Product SiteDocumentation Site

Fedora 17

Installation Guide

Installing Fedora 17 on x86, AMD64, and Intel 64 architectures

エディッション 1.0

Fedora Documentation Team

Documentation Project Fedora [FAMILY Given]


法律上の通知

Copyright © 2012 Red Hat, Inc. and others.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. The original authors of this document, and Red Hat, designate the Fedora Project as the "Attribution Party" for purposes of CC-BY-SA. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, JBoss, MetaMatrix, Fedora, the Infinity Logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
For guidelines on the permitted uses of the Fedora trademarks, refer to https://fedoraproject.org/wiki/Legal:Trademark_guidelines.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
All other trademarks are the property of their respective owners.
概要
インストール処理のドキュメントを提供します。

序文
1. 表記方法
1.1. 印刷における表記方法
1.2. 引用における表記方法
1.3. 注記および警告
2. フィードバック
3. Acknowledgments
Introduction
1. Background
1.1. About Fedora
1.2. Getting Additional Help
2. About This Document
2.1. Goals
2.2. Audience
1. Quick Start for Experts
1.1. Overview
1.2. Download Files
1.3. Prepare for Installation
1.4. Install Fedora
1.5. Perform Post-installation Steps
2. Obtaining Fedora
2.1. Downloading Fedora
2.1.1. How Do I Download Installation Files?
2.1.2. Which Architecture Is My Computer?
2.1.3. Which Files Do I Download?
2.2. Obtaining Fedora on CD or DVD
3. メディアの作成
3.1. Making an installation DVD
3.2. インストールソースとしての USB フラッシュドライブの準備
3.2.1. Making Fedora USB Media on a Windows Operating System
3.2.2. Making Fedora USB Media in UNIX, Linux, and Similar Operating Systems
3.3. 最低限ブートメディアの作成
3.3.1. UEFI ベースのシステム
I. Installation and Booting
4. x86 アーキテクチャ上のインストール計画
4.1. Upgrade or Install?
4.2. Is Your Hardware Compatible?
4.3. RAID と他のディスクデバイス
4.3.1. ハードウェア RAID
4.3.2. ソフトウェア RAID
4.3.3. FireWire と USB のディスク
4.4. ディスク容量は十分ですか?
4.5. Selecting an Installation Method
4.6. Choose a boot method
5. インストールの準備
5.1. Preparing for a Network Installation
5.1.1. Preparing for FTP and HTTP installation
5.1.2. NFS インストールの準備
5.2. Preparing for a Hard Drive Installation
6. システム仕様一覧
7. インストールをブートする
7.1. インストールプログラムを起動する
7.1.1. x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムでインストールプログラムを起動する
7.1.2. The Boot Menu
7.1.3. 追加のブートオプション
7.2. PXE を使用してネットワークからブートする
8. Configuring Installation Source
8.1. Installation Method
8.1.1. DVD からインストール
8.1.2. Installing from a Hard Drive
8.1.3. Installing via NFS
8.1.4. Installing via FTP or HTTP
9. Installing using anaconda
9.1. The Text Mode Installation Program User Interface
9.1.1. Using the Keyboard to Navigate
9.2. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェース
9.2.1. インストール中のスクリーンショット
9.2.2. 仮想コンソールに関する注意事項
9.3. 言語の設定
9.4. Keyboard Configuration
9.5. ストレージデバイス
9.5.1. ストレージデバイス選択の画面
9.6. ホスト名の設定
9.6.1. ネットワーク接続の編集
9.7. Time Zone Configuration
9.8. rootのパスワード設定
9.9. ストレージデバイスの割り当て
9.10. Initializing the Hard Disk
9.11. Upgrading an Existing System
9.11.1. The Upgrade Dialog
9.11.2. Upgrading Using the Installer
9.11.3. Upgrading Boot Loader Configuration
9.12. Disk Partitioning Setup
9.13. パーティションの暗号化
9.14. カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更
9.14.1. ストレージの作成
9.14.2. パーティションを追加する
9.14.3. Create Software RAID
9.14.4. Create LVM Logical Volume
9.14.5. Recommended Partitioning Scheme
9.15. Write changes to disk
9.16. x86、 AMD64、及び Intel 64 のブートローダ設定
9.16.1. Advanced Boot Loader Configuration
9.16.2. Rescue Mode
9.16.3. Alternative Boot Loaders
9.17. パッケージグループの選択
9.17.1. Installing from Additional Repositories
9.17.2. Customizing the Software Selection
9.18. Installing Packages
9.19. Installation Complete
10. Intel 又は AMD システム上のインストールのトラブルシューティング
10.1. You are unable to boot Fedora
10.1.1. Are You Unable to Boot With Your RAID Card?
10.1.2. Is Your System Displaying Signal 11 Errors?
10.2. Trouble Beginning the Installation
10.2.1. グラフィカルインストールへの起動問題
10.3. インストール中の問題
10.3.1. No devices found to install Fedora Error Message
10.3.2. トレースバックメッセージを保存
10.3.3. パーティションテーブルに関する問題
10.3.4. Using Remaining Space
10.3.5. Other Partitioning Problems
10.4. Problems After Installation
10.4.1. Trouble With the Graphical GRUB Screen on an x86-based System?
10.4.2. Blocked by a GRUB command line after upgrading?
10.4.3. Booting into a Graphical Environment
10.4.4. Problems with the X Window System (GUI)
10.4.5. Problems with the X Server Crashing and Non-Root Users
10.4.6. Problems When You Try to Log In
10.4.7. Is Your RAM Not Being Recognized?
10.4.8. Your Printer Does Not Work
10.4.9. Apache HTTP Server or Sendmail stops responding during startup
II. 高度なインストールオプション
11. ブートオプション
11.1. ブートメニューでインストールシステムを設定
11.1.1. 言語の指定
11.1.2. インターフェースの設定
11.1.3. Anaconda の更新
11.1.4. インストール方法を指定
11.1.5. Specifying the Network Settings
11.2. インストールシステムへのリモートアクセスを有効化
11.2.1. VNC でリモートアクセスを有効にする
11.2.2. インストールシステムを VNC リスナーに接続
11.2.3. Enabling Remote Access with ssh
11.3. インストール中にリモートシステムにログイン
11.3.1. ログサーバーを設定する
11.4. キックスタートでインストールを自動化する
11.5. ハードウェアサポートの強化
11.5.1. 自動ハードウェア検出を上書きする
11.6. メンテナンスブートモードの使用
11.6.1. メモリー (RAM) テストモードのロード
11.6.2. ブートメディアの検証
11.6.3. レスキューモードでコンピュータをブート
11.6.4. コンピュータをアップグレード
12. メディア無しでインストール
12.1. ブートファイルの取り込み
12.2. GRUB 設定を編集する
12.3. インストールへブートする
13. Setting Up an Installation Server
13.1. Setting Up cobbler
13.2. Setting Up the Distribution
13.3. Mirroring a Network Location
13.4. Importing the Distribution
13.5. PXE サーバーを手動で設定
13.5.1. ネットワークサーバーを設定する
13.5.2. PXEブート設定
13.5.3. Starting the tftp Server
13.5.4. カスタムのブートメッセージを追加する
13.5.5. PXEインストールを実行する
14. VNC を経由したインストール
14.1. VNC ビューワ
14.2. Anaconda 内の VNC モード
14.2.1. ダイレクトモード
14.2.2. 接続モード
14.3. VNC を使用したインストール
14.3.1. インストールの例
14.3.2. キックスタートの考慮
14.3.3. Firewall Considerations
14.4. 参照
15. Kickstart Installations
15.1. What are Kickstart Installations?
15.2. How Do You Perform a Kickstart Installation?
15.3. Creating the Kickstart File
15.4. Kickstart Options
15.4.1. Advanced Partitioning Example
15.5. Package Selection
15.6. Pre-installation Script
15.6.1. Example
15.7. Post-installation Script
15.7.1. Example
15.8. Making the Kickstart File Available
15.8.1. Creating Kickstart Boot Media
15.8.2. Making the Kickstart File Available on the Network
15.9. Making the Installation Tree Available
15.10. Starting a Kickstart Installation
16. Kickstart Configurator
16.1. 基本設定
16.2. Installation Method
16.3. ブートローダオプション
16.4. Partition Information
16.4.1. Creating Partitions
16.5. ネットワーク設定
16.6. Authentication
16.7. Firewall Configuration
16.7.1. SELinux Configuration
16.8. Display Configuration
16.9. Package Selection
16.10. Pre-Installation Script
16.11. Post-Installation Script
16.11.1. Chroot Environment
16.11.2. Use an Interpreter
16.12. Saving the File
III. インストールの後
17. Firstboot
17.1. License Agreement
17.2. ユーザーの作成
17.2.1. 認証の設定
17.3. Date and Time
17.4. ハードウェア分析結果
18. 次のステップ
18.1. システムの更新
18.2. アップグレードを終了する
18.3. グラフィカルログインへの切り替え
18.3.1. コマンドラインからのソフトウェアレポジトリアクセスを有効にする
18.4. Subscribing to Fedora Announcements and News
18.5. Finding Documentation and Support
18.6. Joining the Fedora Community
19. Basic System Recovery
19.1. Rescue Mode
19.1.1. Common Problems
19.1.2. Booting into Rescue Mode
19.1.3. Booting into Single-User Mode
19.1.4. Booting into Emergency Mode
19.2. Using rescue mode to fix or work around driver problems
19.2.1. Using RPM to add, remove, or replace a driver
19.2.2. Blacklisting a driver
20. Upgrading Your Current System
20.1. Determining Whether to Upgrade or Re-Install
20.2. Upgrading Your System
21. Removing Fedora
21.1. Fedora is the only operating system on the computer
21.2. Your computer dual-boots Fedora and another operating system
21.2.1. Your computer dual-boots Fedora and a Microsoft Windows operating system
21.2.2. Your computer dual-boots Fedora and Mac OS X
21.2.3. Your computer dual-boots Fedora and a different Linux distribution
21.3. Replacing Fedora with MS-DOS or legacy versions of Microsoft Windows
IV. 技術的付録
A. An Introduction to Disk Partitions
A.1. Hard Disk Basic Concepts
A.1.1. It is Not What You Write, it is How You Write It
A.1.2. Partitions: Turning One Drive Into Many
A.1.3. Partitions within Partitions — An Overview of Extended Partitions
A.1.4. Making Room For Fedora
A.1.5. Partition Naming Scheme
A.1.6. Disk Partitions and Other Operating Systems
A.1.7. Disk Partitions and Mount Points
A.1.8. How Many Partitions?
B. ISCSI ディスク
B.1. anaconda 内の iSCSI ディスク
B.2. スタートアップ時の iSCSI ディスク
C. ディスク暗号化
C.1. ブロックデバイス暗号化とは?
C.2. dm-crypt/LUKS を使用してブロックデバイスを暗号化
C.2.1. LUKS の概要
C.2.2. インストールの後で暗号化したデバイスにアクセスする方法は?(システムスタートアップ)
C.2.3. 良いパスフレーズの選択法
C.3. Anaconda 内で暗号化したブロックデバイスを作成
C.3.1. 暗号化できるブロックデバイスの種類は?
C.3.2. パスフレーズの保存
C.3.3. バックアップパスフレーズの作成と保存
C.4. インストール後にインストール済みのシステムで暗号化したブロックデバイスを作成
C.4.1. ブロックデバイスの作成
C.4.2. オプション: ランダムデータでデバイスを充填します。
C.4.3. デバイスを dm-crypt/LUKS 暗号化デバイスとしてフォーマットする
C.4.4. マッピングを作成して解読されたデバイスの内容にアクセスできるようにする
C.4.5. マップしたデバイス上にファイルシステムを作成、又はマップしたデバイスを使用して 複雑なストレージ構造の構築を継続する
C.4.6. マッピング情報を /etc/crypttab に追加します。
C.4.7. エントリを /etc/fstab に追加します。
C.5. インストール後の一般的なタスク
C.5.1. 暗号化したブロックデバイスへアクセスをするための追加の手段としてランダムに生成した キーをセットします。
C.5.2. 既存のデバイスに新規のパスフレーズを追加します。
C.5.3. デバイスからパスフレーズ、又はキーを削除します。
D. LVM を理解する
E. The GRUB Boot Loader
E.1. ブートローダとシステムアーキテクチャ
E.2. GRUB
E.2.1. GRUB and the boot process on BIOS-based x86 systems
E.2.2. GRUB and the boot process on UEFI-based x86 systems
E.2.3. Features of GRUB
E.3. Installing GRUB
E.4. GRUB Terminology
E.4.1. Device Names
E.4.2. File Names and Blocklists
E.4.3. The Root File System and GRUB
E.5. GRUB Interfaces
E.5.1. Interfaces Load Order
E.6. GRUB Commands
E.7. GRUB Menu Configuration File
E.7.1. Configuration File Structure
E.7.2. Configuration File Directives
E.8. ブート時にランレベルの変更
E.9. Additional Resources
E.9.1. Installed Documentation
E.9.2. Useful Websites
F. Boot Process, Init, and Shutdown
F.1. The Boot Process
F.2. A Detailed Look at the Boot Process
F.2.1. The firmware interface
F.2.2. The Boot Loader
F.2.3. The Kernel
F.2.4. The /sbin/init Program
F.2.5. ジョブの定義
F.3. Running Additional Programs at Boot Time
F.4. SysV Init Runlevels
F.4.1. Runlevels
F.4.2. Runlevel Utilities
F.5. Shutting Down
G. Logging the Installation
G.1. Log files and formats
G.1.1. Logging on the installed system
G.2. Remote logging with rsyslog
G.3. Remote logging via virtio
H. Other Technical Documentation
I. Contributors and production methods
I.1. Contributors
I.2. Production methods
J. Revision History
索引

序文

1. 表記方法

本ガイドは特定の単語や語句を強調したり、 記載内容の特定部分に注意を引かせる目的で次のような表記方法を使用しています。
PDF版 および印刷版では、 Liberation Fonts セットから採用した書体を使用しています。 ご使用のシステムに Liberation Fonts セットがインストールされている場合、 HTML 版でもこのセットが使用されます。 インストールされていない場合は代替として同等の書体が表示されます。 注記: Red Hat Enterprise Linux 5 およびそれ以降のバージョンにはデフォルトで Liberation Fonts セットが収納されます。

1.1. 印刷における表記方法

特定の単語や語句に注意を引く目的で 4 種類の表記方法を使用しています。 その表記方法および適用される状況は以下の通りです。
等幅の太字
シェルコマンド、ファイル名、パスなどシステムへの入力を強調するために使用しています。またキー配列やキーの組み合わせを強調するのにも使用しています。 例えば、
現在作業中のディレクトリ内のファイル my_next_bestselling_novel の内容を表示させるには、 シェルプロンプトで cat my_next_bestselling_novel コマンドを入力してから Enter を押してそのコマンドを実行します。
上記にはファイル名、シェルコマンド、キーが含まれています。 すべて等幅の太字で表されているため文中内で見分けやすくなっています。
キーが 1 つの場合と複数のキーの組み合わせになる場合を区別するため、 その組み合わせを構成するキー同士をハイフンでつないでいます。 例えば、
Enter を押してコマンドを実行します。
1 番目の仮想ターミナルに切り替えるは、 Ctrl+Alt+F2 を押します。 X-Windows セッションに戻るには、 Ctrl+Alt+F1 を押します。
最初の段落では押すべき 1 つのキーを特定して強調しています。 次の段落では同時に押すべき 3 つのキーの組み合わせが 2 種類ありそれぞれ強調されています。
ソースコードの説明では 1 段落内で提示されるクラス名、 メソッド、 関数、 変数名、 戻り値を上記のように 等幅の太字 で表示します。 例えば、
ファイル関連のクラス群はファイルシステムに対しては filesystem、 ファイルには file、 ディレクトリには dir をそれぞれ含みます。 各クラスは個別に関連する権限セットを持っています。
プロポーショナルの太字
アプリケーション名、 ダイアログボックスのテキスト、ラベル付きボタン、 チェックボックスとラジオボタンのラベル、 メニュータイトルとサブメニュータイトルなどシステム上で見られる単語や語句を表します。 例えば、
メインメニューバーから システム > 個人設定 > マウス の順で選択し マウスの個人設定 を起動します。 ボタン タブ内で 左ききのマウス チェックボックスをクリックしてから 閉じる をクリックしマウスの主要ボタンを左から右に切り替えます (マウスを左ききの人が使用するのに適した設定にする)。
gedit ファイルに特殊な文字を挿入する場合は、 メインメニューバーから アプリケーション > アクセサリ > 文字マップ の順で選択します。 次に 文字マップ メニューバーから 検索 > 検索… と選択して 検索 フィールド内にその文字名を入力し をクリックします。 探している文字が 文字表 内で強調表示されます。 この強調表示された文字をダブルクリックすると コピーするテキスト フィールド内に置かれるので次に コピー ボタンをクリックします。 ここでドキュメントに戻り gedit メニューバーから 編集 > 貼り付け を選択します。
上記には、 アプリケーション名、 システム全体のメニュー名と項目、 アプリケーション固有のメニュー名、 GUI インタフェースで見られるボタンやテキストがあります。 すべてプロポーショナルの太字で表示されているため文中内で見分けやすくなっています。
等幅の太字で且つ斜体 または プロポーショナルの太字で且つ斜体
等幅の太字やプロポーショナルの太字はいずれであっても斜体の場合は置換可能なテキストか変化するテキストを示します。 斜体は記載されている通りには入力しないテキスト、あるいは状況に応じて変化する出力テキストを表します。 例えば、
ssh を使用してリモートマシンに接続するには、 シェルプロンプトで ssh username@domain.name と入力します。 リモートマシンが example.com であり、 そのマシンで使用しているユーザー名が john なら ssh john@example.com と入力します。
mount -o remount file-system コマンドは指定したファイルシステムを再マウントします。 例えば、 /home ファイルシステムを再マウントするコマンドは mount -o remount /home になります。
現在インストールされているパッケージのバージョンを表示するには、 rpm -q package コマンドを使用します。 結果として次を返してきます、 package-version-release
上記の太字斜体の単語 — username、 domain.name、 file-system、 package、 version、 release に注目してください。 いずれもコマンドを発行するときに入力するテキスト用のプレースホルダーかシステムにより出力されるテキスト用のプレースホルダーになっています。
タイトル表示のような標準的な使用の他、 斜体は新しい重要な用語が初めて出現する場合にも使用されます。 例えば、
Publican は DocBook の発行システムです。

1.2. 引用における表記方法

端末の出力とソースコード一覧は、視覚的に周囲の文から区別されています。
端末に送信される出力は mono-spaced roman (等幅の Roman) にセットされるので以下のように表示されます。
books        Desktop   documentation  drafts  mss    photos   stuff  svn
books_tests  Desktop1  downloads      images  notes  scripts  svgs
ソースコードの一覧も mono-spaced roman (等幅の Roman) でセットされますが、以下のように強調表示されます。
package org.jboss.book.jca.ex1;

import javax.naming.InitialContext;

public class ExClient
{
   public static void main(String args[]) 
       throws Exception
   {
      InitialContext iniCtx = new InitialContext();
      Object         ref    = iniCtx.lookup("EchoBean");
      EchoHome       home   = (EchoHome) ref;
      Echo           echo   = home.create();

      System.out.println("Created Echo");

      System.out.println("Echo.echo('Hello') = " + echo.echo("Hello"));
   }
}

1.3. 注記および警告

情報が見過ごされないよう 3 種類の視覚的なスタイルを使用して注意を引いています。

注記

注記は説明している部分に対するヒントや近道あるいは代替となる手段などになります。注記を無視しても悪影響はありませんが知っておくと便利なコツを見逃すことになるかもしれません。

重要

重要ボックスは見逃しやすい事項を詳細に説明しています。現在のセッションにのみ適用される設定上の変更点、 更新を適用する前に再起動が必要なサービスなどがあります。重要ボックスを無視してもデータを喪失するような結果にはなりませんがイライラ感やフラストレーションが生じる可能性があります。

警告

警告は無視しないでください。警告を無視するとデータを喪失する可能性が非常に高くなります。

2. フィードバック

本ガイドに誤植を見つけられた場合や本ガイドの改善案をお持ちの場合はぜひお知らせください。 Bugzilla http://bugzilla.redhat.com/bugzilla/ にて、 Product には Fedora Documentation. を選びレポートの提出をお願いいたします。
バグレポートを提出される場合は、 そのガイドの識別子となる install-guide を必ず明記して頂くようお願いします。
ドキュメントに関する改善のご意見についてはできるだけ具体的にお願いいたします。 エラーを発見された場合は、 セクション番号および該当部分の前後の文章も含めてご報告頂くと照合が容易になります。

3. Acknowledgments

Certain portions of this text first appeared in the Red Hat Enterprise Linux Installation Guide, copyright © 2011 Red Hat, Inc. and others, published by Red Hat at http://docs.redhat.com/docs.

Introduction

This guide covers installation of Fedora, a Linux distribution built on free and open source software. This manual helps you install Fedora on desktops, laptops, and servers. The installation system is easy to use even if you lack previous knowledge of Linux or computer networks. If you select default options, Fedora provides a complete desktop operating system, including productivity applications, Internet utilities, and desktop tools.
This document details the full range of installation options, including those that apply only in limited or unusual circumstances. The Fedora 17 Installation Quick Start Guide provides a much-abbreviated set of instructions for downloading Fedora, creating an installation disc, and installing Fedora on a typical desktop or laptop computer. The Fedora 17 Installation Quick Start Guide is available from http://docs.fedoraproject.org/installation-quick-start-guide/.

1. Background

1.1. About Fedora

To find out more about Fedora, refer to http://fedoraproject.org/. To read other documentation on Fedora related topics, refer to http://docs.fedoraproject.org/.

1.2. Getting Additional Help

For information on additional help resources for Fedora, visit http://fedoraproject.org/wiki/Communicate.

2. About This Document

2.1. Goals

This guide helps a reader:
  1. Understand how to locate the Fedora distribution online
  2. Create configuration data that allows a computer to boot Fedora
  3. Understand and interact with the Fedora installation program
  4. Complete basic post-installation configuration of a Fedora system

Other Sources of Documentation

This guide does not cover use of Fedora. To learn how to use an installed Fedora system, refer to http://docs.fedoraproject.org/ for other documentation.

2.2. Audience

This guide is intended for Fedora users of all levels of experience. However, it treats the installation process and its many options in far greater detail than most novice users are likely to require. You do not need to read and understand this entire document to install Fedora on a computer. This document is most likely to help experienced users perform advanced and unusual installations.

第1章 Quick Start for Experts

This section offers a very brief overview of installation tasks for experienced readers who are eager to get started. Note that many explanatory notes and helpful hints appear in the following chapters of this guide. If an issue arises during the installation process, consult the appropriate chapters in the full guide for help.

