Product SiteDocumentation Site

パート II. パッケージ管理

Fedora システムにおいてすべてのソフトウェアは、インストール、更新、または削除できる RPM パッケージに分割されています。このパートは Fedora において Yum およびグラフィカルなパッケージ管理ツールの PackageKit 製品群を使用してパッケージを管理する方法を説明しています。

目次

4. Yum
4.1. パッケージの確認と更新
4.1.1. 更新の確認
4.1.2. パッケージの更新
4.1.3. 設定ファイル変更の保存
4.2. パッケージとパッケージ グループ
4.2.1. パッケージの検索
4.2.2. パッケージの一覧
4.2.3. パッケージ情報の表示
4.2.4. パッケージのインストール
4.2.5. パッケージの削除
4.2.6. 処理とトランザクションの履歴
4.3. Yum と Yum リポジトリーの設定
4.3.1. [main] オプションの設定
4.3.2. [repository] オプションの設定
4.3.3. Yum 変数の使い方
4.3.4. 現在の設定の表示
4.3.5. Yum リポジトリの追加・有効化および無効化
4.3.6. Yum リポジトリーの作成
4.4. Yum プラグイン
4.4.1. Yum プラグインの無効化、有効化、設定
4.4.2. 追加の Yum プラグインのインストール
4.4.3. プラグインの説明
4.5. その他のリソース
5. PackageKit
5.1. ソフトウェアの更新を用いたパッケージの更新
5.1.1. 更新の確認間隔の設定
5.1.2. ソフトウェアソースの設定
5.2. ソフトウェアの追加/削除の使用
5.2.1. ソフトウェアソースの更新 (Yum リポジトリー)
5.2.2. フィルターを用いたパッケージの検索
5.2.3. パッケージ(および依存するもの)のインストールおよび削除
5.2.4. パッケージグループのインストールおよび削除
5.2.5. トランザクションログの表示
5.3. PackageKit アーキテクチャー
5.4. その他のリソース