Product SiteDocumentation Site

2.2.3. Network Time Protocol の設定

上述の手動セットアップと対照的に、Network Time Protocol (NTP) を通してリモートサーバーとシステムクロックを同期することもできます。一度だけの同期には、ntpdate コマンドを使用します:
  1. 以下の形式で ntpdate を使用することにより、選択した NTP サーバーがアクセス可能であるかを確認します:
    ntpdate -q server_address
    たとえば、0.fedora.pool.ntp.org に接続するには、次のとおり入力します:
    ~]$ ntpdate -q 0.fedora.pool.ntp.org
    server 204.15.208.61, stratum 2, offset -39.275438, delay 0.16083
    server 69.65.40.29, stratum 2, offset -39.269122, delay 0.17191
    server 148.167.132.201, stratum 2, offset -39.270239, delay 0.20482
    17 Oct 17:41:09 ntpdate[10619]: step time server 204.15.208.61 offset -39.275438 sec
  2. 良好なサーバーを検索するとき、root として、1つ以上のサーバーアドレスを引数として ntpdate コマンドを実行してください:
    ntpdate server_address…
    たとえば:
    ~]# ntpdate 0.fedora.pool.ntp.org 1.fedora.pool.ntp.org
    17 Oct 17:42:13 ntpdate[10669]: step time server 204.15.208.61 offset -39.275436 sec
    エラーメッセージが何も表示されなければ、システム時刻が設定されます。date コマンドを引数なしで実行することにより現在の時刻を確認できます。
  3. 大抵の場合、これらの手順で十分です。1つ以上のサービスが常に現在の時刻を使用する必要が本当にあるならば、root として以下のコマンドを実行することにより、起動時に ntpdate を実行するようにします:
    systemctl enable ntpdate.service
    システムサービスとそのセットアップに関する詳細は、7章サービスおよびデーモンを参照してください。

    注記

    起動時に時刻サーバーと同期を続けることに失敗するならば、関連するエラーメッセージを /var/log/boot.log において確認できます。以下の行を /etc/sysconfig/network に追加してみてください:
    NETWORKWAIT=1
しかしながら、起動時に時刻を自動的に同期されるためのより便利な方法は ntpd デーモンを設定することです:
  1. root として、NTP 設定ファイル /etc/ntp.conf をテキストエディターで開きます。もしまだ存在しなければ、新しいものを作成します。
  2. 公開されている NTP サーバーの一覧を追加または編集します。Fedora 16 を使用しているならば、すでに以下の行が含まれているファイルが存在しますが、必要に応じてこれらを気軽に変更や拡張してください:
    server 0.fedora.pool.ntp.org iburst
    server 1.fedora.pool.ntp.org iburst
    server 2.fedora.pool.ntp.org iburst

    初期同期の高速化

    初期同期を高速化するには、iburst ディレクティブを各サーバー設定行の最後に加えることが推奨されます。
  3. 同じファイルにおいて、適切なパーミッションを設定して、localhost のみにアクセスを制限します:
    restrict default kod nomodify notrap nopeer noquery
    restrict -6 default kod nomodify notrap nopeer noquery
    restrict 127.0.0.1
    restrict -6 ::1
  4. 変更を保存して、エディタを終了して、NTP デーモンを再起動します:
    systemctl restart ntpd.service
  5. 加えて、ntpd デーモンがブート時に起動することを確実にします:
    systemctl enable ntpd.service