Experts Only

This section is intended only for experts. Other readers may not be familiar with some of the terms in this section, and should move on to 2章Obtaining Fedora instead.

1.1. Overview

The installation procedure is fairly simple, and consists of only a few steps:
  1. Download files to make media or another bootable configuration.
  2. Prepare system for installation.
  3. Boot the computer and run the installation process.
  4. Reboot and perform post-installation configuration.

1.2. Download Files

Do any one of the following:

Verify your downloads

Downloads may fail for any number of reasons. Always verify the sha256sum of the downloaded files.
  1. Download the ISO image for a Live image. Create CD media from the ISO file using your preferred application. You may also use the livecd-tools package to write the image to other bootable media such as a USB flash disk. To install the distribution to your hard disk, use the shortcut on the desktop after you log in.
  2. Download the ISO images for the full distribution on DVD. Create DVD media from the ISO files using your preferred application, or put the images on a Windows FAT32 or Linux ext2, ext3, or ext4 partition.
  3. Download the boot.iso image for a minimal boot CD or USB flash drive. Write the image to the approriate physical media to create bootable media. The boot media contains no packages but must be pointed at a hard disk or online repository to complete the installation.
  4. Download the vmlinuz kernel file and the initrd.img ramdisk image from the distribution's isolinux/ directory. Configure your operating system to boot the kernel and load the ramdisk image. For further information on installation without media, refer to 12章メディア無しでインストール.
    For information on setting up a network boot server from which you can install Fedora, refer to 13章Setting Up an Installation Server.
To learn how to turn ISO images into CD or DVD media, refer to Making Fedora Discs available from http://docs.fedoraproject.org/readme-burning-isos/.

1.3. Prepare for Installation

Back up any user data you need to preserve.

パーティションのサイズ変更

The installation program provides functions for resizing ext2, ext3, ext4, and NTFS formatted partitions. Refer to 「カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更」 for more information.

1.4. Install Fedora

Boot from the desired media, with any options appropriate for your hardware and installation mode. Refer to 11章ブートオプション for more information about boot options. If you boot from the Live CD, select the Install to Hard Disk option from the desktop to run the installation program. (Alternatively, the option can be found in ApplicationsSystem Tools.) If you boot from minimal media or a downloaded kernel, select a network or hard disk resource from which to install.
Proceed through all the steps of the installation program. The installation program does not change your system until you make a final confirmation to proceed. When installation is finished, reboot your system.

1.5. Perform Post-installation Steps

After the system reboots, it displays additional configuration options. Make appropriate changes to your system and proceed to the login prompt.
Refer to 17章Firstboot or the Firstboot page on the Fedora wiki: http://fedoraproject.org/wiki/FirstBoot for more detail.

第2章 Obtaining Fedora

This chapter explains how to get the files you need to install and run Fedora on your computer. Concepts in this chapter may be new, especially if this is your first free and open source operating system. If you have any trouble with this chapter, find help by visiting the Fedora Forums at http://www.fedoraforum.org/.
The Fedora Project distributes Fedora in many ways, mostly free of cost and downloaded over the Internet. The most common distribution method is CD and DVD media. There are several types of CD and DVD media available, including:
  • A full set of the software on DVD media
  • Live images you can use to try Fedora, and then install to your system if you so choose
  • Reduced-size bootable CD and USB flash disk images you can use to install over an Internet connection
  • Source code on DVD media
Most users want the Fedora Live image or the full set of installable software on DVD. The reduced bootable images are suitable for use with a fast Internet connection and install Fedora on one computer. Source code discs are not used for installing Fedora, but are resources for experienced users and software developers.
Users with a broadband Internet connection can download ISO images of CD and DVD media or images of USB flash disks. An ISO image is a copy of an entire disc in a format suitable for writing directly to a CD or DVD. A USB flash disk image is a copy of an entire disk in a format suitable for writing directly to a USB flash disk.
For more information on burning CDs and DVDs, refer to 3章メディアの作成.
If downloading the Fedora ISO images and burning them to CD or DVD is impossible or impractical for you, refer to 「Obtaining Fedora on CD or DVD」 to learn about other ways that you can obtain Fedora.

2.1. Downloading Fedora

2.1.1. How Do I Download Installation Files?

Download Links

To follow a Web-based guide to downloading, visit http://get.fedoraproject.org/. For guidance on which architecture to download, refer to 「Which Architecture Is My Computer?」.
Fedora software is available for download at no cost in a variety of ways.

2.1.1.1. From a Mirror

The Fedora installation files are freely available from web servers located in many parts of the world. These servers mirror the files available from the Fedora Project. If you visit http://download.fedoraproject.org/, you are redirected to a mirror, based on a calculation of which mirror is likely to offer you the best download speed. Alternatively, you can choose a mirror from the list maintained at http://mirrors.fedoraproject.org/publiclist. This page lists mirrors according to geographic location. The mirrors geographically closest to you are likely to provide you with the fastest downloads. If the company or organization that provides your internet access maintains a mirror, this mirror is likely to provide you with the fastest downloads of all.
Mirrors publish Fedora software under a well-organized hierarchy of folders. For example, the Fedora 17 distribution normally appears in the directory fedora/linux/releases/17/. This directory contains a folder for each architecture supported inside that folder, in a folder called iso/. For example, you can find the file for the DVD distribution of Fedora 17 for x86_64 at fedora/linux/releases/17/Fedora/x86_64/iso/Fedora-17-x86_64-DVD.iso.

2.1.1.2. From BitTorrent

BitTorrent is a way to download information in cooperation with other computers. Each computer cooperating in the group downloads pieces of the information in a particular torrent from other peers in the group. Computers that have finished downloading all the data in a torrent remain in the swarm to seed, or provide data to other peers. If you download using BitTorrent, as a courtesy you should seed the torrent at least until you have uploaded the same amount of data you downloaded.
If your computer does not have software installed for BitTorrent, visit the BitTorrent home page at http://www.bittorrent.com/download/ to download it. BitTorrent client software is available for Windows, Mac OS, Linux, and many other operating systems.
You do not need to find a special mirror for BitTorrent files. The BitTorrent protocol ensures that your computer participates in a nearby group. To download and use the Fedora BitTorrent files, visit http://torrent.fedoraproject.org/.

Minimal Boot Images

Minimal boot CD and USB flash disk images are not available through BitTorrent.

Verify your download

Once you have downloaded an ISO, verify it for security and integrity. To follow a web-based guide, visit https://fedoraproject.org/en/verify.

2.1.2. Which Architecture Is My Computer?

Releases are separated by architecture, or type of computer processor. Use the following table to determine the architecture of your computer according to the type of processor. Consult your manufacturer's documentation for details on your processor, if necessary.
表2.1 Processor and architecture types
Processor manufacturer and model Architecture type for Fedora
Intel Atom (see note below,) Core series, Pentium 4, and recent vintage Xeon; AMD Athlon, Duron, some Semprons; and older; VIA C3, C7 i386
Intel Atom (See note below), Core 2 series, Core i series and Xeon; AMD: Athlon 64, Athlon II, Sempron64, Phenom series, Fusion series, Bulldozer series and Opteron; Apple MacBook, MacBook Pro, and MacBook Air x86_64

i386 Works for Most Windows Compatible Computers

If you are unsure what type of processor your computer uses, choose i386.
The exception is if your computer is a non-Intel based Apple Macintosh. Refer to http://fedoraproject.org/wiki/Architectures/PowerPC for more information on using Fedora on these systems.

Intel Atom Processor Architectures Vary

The Z Series and N200 Series Atom processors are based on the i386 architecture. The 230 and 330 Series and the rest of the N Series Atom processors are based on thex86_64 architecture. Refer to http://ark.intel.com/products/family/29035 for more details.

2.1.3. Which Files Do I Download?

You have several options to download Fedora. Read the options below to decide the best one for you.
Each file available for download in a Fedora distribution includes the architecture type in the file name. For example, the file for the DVD distribution of Fedora 17 for x86_64 is named Fedora-17-x86_64-DVD.iso. Refer to 「Which Architecture Is My Computer?」 if you are unsure of your computer's architecture.
  1. Full Distribution on DVD
    If you have plenty of time, a fast Internet connection, and wish a broader choice of software on the install media, download the full DVD version. Once burned to DVD, the media is bootable and includes an installation program. The DVD version contains a mode to perform rescue operations on your Fedora system in an emergency. You can download the DVD version directly from a mirror, or via BitTorrent.
  2. Live Image
    If you want to try Fedora before you install it on your computer, download the Live image version. If your computer supports booting from CD or USB, you can boot the operating system without making any changes to your hard disk. The Live image also provides an Install to Hard Disk desktop shortcut (alternatively, the shortcut can be found in ApplicationsSystem Tools). If you decide you like what you see, and want to install it, simply activate the selection to copy Fedora to your hard disk. You can download the Live image directly from a mirror, or using BitTorrent.
    For more detailed instructions on setting up a Live image installation, including selecting a language for the installation process, refer to the Fedora Installation Quick Start Guide.
  3. Minimal Boot Media
    If you have a fast Internet connection but do not want to download the entire distribution, you can download a small boot image. Fedora offers images for a minimal boot environment on CD. Once you boot your system with the minimal media, you can install Fedora directly over the Internet. Although this method still involves downloading a significant amount of data over the Internet, it is almost always much less than the size of the full distribution media. Once you have finished installation, you can add or remove software to your system as desired.

    Download Size

    Installing the default software for Fedora over the Internet requires more time than the Live image, but less time than the entire DVD distribution. Actual results depend on the software you select and network traffic conditions.
The following table explains where to find the desired files on a mirror site. Replace arch with the architecture of the computer being installed.
表2.2 Locating files
Media type File locations
Full distribution on DVD fedora/linux/releases/17/Fedora/arch/iso/Fedora-17-arch-DVD.iso
Live image fedora/linux/releases/17/Live/arch/iso/Fedora-17-arch-Live.iso, fedora/linux/releases/17/Live/arch/iso/Fedora-17-KDE-arch-Live.iso
Minimal CD boot media fedora/linux/releases/17/Fedora/arch/os/images/boot.iso

2.2. Obtaining Fedora on CD or DVD

If you do not have a fast Internet connection, or if you have a problem creating boot media, downloading may not be an option. Fedora DVD and CD distribution media is available from a number of online sources around the world at a minimal cost. Use your favorite Web search engine to locate a vendor, or refer to http://fedoraproject.org/wiki/Distribution.

第3章 メディアの作成

このセクションに説明してある方法を使用して、インストールとブート用メディアの 以下のタイプを作成します:
  • インストール DVD
  • インストールソースとして使用する USB フラッシュドライブ
  • インストーラをブートできる最低限ブート CD 又は DVD
  • インストーラをブートする USB フラッシュドライブ
以下の表では、異なるアーキテクチャ用に使用できるブート及びインストールメディアと そのメディアを作成するために必要なイメージファイルの説明を示しています。
表3.1 ブート用とインストール用のメディア
Architecture Installation DVD Installation USB flash drive ブート CD 又は ブート DVD ブート用USB フラッシュドライブ
BIOS ベースの 32-bit x86 x86 DVD ISO イメージファイル x86 DVD ISO イメージファイル boot.iso boot.iso
UEFI ベースの 32-bit x86 利用不可
BIOS ベースの AMD64 と Intel 64 x86_64 DVD ISO イメージファイル (64-bit オペレーティングシステムインストール用) 又は x86 DVD ISO イメージファイル (32-bit オペレーティングシステムインストール用) x86_64 DVD ISO イメージファイル (64-bit オペレーティングシステムインストール用) 又は x86 DVD ISO イメージファイル (32-bit オペレーティングシステムインストール用) boot.iso boot.iso
UEFI ベースの AMD64 と Intel 64 x86_64 DVD ISO イメージファイル 利用不可 利用不可 efiboot.img (x86_64 DVD ISO イメージファイルから)

3.1. Making an installation DVD

You can make an installation DVD using the disc burning software on your computer.
The exact series of steps that produces a DVD from an ISO image file varies greatly from computer to computer, depending on the operating system and disc burning software installed. Use this procedure as a general guide. You might be able to omit certain steps on your computer, or might have to perform some of the steps in a different order from the order described here.
ご使用のディスク焼き付けソフトウェアでイメージファイルからディスクの焼き付けが出来ることを確認して下さい。ほとんどのディスク焼き付けソフトウェアがこれを実行できますが、一部に例外があります。
特に、Windows XP と Windows Vista に組み込まれているディスク焼き付け機能は DVD 焼き付けが出来ないこと、及び、それ以前の Windows オペレーティングシステムはデフォルトでディスク焼き付け機能を持っていなかったことに注意して下さい。そのため、使用するコンピュータに Windows 7 以前の Windows オペレーティングシステムがインストールされている場合、このタスクには別のソフトウェアが必要になります。Windows 対応でユーザーが既に所有している可能性がある人気の ディスク焼き付けソフトウェアの例としては、 Nero Burning ROMRoxio Creator があります。
The Disk Utility software installed by default with Mac OS X on Apple computers has the capability to burn discs from images built into it already. Most widely-used DVD burning software for Linux, such as Brasero and K3b, also includes this capability.
  1. Download an ISO image file of a Fedora 17 disc as described in 2章Obtaining Fedora.
  2. Insert a blank, writeable disc into your computer's disc burner. On some computers, a window opens and displays various options when you insert the disc. If you see a window like this, look for an option to launch your chosen disc burning program. If you do not see an option like this, close the window and launch the program manually.
  3. Launch your disc burning program. On some computers, you can do this by right-clicking (or control-clicking) on the image file and selecting a menu option with a label like Copy image to DVD, or Copy CD or DVD image. Other computers might provide you with a menu option to launch your chosen disc burning program, either directly or with an option like Open With. If none of these options are available on your computer, launch the program from an icon on your desktop, in a menu of applications such as the Start menu on Windows operating systems, or in the Mac Applications folder.
  4. In your disc burning program, select the option to burn a DVD from an image file. For example, in Nero Burning ROM, this option is called Burn Image and is located on the File menu.
    Note that you can skip this step when using certain DVD burning software; for example, Disk Utility on Mac OS X does not require it.
  5. 先にダウンロードしていた ISO イメージファイルへ閲覧していき、それを焼き付け用に選択します。
  6. そして焼き付けプロセスを開始するボタンをクリックします。
一部のコンピュータでは、ISO ファイルからディスクを焼き付けるオプションはファイル ブラウザ内の コンテキストメニュー(context menu) に 統合してあります。例えば、GNOME デスクトップを稼働している Linux 又は UNIX オペレーティングシステムを 持つコンピュータで ISO ファイルを右クリックすると、Nautilus ファイルブラウザが 「ディスクに書き込む(Write to disk)」 オプションを提示します。

3.2. インストールソースとしての USB フラッシュドライブの準備

特異な USB メディア

異常にフォーマットされた、あるいはパーティション設定されたメディアの一部のケースでは イメージ書き込みが失敗する可能性があります。
You can install Fedora on 32-bit x86 systems and BIOS-based AMD64 and Intel 64 systems using a USB flash drive, provided that your hardware supports booting from this type of device. Note that you cannot install Fedora on UEFI-based AMD64 and Intel 64 systems from a USB flash drive, although you can use a USB flash drive to boot the Fedora installer on UEFI-based AMD64 and Intel 64 systems — refer to 「最低限ブートメディアの作成」.

3.2.1. Making Fedora USB Media on a Windows Operating System

Note — This Method Is Not Destructive

This method is not destructive, so existing data on the media is not harmed. Nevertheless, it is always a good idea to back up important data before performing sensitive disk operations.
The most straightforward way to place a Fedora image on USB media using a Windows operating system is to transfer the Fedora live image to the USB device with the LiveUSB Creator tool.
Note that the dd tool discussed in 「Making Fedora USB Media in UNIX, Linux, and Similar Operating Systems」 is also available for Windows. Follow the instructions in that section to use an implementation of dd for Windows operating systems. The instructions in this section assume that you will use LiveUSB Creator.
  1. Download the LiveUSB Creator program for Windows from http://fedorahosted.org/liveusb-creator.
  2. LiveUSB Creator can create live USB media either from an image file that you downloaded previously, as described in 「Which Files Do I Download?」, or it can download an image file from the Internet. Either:
    • click the Browse button under the Use existing LiveCD label, browse to the location where you previously downloaded a Fedora Live ISO file, and select that file.
    • select a Fedora Live ISO file from the drop-down menu that LiveUSB Creator presents under the Download Fedora label. Note that image files are large and that it is probably impractical to use LiveUSB Creator to download an image file if you do not have a broadband connection to the Internet.
  3. Click Create Live USB.

3.2.2. Making Fedora USB Media in UNIX, Linux, and Similar Operating Systems

A graphical tool is available to create Fedora USB media on systems that run Fedora or operating systems derived from Fedora. To create Fedora USB media on other UNIX or Linux operating systems (including Mac OS X), use the command-line method described in 「Making Fedora USB Media with dd.

3.2.2.1. Creating Fedora USB Media in Fedora and similar Linux distributions

Graphical and command-line tools are available to create Fedora USB media on computers that run Fedora and Linux distributions derived from Fedora. The command line tools work with both Fedora DVD and live images, but the graphical tool works only with live images. To create Fedora USB media from the distribution image or minimal boot media image, use one of the command line methods described in 「Making Fedora USB Media with livecd-tools and 「Making Fedora USB Media with dd.
3.2.2.1.1. Making Fedora USB Media with a graphical tool

Important — Enable Extra Packages for Enterprise Linux

To perform this procedure on Linux distributions derived from Fedora, enable the Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) repository. Refer to http://fedoraproject.org/wiki/EPEL/FAQ#howtouse for instructions.

Note — This Method Is Not Destructive

This method is not destructive, so existing data on the media is not harmed. Nevertheless, it is always a good idea to back up important data before performing sensitive disk operations.
  1. Install the liveusb-creator on your system with your graphical package manager, or the following command:
    su -c 'yum -y install liveusb-creator'
  2. Plug in your USB media.
  3. Launch LiveUSB Creator, either from a menu or by entering liveusb-creator on the command line. Enter the root password for your system when LiveUSB Creator prompts you for it.
  4. LiveUSB Creator can create live USB media either from an image file that you downloaded previously, as described in 「Which Files Do I Download?」, or it can download an image file from the Internet. Either:
    • click the Browse button under the Use existing LiveCD label, browse to the location where you previously downloaded a Fedora Live ISO file, and select that file.
    • select a Fedora Live ISO file from the drop-down menu that LiveUSB Creator presents under the Download Fedora label. Note that image files are large and that it is probably impractical to use LiveUSB Creator to download an image file if you do not have a broadband connection to the Internet.
  5. Click Create Live USB.
3.2.2.1.2. Making Fedora USB Media with livecd-tools

Important — Enable Extra Packages for Enterprise Linux

To perform this procedure on Linux distributions derived from Fedora, enable the Extra Packages for Enterprise Linux (EPEL) repository. Refer to http://fedoraproject.org/wiki/EPEL/FAQ#howtouse for instructions.

Note — This Method Is Not Destructive

This method is not destructive, so existing data on the media is not harmed. Nevertheless, it is always a good idea to back up important data before performing sensitive disk operations.
  1. Install the livecd-tools package on your system with your graphical package manager, or the following command:
    su -c 'yum -y install livecd-tools'
  2. Plug in your USB media.
  3. Find the device name for your USB media. If the media has a volume name, use it to look up the device name in /dev/disk/by-label, or use the findfs:
    su -c 'findfs LABEL="MyLabel"'
    If the media does not have a volume name, or you do not know it, consult the /var/log/messages log for details:
    su -c 'less /var/log/messages'
  4. Use the livecd-iso-to-disk command to write the ISO image to the media:
    su -c 'livecd-iso-to-disk the_image.iso /dev/sdX1'
    Replace sdX1 with the device name for the partition on the USB media. Most flash drives and external hard disks use only one partition. If you have changed this behavior or have oddly partitioned media, you may need to consult other sources of help.
3.2.2.1.3. Making Fedora USB Media with dd

警告 — これらの案内はデータを破壊することになります

この手順を実行すると USB フラッシュドライブ上のデータは警告無しに破壊されます。 正しい USB フラッシュドライブを指定することを確認して、そのフラッシュドライブが 保存したいデータを含んでいないことを確認してください。
  1. USB フラッシュドライブに差し込む
  2. Become root:
    su -
  3. Your flash drive must have a single partition with a vfat file system. To determine how it is formatted, find the name of this partition and the device itself by running dmesg shortly after connecting the drive. The device name (similar to /dev/sdc) and the partition name (similar to /dev/sdc1) both appear in several lines towards the end of the output.
  4. Use the partition name to ensure that the file system type of the USB flash drive is vfat.
    # blkid partition
    You should now see a message similar to:
    LABEL="LIVE" UUID="6676-27D3" TYPE="vfat"
    If TYPE is anything other than vfat (for example, TYPE="iso9660"), clear the first blocks of the USB flash drive:
    # dd if=/dev/zero of=partition bs=1M count=100
  5. Use the dd command to transfer the boot ISO image to the USB device:
    # dd if=path/image_name.iso of=device
    where path/image_name.iso is the boot ISO image file that you downloaded and device is the device name for the USB flash drive. Ensure you specify the device name, not the partition name. For example:
    # dd if=~/Download/Fedora-17-x86_64-DVD.iso of=/dev/sdc

3.2.2.2. Making Fedora USB Media in other Linux Distributions

To create Fedora USB media from a DVD or live image on a computer that uses a Linux distribution other than Fedora and those derived from Fedora, use one of the command-line procedures detailed in this section.
3.2.2.2.1. Making Fedora USB Media with livecd-tools

