Product SiteDocumentation Site

4.2.3. パッケージ情報の表示

複数のパッケージに関する情報を表示するには(ここでもグロブ表現が有効です)、以下のコマンドを使用します:
yum info package_name
たとえば、 abrt パッケージに関する情報を表示するには、次のように入力します:
~]# yum info abrt
Loaded plugins: langpacks, presto, refresh-packagekit
Installed Packages
Name        : abrt
Arch        : x86_64
Version     : 2.0.1
Release     : 2.fc15
Size        : 806 k
Repo        : installed
From repo   : fedora
Summary     : Automatic bug detection and reporting tool
URL         : https://fedorahosted.org/abrt/
License     : GPLv2+
Description : abrt is a tool to help users to detect defects in applications and
            : to create a bug report with all informations needed by maintainer
            : to fix it. It uses plugin system to extend its functionality.
yum info package_name コマンドは rpm -q --info package_name コマンドに似ていますが、RPM パッケージが見つけられた Yum リポジトリの ID を追加情報として提供します。(出力において From repo: 行を探してください)。
以下のコマンドを使用することにより、代替物とパッケージに関する有用な情報を Yum データベースに問い合わせすることもできます:
yumdb info package_name
このコマンドは、パッケージのチェックサム(および、それを生成するために使用された SHA-256 のようなアルゴリズム)、パッケージをインストールするために呼び出されたコマンドラインに与えられたコマンド(もしあれば)、パッケージがシステムにインストールされた理由(ここで user はユーザーによりインストールされたことを意味します、dep は依存性のためもたらされたことを意味します。)を含め、パッケージに関するさらなる情報を提供します。たとえば、yum パッケージに関するさらなる情報を表示するには、次のように入力します:
~]# yumdb info yum
Loaded plugins: langpacks, presto, refresh-packagekit
yum-3.2.29-4.fc15.noarch
     checksum_data = 249f21fb43c41381c8c9b0cd98d2ea5fa0aa165e81ed2009cfda74c05af67246
     checksum_type = sha256
     from_repo = fedora
     from_repo_revision = 1304429533
     from_repo_timestamp = 1304442346
     installed_by = 0
     reason = user
     releasever = $releasever
yumdb コマンドの詳細は yumdb(8) マニュアルページを参照してください。