Product SiteDocumentation Site

6.2.2. チャンネル・ボンディング・インターフェース

Fedora は管理者が bonding カーネルモジュールおよびチャネルボンディングインターフェースと呼ばれる特別なネットワークインターフェースを使用して単一チャネルの中に複数のネットワークインターフェースを一緒にバインドできます。チャネルボンディングは、同時に帯域を増加させて冗長性を提供する、2つ以上のネットワークインターフェースを1つとして動作させることができます。
To create a channel bonding interface, create a file in the /etc/sysconfig/network-scripts/ directory called ifcfg-bondN , replacing N with the number for the interface, such as 0.
The contents of the file can be identical to whatever type of interface is getting bonded, such as an Ethernet interface. The only difference is that the DEVICE= directive must be bondN , replacing N with the number for the interface.
以下は、チャンネル ボンディング設定ファイルの例です。
DEVICE=bond0
IPADDR=192.168.1.1
NETMASK=255.255.255.0
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=none
USERCTL=no
BONDING_OPTS="スペースで区切ってボンディングのパラメーター"
チャネルボンディングインターフェースが作成された後、一緒に束ねられるネットワークインターフェースは、 MASTER= および SLAVE= ディレクティブをそれらの設定ファイルに追加することにより、設定されなければいけません。各チャネルボンディングインターフェースの設定ファイルはほぼ同一です。
たとえば、2つのイーサネットインターフェースがチャネルボンドされるならば、eth0eth1 は以下の例のようになります:
DEVICE=ethN
BOOTPROTO=none
ONBOOT=yes
MASTER=bond0
SLAVE=yes
USERCTL=no
この例では、N をインターフェースの数値に置き換えます。
For a channel bonding interface to be valid, the kernel module must be loaded. To ensure that the module is loaded when the channel bonding interface is brought up, create a new file as root named bonding.conf in the /etc/modprobe.d/ directory. Note that you can name this file anything you like as long as it ends with a .conf extension. Insert the following line in this new file:
alias bondN bonding
Replace N with the interface number, such as 0. For each configured channel bonding interface, there must be a corresponding entry in your new /etc/modprobe.d/bonding.conf file.

Put all bonding module parameters in ifcfg-bondN files

Parameters for the bonding kernel module must be specified as a space-separated list in the BONDING_OPTS="bonding parameters" directive in the ifcfg-bondN interface file. Do not specify options for the bonding device in /etc/modprobe.d/bonding.conf, or in the deprecated /etc/modprobe.conf file. For further instructions and advice on configuring the bonding module and to view the list of bonding parameters, refer to 「Using Channel Bonding」.