Note — This Method Is Not Destructive

This method is not destructive, so existing data on the media is not harmed. Nevertheless, it is always a good idea to back up important data before performing sensitive disk operations.
This method works only on Linux operating systems.
  1. Download a DVD or live ISO image for Fedora as shown in 「Which Files Do I Download?」
  2. Plug in your USB media.
  3. Find the device name for your USB media. If the media has a volume name, look up the name in /dev/disk/by-label, or use the findfs:
    su -c 'findfs LABEL="MyLabel"'
    If the media does not have a volume name, or you do not know it, consult the /var/log/messages log for details:
    su -c 'less /var/log/messages'
  4. Many Linux distributions automatically mount USB media devices when you connect the device to your computer. If this is the case, unmount the device. The specific method to do this varies widely between Linux distributions and desktops. Some common methods include:
    • select File > Unmount if the operating system presents you with a window that displays the contents of the device.
    • right-click on an icon of the device and click Unmount.
    • click on an icon that represents ejecting the media — commonly, an upward-pointing triangle.
  5. At a command line, type su - to become root, and enter the root password when your system prompts you.
  6. Create a mount point for the image that you downloaded. For example, to use /tmp/livecd as the mount point, type mkdir /tmp/livecd and press Enter.
  7. Mount the image with the following command: mount -o loop /path/to/image/file/imagefile.iso /path/to/mount/point, where /path/to/image/file is the location of the image file that you downloaded, imagefile.iso is the image file, and /path/to/mount/point is the mount point that you just created.
  8. Change directory to the LiveOS directory of the image that you just mounted. mount point where you just mounted the Fedora image. For example, cd /tmp/livecd/LiveOS.
  9. Run the following command: ./livecd-iso-to-disk /path/to/image/file/imagefile.iso device, where /path/to/image/file is the location of the image file that you downloaded, imagefile.iso is the image file, and device is the USB media device.
例3.1 Mounting a Fedora live image file and using livecd-iso-to-disk to create live USB media
You have downloaded a Fedora live image, Fedora-17-i686-Live.iso, to a folder named Downloads in your home directory. You have a USB flash drive plugged into your computer, named /dev/sdc1
root になります:
su -
Make a mount point for the image:
mkdir /mnt/livecd
Mount the image:
mount -o loop /home/Username/Downloads/Fedora-17-i686-Live.iso /mnt/livecd
Change into the LiveOS directory of the live CD image:
cd /mnt/livecd/LiveOS
Run livecd-iso-to-disk to transfer the live image to your flash drive and make the flash drive bootable:
./livecd-iso-to-disk /home/Username/Downloads/Fedora-17-i686-Live.iso /dev/sdc1

3.2.2.2.2. Making Fedora USB Media with dd

警告 — これらの案内はデータを破壊することになります

この手順を実行すると USB フラッシュドライブ上のデータは警告無しに破壊されます。 正しい USB フラッシュドライブを指定することを確認して、そのフラッシュドライブが 保存したいデータを含んでいないことを確認してください。
Use this method for the distribution image, the minimal boot media image, or on systems with a UNIX operating system (including Mac OX X).
  1. USB フラッシュドライブに差し込む
  2. Become root:
    su -
  3. Your flash drive must have a single partition with a vfat file system. To determine how it is formatted, find the name of this partition and the device itself by running dmesg shortly after connecting the drive. The device name (similar to /dev/sdc) and the partition name (similar to /dev/sdc1) both appear in several lines towards the end of the output.
  4. Use the partition name to ensure that the file system type of the USB flash drive is vfat.
    # blkid partition
    You should now see a message similar to:
    LABEL="LIVE" UUID="6676-27D3" TYPE="vfat"
    If TYPE is anything other than vfat (for example, TYPE="iso9660"), clear the first blocks of the USB flash drive:
    # dd if=/dev/zero of=partition bs=1M count=100
  5. Use the dd command to transfer the boot ISO image to the USB device:
    # dd if=path/image_name.iso of=device
    where path/image_name.iso is the boot ISO image file that you downloaded and device is the device name for the USB flash drive. Ensure you specify the device name, not the partition name. For example:
    # dd if=~/Download/Fedora-17-x86_64-DVD.iso of=/dev/sdc

3.3. 最低限ブートメディアの作成

A piece of minimal boot media is a CD, DVD, or USB flash drive that contains the software to boot the system and launch the installation program, but which does not contain the software that must be transferred to the system to create a Fedora installation.
最低限ブートメディアの使用:
  • to boot the system to install Fedora over a network
  • to boot the system to install Fedora from a hard drive
  • インストール中にキックスタートファイルを使用(「Creating Kickstart Boot Media」 参照)
  • ネットワーク、又はハードドライブのインストールを開始、あるいは DVD インストールにより anaconda 更新を使用、あるいはキックスタートファイルを使用
最低限ブートメディアを使用して、32-bit x86 システム、AMD64 又は Intel 64 のシステム、 そして POWER システム上でインストールプロセスを開始することができます。これらの各種タイプの システム用に最低限ブートメディアを作成するプロセスはおよそ同じですが、UEFI ファームウェアインター フェースを持つ AMD64 と Intel 64 のシステムのケースでは例外です。「UEFI ベースのシステム」 を参照して下さい。
32-bit x86 システム用に、BIOS ベースの AMD64 又は Intel 64 システム用に、そして POWER システム用に 最低限ブートメディアを作成するには:
  1. Download the ISO image file named boot.iso that is available at the same location as the images of the Fedora 17 installation DVD — refer to 2章Obtaining Fedora.
  2. Burn boot.iso to a blank CD or DVD using the same procedure detailed in 「Making an installation DVD」 for the installation disc, or transfer the boot.iso file to a USB device with the dd command as detailed in 「インストールソースとしての USB フラッシュドライブの準備」. As the boot.iso file is only around 200 MB in size, you do not need an especially large USB flash drive.

3.3.1. UEFI ベースのシステム

The Fedora Project does not provide an image to produce minimal boot CDs or DVDs for UEFI-based systems. Use a USB flash drive (as described in this section) to boot the Fedora 17 installer. The full DVD installation image should function as expected.
Use the efidisk.img file in the images/ directory on the Fedora 17 installation DVD to produce a bootable USB flash drive for UEFI-based systems.
  1. Download an ISO image file of the Fedora 17 installation DVD as described in 2章Obtaining Fedora.
  2. root になります:
    su -
  3. ISO イメージファイル用にマウントポイントを作成します:
    # mkdir /mnt/dvdiso
  4. イメージファイルをマウントします:
    # mount DVD.iso /mnt/dvdiso -o loop
    Where DVD.iso is the name of the ISO image file, for example Fedora17-x86_64-DVD.iso.
  5. ISO イメージファイルから使用する USB フラッシュドライブに efidisk.img を転送します:
    # dd if=/mnt/dvdiso/images/efidisk.img of=/dev/device_name
    例えば:
    # dd if=/mnt/dvdiso/images/efidisk.img of=/dev/sdc
  6. ISO イメージファイルをアンマウントします:
    # umount /mnt/dvdiso

パート I. Installation and Booting

This part of the Fedora Installation Guide details the installation process itself, from various methods of booting the installer up to the point where the computer must restart to finalize the installation. This part of the manual also includes a chapter on troubleshooting problems with the installation process.

目次

4. x86 アーキテクチャ上のインストール計画
4.1. Upgrade or Install?
4.2. Is Your Hardware Compatible?
4.3. RAID と他のディスクデバイス
4.3.1. ハードウェア RAID
4.3.2. ソフトウェア RAID
4.3.3. FireWire と USB のディスク
4.4. ディスク容量は十分ですか?
4.5. Selecting an Installation Method
4.6. Choose a boot method
5. インストールの準備
5.1. Preparing for a Network Installation
5.1.1. Preparing for FTP and HTTP installation
5.1.2. NFS インストールの準備
5.2. Preparing for a Hard Drive Installation
6. システム仕様一覧
7. インストールをブートする
7.1. インストールプログラムを起動する
7.1.1. x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムでインストールプログラムを起動する
7.1.2. The Boot Menu
7.1.3. 追加のブートオプション
7.2. PXE を使用してネットワークからブートする
8. Configuring Installation Source
8.1. Installation Method
8.1.1. DVD からインストール
8.1.2. Installing from a Hard Drive
8.1.3. Installing via NFS
8.1.4. Installing via FTP or HTTP
9. Installing using anaconda
9.1. The Text Mode Installation Program User Interface
9.1.1. Using the Keyboard to Navigate
9.2. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェース
9.2.1. インストール中のスクリーンショット
9.2.2. 仮想コンソールに関する注意事項
9.3. 言語の設定
9.4. Keyboard Configuration
9.5. ストレージデバイス
9.5.1. ストレージデバイス選択の画面
9.6. ホスト名の設定
9.6.1. ネットワーク接続の編集
9.7. Time Zone Configuration
9.8. rootのパスワード設定
9.9. ストレージデバイスの割り当て
9.10. Initializing the Hard Disk
9.11. Upgrading an Existing System
9.11.1. The Upgrade Dialog
9.11.2. Upgrading Using the Installer
9.11.3. Upgrading Boot Loader Configuration
9.12. Disk Partitioning Setup
9.13. パーティションの暗号化
9.14. カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更
9.14.1. ストレージの作成
9.14.2. パーティションを追加する
9.14.3. Create Software RAID
9.14.4. Create LVM Logical Volume
9.14.5. Recommended Partitioning Scheme
9.15. Write changes to disk
9.16. x86、 AMD64、及び Intel 64 のブートローダ設定
9.16.1. Advanced Boot Loader Configuration
9.16.2. Rescue Mode
9.16.3. Alternative Boot Loaders
9.17. パッケージグループの選択
9.17.1. Installing from Additional Repositories
9.17.2. Customizing the Software Selection
9.18. Installing Packages
9.19. Installation Complete
10. Intel 又は AMD システム上のインストールのトラブルシューティング
10.1. You are unable to boot Fedora
10.1.1. Are You Unable to Boot With Your RAID Card?
10.1.2. Is Your System Displaying Signal 11 Errors?
10.2. Trouble Beginning the Installation
10.2.1. グラフィカルインストールへの起動問題
10.3. インストール中の問題
10.3.1. No devices found to install Fedora Error Message
10.3.2. トレースバックメッセージを保存
10.3.3. パーティションテーブルに関する問題
10.3.4. Using Remaining Space
10.3.5. Other Partitioning Problems
10.4. Problems After Installation
10.4.1. Trouble With the Graphical GRUB Screen on an x86-based System?
10.4.2. Blocked by a GRUB command line after upgrading?
10.4.3. Booting into a Graphical Environment
10.4.4. Problems with the X Window System (GUI)
10.4.5. Problems with the X Server Crashing and Non-Root Users
10.4.6. Problems When You Try to Log In
10.4.7. Is Your RAM Not Being Recognized?
10.4.8. Your Printer Does Not Work
10.4.9. Apache HTTP Server or Sendmail stops responding during startup

第4章 x86 アーキテクチャ上のインストール計画

4.1. Upgrade or Install?

アップグレード、又はインストールを実行すべきかどうかを判定するのを手助けする情報には、 20章Upgrading Your Current System を参照して下さい。

4.2. Is Your Hardware Compatible?

Hardware compatibility is particularly important if you have an older system or a system that you built yourself. Fedora 17 should be compatible with most hardware in systems that were factory built within the last two years. However, hardware specifications change almost daily, so it is difficult to guarantee that your hardware is 100% compatible.
The most recent list of supported hardware can be found in the Release Notes for Fedora 17, available at http://docs.fedoraproject.org/release-notes .
At the end of a successful Fedora installation process, the installation program offers you the option to provide details of your hardware configuration anonymously to the Fedora Project (refer to 「ハードウェア分析結果」). You can view the statistics gathered by this method at http://smolt.fedoraproject.org/static/stats/devices.html. Viewing the list of hardware that makes up systems on which other people have successfully installed Fedora might help you determine how suitable your hardware is.

4.3. RAID と他のディスクデバイス

重要 — Intel BIOS RAID のセットを持つシステム

Fedora 17 uses mdraid instead of dmraid for installation onto Intel BIOS RAID sets. These sets are detected automatically, and devices with Intel ISW metadata are recognized as mdraid instead of dmraid. Note that the device node names of any such devices under mdraid are different from their device node names under dmraid. Therefore, special precautions are necessary when you migrate systems with Intel BIOS RAID sets.
Local modifications to /etc/fstab, /etc/crypttab or other configuration files which refer to devices by their device node names will not work in Fedora 17. Before migrating these files, you must therefore edit them to replace device node paths with device UUIDs instead. You can find the UUIDs of devices with the blkid command.

4.3.1. ハードウェア RAID

RAID, or Redundant Array of Independent Disks, allows a group, or array, of drives to act as a single device. Configure any RAID functions provided by the mainboard of your computer, or attached controller cards, before you begin the installation process. Each active RAID array appears as one drive within Fedora.
On systems with more than one hard drive you may configure Fedora to operate several of the drives as a Linux RAID array without requiring any additional hardware.

4.3.2. ソフトウェア RAID

You can use the Fedora installation program to create Linux software RAID arrays, where RAID functions are controlled by the operating system rather than dedicated hardware. These functions are explained in detail in 「カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更」.

4.3.3. FireWire と USB のディスク

Some FireWire and USB hard disks may not be recognized by the Fedora installation system. If configuration of these disks at installation time is not vital, disconnect them to avoid any confusion.

インストール後の使用

外付けの FireWire と USB のハードドライブはインストールの後でも接続と 設定ができます。ほとんどのそのタイプのデバイスはカーネルで認識されて、 その後に使用が可能になります。

4.4. ディスク容量は十分ですか?

Nearly every modern-day operating system (OS) uses disk partitions, and Fedora is no exception. When you install Fedora, you may have to work with disk partitions. If you have not worked with disk partitions before (or need a quick review of the basic concepts), refer to 付録A An Introduction to Disk Partitions before proceeding.
The disk space used by Fedora must be separate from the disk space used by other OSes you may have installed on your system, such as Windows, OS/2, or even a different version of Linux. For x86, AMD64, and Intel 64 systems, at least two partitions (/ and swap) must be dedicated to Fedora.
Before you start the installation process, you must
  • have enough unpartitioned[1] disk space for the installation of Fedora, or
  • have one or more partitions that may be deleted, thereby freeing up enough disk space to install Fedora.
実際にどれ位の領域が必要なのかを判定できるようにする為、「Recommended Partitioning Scheme」 で説明してある推薦のパーティションサイズを参照して下さい。
If you are not sure that you meet these conditions, or if you want to know how to create free disk space for your Fedora installation, refer to 付録A An Introduction to Disk Partitions.

4.5. Selecting an Installation Method

What type of installation method do you wish to use? The following installation methods are available:
DVD
If you have a DVD drive and the Fedora DVD you can use this method. Refer to 「DVD からインストール」, for DVD installation instructions.
If you booted the installation from a piece of media other than the installation DVD, you can specify the DVD as the installation source with the linux repo=cdrom:device:/device boot option, or by selecting Local CD/DVD on the Installation Method menu (refer to 「Installation Method」).
Live CD
If you have a CD drive and the Fedora live CD you can use this method. The live CD desktop includes an icon labeled Install to Hard Drive. Refer to 「DVD からインストール」 for CD installation instructions.
Hard Drive
If you have copied the Fedora ISO images to a local hard drive, you can use this method. You need a boot CD-ROM (use the linux repo=hd:device:/path boot option), or by selecting Hard drive on the Installation Method menu (refer to 「Installation Method」). Refer to 「Installing from a Hard Drive」, for hard drive installation instructions.
NFS
If you are installing from an NFS server using ISO images or a mirror image of Fedora, you can use this method. You need a boot CD-ROM (use the linux repo=nfs:server :options:/path boot option, or the NFS directory option on the Installation Method menu described in 「Installation Method」). Refer to 「Installing via NFS」 for network installation instructions. Note that NFS installations may also be performed in GUI mode.
URL
If you are installing directly from an HTTP (Web) server or FTP server, use this method. You need a boot CD-ROM (use the linux repo=ftp://user:password@host/path, or linux repo=http://host/path boot option, or the URL option on the Installation Method menu described in 「Installation Method」). Refer to 「Installing via FTP or HTTP」, for FTP and HTTP installation instructions.

4.6. Choose a boot method

You can use several methods to boot Fedora.
Installing from a CD-ROM or DVD requires that you have a Fedora 17 CD-ROM or DVD, and you have a DVD/CD-ROM drive on a system that supports booting from it.
DVD/CD-ROM ドライブからブートできるように BIOS を変更する必要があるかも知れません。 BIOS の変更に関する詳細情報には、「x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムでインストールプログラムを起動する」 を参照して下さい。
Other than booting from an installation CD or DVD, you can also boot the Fedora installation program from minimal boot media in the form of a bootable CD or USB flash drive. After you boot the system with a piece of minimal boot media, you complete the installation from a different installation source, such as a local hard drive or a location on a network. Refer to 「最低限ブートメディアの作成」 for instructions on making boot CDs and USB flash drives.
最後に、PXE (preboot execution environment) サーバーから ネットワークを介してインストーラをブートできます。13章Setting Up an Installation Server を 参照して下さい。システムをブートした後には、ローカルハードドライブやネットワーク上の場所などの 異なるインストールソースからインストールを完了することができます。


[1] Unpartitioned disk space means that available disk space on the hard drives you are installing to has not been divided into sections for data. When you partition a disk, each partition behaves like a separate disk drive.

第5章 インストールの準備

5.1. Preparing for a Network Installation

Note

Make sure no installation DVD (or any other type of DVD or CD) is in your system's CD or DVD drive if you are performing a network-based installation. Having a DVD or CD in the drive might cause unexpected errors.
CD、DVD、又はフラッシュドライブのような USB ストレージデバイス上に ブートメディアを持っていることを確認します。
The Fedora installation medium must be available for either a network installation (via NFS, FTP, or HTTP) or installation via local storage. Use the following steps if you are performing an NFS, FTP, or HTTP installation.
The NFS, FTP, or HTTP server to be used for installation over the network must be a separate, network-accessible server. It must provide the complete contents of the installation DVD-ROM.

Note

The Fedora installation program has the ability to test the integrity of the installation media. It works with the CD, DVD, hard drive ISO, and NFS ISO installation methods. We recommend that you test all installation media before starting the installation process, and before reporting any installation-related bugs (many of the bugs reported are actually due to improperly-burned discs). To use this test, type the following command at the boot: prompt:
linux mediacheck

Note

The public directory used to access the installation files over FTP, NFS, or HTTP is mapped to local storage on the network server. For example, the local directory /var/www/inst/Fedora17 on the network server can be accessed as http://network.server.com/inst/Fedora17.
In the following examples, the directory on the installation staging server that will contain the installation files will be specified as /location/of/disk/space. The directory that will be made publicly available via FTP, NFS, or HTTP will be specified as /publicly_available_directory. For example, /location/of/disk/space may be a directory you create called /var/isos. /publicly_available_directory might be /var/www/html/Fedora17, for an HTTP install.
以下では ISO イメージ が必要になります。ISO イメージとは、 DVD の内容の完全なコピーを収納しているファイルです。DVD から ISO イメージを 作成するには以下のコマンドを使用します:
dd if=/dev/dvd of=/path_to_image/name_of_image.iso
where dvd is your DVD drive device, name_of_image is the name you give to the give to the resulting ISO image file, and path_to_image is the path to the location on your system where the resulting ISO image will be stored.
インストール DVD からファイルを、インストールステージングサーバーとして動作する Linux インスタンスにコピーするには、「Preparing for FTP and HTTP installation」 か、又は 「NFS インストールの準備」 で継続します。

5.1.1. Preparing for FTP and HTTP installation

Extract the files from the ISO image of the installation DVD and place them in a directory that is shared over FTP or HTTP.
次に、ディレクトリが FTP か HTTP 経由で共有されていることを確認して、クライアントアクセスを確認します。このディレクトリがサーバー自身からアクセス可能であり、そしてインストール先の同じサブネット上の別のマシンからアクセス可能であることもチェックします。

5.1.2. NFS インストールの準備

For NFS installation it is not necessary to extract all the files from the ISO image. It is sufficient to make the ISO image available on the network server via NFS.
  1. ISO イメージを NFS のエキスポートディレクトリに転送します。Linux システムでは以下を実行します:
    mv /path_to_image/name_of_image.iso /publicly_available_directory/
    where path_to_image is the path to the ISO image file, name_of_image is the name of the ISO image file, and publicly_available_directory is a directory that is available over NFS or that you intend to make available over NFS.
  2. SHA256 checksum プログラムを使用して、コピーした ISO イメージが完全かどうか確認します。 多くの SHA256 checksum プログラムが各種オペレーティングシステム用に入手できます。 Linux システムでは以下を実行します:
    $ sha256sum name_of_image.iso
    where name_of_image is the name of the ISO image file. The SHA256 checksum program displays a string of 64 characters called a hash. Compare this hash to the hash displayed for this particular image on the GPG Keys page on the Fedora Project site at http://fedoraproject.org/en/keys. The two hashes should be identical.
  3. Ensure that an entry for the publicly available directory exists in the /etc/exports file on the network server so that the directory is available via NFS.
    ディレクトリを読み込み専用で特定のシステムにエキスポートするには:
    /publicly_available_directory client.ip.address (ro)
    ディレクトリを読み込み専用で全てのシステムにエキスポートするには:
    /publicly_available_directory * (ro)
  4. On the network server, start the NFS daemon (on a Fedora system, use /sbin/service nfs start). If NFS is already running, reload the configuration file (on a Fedora system use /sbin/service nfs reload).
  5. Be sure to test the NFS share following the directions in the Fedora Deployment Guide. Refer to your NFS documentation for details on starting and stopping the NFS server.

Note

The Fedora installation program has the ability to test the integrity of the installation media. It works with the CD, DVD, hard drive ISO, and NFS ISO installation methods. We recommend that you test all installation media before starting the installation process, and before reporting any installation-related bugs (many of the bugs reported are actually due to improperly-burned discs). To use this test, type the following command at the boot: prompt:
linux mediacheck

5.2. Preparing for a Hard Drive Installation

注記 — 全てのファイルシステムがサポートされる訳ではありません

Hard drive installations only work from ext2, ext3, ext4, or FAT file systems. You cannot use a hard drive formatted for any other file system as an installation source for Fedora.
Windows オペレーティングシステムを持つハードドライブパーティションのファイルシステムを チェックするには、ディスク管理(Disk Management) ツールを使用します。 Linux オペレーティングシステムのハードドライブパーティションのファイルシステムをチェックするには、 fdisk ツールを使用します。

LVM パーティションからインストール出来ません

LVM (Logical Volume Management) で制御されているパーティション上では ISO ファイルを使用できません。
Use this option to install Fedora on systems without a DVD drive or network connection.
Hard drive installations use an ISO image of the installation DVD. An ISO image is a file that contains an exact copy of the content of a DVD.
ハードドライブにそれらのファイルがあると、インストールプログラムをブートする時に インストールソースとして 「ハードドライブ」を 選択することができます。 (「Installation Method」 を参照)
CD、DVD、又はフラッシュドライブのような USB ストレージデバイス上に ブートメディアを持っていることを確認します。
ハードドライブをインストールソースとして準備するには、以下の手順に従います:
  1. Obtain an ISO image of the Fedora installation DVD (refer to 2章Obtaining Fedora). Alternatively, if you have the DVD on physical media, you can create an image of it with the following command on a Linux system:
    dd if=/dev/dvd of=/path_to_image/name_of_image.iso
    where dvd is your DVD drive device, name_of_image is the name you give to the give to the resulting ISO image file, and path_to_image is the path to the location on your system where the resulting ISO image will be stored.
  2. ISO イメージをハードドライブに転送します。
    The ISO image must be located on a hard drive that is either internal to the computer on which you will install Fedora, or on a hard drive that is attached to that computer by USB.
  3. SHA256 checksum プログラムを使用して、コピーした ISO イメージが完全かどうか確認します。 多くの SHA256 checksum プログラムが各種オペレーティングシステム用に入手できます。 Linux システムでは以下を実行します:
    $ sha256sum name_of_image.iso
    where name_of_image is the name of the ISO image file. The SHA256 checksum program displays a string of 64 characters called a hash. Compare this hash to the hash displayed for this particular image on the GPG Keys page on the Fedora Project site at http://fedoraproject.org/en/keys. The two hashes should be identical.

