnt/temp
    mount /dev/sdb1 /mnt/temp
    mkdir /mnt/repo
    mount -r -t iso9660 -o loop mount -r -o loop /mnt/temp/Downloads/Fedora-16-i386-DVD.iso /mnt/repo
    ストレージデバイスがマウントされている事が確実でない場合は、mount コマンドを 実行して現在のマウント一覧を取得します。ストレージデバイスのデバイス名やパーティション番号が不明な場合は、 fdisk -l を実行して、その出力から識別して下さい。
  5. Create a new repo file in the /etc/yum.repos.d/ directory. The name of the file is not important, as long as it ends in .repo. For example, dvd.repo is an obvious choice.
    1. Choose a name for the repo file and open it as a new file with the vi text editor. For example:
      vi /etc/yum.repos.d/dvd.repo
    2. I キーを押して insert モードに入ります。
    3. Supply the details of the repository. For example:
      [dvd]
      baseurl=file:///mnt/repo/Server
      enabled=1
      gpgcheck=1
      gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-redhat-release
      The name of the repository is specified in square brackets — in this example, [dvd]. The name is not important, but you should choose something that is meaningful and recognizable.
      The line that specifies the baseurl should contain the path to the mount point that you created previously, suffixed with /Server for a Fedora server installation DVD, or with /Client for a Fedora client installation DVD.
    4. Esc キーを押して insert モードを終了します。
    5. :wq と入力して、Enter キーを押して ファイルを保存し、vi テキストエディタを終了します。
    6. After installing or upgrading software from the DVD, delete the repo file that you created.