Product SiteDocumentation Site

6.2.5. 他のインターフェース

他の一般的なインターフェイス設定ファイルは次の項目を含みます:
ifcfg-lo
ローカルの ループバック インターフェイス はよくテストで 使用されるだけでなく、同じシステムを指定し直す IP アドレスを必要とするさまざまなアプリケーションでも使用されます。ループバックデバイスに送信されたデータはすぐにホストのネットワーク層に戻されます。

ifrcfg-lo スクリプトは手動で編集しません

ループバックインターフェースのスクリプト /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-lo は、手動で編集すべきではありません。そうすると、システムが正しく動作しなくなる可能性がありません。
ifcfg-irlan0
赤外線インターフェース によって、ラップトップとプリンタなどデバイス間の情報を赤外線リンク上で流すことができます。これは、通常ピアツーピア接続で可能という事以外はイーサネットと同じような方法で動作します。
ifcfg-plip0
PLIP (Parallel Line Interface Protocol) 接続も、パラレルポートを使用すること以外は、殆んどイーサネットデバイスと同様な方法で動作します。