Note

The Fedora installation program has the ability to test the integrity of the installation media. It works with the CD, DVD, hard drive ISO, and NFS ISO installation methods. We recommend that you test all installation media before starting the installation process, and before reporting any installation-related bugs (many of the bugs reported are actually due to improperly-burned discs). To use this test, type the following command at the boot: prompt:
linux mediacheck

第6章 システム仕様一覧

The installation program automatically detects and installs your computer's hardware. Although you should make sure that your hardware meets the minimum requirements to install Fedora (refer to 「Is Your Hardware Compatible?」) you do not usually need to supply the installation program with any specific details about your system.
但し、特定タイプのインストールを実行している場合は、一部の特殊な詳細が 役に立つか、あるいは必須事項になることもあります。
  • カスタム化したパーティションレイアウトを使用する計画の場合、以下を 記録しておきます:
    • モデル番号、サイズ、タイプ、そしてシステムに接続されるハードドライブのインターフェイス。 例えば、SATA0 上の Seagate ST3320613AS、320 GB。SATA1 上の Western Digital WD7500AAKS、750 GB など。これにより、パーティションプロセス中に特定の ハードドライブを識別できるようになります。
  • If you are installing Fedora as an additional operating system on an existing system, record:
    • システム上の既存のパーティションのマウントポイント。例えば、sda1 にある /bootsda2 にある /、そして sdb1 にある /home など。 これにより、パーティションプロセス中に特定のパーティションを識別できるようになります。
    • Whether the hardware clock uses local time or UTC. In Linux systems, this information can be found in /etc/adjtime. Changing the hardware clock setting in 「Time Zone Configuration」 may cause unexpected behavior in Fedora.
  • ローカルハードドライブ上のイメージからインストールする計画の場合:
    • ハードドライブとイメージを収納しているディレクトリ
  • ネットワーク位置からインストールする場合、又は iSCSI ターゲット上で インストールする計画の場合:
    • システム上のネットワークアダプタの製造元とモデル番号。例えば、Netgear GA311。 これにより、ネットワークを手動で設定している時にアダプタを識別できるようになります。
    • IP, DHCP, and BOOTP addresses
    • Netmask
    • ゲートウェイの IPアドレス
    • 単独か複数のネームサーバー IPアドレス (DNS)
    If any of these networking requirements or terms are unfamiliar to you, contact your network administrator for assistance.
  • ネットワーク位置からインストールを行なう計画がある場合:
  • iSCSI ターゲット上でインストールする計画の場合:
    • iSCSI ターゲットの位置。使用中のネットワークに応じて、CHAP のユーザー名とパスワードが 必要になるかも知れません。そしてたぶん、リバース CHAP ユーザー名とパスワードも必要かも 知れません。– 「 Advanced Storage Options 」 をご覧下さい。
  • 使用コンピュータがドメインの一部である場合:
    • ドメイン名が DHCP サーバーによって供給されることを確認する必要があります。 供給されない場合は、インストール中にドメイン名を手動で入力することになります。

第7章 インストールをブートする

重要 — 32-bit x86 システム対応の UEFI

Fedora 17 does not support UEFI booting for 32-bit x86 systems. Only BIOS booting is supported.

重要 — AMD64 と Intel 64 対応の UEFI

UEFI と BIOS のブート設定はお互いに明確な相違を持っています。そのため、インストール済のシステムは インストール時に使用されたものと同じファームウェアを使用してブートする必要があります。BIOS を使用するシステムで オペレーティングシステムをインストールして、それから UEFI を使用するシステムでこのインストールをブートすることは できません。
Fedora 17 supports version 2.2 of the UEFI specification. Hardware that supports version 2.3 of the UEFI specification or later should boot and operate with Fedora 17, but the additional functionality defined by these later specifications will not be available. The UEFI specifications are available from http://www.uefi.org/specs/agreement/
To start the installation program from a Fedora DVD or from minimal boot media, follow this procedure:
  1. インストールに必要のない外部の FireWire ディスク、又は USB ディスクを取り外します。 詳細情報には 「FireWire と USB のディスク」 を参照して下さい。
  2. コンピュータシステムの電源を入れます。
  3. コンピュータにメディアを挿入します。
  4. ブートメディアが挿入された状態でコンピュータの電源をオフにします。
  5. コンピュータシステムの電源を入れます。
You might need to press a specific key or combination of keys to boot from the media. On most computers, a message appears briefly on the screen very soon after you turn on the computer. Typically, it is worded something like Press F10 to select boot device, although the specific wording and the key that you must press varies widely from computer to computer. Consult the documentation for your computer or motherboard, or seek support from the hardware manufacturer or vendor. On Apple computers, the C key boots the system from the DVD drive. On older Apple hardware you might need to press Cmd+Opt+Shift+Del to boot from the DVD drive.
If your computer does not allow you to select a boot device as it starts up, you might need to configure your system's Basic Input/Output System (BIOS) to boot from the media.
x86、AMD64、あるいは Intel 64 のシステム上で BIOS セッティングを変更するには、 コンピュータが最初にブートする時点でディスプレイ上に提供される指示を確認します。 1行のテキストが表示されて BIOS セッティングに入るために押すキーを知らせます。
BIOS セットアッププログラムに入った後は、ブート順番を変更できるセクションを見つけます。デフォルトでは多くの場合、C から A、又は A から C (ハードドライブ [C] からブートするか、 フロッピィ [A] からブートするかで異なります)となっています。この順番を DVD が 最初にブートできるような順番に変更し、 C か A が2番目になるようにします。この設定が コンピュータに対してブート可能なメディア用に最初に DVD ドライブを見るように指示します。 コンピュータは DVD ドライブにブート可能なメディアを見つけない場合には、2番目にあるハードドライブか、フロッピィドライブをチェックします。
変更を保存してから BIOS を退出します。詳細情報は、使用システムに添付してある 資料でご覧下さい。

注記 — インストールの中止

To abort the installation, either press Ctrl +Alt+Del or power off your computer with the power switch. You may abort the installation process without consequence at any time prior to selecting Write changes to disk on the Write partitioning to disk screen. Fedora makes no permanent changes to your computer until that point. Please be aware that stopping the installation after partitioning has begun can leave your computer unusable.

7.1. インストールプログラムを起動する

重要 — 32-bit x86 システム対応の UEFI

Fedora 17 does not support UEFI booting for 32-bit x86 systems. Only BIOS booting is supported.

重要 — AMD64 と Intel 64 対応の UEFI

UEFI と BIOS のブート設定はお互いに明確な相違を持っています。そのため、インストール済のシステムは インストール時に使用されたものと同じファームウェアを使用してブートする必要があります。BIOS を使用するシステムで オペレーティングシステムをインストールして、それから UEFI を使用するシステムでこのインストールをブートすることは できません。
Fedora 17 supports version 2.2 of the UEFI specification. Hardware that supports version 2.3 of the UEFI specification or later should boot and operate with Fedora 17, but the additional functionality defined by these later specifications will not be available. The UEFI specifications are available from http://www.uefi.org/specs/agreement/
To start, first make sure that you have all necessary resources for the installation. If you have already read through 4章x86 アーキテクチャ上のインストール計画, and followed the instructions, you should be ready to start the installation process. When you have verified that you are ready to begin, boot the installation program using the Fedora DVD or any boot media that you have created.

7.1.1. x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムでインストールプログラムを起動する

次のいずれかのメディアを使ってインストールプログラムをブートできます(ご使用のシステムがサポートするメディアによります)。
  • Fedora DVD — Your machine supports a bootable DVD drive and you have the Fedora installation DVD.
  • Fedora live CD — Your machine supports a bootable CD drive and you have a Fedora live CD.
  • ブートCD-ROM — ご使用のマシンがブート可能な CD-ROM ドライブをサポートし、ネットワークインストールかハードドライブインストールを行なう場合。
  • USB フラッシュドライブ — マシンが USB デバイスからの起動に対応している場合。
  • ネットワーク経由による PXE 起動 — マシンがネットワークからの起動に対応している場合。 これは高度なインストールパスになります。 この方法に関する詳しい説明は 13章Setting Up an Installation Server を参照してください。
ブート用 又はインストール用に 起動 CD-ROM を作成するか、USB フラッシュドライブを準備するには 「最低限ブートメディアの作成」 を参照してください。
ブートメディアを挿入してシステムをリブートします。
You might need to press a specific key or combination of keys to boot from the media. On most computers, a message appears briefly on the screen very soon after you turn on the computer. Typically, it is worded something like Press F10 to select boot device, although the specific wording and the key that you must press varies widely from computer to computer. Consult the documentation for your computer or motherboard, or seek support from the hardware manufacturer or vendor. On Apple computers, the C key boots the system from the DVD drive. On older Apple hardware you might need to press Cmd+Opt+Shift+Del to boot from the DVD drive.
If your computer does not allow you to select a boot device as it starts up, you might need to configure your system's Basic Input/Output System (BIOS) to boot from the media.
x86、AMD64、あるいは Intel 64 のシステム上で BIOS セッティングを変更するには、 コンピュータが最初にブートする時点でディスプレイ上に提供される指示を確認します。 1行のテキストが表示されて BIOS セッティングに入るために押すキーを知らせます。
BIOS セットアッププログラムに入った後は、ブート順番を変更できるセクションを見つけます。デフォルトでは多くの場合、C から A、又は A から C (ハードドライブ [C] からブートするか、 フロッピィ [A] からブートするかで異なります)となっています。この順番を DVD が 最初にブートできるような順番に変更し、 C か A が2番目になるようにします。この設定が コンピュータに対してブート可能なメディア用に最初に DVD ドライブを見るように指示します。 コンピュータは DVD ドライブにブート可能なメディアを見つけない場合には、2番目にあるハードドライブか、フロッピィドライブをチェックします。
変更を保存してから BIOS を退出します。詳細情報は、使用システムに添付してある 資料でご覧下さい。
After a short delay, the graphical boot screen appears, which contains information on a variety of boot options. Installation program automatically begins if you take no action within the first minute. For a description of the options available on this screen, refer to 「The Boot Menu」.
Alternatively, press the Esc key to access the boot: prompt, at which you can enter additional boot options as described in 「追加のブートオプション」.

7.1.2. The Boot Menu

The boot media displays a graphical boot menu with two options:
Install or upgrade an existing system
This option is the default. Choose this option to install Fedora onto your computer system using the graphical installation program.
Troubleshooting
This option leads to a menu with several additional boot options.
If no key is hit within 60 seconds, the default boot option runs. To choose the default, either wait for the timer to run out or hit Enter on the keyboard. To choose another option, use the arrow keys on your keyboard and hit Enter when Troubleshooting is highlighted. If you want to customize the boot options for a particular option, press the Tab key. To access the boot: prompt at which you can specify custom boot options, press the Esc key and refer to 「追加のブートオプション」.
ブート画面
ブート画面
図7.1 ブート画面

一般的なブートオプションの一覧と説明には、11章ブートオプション を参照して下さい。
The boot options in the Troubleshooting menu are:
Install Fedora in basic graphics mode
This option allows you to install Fedora in graphical mode even if the installation program is unable to load the correct driver for your video card. If your screen appears distorted or goes blank when using the Install or upgrade an existing system option, restart your computer and try this option instead.
Rescue a Fedora system
Choose this option to repair a problem with your installed Fedora system that prevents you from booting normally. Although Fedora is an exceptionally stable computing platform, it is still possible for occasional problems to occur that prevent booting. The rescue environment contains utility programs that allow you fix a wide variety of these problems.
Run a memory test
This option runs an exhaustive test on the memory on your system. For more information, refer to 「メモリー (RAM) テストモードのロード」.
Boot from local drive
このオプションは、最初にインストールされたディスクからシステムをブートします。偶然にインストールディスクからブートした場合、 すぐにこのオプションを使用して、インストーラを開始しないでハードディスクからブートします。

7.1.3. 追加のブートオプション

While it is easiest to boot using a DVD and perform a graphical installation, sometimes there are installation scenarios where booting in a different manner may be needed. This section discusses additional boot options available for Fedora.
To pass options to the boot loader on an x86, AMD64, or Intel 64 system, press the Esc key at boot time. The boot: prompt appears, at which you can use the boot loader options described below.
Refer to 8章Configuring Installation Source for boot options to specify your installation source, or to 11章ブートオプション for additional boot options not covered in this section.
  • テキストモードインストールを実行するには、インストールブートプロンプトで以下を入力します:
    linux text
  • ISO イメージはその中に SHA256 チェックサムを組み込んでいます。 ISO イメージのチェックサム整合性をテストするには、 インストールブートプロンプトで以下を入力します:
    linux mediacheck
    The installation program prompts you to insert a DVD or select an ISO image to test, and select OK to perform the checksum operation. This checksum operation can be performed on any Fedora DVD. It is strongly recommended to perform this operation on any Fedora DVD that was created from downloaded ISO images. This command works with the DVD, hard drive ISO, and NFS ISO installation methods.
  • シリアルモード でインストールを実行する必要がある場合は、以下のコマンドを入力します:
    linux console=<device>
    テキストモードインストールには、次を使用します。
    linux text console=<device>
    In the above command, <device> should be the device you are using (such as ttyS0 or ttyS1). For example, linux text console=ttyS0.
    Text mode installations using a serial terminal work best when the terminal supports UTF-8. Under UNIX and Linux, Kermit supports UTF-8. For Windows, Kermit '95 works well. Non-UTF-8 capable terminals works as long as only English is used during the installation process. An enhanced serial display can be used by passing the utf8 command as a boot-time option to the installation program. For example:
    linux console=ttyS0 utf8

7.1.3.1. カーネルオプション

オプションをカーネルに渡すこともできます。 例えば、USB ストレージデバイス から anaconda インストールプログラムの更新を適用するには次を入力します:
linux updates
テキストモードインストールには、次を使用します。
linux text updates
このコマンドは anaconda の更新を含んでいるデバイスへの パスを要求する結果となります。ネットワークインストールを実行していてサーバー上の rhupdates/ に更新イメージの内容を取り込んでいる場合は必要ありません。
オプションを入力したら、これらのオプションを使ってブートするよう Enter を押します。
ハードウェアを認識するために起動オプションを指定する必要がある場合は、 そのオプションを書き留めておきます。 この起動オプションはインストールのブートローダー設定部分で必要になります (詳細については 「x86、 AMD64、及び Intel 64 のブートローダ設定」 を参照してください)。
カーネルオプションについての詳細は 11章ブートオプション を参照してください。

7.2. PXE を使用してネットワークからブートする

PXE でブートするには、正しく設定されているサーバーと PXE をサポートするコンピュータ内のネットワークインターフェイスが必要です。PXE サーバーの設定法に関する情報には、 13章Setting Up an Installation Server を参照して下さい。
ネットワークインターフェイスから起動するようコンピュータを設定します。 このオプションは BIOS にあり、 Network Boot または Boot Services のラベルが付いている場合があります。 PXE の起動を正しく設定したら、 他にメディアがなくても Fedora インストールシステムを起動することができるようになります。
PXE サーバーからコンピュータをブートするには:
  1. ネットワークケーブルが接続されていることを確認します。コンピュータのスイッチがオンでない場合も ネットワークソケットのリンク表示ライトが点灯しているはずです。
  2. コンピュータのスイッチをオンにします。
  3. メニュー画面が出ます。目的のオプションに相当する番号キーを押します。
使用している PC netboot サーバーから起動しない場合は、 適切なネットワークインターフェイスから先に起動するよう BIOS が 設定されていることを確認します。 可能な起動デバイスとしてネットワークインターフェイスを指定するが PXE 標準には対応していない BIOS システムがあります。 詳細についてはハードウェアのドキュメントを参照してください。

注記 — 複数の NIC と PXE のインストール

複数のネットワークインターフェイスを持つ一部のサーバーは、ファームウェアインターフェイスが認識している通りに eth0 を最初のネットワークインターフェイスへ割り当てないかも知れません。これはインストーラが、PXE で使用されているものとは異なるネットワークインターフェイスの使用を試みる原因になる可能性があります。この動作を変更するには、 pxelinux.cfg/* 設定ファイル内で以下を使用します:
IPAPPEND 2
APPEND ksdevice=bootif
これらの上記の設定オプションは、ファームウェアインターフェイスと PXE が使用するものと同じネットワークインターフェイスをインストーラが使用するようにします。また、以下のオプションも使用できます:
ksdevice=link
このオプションは、ネットワークスイッチにリンクされているネットワークデバイスの内、インストーラが自身で見つける最初のものを使用するようにします。

第8章 Configuring Installation Source

Before the graphical installation program starts, you may need to configure the installation source depending on the method you are using.

8.1. Installation Method

If you are installing from DVD, additional configuration will not be required unless the DVD drive is not detected. If you booted the installation from minimal boot media, use a boot prompt to select an installation method.

8.1.1. DVD からインストール

To install Fedora from a DVD, place the DVD in your DVD drive and boot your system from the DVD. Even if you booted from alternative media, you can still install Fedora from DVD media.
The installation program then probes your system and attempts to identify your DVD drive. It starts by looking for an IDE (also known as an ATAPI) DVD drive.

Note

この時点でインストールプロセスを止めるには、再起動してブートメディアを取り出します。変更をディスクに書き込む(Write changes to disk) の 画面以前はいつでもインストールを安全に取り消すことが出来ます。その詳細には 「Write changes to disk」 を参照して下さい。
使用する DVD ドライブが検出されないで、それが SCSI DVD の場合、インストールプログラムは SCSI ドライバーを選択するように催促します。使用アダプタに 最も近いドライバーを選択します。必要であればドライバー用のオプションを指定することも可能です。しかし、ほとんどのドライバーは自動的にその SCSI アダプタを 検出します。
If you booted the installer from other media and wish to use a DVD as your installation source, use the following boot option:
linux repo=cdrom:device
If you later encounter problems with the installer, you should reboot and perform the media check by running the boot option linux mediacheck before seeking support.

8.1.2. Installing from a Hard Drive

To specify a partition from which to install Fedora, use the linux repo= boot option:
linux repo=hd:device
利用可能なパーティションの一覧から ISO ファイルを収納しているパーティションを選択します。 内部 IDE、SATA、SCSI、及び USB ドライブデバイスの名前は /dev/sd で 始まります。各個別ドライブは独自の文字を持っており、例えば /dev/sda と なります。ドライブ上のパーティションは番号が付いており、例えば /dev/sda1 と なります。
Also specify the full directory path from the drive that contains the ISO image files. The following table shows some examples of how to enter this information:
表8.1 異なるパーティションタイプの為の ISO イメージの場所
Partition type Volume ファイルまでの本来のパス 使用するディレクトリ
VFAT D:\ D:\Downloads\Fedora17 /Downloads/Fedora17
ext2, ext3, ext4 /home /home/user1/Fedora17 /user1/Fedora17

ISO イメージがパーティションの root (最上レベル) ディレクトリにある場合は、 / を記入します。マウントしたパーティションの サブディレクトリに ISO イメージが配置してある場合は、そのパーティション内で ISO イメージを収納している ディレクトリ名を記入します。例えば、ISO があるパーティションが通常 /home/ としてマウントされており、イメージが /home/new/ に 存在する場合、/new/ と記入します。

前置きスラッシュを使用

前置きスラッシュの無いエントリはインストールが失敗する原因になる可能性があります。
After entering the linux repo= boot command, proceed with 9章Installing using anaconda.

8.1.3. Installing via NFS

To specify an installation source for Fedora accessible by NFS, use the linux repo= boot option. To specify an expanded tree of installation files, type:
linux repo=nfs:options:server:/path
To specify an ISO image file, type:
linux repo=nfsiso:options:server:/path
  • options — specify any NFS mount options that you require. Refer to the man pages for mount and nfs for a comprehensive list of options.
  • server — enter the domain name or IP address of your NFS server. For example, if you are installing from a host named eastcoast in the domain example.com, enter eastcoast.example.com.
  • path — the path to the exported directory.
    • If the NFS server is exporting a mirror of the Fedora installation tree, enter the directory which contains the root of the installation tree.
    • If the NFS server is exporting the ISO image of the Fedora DVD, enter the directory which contains the ISO image.
    If you followed the setup described in 「NFS インストールの準備」, the exported directory is the one that you specified as publicly_available_directory.
After entering the linux repo= command, proceed with 9章Installing using anaconda.

8.1.4. Installing via FTP or HTTP

重要 — プロトコルを指定しなければなりません

インストールソースに対して URL を提供するとき、プロトコルとして、明示的に http://ftp:// を指定する必要があります。
To specify an installation source for Fedora that is available over the Internet, use the linux repo= boot option:
linux repo={ftp|http}://URL
For URL, enter the name or IP address of the FTP or HTTP site from which you are installing, and the name of the directory that contains the /images directory for your architecture. For example:
http://name.example.com/mirrors/fedora/F-17/Server/i386/
使用している FTP 又は HTTP サーバーがユーザー認証を必要とする場合、以下のようにして URL の一部としてユーザーとパスワードを指定します:
{ftp|http}://<user>:<password>@<hostname>[:<port>]/<directory>/
例えば:
http://install:fedora17pw@name.example.com/mirrors/fedora/F-17/Server/i386/
After entering the linux repo= command, proceed with 9章Installing using anaconda.

第9章 Installing using anaconda

この章では anaconda のグラフィカルユーザーインターフェイスを使用した インストールを説明しています。

9.1. The Text Mode Installation Program User Interface

重要 — グラフィカルインストールの推奨

We recommend that you install Fedora using the graphical interface. If you are installing Fedora on a system that lacks a graphical display, consider performing the installation over a VNC connection – see 14章VNC を経由したインストール. If anaconda detects that you are installing in text mode on a system where installation over a VNC connection might be possible, anaconda asks you to verify your decision to install in text mode even though your options during installation are limited.
使用システムがグラフィカル表示を持っていても、グラフィカルインストールが 失敗する場合は、xdriver=vesa オプション – (11章ブートオプション 参照)での起動を試して下さい。

Important — Graphical Interface on the Installed System

Installing in text mode does not prevent you from using a graphical interface on your system once it is installed.
Apart from the graphical installer, anaconda also includes a text-based installer.
If one of the following situations occurs, the installation program uses text mode:
  • The installation system fails to identify the display hardware on your computer
  • You choose the text mode installation by entering the following command at the boot: prompt
    linux text
While text mode installations are not explicitly documented, those using the text mode installation program can easily follow the GUI installation instructions. However, because text mode presents you with a simpler, more streamlined installation process, certain options that are available in graphical mode are not also available in text mode. These differences are noted in the description of the installation process in this guide, and include:
  • LVM、RAID、FCoE、zFCP、及び iSCSI などの高度なストレージメソッドの設定
  • パーティションレイアウトのカスタマイズ
  • ブートローダレイアウトのカスタマイズ
  • インストール中のパッケージ選択
  • configuring the installed system with firstboot
If you choose to install Fedora in text mode, you can still configure your system to use a graphical interface after installation. Refer to 「グラフィカルログインへの切り替え」 for instructions.
To configure options not available in text mode, consider using a boot option. For example, the linux ip option can be used to configure network settings. Refer to 「ブートメニューでインストールシステムを設定」 for instructions.

