Product SiteDocumentation Site

10.2.3. サーバーの起動と停止

DHCP サーバーの始めての起動

When the DHCP server is started for the first time, it fails unless the dhcpd.leases file exists. Use the command touch /var/lib/dhcpd/dhcpd.leases to create the file if it does not exist.
If the same server is also running BIND as a DNS server, this step is not necessary, as starting the named service automatically checks for a dhcpd.leases file.
DHCP サーバーを開始するには、次のとおり入力します:
systemctl start dhcpd.service
DHCP サーバーを停止するには、次のとおり入力します:
systemctl stop dhcpd.service
デフォルトで、DHCP サービスはブート時に開始しません。ブート時に自動的に開始するようデーモンを設定するには、以下を実行します:
systemctl enable dhcpd.service
Fedora においてサービスを設定する方法の詳細は7章サービスおよびデーモンを参照してください。
If more than one network interface is attached to the system, but the DHCP server should only be started on one of the interfaces, configure the DHCP server to start only on that device. In /etc/sysconfig/dhcpd, add the name of the interface to the list of DHCPDARGS:
# Command line options here
DHCPDARGS=eth0
これは、ネットワークカードが2つあるファイアウォールマシンに便利な機能です。一方のネットワークカードを DHCP クライアントとして設定してインターネット用の IP アドレスを取得します。もう一方のネットワークカードは、ファイアウォール内の内部ネットワーク用の DHCP サーバーとして使用できます。内部ネットワークに接続されたネットワークカードだけを指定することにより、ユーザーがインターネット経由でデーモンに接続できなくなるので、システムがより安全になります。
Other command line options that can be specified in /etc/sysconfig/dhcpd include: