Product SiteDocumentation Site

6.4. スタティック ルートの設定

If static routes are required, they can be configured for each interface. This can be useful if you have multiple interfaces in different subnets. Use the route command to display the IP routing table.
静的ルーティング設定 /etc/sysconfig/network-scripts/route-interface ファイルに保存されます。たとえば、eth0 インターフェースの静的ルーティングは /etc/sysconfig/network-scripts/route-eth0 ファイルに保存されます。route-interface ファイルは2つの形式があります: IP コマンド引数および network/netmask ディレクティブ。
IP コマンドの引数形式
最初の行にデフォルトゲートウェイを定義します。デフォルトゲートウェイが DHCP 経由で設定されていないときのみ、これが必要になります:
default via X.X.X.X dev interface
X.X.X.X はデフォルトゲートウェイの IP アドレスです。interface は、デフォルトゲートウェイに接続される、または到達できるインターフェースです。
静的ルーティングを定義します。各行はそれぞれルーティングとして構文解析されます:
X.X.X.X/X via X.X.X.X dev interface
X.X.X.X/X は静的ルートに対するネットワークの番号とネットマスクです。X.X.X.X および interface はそれぞれデフォルトゲートウェイに対する IP アドレスとインターフェースです。X.X.X.X のアドレスはデフォルトゲートウェイの IP アドレスである必要がありません。多くの場合、X.X.X.X は異なるサブネットにおける IP アドレスです。また、interface は、そのサブネットに接続されている、または到達できるインターフェースです。
以下は IP コマンド引数形式を使用するサンプル route-eth0 ファイルです。デフォルトゲートウェイは 192.168.0.1、インターフェース eth0 です。2 つの静的ルートは 10.10.10.0/24 および 172.16.1.0/24 のネットワークに対するものです:
default via 192.168.0.1 dev eth0
10.10.10.0/24 via 192.168.0.1 dev eth0
172.16.1.0/24 via 192.168.0.1 dev eth0
静的ルートは他のサブネットに対してのみ設定されるべきです。上の例は、10.10.10.0/24 および 172.16.1.0/24 ネットワークに行くパケットは必ずデフォルトゲートウェイを使用するので、必要ありません。以下は、192.168.0.0/24 サブネットにあるマシンにおいて、他のサブネットへの静的ルートを設定する例です。例のマシンは、192.168.0.0/24 サブネットに eth0を、10.10.10.0/24 サブネットに eth1 インターフェース (10.10.10.1) を持ちます:
10.10.10.0/24 via 10.10.10.1 dev eth1

デフォルト ゲートウェイの複製

If the default gateway is already assigned from DHCP, the IP command arguments format can cause one of two errors during start-up, or when bringing up an interface from the down state using the ifup command: "RTNETLINK answers: File exists" or 'Error: either "to" is a duplicate, or "X.X.X.X" is a garbage.', where X.X.X.X is the gateway, or a different IP address. These errors can also occur if you have another route to another network using the default gateway. Both of these errors are safe to ignore.
ネットワーク/ネットマスク ディレクティブの形式
route-interface ファイルの network/netmask ディレクティブ形式を使用することもできます。以下は、その後に指示を用いた、network/netmask 形式のテンプレートです。
ADDRESS0=X.X.X.X
NETMASK0=X.X.X.X
GATEWAY0=X.X.X.X
The following is a sample route-eth0 file using the network/netmask directives format. The default gateway is 192.168.0.1, interface eth0. The two static routes are for the 10.10.10.0/24 and 172.16.1.0/24 networks. However, as mentioned before, this example is not necessary as the 10.10.10.0/24 and 172.16.1.0/24 networks would use the default gateway anyway:
ADDRESS0=10.10.10.0
NETMASK0=255.255.255.0
GATEWAY0=192.168.0.1
ADDRESS1=172.16.1.0
NETMASK1=255.255.255.0
GATEWAY1=192.168.0.1
Subsequent static routes must be numbered sequentially, and must not skip any values. For example, ADDRESS0, ADDRESS1, ADDRESS2, and so on.
Below is an example of setting static routes to a different subnet, on a machine in the 192.168.0.0/24 subnet. The example machine has an eth0 interface in the 192.168.0.0/24 subnet, and an eth1 interface (10.10.10.1) in the 10.10.10.0/24 subnet:
ADDRESS0=10.10.10.0
NETMASK0=255.255.255.0
GATEWAY0=10.10.10.1
DHCP が使用されていると、これらの設定が自動的に割り当てられることに注意してください。