Note

グラフィカルインストールモードでサポートされている言語がすべてテキストモードで サポートされている訳ではありません。特にラテン文字、又はキリル文字以外の文字で 書かれた言語はテキストモードでは使用できません。テキストモードでサポートされていない 文字セットで書かれた言語を選択した場合、インストールプログラムは英語バージョンの 画面を表示します。

9.1.1. Using the Keyboard to Navigate

Navigation through the installation dialogs is performed through a simple set of keystrokes. To move the cursor, use the Left, Right, Up, and Down arrow keys. Use Tab, and Shift-Tab to cycle forward or backward through each widget on the screen. Along the bottom, most screens display a summary of available cursor positioning keys.
ボタンを「押す」操作は、カーソルをそのボタン上に移動して(例えば、Tab キーを使用して移動)、Space キーまたは Enter キーを押します。項目リストから 1 つ選ぶには、カーソルをその項目に移動して Enter キーを押します。チェックボックスがついた項目を選択するには、カーソルをその項目のチェックボックスに移動して Space キーを押すと選択できます。選択を解除するには、その項目の上で再度 Space を押します。
Pressing F12 accepts the current values and proceeds to the next dialog; it is equivalent to pressing the OK button.

Warning

Unless a dialog box is waiting for your input, do not press any keys during the installation process (doing so may result in unpredictable behavior).

9.2. グラフィカルインストールプログラムのユーザーインターフェース

If you have used a graphical user interface (GUI) before, you are already familiar with this process; use your mouse to navigate the screens, click buttons, or enter text fields.
You can also navigate through the installation using the keyboard. The Tab key allows you to move around the screen, the Up and Down arrow keys to scroll through lists, + and - keys expand and collapse lists, while Space and Enter selects or removes from selection a highlighted item. You can also use the Alt+X key command combination as a way of clicking on buttons or making other screen selections, where X is replaced with any underlined letter appearing within that screen.

9.2.1. インストール中のスクリーンショット

Anaconda により、インストールプロセス中にスクリーンショットを 取ることが出来るようになります。インストール中のいつでも、Shift+Print Screen を押すと、anaconda がスクリーンショットを /root/anaconda-screenshots に保存します。
キックスタートインストールを実行している場合は、autostep --autoscreenshot オプションを使用して、インストールの各ステップのスクリーンショットを自動的に 生成します。キックスタートファイルの設定に関する詳細には、「Creating the Kickstart File」 を 参照して下さい。

9.2.2. 仮想コンソールに関する注意事項

The Fedora installation program offers more than the dialog boxes of the installation process. Several kinds of diagnostic messages are available to you, as well as a way to enter commands from a shell prompt. The installation program displays these messages on five virtual consoles, among which you can switch using a single keystroke combination.
A virtual console is a shell prompt in a non-graphical environment, accessed from the physical machine, not remotely. Multiple virtual consoles can be accessed simultaneously.
These virtual consoles can be helpful if you encounter a problem while installing Fedora. Messages displayed on the installation or system consoles can help pinpoint a problem. Refer to 表9.1「Console, Keystrokes, and Contents」 for a listing of the virtual consoles, keystrokes used to switch to them, and their contents.
Generally, there is no reason to leave the default console (virtual console #6) for graphical installations unless you are attempting to diagnose installation problems.
表9.1 Console, Keystrokes, and Contents
console keystrokes contents
1 Ctrl+alt+f1 グラフィカル表示
2 Ctrl+alt+f2 shell prompt
3 Ctrl+alt+f3 install log (messages from installation program)
4 Ctrl+alt+f4 system-related messages
5 Ctrl+alt+f5 other messages

9.3. 言語の設定

マウスを使用して、インストール用およびシステムのデフォルトとして使用する言語 (例: 米語英語) を選択します (下図を参照)。
選択したら、をクリックして進みます。
言語の設定
言語の選択画面
図9.1 言語の設定

9.4. Keyboard Configuration

Using your mouse, select the correct layout type (for example, U.S. English) for the keyboard you would prefer to use for the installation and as the system default (refer to the figure below).
Once you have made your selection, click Next to continue.
Keyboard Configuration
キーボード設定の画面
図9.2 Keyboard Configuration

Fedora includes support for more than one keyboard layout for many languages. In particular, most European languages include a latin1 option, which uses dead keys to access certain characters, such as those with diacritical marks. When you press a dead key, nothing will appear on your screen until you press another key to "complete" the character. For example, to type é on a latin1 keyboard layout, you would press (and release) the ' key, and then press the E key. By contrast, you access this character on some other keyboards by pressing and holding down a key (such as Alt-Gr) while you press the E key. Other keyboards might have a dedicated key for this character.

Note

To change your keyboard layout type after you have completed the installation, use the Keyboard Configuration Tool.
Type the system-config-keyboard command in a shell prompt to launch the Keyboard Configuration Tool. If you are not root, it prompts you for the root password to continue.

9.5. ストレージデバイス

You can install Fedora on a large variety of storage devices. This screen allows you to select either basic or specialized storage devices.
ストレージデバイス
基本的、又は特殊化したストレージデバイスを選択する画面
図9.3 ストレージデバイス

Basic Storage Devices
Select Basic Storage Devices to install Fedora on the following storage devices:
  • ローカルシステムに直接接続されたハードドライブ、又はソリッドステートドライブ
Specialized Storage Devices
Select Specialized Storage Devices to install Fedora on the following storage devices:
  • SAN(ストレージエリアネットワーク)
  • Direct access storage devices (DASDs)
  • ファームウェア RAID デバイス
  • マルチパスデバイス
Use the Specialized Storage Devices option to configure Internet Small Computer System Interface (iSCSI) and FCoE (Fiber Channel over Ethernet) connections.
基本ストレージデバイス(Basic Storage Devices) を選択している場合は、anaconda がシステムに接続してあるローカルの ストレージを自動的に検出してユーザーからの更なる介入は要求しません。「ホスト名の設定」 に 進んで下さい。

9.5.1. ストレージデバイス選択の画面

ストレージデバイス選択の画面は anaconda がアクセスを持つ全てのストレージデバイスを表示します。
ストレージデバイスの選択 — 基本的デバイス
The Basic Devices tab
図9.4 ストレージデバイスの選択 — 基本的デバイス

ストレージデバイスの選択 — マルチパスデバイス
マルチパスデバイスのタブ
図9.5 ストレージデバイスの選択 — マルチパスデバイス

ストレージデバイスの選択 — その他の SAN デバイス
その他の SAN デバイスのタブ
図9.6 ストレージデバイスの選択 — その他の SAN デバイス

デバイス群は以下のタブの下でグループ化されています:
Basic Devices
基本的デバイスは、ハードディスクやソリッドステートドライブなどのようにローカルシステムに接続されています。
Firmware RAID
ストレージデバイスはファームウェア RAID コントローラに接続されています。
Multipath Devices
Storage devices accessible through more than one path, such as through multiple SCSI controllers or Fiber Channel ports on the same system.

Important — device serial numbers must be 16 or 32 characters

The installer only detects multipath storage devices with serial numbers that are 16 or 32 characters in length.
Other SAN Devices
SAN (storage area network) で利用できる他のデバイスです。
iSCSI か FCoE のストレージを設定する必要がある場合は、高度なターゲットを追加(Add Advanced Target) をクリックして 「 Advanced Storage Options 」 を参照して下さい。
To assign non-friendly multipath device names, click Device Options and uncheck Use friendly names for multipath devices.
ストレージデバイス選択の画面には検索 タブが含まれており、アクセスをするための WWID (World Wide Identifier) で、あるいはポートで、ターゲットで、又は LUN(logical unit number) でストレージデバイスを分別できます。
ストレージデバイス検索のタブ
このタブにはドロップダウンメニューが含まれており、ポート、ターゲット、及び LUN (それらの値に該当するテキストボックス付き)単位で の検索と、WWID(この値に該当するテキストボックス付き)での検索との間で選択が出来ます。
図9.7 ストレージデバイス検索のタブ

このタブにはドロップダウンメニューが含まれており、ポート、ターゲット、WWID、又はLUN (それらの値に該当するテキストボックス付き)単位での検索ができます。WWID、又は LUN 毎の検索には、その該当するテキストボックスに追加の値が必要です。
anaconda で検出されるデバイスの一覧を表示するそれぞれのタブはデバイスの識別を 支援するデバイスの情報を含んでいます。アイコンでマークされた小さなドロップダウンメニューはカラム頭書きの右に あります。このメニューにより各デバイス上に提供されるデータのタイプを選択できるようになります。例えば、マルチパス デバイス タブのメニューにより、WWID容量ベンダー相互接続、及び パス のいずれかを指定して各デバイス上に提供される詳細を含めることができます。提供される情報量を増加したり低減したりすると、特定デバイスの 識別の手助けになるでしょう。
カラムの選択
展開した状態のドロップダウンメニュー
図9.8 カラムの選択

Each device is presented on a separate row, with a checkbox to its left. Click the checkbox to make a device available during the installation process, or click the radio button at the left of the column headings to select or deselect all the devices listed in a particular screen. Later in the installation process, you can choose to install Fedora onto any of the devices selected here, and can choose to automatically mount any of the other devices selected here as part of the installed system.
ここで選択するデバイスはインストールプロセスによって自動的に削除されないことに注意して下さい。この画面上でデバイスを選択すること自身はデバイス上に保存したデータを危険に晒すことはありません。インストールシステムの 一部の構成用としてここで選択しないデバイスはいずれも、/etc/fstab ファイルを修正することにより、インストール後でもシステムに追加することができます。

Important — chain loading

Any storage devices that you do not select on this screen are hidden from anaconda entirely. To chain load the Fedora boot loader from a different boot loader, select all the devices presented in this screen.
インストール中に使用できるようにストレージデバイスを選択しているならば、 を クリックして 「Initializing the Hard Disk」 へ進んで下さい。

9.5.1.1. Advanced Storage Options

この画面から iSCSI (TCP/IP 上の SCSI) ターゲット、又は FCoE(Fibre channel over ethernet)の SAN (storage area network) を設定できます。iSCSI の導入については 付録B ISCSI ディスク を参照して下さい。
Advanced Storage Options
高度なストレージオプション
図9.9 Advanced Storage Options

9.5.1.1.1. Select and configure a network interface
If a network interface is not already active on the system, anaconda must activate one through which to connect to the storage devices. If your system has only a single network interface, anaconda automatically activates it. However, if your system has more than one network interface available, anaconda prompts you with the Select network interface dialog to choose one to use during installation.
Select network interface
The Select network interface dialog.
図9.10 Select network interface

  1. Select an interface from the drop-down menu.
  2. Click OK.
Anaconda activates the interface that you selected, then starts NetworkManager to allow you to configure the interface.
ネットワークの接続
ネットワーク接続を設定
図9.11 ネットワークの接続

For details of how to use NetworkManager, refer to 「ホスト名の設定」
9.5.1.1.2. Configure iSCSI parameters
To use iSCSI storage devices for the installation, anaconda must be able to discover them as iSCSI targets and be able to create an iSCSI session to access them. Each of these steps might require a username and password for CHAP (Challenge Handshake Authentication Protocol) authentication. Additionally, you can configure an iSCSI target to authenticate the iSCSI initiator on the system to which the target is attached (reverse CHAP), both for discovery and for the session. Used together, CHAP and reverse CHAP are called mutual CHAP or two-way CHAP. Mutual CHAP provides the greatest level of security for iSCSI connections, particularly if the username and password are different for CHAP authentication and reverse CHAP authentication.
Repeat the iSCSI discovery and iSCSI login steps as many times as necessary to add all required iSCSI storage. However, you cannot change the name of the iSCSI initiator after you attempt discovery for the first time. To change the iSCSI initiator name, you must restart the installation.
手順9.1 iSCSI discovery
Use the iSCSI Discovery Details dialog to provide anaconda with the information that it needs to discover the iSCSI target.
The iSCSI Discovery Details dialog
The iSCSI Discovery Details dialog. It shows an example target IP address of 192.168.0.108 and an example iSCSI initiator name of iqn.1994-05.com.domain:01b1b85d.
図9.12 The iSCSI Discovery Details dialog

  1. Enter the IP address of the iSCSI target in the Target IP Address field.
  2. Provide a name in the iSCSI Initiator Name field for the iSCSI initiator in iSCSI qualified name (IQN) format.
    A valid IQN contains:
    • the string iqn. (note the period)
    • a date code that specifies the year and month in which your organization's Internet domain or subdomain name was registered, represented as four digits for the year, a dash, and two digits for the month, followed by a period. For example, represent September 2010 as 2010-09.
    • your organization's Internet domain or subdomain name, presented in reverse order with the top-level domain first. For example, represent the subdomain storage.example.com as com.example.storage
    • a colon followed by a string that uniquely identifies this particular iSCSI initiator within your domain or subdomain. For example, :diskarrays-sn-a8675309.
    A complete IQN therefore resembles: iqn.2010-09.storage.example.com:diskarrays-sn-a8675309, and anaconda pre-populates the iSCSI Initiator Name field with a name in this format to help you with the structure.
    For more information on IQNs, refer to 3.2.6. iSCSI Names in RFC 3720 - Internet Small Computer Systems Interface (iSCSI) available from http://tools.ietf.org/html/rfc3720#section-3.2.6 and 1. iSCSI Names and Addresses in RFC 3721 - Internet Small Computer Systems Interface (iSCSI) Naming and Discovery available from http://tools.ietf.org/html/rfc3721#section-1.
  3. Use the drop-down menu to specify the type of authentication to use for iSCSI discovery:
    iSCSI discovery authentication
    The three types of discovery authentication available: no credentials, CHAP pair, and CHAP pair and a reverse pair.
    図9.13 iSCSI discovery authentication

    • no credentials
    • CHAP pair
    • CHAP pair and a reverse pair
    • If you selected CHAP pair as the authentication type, provide the username and password for the iSCSI target in the CHAP Username and CHAP Password fields.
      CHAP pair
      The iSCSI Discovery Details dialog with CHAP pair selected as the authentication type. Fields are displayed for username and password.
      図9.14 CHAP pair

    • If you selected CHAP pair and a reverse pair as the authentication type, provide the username and password for the iSCSI target in the CHAP Username and CHAP Password field and the username and password for the iSCSI initiator in the Reverse CHAP Username and Reverse CHAP Password fields.
      CHAP pair and a reverse pair
      The iSCSI Discovery Details dialog with CHAP pair and a reverse pair selected as the authentication type. Fields are displayed for CHAP username, CHAP password, reverse CHAP username, and reverse CHAP password.
      図9.15 CHAP pair and a reverse pair

  4. Click Start Discovery. Anaconda attempts to discover an iSCSI target based on the information that you provided. If discovery succeeds, the iSCSI Discovered Nodes dialog presents you with a list of all the iSCSI nodes discovered on the target.
  5. Each node is presented with a checkbox beside it. Click the checkboxes to select the nodes to use for installation.
    The iSCSI Discovered Nodes dialog
    The iSCSI Discovered Nodes dialog displays a list of nodes with checkboxes beside them. This example shows only a single node, discovered at iqn.2009-02.com.example:for.all.
    図9.16 The iSCSI Discovered Nodes dialog

  6. Click Login to initiate an iSCSI session.
手順9.2 Starting an iSCSI session
Use the iSCSI Nodes Login dialog to provide anaconda with the information that it needs to log into the nodes on the iSCSI target and start an iSCSI session.
The iSCSI Nodes Login dialog
The iSCSI Nodes Login dialog.
図9.17 The iSCSI Nodes Login dialog

  1. Use the drop-down menu to specify the type of authentication to use for the iSCSI session:
    iSCSI session authentication
    The three types of session authentication available: no credentials, CHAP pair, and CHAP pair and a reverse pair, plus the option to use the same credentials that were used for iSCSI discovery.
    図9.18 iSCSI session authentication

    • no credentials
    • CHAP pair
    • CHAP pair and a reverse pair
    • Use the credentials from the discovery step
    If your environment uses the same type of authentication and same username and password for iSCSI discovery and for the iSCSI session, select Use the credentials from the discovery step to reuse these credentials.
    • If you selected CHAP pair as the authentication type, provide the username and password for the iSCSI target in the CHAP Username and CHAP Password fields.
      CHAP pair
      The iSCSI Node Login dialog with CHAP pair selected as the authentication type. Fields are displayed for username and password.
      図9.19 CHAP pair

    • If you selected CHAP pair and a reverse pair as the authentication type, provide the username and password for the iSCSI target in the CHAP Username and CHAP Password fields and the username and password for the iSCSI initiator in the Reverse CHAP Username and Reverse CHAP Password fields.
      CHAP pair and a reverse pair
      The iSCSI Node Login dialog with CHAP pair and a reverse pair selected as the authentication type. Fields are displayed for CHAP username, CHAP password, reverse CHAP username, and reverse CHAP password.
      図9.20 CHAP pair and a reverse pair

  2. Click Login. Anaconda attempts to log into the nodes on the iSCSI target based on the information that you provided. The iSCSI Login Results dialog presents you with the results.
    The iSCSI Login Results dialog
    The iSCSI Login Results dialog displays a list of attached nodes. This example shows only a single node attached, iqn.2009-02.com.example:for.all.
    図9.21 The iSCSI Login Results dialog

  3. Click OK to continue.
9.5.1.1.3. Configure FCoE Parameters
FCoE SAN を設定するには、FCoE SAN を追加 を選択して、 ドライブを追加 をクリックします。
次のダイアログに出てくるメニューで、使用する FCoE スイッチに接続してある ネットワークインターフェイスを選択し、FCoE ディスクを追加 をクリックします。
Configure FCoE Parameters
Configure FCoE Parameters
図9.22 Configure FCoE Parameters

Data Center Bridging (DCB) is a set of enhancements to the Ethernet protocols designed to increase the efficiency of Ethernet connections in storage networks and clusters. Enable or disable the installer's awareness of DCB with the checkbox in this dialog.

9.6. ホスト名の設定

設定が ホスト名.ドメイン名 の形式で FQDN (fully-qualified domain name) として、又は ホスト名 の形式で 短縮ホスト名 としてこのコンピューター用のホスト名の供給を催促します。多くのネットワークには、自動的に接続システムにドメイン名を供給する DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サービスがあります。DHCP サービスが このマシンにドメイン名を割り当てるようにするには、短縮ホスト名のみを指定してください。

有効なホスト名

You may give your system any name provided that the full hostname is unique. The hostname may include letters, numbers and hyphens. Various programs provided by the Fedora distribution may prefer or require a FQDN as opposed to a short host name.
ホスト名の設定
ホスト名の設定
図9.23 ホスト名の設定

If your Fedora system is connected directly to the Internet, you must pay attention to additional considerations to avoid service interruptions or risk action by your upstream service provider. A full discussion of these issues is beyond the scope of this document.

モデムの設定

インストールプログラムはモデムを設定しません。これらのデバイスは Network ユーティリティを使用してインストールの後に設定します。ご使用のモデムの設定は各契約インターネット サービスプロバイダ (ISP) に特有のものです。

9.6.1. ネットワーク接続の編集

Important — Manual configuration is often needed

When a Fedora 17 installation boots for the first time, it activates any network interfaces that you configured during the installation process. However, the installer does not prompt you to configure network interfaces on some common installation paths, for example, when you install Fedora from a DVD to a local hard drive.
When you install Fedora from a local installation source to a local storage device, be sure to configure at least one network interface manually if you require network access when the system boots for the first time.

Note

インストールが完了した後で、ネットワークの設定を変更するには、ネットワーク管理ツール を使用します。
シェルプロンプトで system-config-network と入力して、ネットワーク管理ツール を起動します。root 以外で操作している場合、続行するために root パスワードの入力が要求されます。
ネットワーク接続を手動で設定するには、ネットワークの設定(Configure Network) ボタンを クリックします。ネットワークの接続(Network Connections) ダイアログが出てきて NetworkManager ツールを使用した有線、無線、モビルブロードバンド、VPN、及び DSL の 接続が出来るようになります。NetworkManager で可能となる全ての接続の完全な説明はこのガイドの 範囲を越えていますので、このセクションでは単にインストール中に於ける有線接続の方法について標準的なシナリオを示しています。 ネットワークの他のタイプの設定は広い意味で似ていますが、ユーザーが設定する必要のある特定のパラメータは異なります。
ネットワークの接続
ネットワーク接続を設定
図9.24 ネットワークの接続

新規の接続を追加したり、インストールプロセスの前段階で設定済の接続を変更したり 削除したりするには、接続のタイプに相当するタブをクリックします。そのタイプの新規の接続を追加するには、追加(Add) をクリックします。 既存の接続を変更するには、一覧からそれを選択して 編集(Edit) を クリックします。どちらの場合でも、以下に説明があるようにその接続に対応するタブセットが付いた ダイアログが出てします。接続を削除するには、それを一覧から選択して 削除(Delete) をクリックします。
When you have finished editing network settings, click Apply to save the new configuration. If you reconfigured a device that was already active during installation, you must restart the device to use the new configuration — refer to 「Restart a network device」.

9.6.1.1. 全てのタイプの接続に共通のオプション

特定の設定オプションは全ての接続タイプに共通しています。
接続名(Connection name) の名前フィールド内に接続の名前を指定します。
自動的に開始(Start automatically) を選択すると、 システムがブートする時に接続が自動的に開始します。
When NetworkManager runs on an installed system, the Available to all users option controls whether a network configuration is available system-wide or not. During installation, ensure that Available to all users remains selected for any network interface that you configure.

