Product SiteDocumentation Site

第5章 PackageKit

5.1. ソフトウェアの更新を用いたパッケージの更新
5.1.1. 更新の確認間隔の設定
5.1.2. ソフトウェアソースの設定
5.2. ソフトウェアの追加/削除の使用
5.2.1. ソフトウェアソースの更新 (Yum リポジトリー)
5.2.2. フィルターを用いたパッケージの検索
5.2.3. パッケージ(および依存するもの)のインストールおよび削除
5.2.4. パッケージグループのインストールおよび削除
5.2.5. トランザクションログの表示
5.3. PackageKit アーキテクチャー
5.4. その他のリソース
Fedora は、あなたのシステムと互換性のあるパッケージを表示、管理、更新、インストールおよびアンインストールするために PackageKit を提供します。PackageKit は、GNOME パネルメニューから、または PackageKit が更新を利用可能であることを通知するときに通知領域から開くことができるグラフィカルインターフェースがいくつかから構成されます。PackageKit のアーキテクチャーおよび利用可能なフロントエンドの詳細は、「PackageKit アーキテクチャー」を参照してください。

5.1. ソフトウェアの更新を用いたパッケージの更新

Activities メニューからアプリケーションシステムツールソフトウェアの更新をクリックすることにより、ソフトウェアの更新を開くことができます。またはシェルプロンプトにおいて、gpk-update-viewer コマンドを実行します。ソフトウェアの更新ウィンドウにおいて、すべての利用可能な更新を、更新されるパッケージ(.rpm を除き、CPU アーキテクチャーを含みます)、パッケージの概要、および一般的に更新が提供する変更の概要とともに一覧表示します。インストールしたくないすべての更新は、更新に対応するチェックボックスをチェック解除することにより、ここで選択解除できます。
ソフトウェアの更新を用いたアップデートのインストール
PackageKit のソフトウェアの更新ウィンドウを用いた 56 個の更新のインストール
図5.1 ソフトウェアの更新を用いたアップデートのインストール

ソフトウェアの更新ウィンドウのみに表示された更新は、利用可能な更新に対して現在インストールされているパッケージを表しています。 それらのパッケージに依存するもの(システムにある既存のパッケージか新しいものかどちらか)は、更新のインストールをクリックするまで表示されません。
PackageKit は、システムに変更を加える要求をするときは必ず PolicyKit ツールキットにより提供される精密なユーザー認証 機能を使用します。PackageKit にパッケージの更新、インストールまたは削除を指示すると必ず、システムに変更を加える前にスーパーユーザーのパスワードを入力するよう要求されます。
kernel パッケージを更新するよう PackageKit に指示すると、インストール後にプロンプトが表示され、システムを再起動して、新しくインストールしたカーネルから起動したいかどうかを尋ねられます。

5.1.1. 更新の確認間隔の設定

アクティビティメニューからアプリケーションその他ソフトウェアの更新を選択することにより、ソフトウェアの更新の設定ウィンドウが開きます。更新の設定タブにより、PackageKit がパッケージの更新を確認する間隔、およびすべての更新またはセキュリティ更新のみを自動的にインストールするかどうかを定義できます。モバイル接続を使用するとき更新を確認するボックスをチェック解除しておくことにより、ダウンロードするデータ量に対して課金される無線接続を使用しているときに、膨大な帯域使用を避けるために適しています。
PackageKit の更新の確認間隔の設定
PackageKit の更新確認間隔の設定
図5.2 PackageKit の更新の確認間隔の設定

5.1.2. ソフトウェアソースの設定

ソフトウェアの更新をインストールするために使用するパッケージリポジトリを選択するには、Activities メニューからアプリケーションその他ソフトウェアの更新を選択し、ソフトウェアの更新の設定ソフトウェアのソースをクリックします。
PackageKit のソフトウェアソースの設定
PackageKit のソフトウェアソースの設定
図5.3 PackageKit のソフトウェアソースの設定

PackageKit はソフトウェアのソースとして\n Yum リポジトリを参照します。すべてのソフトウェアを有効なソフトウェアのソースから取得します。ソフトウェアのソースタブは、/etc/yum.conf 設定ファイルおよび /etc/yum.repos.d/ ディレクトリにあるすべての repository.repo にあるすべての [repository] セクションの name=My Repository Name 項目に書かれているようにリポジトリ名を表示します。
有効化の列にチェックがついている項目は、対応するリポジトリがすべての更新とインストールの要求(依存関係の解決を含め)を満たすパッケージの位置を決めるために使用されます。有効化の列は [repository] セクションにおける enabled=<1 または 0> 項目に対応します。チェックボックスをチェックすることにより、Yum リポジトリを有効にします。また、チェック解除することにより無効にします。リポジトリを有効または無効にするどちらかの機能を実行することにより、PolicyKit がスーパーユーザーの認証をダイアログに要求します。PackageKit は実際に enabled=<1 または 0> が存在しなければその行を適切な [repository] セクションに挿入します。または、存在すれば値を変更します。つまり、ソフトウェアのソースウィンドウを通してリポジトリを有効化または無効化することにより、ウィンドウを閉じた後またはシステムを再起動した後に変更を永続化させます。必要に応じてリポジトリを簡単に有効化または無効化する機能は PackageKit の非常に便利な機能です。
PackageKit を通して Yum リポジトリの追加または削除ができないことに注意してください。

source RPM, test, および debuginfo リポジトリの表示

ソフトウェアのソース タブの下部にあるボックスをチェックすることにより、PackageKit が source RPM, testing および debuginfo リポジトリを同じように表示するようになります。このボックスはデフォルトでチェックされていません。