9.6.1.2. 有線(Wired)タブ

有線(Wired)タブを使用すると、ネットワークアダプタの MAC (media access control) アドレスの指定、又は変更が できるようになり、インターフェイスを通過する MTU (maximum transmission unit) を バイト表示でセットできます。
有線(Wired)タブ
有線(Wired)タブ
図9.25 有線(Wired)タブ

9.6.1.3. 802.1x セキュリティタブ

802.1x セキュリティ タブを使用して 802.1X PNAC (port-based network access control ポートベースのネットワークアクセス制御) を 設定します。この接続に 802.1X セキュリティを使用(Use 802.1X security for this connection) を 選択すると、アクセス制御を有効にして、それから使用ネットワークを指定できます。設定オプションには以下が含まれます:
認証(Authentication)
以下の認証方法のいずれかを選択します:
  • TLS(トランスポートレイヤーセキュリティ)
  • EAP-TTLSS 又は TTLS(Tunneled TLS)トンネル化トランスポートレイヤーセキュリティ
  • PEAP (Protected EAP) 保護付き拡張型認証プロトコル(Protected Extensible Authentication Protocol)
識別子(Identity)
このサーバーの識別を提供します。
ユーザー証明書(User certificate)
DER (Distinguished Encoding Rules 識別エンコーディングルール) か又は PEM (Privacy Enhanced Mail プライバシー強化メール) でエンコードされた 個人の X.509 証明書ファイルを閲覧します。
CA 証明書(CA certificate)
DER (Distinguished Encoding Rules) か又は PEM (Privacy Enhanced Mail) でエンコードされた X.509 証明権限(certificate authority) 証明書ファイルを 閲覧します。
プライベートキー(Private key)
DER (Distinguished Encoding Rules) か又は PEM (Privacy Enhanced Mail) 又は PKCS#12 (Personal Information Exchange Syntax Standard) でエンコードされた プライベートキー ファイルを閲覧します。
プライベートキーパスワード(Private key password)
プライベートキー フィールドで指定されているプライベートキーのパスワードです。 パスワードを表示(Show password)を選択すると、入力時にパスワードが 視認できます。
802.1x セキュリティタブ
802.1x セキュリティタブ
図9.26 802.1x セキュリティタブ

9.6.1.4. The IPv4 Settings tab

IPv4 設定タブ のタブを使用すると、以前に選択していた ネットワーク接続の IPv4 パラメータの設定ができます。
方法(Method) のドロップダウンメニューを使用すると、ネットワーク 上で実行している DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サービスから システムが取得を試みるべきセッティングを指定できます。以下のオプションから選択します:
自動 (DHCP)
IPv4 パラメータはネットワーク上で DHCP サービスによって設定されます。
自動 (DHCP) アドレスのみ
IPv4 のアドレス、ネットマスク、及びゲートウェイアドレスはネットワーク上の DHCP サービスで設定されますが、DNS サーバーと検索ドメインは手動で設定する 必要があります。
Manual
IPv4 パラメータは静的設定には手動で設定します。
Link-Local Only
169.254/16 範囲内の ローカルのリンク アドレスは インターフェイスに割り当てられます。
他のコンピュータと共有(Shared to other computers)
システムは他のコンピュータへのネットワークアクセスを提供するように設定されています。 インターフェイスは 10.42.x.1/24 の範囲でアドレスを割り当てられていて、DHCP サーバーと DNS サーバーが開始されて、そしてそのインターフェイスが NAT (network address translation) を使用してシステム上のデフォルトネットワークに接続されます。
無効(Disabled)
IPv4 はこの接続には無効に無効になります。
手動でパラメータの記入を要求する方法を選択している場合は、アドレス(Addresses) フィールドにこのインターフェイスの IP アドレスの詳細、ネットマスク、及びゲートウェイを記入します。 追加(Add)削除(Delete) のボタンを使用してアドレスの追加や 削除をします。DNS サーバー フィールドには、DNS サーバー群の一覧をカンマで隔離して 記入し、ネームサーバー検索に含める予定のドメイン用に ドメインの検索(Search domains) フィールドでドメインのカンマ隔離した一覧を記入します。
オプションとして、DHCP クライアント ID フィールドには、 このネットワーク接続用の名前を記入します。この名前はサブネット上で特有のものでなければ なりません。接続に対して分かり易い DHCP クライアント ID を割り当てると、ネットワーキング問題の トラブルシュートの時にこの接続の識別が簡単になります。
この接続の完了に IPv4 アドレッシングが必要(Require IPv4 addressing for this connection to complete) チェックボックスを選択解除すると、IPv4 設定が失敗して IPv6 設定が成功する 状況で、システムがこの接続を IPv6 で有効にできるようになります。
The IPv4 Settings tab
The IPv4 Settings tab
図9.27 The IPv4 Settings tab

9.6.1.4.1. IPv4 ルートの編集
Fedora configures a number of routes automatically based on the IP addresses of a device. To edit additional routes, click the Routes button. The Editing IPv4 routes dialog appears.
IPv4 ルートダイアログの編集
IPv4 ルートダイアログの編集
図9.28 IPv4 ルートダイアログの編集

Click Add to add the IP address, netmask, gateway address, and metric for a new static route.
自動取得したルートを無視(Ignore automatically obtained routes) を 選択すると、ここで指定したルートのみをインターフェイスが使用するようにできます。
Select Use this connection only for resources on its network to restrict connections only to the local network.

9.6.1.5. IPv6 設定のタブ

IPv6 設定のタブ(IPv6 Settings tab)を使用して、以前に選択しているネットワーク接続の IPv6 パラメータを設定します。
方法(Method) のドロップダウンメニューを使用すると、ネットワーク 上で実行している DHCP (Dynamic Host Configuration Protocol) サービスから システムが取得を試みるべきセッティングを指定できます。以下のオプションから選択します:
無視(Ignore)
この接続には、IPv6 は無視されます。
自動(Automatic)
NetworkManager uses router advertisement (RA) to create an automatic, stateless configuration.
自動、アドレスのみ(Automatic, addresses only)
NetworkManager uses RA to create an automatic, stateless configuration, but DNS servers and search domains are ignored and must be configured manually.
Automatic, DHCP only
NetworkManager does not use RA, but requests information from DHCPv6 directly to create a stateful configuration.
Manual
IPv6 パラメータは静的設定には手動で設定することになります。
Link-Local Only
fe80::/10 接頭辞の付いた ローカルのリンク(link-local) アドレスは インターフェイスに割り当てられます。
手動でパラメータの記入を要求する方法を選択している場合は、アドレス(Addresses) フィールドにこのインターフェイスの IP アドレスの詳細、ネットマスク、及びゲートウェイを記入します。 追加(Add)削除(Delete) のボタンを使用してアドレスの追加や 削除をします。DNS サーバー フィールドには、DNS サーバー群の一覧をカンマで隔離して 記入し、ネームサーバー検索に含める予定のドメイン用に ドメインの検索(Search domains) フィールドでドメインのカンマ隔離した一覧を記入します。
オプションとして、DHCP クライアント ID フィールドには、 このネットワーク接続用の名前を記入します。この名前はサブネット上で特有のものでなければ なりません。接続に対して分かり易い DHCP クライアント ID を割り当てると、ネットワーキング問題の トラブルシュートの時にこの接続の識別が簡単になります。
この接続の完了にIPv6 アドレッシングが必要(Require IPv6 addressing for this connection to complete) チェックボックスを選択解除すると、IPv6 接続が失敗して、IPv4 接続が成功する 状況で、システムがこの接続を IPv4 のネットワークで有効にできます。
IPv6 設定のタブ
IPv6 設定のタブ
図9.29 IPv6 設定のタブ

9.6.1.5.1. IPv6 ルートの編集
Fedora configures a number of routes automatically based on the IP addresses of a device. To edit additional routes, click the Routes button. The Editing IPv6 routes dialog appears.
IPv6 ルート編集のダイアログ
IPv6 ルート編集のダイアログ
図9.30 IPv6 ルート編集のダイアログ

Click Add to add the IP address, netmask, gateway address, and metric for a new static route.
Select Use this connection only for resources on its network to restrict connections only to the local network.

9.6.1.6. Restart a network device

If you reconfigured a network that was already in use during installation, you must disconnect and reconnect the device in anaconda for the changes to take effect. Anaconda uses interface configuration (ifcfg) files to communicate with NetworkManager. A device becomes disconnected when its ifcfg file is removed, and becomes reconnected when its ifcfg file is restored, as long as ONBOOT=yes is set. Refer to the Fedora Deployment Guide available from http://docs.fedoraproject.org/en-US/index.html for more information about interface configuration files.
  1. Press Ctrl+Alt+F2 to switch to virtual terminal tty2.
  2. Move the interface configuration file to a temporary location:
    mv /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-device_name /tmp
    where device_name is the device that you just reconfigured. For example, ifcfg-eth0 is the ifcfg file for eth0.
    The device is now disconnected in anaconda.
  3. Open the interface configuration file in the vi editor:
    vi /tmp/ifcfg-device_name
  4. Verify that the interface configuration file contains the line ONBOOT=yes. If the file does not already contain the line, add it now and save the file.
  5. Exit the vi editor.
  6. Move the interface configuration file back to the /etc/sysconfig/network-scripts/ directory:
    mv /tmp/ifcfg-device_name /etc/sysconfig/network-scripts/
    The device is now reconnected in anaconda.
  7. Press Ctrl+Alt+F6 to return to anaconda.

9.7. Time Zone Configuration

使用のコンピュータが存在する場所に最も近い都市を選択してタイムゾーンを設定します。地図上でクリックして世界の特定区域にズームインすることが出来ます。
システムクロックの精度を維持するために NTP (Network Time Protocol) を使用する予定であっても タイムゾーンを指定します。
From here there are two ways for you to select your time zone:
  • Using your mouse, click on the interactive map to select a specific city (represented by a yellow dot). A red X appears indicating your selection.
  • You can also scroll through the list at the bottom of the screen to select your time zone. Using your mouse, click on a location to highlight your selection.
Configuring the Time Zone
Time zone configuration screen.
図9.31 Configuring the Time Zone

If Fedora is the only operating system on your computer, select System clock uses UTC. The system clock is a piece of hardware on your computer system. Fedora uses the timezone setting to determine the offset between the local time and UTC on the system clock. This behavior is standard for systems that use UNIX, Linux, and similar operating systems.
をクリックして継続します。

Windows とシステムクロック

Do not enable the System clock uses UTC option if your machine also runs Microsoft Windows. Microsoft operating systems change the BIOS clock to match local time rather than UTC. This may cause unexpected behavior under Fedora unless you have manually configured Windows 7 to use UTC.

Note

To change your time zone configuration after you have completed the installation, use the Time and Date Properties Tool.
Type the system-config-date command in a shell prompt to launch the Time and Date Properties Tool. If you are not root, it prompts you for the root password to continue.
時刻と日付のプロパティツール(Time and Date Properties Tool)をテキストベースのアプリケーションとして実行するには、コマンド timeconfig を 使用します。

9.8. rootのパスワード設定

root アカウントとそのパスワードの設定はインストールに於ける最も重要なステップの1つです。root アカウントはパッケージのインストール、RPM の アップグレード、及びほとんどのシステム管理の実行に使用されます。root としてログインするとシステム上で完全な制御を持つことになります。

注記

root ユーザー(別名 スーパーユーザー)は、全システム域に完全なアクセスを持ちます。 この理由で、root ユーザーとしてのログインは、システム維持、又は管理を実行する時のみにすることが賢明です。
root のパスワード
root のパスワード設定です。
図9.32 root のパスワード

root アカウントはシステム管理のためにのみ使用して下さい。普通の使用には 非 root アカウントを作成して、スーパーユーザー権限を必要とするタスクが出たときには、 su コマンドで root になります。これらの基本的ルールに よって誤字や間違えたコマンドがシステムを破壊するような機会を最小限にします。

注記

root になるには、ターミナルウィンドウ内のシェルプロンプトで su - と 入力し、Enter を押します。それから、設定してある root パスワードを 入力して Enter を押します。
インストールプログラムは、ご使用のシステムの root パスワード [2] を設定するようプロンプトが表示されます。root パスワードを入力しないと次のインストールプロセスのステップへ進めません。
root パスワードは最低でも6文字の長さが必要です。入力する時点ではパスワードは 画面に表示されません。パスワードは 2回入力します。2回入力したパスワードが 一致しない場合は、インストールプログラムが再入力を要求します。
root は良く憶え易くて、且つ他人が簡単に想像できないものを選択します。自分の 名前や、電話番号、qwertypassword, root123456anteater などは全て悪いパスワードの例です。良いパスワードとは、大文字、小文字と 一緒に混ざった数字を使い、辞書用語のない物です。Aard387vark420BMttNT は良い例です。パスワードは大文字/小文字を区別する ことに注意して下さい。パスワードを書き留める場合はそれを安全な場所に保管して下さい。 しかし、実際にはこのパスワード、及び作成する他のパスワードを書き留めないように推奨します。

注記

このマニュアルに示されているパスワードの例は使用しないで下さい。これらのパスワードを模倣して使用すると、セキュリティリスクと見なされます。
インストールを完了した後に root パスワードを変更するには、Root パスワードツール を使用します。
シェルプロンプトで system-config-users と入力して、強健なユーザー管理ツールである ユーザーマネージャ(User Manager) を起動します。root 以外で操作している場合、続行するために root パスワードの入力が要求されます。
root パスワードをRoot Password 域に入れます。 Fedora はセキュリティーのため、文字をアスタリスクで表示します。正しく設定されていることを確認するために、同じパスワードを Confirm 域にタイプします。root パスワードを設定した後、先に進むために Next を選択します。

9.9. ストレージデバイスの割り当て

ストレージデバイス選択の画面(「ストレージデバイス」 を参照) で複数のストレージデバイスを選択した場合、 anaconda はこれらのデバイスの内のどれがオペレーティングシステムのインストール用に利用可能であるべきか、 そして、どれがデータストレージ用のみとしてファイルシステムに取り付けられるべきかの選択を要求します。 ストレージデバイスを1つだけ選択している場合は、anaconda はこの画面を 表示しません。
インストール中に、データストレージ専用としてここで識別するデバイスは、ファイルシステムの一部として マウントされますが、パーティション設定とフォーマットはありません。
ストレージデバイスの割り当て
インストールするためまたはデータストレージのみのためのストレージデバイスを選択する画面
図9.33 ストレージデバイスの割り当て

この画面は2つの窓枠に別れています。左窓枠には、データストレージ専用として使用されれるデバイスの 一覧が含まれます。右窓枠には、オペレーティングシステムのインストール用に利用可能なデバイスの 一覧が含まれます。
それぞれの一覧には、デバイスの識別の手助けとなる情報が含まれています。アイコンで マークが付いている小さなドロップダウンメニューはカラムヘッディングの右側にあります。 このメニューにより、それぞれのデバイス上で提供されるデータタイプを選択できるようになります。 提示される情報の量を加減してみると、特定デバイスの識別の手助けになるでしょう。
デバイスを一方の一覧から他の一覧に移動するには、そのデバイスをクリックして、それから左向きの 矢印が付いているボタンを押してデータストレージデバイスの一覧へ移動するか、あるいは、右向きの 矢印が付いたボタンを押してオペレーティングシステムのインストールに使用可能なデバイスの一覧に 移動します。
インストールのターゲットとして利用可能なデバイスの一覧では、各デバイスの横にラジオボタンを 含むことも出来ます。このラジオボタンを使用すれば、システムのブートデバイスとして使用したい デバイスを指定することができます。

Important — chain loading

If any storage device contains a boot loader that will chain load the Fedora boot loader, include that storage device among the Install Target Devices. Storage devices that you identify as Install Target Devices remain visible to anaconda during boot loader configuration.
Storage devices that you identify as Install Target Devices on this screen are not automatically erased by the installation process unless you selected the Use All Space option on the partitioning screen (refer to 「Disk Partitioning Setup」).
インストール用に使用されるデバイスの識別を終了したら、 をクリックして継続します。

9.10. Initializing the Hard Disk

If no readable partition tables are found on existing hard disks, the installation program asks to initialize the hard disk. This operation makes any existing data on the hard disk unreadable. If your system has a brand new hard disk with no operating system installed, or you have removed all partitions on the hard disk, click Re-initialize drive.
インストールプログラムは、それが正式なパーティション表を読み込めない各ディスク用に個別のダイアログを提示します。全てを無視(Ignore all) ボタン、又は 全てを再初期化(Re-initialize all) ボタンをクリックすると全てのデバイスに対して同じ回答を適用します。
警告画面 – ハードドライブの初期化
警告画面 – ハードドライブの初期化。
図9.34 警告画面 – ハードドライブの初期化

特定の RAID システム、あるいは他の標準的でない設定はインストールプログラムで 読み込めずに、ハードディスク初期化のプロンプトが表示される可能性があります。 インストールプログラムは、それが検出できる物理ディスク構成には対応します。
必要となる可能性のあるハードディスクの自動初期化を有効にするには、キックスタート コマンド clearpart --initlabel (15章Kickstart Installations を参照) を 使用します。

Detach Unneeded Disks

If you have a nonstandard disk configuration that can be detached during installation and detected and configured afterward, power off the system, detach it, and restart the installation.

9.11. Upgrading an Existing System

Preupgrade

Fedora includes preupgrade, a command-line tool that allows you to upgrade easily to a new version from within your existing Fedora installation.
The installation system automatically detects any existing installation of Fedora. The upgrade process updates the existing system software with new versions, but does not remove any data from users' home directories. The existing partition structure on your hard drives does not change. Your system configuration changes only if a package upgrade demands it. Most package upgrades do not change system configuration, but rather install an additional configuration file for you to examine later.
使用しているインストールメディアは、コンピュータをアップグレードするために必要なソフトウェアパッケージの 全てを含んでいないかも知れないことに注意して下さい。

9.11.1. The Upgrade Dialog

If your system contains a Fedora installation, a dialog appears asking whether you want to upgrade that installation. To perform an upgrade of an existing system, choose the appropriate installation from the drop-down list and select Next.
The Upgrade Dialog
The Upgrade Dialog
図9.35 The Upgrade Dialog

Manually Installed Software

Software you have installed manually on your existing Fedora system may behave differently after an upgrade. You may need to manually reinstall or recompile this software after an upgrade to ensure it performs correctly on the updated system.

Re-installing Fedora

If you are re-installing the same version of Fedora, preserve your user data by placing it on a separate /home partition.

9.11.2. Upgrading Using the Installer

Installations are Recommended

In general, the Fedora Project recommends that you keep user data on a separate /home partition and perform a fresh installation. For more information on partitions and how to set them up, refer to 「Disk Partitioning Setup」.
If you choose to upgrade your system using the installation program, any software not provided by Fedora that conflicts with Fedora software is overwritten. Before you begin an upgrade this way, make a list of your system's current packages for later reference:
rpm -qa --qf '%{NAME} %{VERSION}-%{RELEASE} %{ARCH}\n' > ~/old-pkglist.txt
After installation, consult this list to discover which packages you may need to rebuild or retrieve from sources other than the Fedora Project.
Next, make a backup of any system configuration data:
su -c 'tar czf /tmp/etc-`date +%F`.tar.gz /etc' 
su -c 'mv /tmp/etc-*.tar.gz /home'
アップグレードする前には全ての重要なデータの完全なコピーを作成して下さい。重要なデータとは /home ディレクトリ全体のコンテンツや、Apache、FTP、SQL サーバーや ソースコード 管理システムなどのサービスからのコンテンツも含みます。アップグレードは破損動作ではありませんが、操作ミスをしてしまうと、 データロスの可能性があります。

Storing Backups

Note that the above examples store backup materials in a /home directory. If your /home directory is not a separate partition, you should not follow these examples verbatim! Store your backups on another device such as CD or DVD discs or an external hard disk.
アップグレードプロセスを後で完了する方法についての情報は 「アップグレードを終了する」 で ご覧下さい。

9.11.3. Upgrading Boot Loader Configuration

Your completed Fedora installation must be registered in the boot loader to boot properly. A boot loader is software on your machine that locates and starts the operating system. Refer to 付録E The GRUB Boot Loader for more information about boot loaders.
アップグレードブートローダのダイアログ
このダイアログは 3つのラジオボタンを持っており、それぞれ ブートローダ設定を更新ブートローダ更新をスキップ、そして 新規のブートローダ設定を作成 の ラベルが付いています。
図9.36 アップグレードブートローダのダイアログ

If the existing boot loader was installed by a Linux distribution, the installation system can modify it to load the new Fedora system. To update the existing Linux boot loader, select Update boot loader configuration. This is the default behavior when you upgrade an existing Fedora installation.
GRUB is the standard boot loader for Fedora on 32-bit and 64-bit x86 architectures. If your machine uses another boot loader, such as BootMagic, System Commander, or the loader installed by Microsoft Windows, then the Fedora installation system cannot update it. In this case, select Skip boot loader updating. When the installation process completes, refer to the documentation for your product for assistance.
Install a new boot loader as part of an upgrade process only if you are certain you want to replace the existing boot loader. If you install a new boot loader, you may not be able to boot other operating systems on the same machine until you have configured the new boot loader. Select Create new boot loader configuration to remove the existing boot loader and install GRUB.
選択をした後は、次(Next) をクリックして継続します。新しいブートローダの設定を作成する(Create new boot loader configuration) オプションを選択している場合は、「x86、 AMD64、及び Intel 64 のブートローダ設定」 を参照して下さい。 ブートローダ設定を更新する選択か、スキップする選択をしている場合は、これ以上ユーザ−の介入なしでインストールは継続されます。

9.12. Disk Partitioning Setup

警告 — データをバックアップして下さい

システム上のデータは常にすべてバックアップをしておいた方がよいでしょう。例えば、アップグレードをするときやデュアルブートを作成する場合、ストレージデバイスに保存しておきたいデータはすべてバックアップしておくべきです。万一の場合、 誤ってデータを喪失してしまう恐れがあります。

重要 — テキストモードでインストール

Fedora をテキストモードでインストールする場合は、 このセクションに記載している通りデフォルトのパーティション設定しか使用しません。 インストーラが自動的に追加や削除をするもの以外、 パーティションやファイルシステムの追加または削除はできません。 インストール時にカスタムのレイアウトを必要とする場合は、 VNC 接続経由かキックスタートインストールでグラフィカルなインストールを行ってください。
更には、LVM、暗号化したファイルシステム、及びサイズ変更可能なファイルシステムなどの高度なオプションはグラフィカルモードとキックスタートでのみ使用可能です。

Important — Booting from RAIDs

If you have a RAID card, be aware that some BIOSes do not support booting from the RAID card. In cases such as these, the /boot/ partition must be created on a partition outside of the RAID array, such as on a separate hard drive. An internal hard drive is necessary to use for partition creation with problematic RAID cards.
A /boot/ partition is also necessary for software RAID setups.
If you have chosen to automatically partition your system, you should select Review and manually edit your /boot/ partition.
Partitioning allows you to divide your hard drive into isolated sections, where each section behaves as its own hard drive. Partitioning is particularly useful if you run multiple operating systems. If you are not sure how you want your system to be partitioned, read 付録A An Introduction to Disk Partitions for more information.
Disk Partitioning Setup
Choose automatic partitioning or manual partitioning.
図9.37 Disk Partitioning Setup

画面では、4つの異なる方法の内の1つでデフォルトパーティションの作成を選択するか、 あるいはカスタムレイアウトを手動で作成するためにストレージデバイスのパーティション 設定を選択できます。
最初の4つのオプションでは、自分自身でストレージデバイスのパーティション設定を行わずに自動インストールを実行することができます。システムのパーティション設定が煩雑に感じられる場合は、これらのオプションの1つを選択してインストールプログラムに ストレージデバイスのパーティション設定をさせることをお薦めします。この方法でも どのデータがシステムから削除されるかを(ある場合)制御できます。
オプションは以下のようになります:
Use All Space
このオプションを選択すると、ハードドライブ上の全ての パーティション (これには、Windows VFAT や NTFS パーティションなど他の OS で 作成されたパーティションも含まれます) を削除します。

Warning

If you select this option, all data on the selected hard drives is removed by the installation program. Do not select this option if you have information that you want to keep on the hard drives where you are installing Fedora.
In particular, do not select this option when you configure a system to chain load the Fedora boot loader from another boot loader.
Replace Existing Linux System(s)
このオプションを選択して、以前の Linux インストールで作成しているパーティションのみを削除します。これは、ハードドライブにある他のパーティション (VFAT や FAT32 パーティション) は削除しません。
現在のシステムを縮小する(Shrink Current System)
Select this option to resize your current data and partitions manually and install a default Fedora layout in the space that is freed.

Warning

If you shrink partitions on which other operating systems are installed, you might not be able to use those operating systems. Although this partitioning option does not destroy data, operating systems typically require some free space in their partitions. Before you resize a partition that holds an operating system that you might want to use again, find out how much space you need to leave free.
Use Free Space
Select this option to retain your current data and partitions and install Fedora in the unused space available on the storage drives. Ensure that there is sufficient space available on the storage drives before you select this option — refer to 「ディスク容量は十分ですか?」.

Warning

If your 64-bit x86 system uses UEFI instead of BIOS, you will need to manually create a /boot partition. This partition must have an ext3 file system. If you choose to partition automatically, your system will not boot.
Create Custom Layout
このオプションを選択してストレージドライブを手動でパーティション設定し、カスタム化したレイアウトを作成 します。「カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更」 を参照して下さい。
好みのパーティション設定法を選択するには、ダイアログボックス内の 該当説明の左側にあるラジオボタンをクリックします。
システムを暗号化(Encrypt system) を選択して、 /boot パーティション以外の全てのパーティションを暗号化します。暗号化に関する詳細情報には、付録C ディスク暗号化 を参照して下さい。
Select Use LVM to enable Logical Volume Management. Refer to 付録D LVM を理解する for information on LVM.
To review and make any necessary changes to the partitions created by automatic partitioning, select the Review option. After selecting Review and clicking Next to move forward, the partitions created for you by anaconda appear. You can make modifications to these partitions if they do not meet your needs.

Important — chain loading

To configure the Fedora boot loader to chain load from a different boot loader, you must specify the boot drive manually. If you chose any of the automatic partitioning options, you must now select the Review and modify partitioning layout option before you click Next or you cannot specify the correct boot drive.

Important — Mixing multipath and non-multipath devices

When you install Fedora on a system with multipath and non-multipath storage devices, the automatic partitioning layout in the installer might create volume groups that contain a mix of multipath and non-multipath devices. This defeats the purpose of multipath storage.
We advise that you select only multipath or only non-multipath devices on the disk selection screen that appears after selecting automatic partitioning. Alternatively, select custom partitioning.
選択をした後は をクリックして進みます。

9.13. パーティションの暗号化

「システムを暗号化(Encrypt System)」 のオプションを選択していた場合、 インストーラはシステムのパーティション暗号化に使用するパスフレーズを催促してきます。
パーティションは Linux 統一キーセットアップ(Linux Unified Key Setup) を 使用して暗号化できます。 — 詳細情報には、付録C ディスク暗号化 を 参照して下さい。
暗号化されたパーティション用のパスフレーズを入力
このダイアログには、パスフレーズを入力してそれを確定するためのテキストボックスが含まれています。
図9.38 暗号化されたパーティション用のパスフレーズを入力

パスフレーズを選択して、ダイアログボックスの2つのフィールド両方にそれを記入します。このパスフレーズは システムがブートする度に提供する必要があります。

警告 — このパスフレーズを紛失しないで下さい

このパスフレーズを紛失すると、暗号化したパーティションとそこにあるデータは完全に アクセス不可能になります。そして紛失したパスフレーズを取り返す手段はありません。
Note that if you perform a kickstart installation of Fedora, you can save encryption passphrases and create backup encryption passphrases during installation. Refer to 「パスフレーズの保存」 and 「バックアップパスフレーズの作成と保存」.

9.14. カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更

4つの自動パーティション設定オプションの 1つを選択して、確認(Review) を選択していない場合は、「パッケージグループの選択」 へ スキップします。
If you chose one of the automatic partitioning options and selected Review, you can either accept the current partition settings (click Next), or modify the setup manually in the partitioning screen.
カスタムレイアウトを作成する選択をすると、インストールプログラムに対して Fedora をインストールする場所を指定する必要があります。これは、Fedora がインストールされることになる1つ、又は複数のパーティション用のマウントポイントを定義することでなされます。この時点で、パーティションの作成/削除も必要になるかも知れません。

Warning

If your 64-bit x86 system uses UEFI instead of BIOS, you will need to manually create a /boot partition. This partition must have an ext3 file system. If you choose to partition automatically, your system will not boot.
まだパーティションの設定法を計画していない場合は、付録A An Introduction to Disk Partitions「Recommended Partitioning Scheme」 を参照してください。最低限でも、適切なサイズの root パーティションと、システムにある RAM の容量に対して適切なサイズのスワップパーティションとが必要です。
anaconda は標準的なインストールのパーティション設定要求を処理できます。
x86、AMD64、及び Intel 64 システムで パーティション設定
主要なパーティション設定画面
図9.39 x86、AMD64、及び Intel 64 システムで パーティション設定

パーティション設定画面は2つの窓枠を含んでいます。上窓枠には、下窓枠で選択されたハードドライブ、論理ボリューム、又は RAID デバイスのグラフィカル表示が含まれます。
デバイスのグラフィカル表示の上部で、インストールプログラムで検出されたドライブの名前(/dev/sdaLogVol00 など)、そのサイズ(MB で)、及びそのモデルが確認できます。
Using your mouse, click once to highlight a particular field in the graphical display. Double-click to edit an existing partition or to create a partition out of existing free space.
下窓枠には、前述のインストールプロセスで指摘されているようにインストール中に使用される予定の 全てのドライブ、論理ボリューム、及び RAID デバイスの一覧が含まれています。「ストレージデバイスの割り当て」 を参照して下さい。
デバイスはタイプ別にグループ化されます。それぞれのデバイスタイプの横にある小さな三角マークをクリックしてそのタイプのデバイスの表示/非表示をします。
Anaconda は一覧にある各デバイスのいくつかの詳細事項を表示します:
デバイス(Device)
デバイス、論理ボリューム、又はパーティションの名前
サイズ (Size-MB)
デバイス、論理ボリューム、又はパーティションのサイズ (MBで)
マウントポイント/RAID/ボリューム(Mount Point/RAID/Volume)
マウントポイント。 パーティションがマウントされる場所 (ファイルシステム内の場所)、又は RAID 名、又は その一部となる論理ボリュームグループ
タイプ(Type)
パーティションのタイプ。パーティションが標準のパーティションの場合は、このフィールドはそのパーティション上のファイルシステム のタイプ(例えば、ext4)を表示します。標準パーティションでない場合は、パーティションが 物理ボリューム (LVM)か、 又は ソフトウェア RAID の一部であるかを示します。
フォーマット(Format)
このカラム内のチェックマークはパーティションがインストール中にフォーマットされることを示します。
下窓枠の下には4つのボタンがあります: 作成(Create)編集(Edit)削除(Delete)、及び リセット(Reset) です。
上窓枠のグラフィカル表示か、又は下窓枠内の一覧をクリックすることにより、デバイスかパーティションを選択します。 それから、4つのボタンの1つをクリックして以下のアクションを操作します:
Create
create a new partition, logical volume, or software RAID
Edit
change an existing partition, logical volume, or software RAID. Note that you can only shrink partitions with the Resize button, not enlarge partitions.
Delete
remove a partition, logical volume, or software RAID
Reset
undo all changes made in this screen

9.14.1. ストレージの作成

ストレージの作成(Create Storage) ダイアログの使用で、新規のストレージパーティション、論理ボリューム、及び ソフトウェア RAID の作成が出来ます。Anaconda はシステムに既に存在している、又は システムに転送される設定になっているストレージに応じて利用可能や利用不可能となる オプションを提示します。
ストレージの作成
新規ストレージを作成
図9.40 ストレージの作成

オプションは以下のように、パーティションの作成(Create Partition)ソフトウェア RAID の作成(Create Software RAID)、 及び LVM の作成 (Create LVM) の下でグループに分けられています。
パーティションの作成
Refer to 「パーティションを追加する」 for details of the Add Partition dialog.
  • 標準のパーティション(Standard Partition) — 標準のディスクパーティション(付録A An Introduction to Disk Partitions で説明)を 未割り当ての領域に作成します。
Create Software RAID
詳細情報については、「 Create Software RAID 」 を参照して下さい。
  • RAID パーティション(RAID Partition) — 未割り当ての領域にパーティションを作成してソフトウェア RAID デバイスの 一部を形成します。ソフトウェア RAID デバイスを形成するには、2つ、又はそれ以上の RAID パーティションがシステム上で 利用可能でなければなりません。
  • RAID デバイス(RAID Device) — 2つ、又はそれ以上の RAID パーティションを組み合わせてソフトウェア RAID デバイスにします。このオプションを選択すると、作成する RAID デバイスのタイプ(RAID レベル)を指定することができます。このオプションは2つ、又はそれ以上の RAID パーティションがシステム上で使用できる時にのみ利用可能です。
Create LVM Logical Volume
詳細情報については、「 Create LVM Logical Volume 」 を参照して下さい。
  • LVM 物理ボリューム(LVM Physical Volume) — 未割り当ての領域に 物理ボリュームを作成します。
  • LVM ボリュームグループ(LVM Volume Group) — 1つ又はそれ以上の物理ボリュームから ボリュームグループ を 作成します。このオプションは少なくとも1つの物理ボリュームがシステム上で使用できる時にのみ利用可能です。
  • LVM 論理ボリューム(LVM Logical Volume) — ボリュームグループ上に 論理ボリューム を作成します。 このオプションは少なくとも1つのボリュームグループがシステム上で使用できる時にのみ利用可能です。

9.14.2. パーティションを追加する

新規のパーティションを追加するには、作成 (Create) ボタンを選択します。そうするとダイアログボックス (図9.41「新規パーティションの作成」 を参照) が出て来ます。

注記

このインストール用に最低でも1つの、あるいはオプションとしてそれ以上のパーティションを 専用にする必要があります。詳細情報には、付録A An Introduction to Disk Partitionsを参照してください。
新規パーティションの作成
新規パーティションの作成
図9.41 新規パーティションの作成

  • マウントポイント (Mount Point): パーティションのマウントポイントを入力します。例えば、このパーティションを root パーティションにする場合は / と入力します。/boot パーティションにする場合は、/boot と入力します。また、プルダウンメニューを使って、パーティションに適切なマウントポイントを選択することもできます。swap パーティションにはマウントポイントは設定しません。ファイルシステムタイプを swap にセットするだけで充分です。
  • ファイルシステムタイプ: プルダウンメニューを使用して、このパーティション用に適切なファイルシステムタイプを選択します。ファイルシステムタイプに関する詳細情報については「ファイルシステムの種類」を参照してください。
  • 選択可能なドライブ : このフィールドには、システムにインストール済みのハードディスク一覧が表示されます。ハードディスクのボックスがハイライトされている場合は、そのハードディスク上に必要なパーティションを作成することができます。ボックスが選択 されていない 場合は、そのハードディスク上にパーティションは作成 できません。別のチェックボックス設定を使うと、anaconda で、必要な場所にパーティションを配置したり、または anaconda にパーティションの配置先を決定させることができます。
  • 容量 (Size - MB) : パーティションのサイズ (メガバイトで表示) を入力します。このフィールドの初期値は 200 MB になっているので注意してください。変更しないと、200 MB のパーティションが作成されます。
  • 追加容量オプション : このパーティションを固定サイズにするか、一定サイズまでの「拡大」(使用可能なハードディスク領域をあるサイズまで埋める)を許すか、または使用可能なハードディスク領域のすべてを使用するかを選択します。
    指定限度 (MB) まで使用(Fill all space up to (MB)) を選択した場合は、このオプションの右側のフィールドにサイズの制限を指定しなければなりません。この設定でハードディスク上に一定の空き領域が今後の使用のため確保されます。
  • 暗号化(Encrypt): ストレージデバイスが別のシステムに接続されている場合でも そこに保存されるデータがパスフレーズ無しではアクセスできないようにパーティションを暗号化するかどうかを選択します。ストレージデバイスの暗号化に関する情報については 付録C ディスク暗号化 を参照して下さい。このオプションを選択すると、インストーラは パーティション設定をディスクに書き込む前にパスフレーズの提示を催促します。
  • OK : 希望の設定値の入力が終了し、パーティションの作成を実行するには OK ボタンを選択します。
  • 取り消し(Cancel) : パーティションを作成したくない場合は 取り消し ボタンを選択します。

9.14.2.1. ファイルシステムの種類

Fedora により、異なるパーティションタイプとファイルシステムを作成できるようになります。利用可能な異なるパーティションタイプとファイルシステムの 簡単な説明とそれらの使用方法を以下に示します。
パーティションのタイプ
  • 標準のパーティション — 標準のパーティションはファイルシステム、 又はスワップ領域を含んでいるか、あるいはソフトウェア RAID か LVM 物理ボリュームの為の コンテナを提供します。
  • swap — Swap partitions are used to support virtual memory. In other words, data is written to a swap partition when there is not enough RAM to store the data your system is processing. Refer to the Fedora Deployment Guide for additional information.
  • software RAID — Creating two or more software RAID partitions allows you to create a RAID device. For more information regarding RAID, refer to the chapter RAID (Redundant Array of Independent Disks) in the Fedora Deployment Guide.
  • physical volume (LVM) — Creating one or more physical volume (LVM) partitions allows you to create an LVM logical volume. LVM can improve performance when using physical disks. For more information regarding LVM, refer to the Fedora Deployment Guide.
ファイルシステム
  • ext4 — The ext4 file system is based on the ext3 file system and features a number of improvements. These include support for larger file systems and larger files, faster and more efficient allocation of disk space, no limit on the number of subdirectories within a directory, faster file system checking, and more robust journaling. The ext4 file system is selected by default and is highly recommended.
  • ext3 — The ext3 file system is based on the ext2 file system and has one main advantage — journaling. Using a journaling file system reduces time spent recovering a file system after a crash as there is no need to fsck [3] the file system.
  • ext2 — An ext2 file system supports standard Unix file types (regular files, directories, symbolic links, etc). It provides the ability to assign long file names, up to 255 characters.
  • xfs — XFS is a highly scalable, high-performance file system that supports filesystems up to 16 exabytes (approximately 16 million terabytes), files up to 8 exabytes (approximately 8 million terabytes) and directory structures containing tens of millions of entries. XFS supports metadata journaling, which facilitates quicker crash recovery. The XFS file system can also be defragmented and resized while mounted and active.
  • vfat — VFAT ファイルシステムは FAT ファイルシステムにある Microsoft Windows の長いファイル名に対応する Linux ファイルシステムです。

注記

The Btrfs file system is unavailable in Fedora 17.

9.14.3. Create Software RAID

Redundant arrays of independent disks (RAIDs) are constructed from multiple storage devices that are arranged to provide increased performance and — in some configurations — greater fault tolerance. Refer to the Fedora Deployment Guide for a description of different kinds of RAIDs.
To make a RAID device, you must first create software RAID partitions. Once you have created two or more software RAID partitions, select RAID to join the software RAID partitions into a RAID device.
RAID Partition
このオプションを選択して、ソフトウェア RAID 用のパーティションを設定します。このオプションは、使用ディスクが RAID パーティションを含んでいない場合に利用可能な唯一の選択です。これは標準のパーティション追加時に出てくるダイアログと 同じものです。使用可能なオプションの説明には、「パーティションを追加する」 を参照して下さい。 ファイルシステムタイプソフトウェア RAID にセットする必要が あることに注意して下さい。
Create a software RAID partition
The create a software RAID partition dialog.
図9.42 Create a software RAID partition

RAID デバイス
このオプションを選択して、2つ、又はそれ以上の既存のソフトウェア RAID パーティションから RAID デバイスを 構築します。このオプションは、2つ、又はそれ以上のソフトウェア RAID パーティションが設定済みである場合に 利用できます。
RAID デバイスを作成する
RAID デバイス作成のダイアログ
図9.43 RAID デバイスを作成する

標準のパーティション用のファイルシステムタイプを選択します。
Anaconda は自動的に RAID デバイス用の名前を提案しますが、ユーザーは手動で md0 から md15 までの名前を選択できます。
個別のストレージデバイス横のチェックボックスをクリックしてそのデバイスをこの RAID に対して 統合したり削除したりします。
RAID レベル とは、特定のタイプの RAID に相当するものです。以下のオプションから選択します:
  • RAID 0 — distributes data across multiple storage devices. Level 0 RAIDs offer increased performance over standard partitions, and can be used to pool the storage of multiple devices into one large virtual device. Note that Level 0 RAIDS offer no redundancy and that the failure of one device in the array destroys the entire array. RAID 0 requires at least two RAID partitions.
  • RAID 1 — mirrors the data on one storage device onto one or more other storage devices. Additional devices in the array provide increasing levels of redundancy. RAID 1 requires at least two RAID partitions.
  • RAID 4 — distributes data across multiple storage devices, but uses one device in the array to store parity information that safeguards the array in case any device within the array fails. Because all parity information is stored on the one device, access to this device creates a bottleneck in the performance of the array. RAID 4 requires at least three RAID partitions.
  • RAID 5 — distributes data and parity information across multiple storage devices. Level 5 RAIDs therefore offer the performance advantages of distributing data across multiple devices, but do not share the performance bottleneck of level 4 RAIDs because the parity information is also distributed through the array. RAID 5 requires at least three RAID partitions.
  • RAID 6 — level 6 RAIDs are similar to level 5 RAIDs, but instead of storing only one set of parity data, they store two sets. RAID 6 requires at least four RAID partitions.
  • RAID 10 — level 10 RAIDs are nested RAIDs or hybrid RAIDs. Level 10 RAIDs are constructed by distributing data over mirrored sets of storage devices. For example, a level 10 RAID constructed from four RAID partitions consists of two pairs of partitions in which one partition mirrors the other. Data is then distributed across both pairs of storage devices, as in a level 0 RAID. RAID 10 requires at least four RAID partitions.

9.14.4. Create LVM Logical Volume

Important — LVM Unavailable in Text-Mode Installations

LVM の初期セットアップはテキストモードインストールでは使用できません。ゼロから LVM 設定を作成するには、Alt+F2 を押して、別の仮想コンソールを起動し、lvm コマンドを実行します。テキストモードインストールに戻るには、Alt+F1 を押します。
LVM(Logical Volume Management) は背後にあるハードドライブや LUN のような物理ストレージ領域について、 簡単な論理表示を提示するものです。物理ストレージ上のパーティションは、ボリュームグループとして 一緒にグループ化されて 物理ボリュームとして表示されます。各ボリュームグループは複数の 論理ボリュームに分割されて、そのそれぞれが普通のディスクパーティションと同機能を持つことになります。 従って、LVM 論理ボリュームは複数の物理ディスクに渡って拡張できるパーティションとして機能するわけです。
To read more about LVM, refer to the Fedora Deployment Guide. Note, LVM is only available in the graphical installation program.
LVM Physical Volume
このオプションを選択してパーティション、又はデバイスを LVM 物理ボリュームとして設定します。 このオプションは、使用するストレージがまだ LVM 物理ボリュームを含んでいない場合に使用できる 唯一の選択です。これは通常のパーティション追加時に出てくるダイアログと同じものです。— 使用可能な オプションの説明には、「パーティションを追加する」 を参照して下さい。ファイルシステムタイプLVM (physical volume )にセットされる必要があることに注意して下さい。
Create an LVM Physical Volume
The Create an LVM Physical Volume dialog.
図9.44 Create an LVM Physical Volume

LVM ボリュームグループの作成
このオプションを選択して、利用可能な LVM 物理ボリュームから LVM ボリュームグループの作成をするか、又は ボリュームグループに既存の論理ボリュームを追加します。
Make LVM Volume Group
The Make LVM Volume Group dialog.
図9.45 Make LVM Volume Group

To assign one or more physical volumes to a volume group, first name the volume group. Then select the physical volumes to be used in the volume group. Finally, configure logical volumes on any volume groups using the Add, Edit and Delete options.
You may not remove a physical volume from a volume group if doing so would leave insufficient space for that group's logical volumes. Take for example a volume group made up of two 5 GB LVM physical volume partitions, which contains an 8 GB logical volume. The installer would not allow you to remove either of the component physical volumes, since that would leave only 5 GB in the group for an 8 GB logical volume. If you reduce the total size of any logical volumes appropriately, you may then remove a physical volume from the volume group. In the example, reducing the size of the logical volume to 4 GB would allow you to remove one of the 5 GB physical volumes.
論理ボリュームの作成
このオプションを選択して、LVM 論理ボリュームの作成をします。通常のディスクパーティションのように マウントポイント、ファイルシステムタイプ、 及びサイズ(MB)を選択します。この論理ボリュームの名前を 選択してそれに所属するボリュームグループの指定もできます。
Make Logical Volume
The Make Logical Volume dialog.
図9.46 Make Logical Volume

9.14.5. Recommended Partitioning Scheme

9.14.5.1. x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステム

特に他の必要がない限り、x86, AMD64, 及び Intel 64 のシステムには 以下のようなパーティションを作成することをお薦めします。
  • swap パーティション
  • /boot パーティション
  • / パーティション
  • A /home partition
  • swap パーティション (少なくとも 256 MB 必要) — swap パーティションは仮想メモリのサポートに使用されます。つまり、システムが処理しているデータを格納する RAM が不足した場合にデータは swap パーティションに書き込まれます。
    In years past, the recommended amount of swap space increased linearly with the amount of RAM in the system. But because the amount of memory in modern systems has increased into the hundreds of gigabytes, it is now recognized that the amount of swap space that a system needs is a function of the memory workload running on that system.
    Swap space is usually designated during installation, but determining the memory workload of a system at this point can be difficult. During a kickstart installation, you can request that the amount of swap space be set automatically (refer to 「Kickstart Options」.
    However, this setting is not precisely calibrated for your system, so use the following table if you require the amount of swap space to be set more precisely.
    表9.2 推奨のシステムスワップ領域
    システム内の RAM のサイズ スワップ領域の推奨サイズ
    4GB 又はそれ以下の RAM 最低 2GB のスワップ領域
    4GB から 16GB までの RAM 最低 4GB のスワップ領域
    16GB から 64GB までの RAM 最低 8GB のスワップ領域
    64GB から 256GB までの RAM 最低 16GB のスワップ領域
    256GB から 512GB までの RAM 最低 32GB のスワップ領域

    複数のストレージデバイス上にスワップ領域を分散することでより良いパフォーマンスが 得られることに注意して下さい。特に高速のドライブ、コントローラ、及びインターフェイスを持つ システム上でその効果があります。
  • A /boot/ partition (250 MB)
    The partition mounted on /boot/ contains the operating system kernel (which allows your system to boot Fedora), along with files used during the bootstrap process. For most users, a 250 MB boot partition is sufficient.

    Important — Supported file systems

    The GRUB bootloader in Fedora 17 supports only the ext2, ext3, and ext4 (recommended) file systems. You cannot use any other file system for /boot, such as Btrfs, XFS, or VFAT.

    注記

    ハードドライブが 1024 シリンダ以上の場合 (また、 システムの製造年が 2 年以上前になる場合)、 / (root) パーティションにハードドライブに残っている領域すべてを適用させたい場合には /boot/ パーティションの作成が必要になるかもしれません。

    注記

    RAID カードがある場合、 いくつかの BIOS は RAID カードからの起動に対応していない場合があるので注意してください。 このような場合、 /boot/ パーティションを別のハードドライブなど RAID アレイの外側にあるパーティションに作成する必要があります。
  • A root partition (3.0 GB - 5.0 GB)
    ここに 「/」 (root ディレクトリ)があります。この設定では、すべてのファイルが (/boot に 保存されるファイルを除く) root パーティションにあります。
    3.0 GB のパーティションでは最小のインストールしかできません。5.0 GB の root パーティションならフルインストールしてすべてのパッケージグループを選択することができます。

    Root と /root

    The / (or root) partition is the top of the directory structure. The /root directory/root (sometimes pronounced "slash-root") directory is the home directory of the user account for system administration.
  • A home partition (at least 100 MB)
    To store user data separately from system data, create a dedicated partition within a volume group for the /home directory. This will enable you to upgrade or reinstall Fedora without erasing user data files.
Many systems have more partitions than the minimum listed above. Choose partitions based on your particular system needs. Refer to 「パーティション設定に関するアドバイス」 for more information.
1つの大きな / パーティションではなく、 多くのパーティションを作成すると、アップグレードが楽になります。詳細情報は 「カスタムレイアウトの作成、又はデフォルトレイアウトの変更」 内の Edit オプションの説明参照して下さい。
以下の表は、一覧表示されたディレクトリを含んでいるパーティション用の 最低限サイズをまとめています。これらの各ディレクトリのために個別の パーティションを作る必要はありません。 例えば、/foo を含んでいる パーティションが最低でも 500 MB でなければならず、個別の /foo パーティションを作成しない場合は、代わりに / (root) パーティションが最低でも 500 MB とすれば良いわけです。
表9.3 パーティション最小サイズ
ディレクトリ 最低限サイズ
/ 250 MB
/usr 250 MB、しかしこれを別のパーティションに配置することは避けます。
/tmp 50 MB
/var 384 MB
/home 100 MB
/boot 250 MB

余分な容量は割り当てなしのまま残します

すぐに必要となるパーティションのみにストレージ容量を割り当てるようにします。そうすると、発生するニーズに応じて後でいつでも空きスペースを割り当てることができます。ストレージ管理の柔軟な処理法について学ぶには、付録D LVM を理解する を参照して下さい。
自分のコンピュータ用に最適なパーティション設定が不明な場合は、デフォルトの パーティションレイアウトを採用して下さい。
9.14.5.1.1. パーティション設定に関するアドバイス
オプションのパーティションセットアップは、関係する Linux システムの使用により 異なります。以下のヒントがディスク領域の割り当て方の決定をお手伝いできるでしょう。
  • 内密のデータを格納する可能性のあるパーティションには暗号化を考慮して下さい。 暗号化は、権限の無い人々が物理的にストレージデバイスにアクセスできる場合でも パーティション上のデータにアクセスすることを阻止します。ほとんどの場合、 少なくとも /home パーティションは暗号化すべきです。
  • システムにインストールされている各カーネルはおよそ 10 MB を /boot パーティション上に必要とします。 多数のカーネルをインストールする予定ではない場合、/boot にはデフォルトパーティションサイズである 250 MB で十分でしょう。

    Important — Supported file systems

    The GRUB bootloader in Fedora 17 supports only the ext2, ext3, and ext4 (recommended) file systems. You cannot use any other file system for /boot, such as Btrfs, XFS, or VFAT.
  • /var ディレクトリは、Apache web サーバーなどの多くのアプリケーション用のコンテンツを収納します。 また、ダウンロードされた更新パッケージの一時的な保存にも使用されます。/var を納めるパーティションが更新用のダウンロードと 他のコンテンツの収納のために十分な領域を持っていることを確認して下さい。

    Warning

    PackageKit 更新ソフトウェアは、更新済みのパッケージを デフォルトで /var/cache/yum/ にダウンロードします。パーティションを手動で設定する場合、独立した /var/ パーティションを作成して、そのパーティションがパッケージ更新のダウンロードの為に充分な容量 (3.0 GB 以上) になるようにして下さい。
  • /usr ディレクトリは Fedora システムのソフトウェアコンテンツのほとんどを収納します。ソフトウェアのデフォルトセットの インストール用に最低でも 4 GB の領域を割り当てます。ソフトウェア開発者の場合や、ソフトウェア開発の 技能を学ぶために Red Hat Enterprise Linux システムを使用する意図である場合は、最低でも2 倍の 割り当てを与えるのが良いでしょう。

    Do not place /usr on a separate file system

    If /usr is on a separate file system from /, the boot process becomes much more complex because /usr contains boot-critical components. In some situations (like installations on iSCSI drives), the boot process might not work at all.
  • LVM ボリュームグループには割り当てのない部分を残すことを考慮して下さい。 領域要求条件が変化した時にストレージを再割り当てするために 他のパーティションからデータを削除したくない場合に、この未割り当ての領域が 柔軟性を与えてくれます。
  • サブディレクトリをパーティションに分離すると、現在のシステムの上に新規バージョンの Fedora をインストールする決定をした場合に、コンテンツをそれらの サブディレクトリに残すことができます。例えば、/var/lib/mysql 内で MySQL データベースを実行するつもりであれば、後日に再インストールする必要がある状況の為にそのディレクトリ用に個別のパーティションを作成するわけです。
  • If you are creating a custom partition layout on a non-EFI x86 system, you are strongly advised to create a separate, 1MB BIOS boot partition. This is only recommended on the disk you are installing the bootloader on and if any of the following conditions apply:
    • The disk contains a GPT partition table.
    • The installer has already initialized the disk for you.
    • You selected Use All Space in the Disk Partitioning Setup.
    This boot partition will be used by the GRUB boot loader for storage.
以下の表は、単独の 80 GB の新規ハードディスクと 1 GB の RAM を持つシステムで 可能なパーティション設定を示します。ボリュームグループの内、およそ 10 GB は 将来の拡張を受け付けるために未割り当てになっていることに注意して下さい。

使用法の例

このセットアップは全ての使用状況用のオプションではありません。
例9.1 パーティション設定の例
表9.4 パーティション設定の例
パーティション サイズとタイプ
/boot 250 MB ext3 パーティション
swap 2 GB スワップ
LVM 物理ボリューム 残りの領域、LVM ボリュームグループの1つとして

物理ボリュームはデフォルトのボリュームグループに割り当てられて、以下のような 論理ボリュームに分割されています:
表9.5 パーティション設定の例: LVM 物理ボリューム
パーティション サイズとタイプ
/ 13 GB ext4
/var 4 GB ext4
/home 50 GB ext4


9.15. Write changes to disk

インストーラーは選択したパーティション分割オプションの確認を促します。変更をディスクに書き込むをクリックしてインストーラーにハードドライブのパーティション分割をし、Fedora をインストールすることを許可します。
ストレージ設定をディスクに書き込む
The Writing storage configuration to disk dialog box lets you choose to Write changes to disk or to Go back.
図9.47 ストレージ設定をディスクに書き込む

If you are certain that you want to proceed, click Write changes to disk.

Last chance to cancel safely

インストール処理のこの時点まで、インストーラーはコンピューターに対して後に残る変更は行っていません。変更をディスクに書き込むをクリックしたら、インストーラーはハードドライブに領域を割り当て、この領域への Fedora の転送を始めます。選択したパーティション分割オプションによっては、この処理はコンピューター上にあるデータの消去を含みます。
To revise any of the choices that you made up to this point, click Go back. To cancel installation completely, switch off your computer. To switch off most computers at this stage, press the power button and hold it down for a few seconds.
変更をディスクに書き込むをクリックしたら、インストール処理が完了するまで放置します。もし処理が中断されたら (例えば、コンピューターの電源を切った、リセットした、停電した)、Fedoraのインストール処理を再開して完了するか、他のオペレーティングシステムをインストールするまで、おそらくコンピューターは使用できません。

9.16. x86、 AMD64、及び Intel 64 のブートローダ設定

To boot the system without boot media, you usually need to install a boot loader. A boot loader is the first software program that runs when a computer starts. It is responsible for loading and transferring control to the operating system kernel software. The kernel, in turn, initializes the rest of the operating system.

Installing in text mode

If you install Fedora in text mode, the installer configures the bootloader automatically and you cannot customize bootloader settings during the installation process.
GRUB (GRand Unified Bootloader), which is installed by default, is a very powerful boot loader. GRUB can load a variety of free operating systems, as well as proprietary operating systems with chain-loading (the mechanism for loading unsupported operating systems, such as Windows, by loading another boot loader). Note that Fedora 17 uses GRUB 2. GRUB Legacy is no longer actively developed.[4]

GRUB ブートメニュー

GRUB メニューは、デュアルブートシステム以外ではデフォルトで隠れたままです。システム ブート中に GRUB メニューを表示するには、カーネルがロードされる前に Shift キーを 押しつづけます。(他のキーも機能する可能性がありますが、Shift キーの使用が 一番安全です)
Boot Loader Configuration
Configure how you would like to boot the system.
図9.48 Boot Loader Configuration

コンピューターに他のオペレーティングシステムがないか、他のオペレーティングシステムを完全に削除しているのならば、インストールプログラムは何の介入もなく、GRUB をブートローダとしてインストールします。この場合、「パッケージグループの選択」 へと続けてください。
You may have a boot loader installed on your system already. An operating system may install its own preferred boot loader, or you may have installed a third-party boot loader. If your boot loader does not recognize Linux partitions, you may not be able to boot Fedora. Use GRUB as your boot loader to boot Linux and most other operating systems. Follow the directions in this chapter to install GRUB.

Installing GRUB

GRUB をインストールすると、既存のブートローダを上書きすることになります。
デフォルトでは、インストールプログラムは GRUB を root ファイルシステム用のデバイスの マスターブートレコード(MBR)にインストールします。新規のブートローダの インストールを拒否するには、「/dev/sda へブートローダをインストール」を 選択解除します。

Warning

If you choose not to install GRUB for any reason, you will not be able to boot the system directly, and you must use another boot method (such as a commercial boot loader application). Use this option only if you are sure you have another way of booting the system!
他のオペレーティングシステムを既にインストール済ならば、Fedora は自動的に検出し、GRUB にこれらを起動するように設定しようとします。GRUB が検出しなかった追加のオペレーティングシステムを手操作で設定することができます。
To add, remove, or change the detected operating system settings, use the options provided.
Add
Select Add to include an additional operating system in GRUB.
Select the disk partition which contains the bootable operating system from the drop-down list and give the entry a label. GRUB displays this label in its boot menu.
編集
To change an entry in the GRUB boot menu, select the entry and then select Edit.
削除
To remove an entry from the GRUB boot menu, select the entry and then select Delete.
Select Default beside the preferred boot partition to choose your default bootable OS. You cannot move forward in the installation unless you choose a default boot image.

Note

The Label column lists what you must enter at the boot prompt, in non-graphical boot loaders, in order to boot the desired operating system.
Once you have loaded the GRUB boot screen, use the arrow keys to choose a boot label or type e for edit. You are presented with a list of items in the configuration file for the boot label you have selected.
Boot loader passwords provide a security mechanism in an environment where physical access to your server is available.
ブートローダをインストールする場合、システムを保護するためにパスワードを設定した方がよいでしょう。ブートローダのパスワードがないと、そのシステムにアクセス可能なユーザーがシステムのセキュリティを侵害する恐れのあるオプションをカーネルに渡すことができることになります。ブートローダのパスワードを設定すると、まずパスワードが入力されてからでないと標準以外のブートオプションを選択することができなくなります。しかし、物理的にマシンにアクセスできる人ならば BIOS が対応していればフロッピーディスク、CD-ROM、または USB メディアから起動することができてしまいます。ブートローダのパスワードを含めてセキュリティプランは代替となる起動手段にも対処する必要があります。

GRUB パスワードは不要

You may not require a GRUB password if your system only has trusted operators, or is physically secured with controlled console access. However, if an untrusted person can get physical access to your computer's keyboard and monitor, that person can reboot the system and access GRUB. A password is helpful in this case.
If you choose to use a boot loader password to enhance your system security, be sure to select the checkbox labeled Use a boot loader password.
Once selected, enter a password and confirm it.
Whenever you are required to enter this password, you will also be asked for a username, which is root.
GRUB stores the password in encrypted form, so it cannot be read or recovered. If you forget the boot password, boot the system normally and then change the password entry in the /etc/grub.d/00_header file. Then, run grub2-mkconfig with root privileges to update the grub.cfg file with your updated password. If you cannot boot, you may be able to use the rescue mode on the Fedora installation DVD to reset the GRUB password.
You can later change the username in the /etc/grub.d/01_users file.

GRUB は QWERTY キーボードレイアウトのみを認識します。

GRUB パスワードを選択する時点では、GRUB がシステムに接続してあるキーボードに 関係無く、QWERTY キーボードレイアウトのみを認識することに注意して下さい。 かなり異なるレイアウトのキーボードを使用している場合は、キーストロークが生み出す 単語よりもそのキーストロークのパターンを記憶することが効果的だと言えます。
To configure more advanced boot loader options, such as changing the drive order or passing options to the kernel, be sure Configure advanced boot loader options is selected before clicking Next.

9.16.1. Advanced Boot Loader Configuration

Now that you have chosen which boot loader to install, you can also determine where you want the boot loader to be installed. You may install the boot loader in one of two places:
  • The master boot record (MBR) — This is the recommended place to install a boot loader, unless the MBR already starts another operating system loader, such as System Commander. The MBR is a special area on your hard drive that is automatically loaded by your computer's BIOS, and is the earliest point at which the boot loader can take control of the boot process. If you install it in the MBR, when your machine boots, GRUB presents a boot prompt. You can then boot Fedora or any other operating system that you have configured the boot loader to boot.
  • The first sector of your boot partition — This is recommended if you are already using another boot loader on your system. In this case, your other boot loader takes control first. You can then configure that boot loader to start GRUB, which then boots Fedora.

    2番目のブートローダとしての GRUB

    GRUB を2番目のブートローダとして使用する場合には、新規のカーネルをインストールしてそこからブートする時に使用する1番目のブートローダを再設定する必要があります。Microsoft Windows などのオペレーティング システムのカーネルは同じスタイルでブートしません。そのため、デュアルブートシステム上では ほとんどのユーザーは GRUB を 1番目のブートローダとして使用します。
Boot Loader Installation
Choose where to install a boot loader and how to configure it.
図9.49 Boot Loader Installation

Note

If you have a RAID card, be aware that some BIOSes do not support booting from the RAID card. In cases such as these, the boot loader should not be installed on the MBR of the RAID array. Rather, the boot loader should be installed on the MBR of the same drive as the /boot/ partition was created.
If your system only uses Fedora, you should choose the MBR.
Click the Change Drive Order button if you would like to rearrange the drive order or if your BIOS does not return the correct drive order. Changing the drive order may be useful if you have multiple SCSI adapters, or both SCSI and IDE adapters, and you want to boot from the SCSI device.

If installing from USB, ensure boot loader is installed to hard drive

If you are installing Fedora from a USB, the boot loader will by default be installed to the MBR on the USB rather than the MBR on the hard drive. This will prevent the system booting once the installation is complete. To avoid this, select Change Device and reverse the order of the BIOS drives. /dev/sda is typically the hard drive and should be first in the BIOS Drive Order.

Note

While partitioning your hard drive, keep in mind that the BIOS in some older systems cannot access more than the first 1024 cylinders on a hard drive. If this is the case, leave enough room for the /boot Linux partition on the first 1024 cylinders of your hard drive to boot Linux. The other Linux partitions can be after cylinder 1024.
In parted, 1024 cylinders equals 528MB. For more information, refer to:
http://www.pcguide.com/ref/hdd/bios/sizeMB504-c.html

9.16.2. Rescue Mode

Rescue mode provides the ability to boot a small Fedora environment entirely from boot media or some other boot method instead of the system's hard drive. There may be times when you are unable to get Fedora running completely enough to access files on your system's hard drive. Using rescue mode, you can access the files stored on your system's hard drive, even if you cannot actually run Fedora from that hard drive. If you need to use rescue mode, try the following method:
  • CD、DVD、USB、あるいは PXE などのインストールメディアから x86、AMD64、又は Intel 64 のシステムをブートしてから、インストールブートプロンプトで linux rescue と 入力します。レスキューモードの完全な説明には 19章Basic System Recovery を参照して下さい。
For additional information, refer to the Fedora Deployment Guide.

9.16.3. Alternative Boot Loaders

GRUB is the default bootloader for Fedora, but is not the only choice. A variety of open-source and proprietary alternatives to GRUB are available to load Fedora, including LILO, SYSLINUX, and Acronis Disk Director Suite.

Important

The Fedora Project does not support third-party boot loaders.

9.17. パッケージグループの選択

Now that you have made most of the choices for your installation, you are ready to confirm the default package selection or customize packages for your system.
The Package Installation Defaults screen appears and details the default package set for your Fedora installation. This screen varies depending on the version of Fedora you are installing.

Installing in text mode

If you install Fedora in text mode, you cannot make package selections. The installer automatically selects packages only from the base and core groups. These packages are sufficient to ensure that the system is operational at the end of the installation process, ready to install updates and new packages. To change the package selection, complete the installation, then use the Add/Remove Software application to make desired changes.
Package Group Selection
どのパッケージグループをインストールするか選択してください。
図9.50 Package Group Selection

By default, the Fedora installation process loads a selection of software that is suitable for a system deployed as a basic server. Note that this installation does not include a graphical environment. To include a selection of software suitable for other roles, click the radio button that corresponds to one of the following options:
Graphical Desktop
このオプションは OpenOffice.org 生産性スイート、 GIMP などのグラフィカルツール群、及びマルチメディアの アプリケーションを提供します。
ソフトウェア開発
このオプションでは Fedora システム上でソフトウェアをコンパイルするために必要なツールを提供します。
Web サーバー
このオプションは Apache ウェブサーバーを提供します。
最低限
This option provides only the packages essential to run Fedora. A minimal installation provides the basis for a single-purpose server or desktop appliance and maximizes performance and security on such an installation.
現在のパッケージリストの受理を選択する場合は、「Installing Packages」 に進んで下さい。
コンポーネントを選択するには、その横のチェックボックスをクリックします。(図9.50「Package Group Selection」 参照)
パッケージセットを更にカスタマイズするには、画面上で いますぐカスタマイズ オプションを選択します。 をクリックすると、パッケージグループの選択 画面に移動します。

9.17.1. Installing from Additional Repositories

You can define additional repositories to increase the software available to your system during installation. A repository is a network location that stores software packages along with metadata that describes them. Many of the software packages used in Fedora require other software to be installed. The installer uses the metadata to ensure that these requirements are met for every piece of software you select for installation.
基本オプションには以下が含まれます:
  • The Installation Repo repository is automatically selected for you. This represents the collection of software available on your installation CD or DVD.
  • The Fedora 17 - i386 repository contains the complete collection of software that was released as Fedora 17, with the various pieces of software in their versions that were current at the time of release. If you are installing from the Fedora 17 DVD or set of CDs, this option does not offer you anything extra. However, if you are installing from a Fedora Live CD, this option provides access to far more software than is included on the disk. Note that the computer must have access to the internet to use this option.
  • The Fedora 17 - i386 - Updates repository contains the complete collection of software that was released as Fedora 17, with the various pieces of software in their most current stable versions. This option not only installs the software that you select, but makes sure that it is fully updated as well. Note that the computer must have access to the internet to use this option.
For more information about clustering with Fedora 17, refer to the Fedora 17 Cluster Suite Overview, available from https://access.redhat.com/knowledge/docs/manuals/.
Adding a software repository
追加のソフトウェアレポジトリの詳細を記入
図9.51 Adding a software repository

To include software from extra repositories, select Add additional software repositories and provide the location of the repository.
To edit an existing software repository location, select the repository in the list and then select Modify repository.

Network Access Required

If you change the repository information during a non-network installation, such as from a Fedora DVD, the installer prompts you for network configuration information.
If you change the repository information during a non-network installation, such as from a Fedora DVD, the installer prompts you for network configuration information.
Select network interface
The Select network interface dialog.
図9.52 Select network interface

  1. Select an interface from the drop-down menu.
  2. Click OK.
Anaconda activates the interface that you selected, then starts NetworkManager to allow you to configure the interface.
ネットワークの接続
ネットワーク接続を設定
図9.53 ネットワークの接続

For details of how to use NetworkManager, refer to 「ホスト名の設定」
If you select Add additional software repositories, the Edit repository dialog appears. Provide a Repository name and the Repository URL for its location.

Fedora Software Mirrors

To find a Fedora software mirror near you, refer to http://mirrors.fedoraproject.org/publiclist/.
Once you have located a mirror, to determine the URL to use, find the directory on the mirror that contains a directory named repodata.
Once you provide information for an additional repository, the installer reads the package metadata over the network. Software that is specially marked is then included in the package group selection system.

Backtracking Removes Repository Metadata

If you choose Back from the package selection screen, any extra repository data you may have entered is lost. This allows you to effectively cancel extra repositories. Currently there is no way to cancel only a single repository once entered.

9.17.2. Customizing the Software Selection

追加の言語サポート

Your Fedora system automatically supports the language that you selected at the start of the installation process. To include support for additional languages, select the package group for those languages from the Languages category.
今すぐカスタマイズ を選択して、使用中の最終システム用のソフトウェアパッケージを 詳細に指定します。このオプションにより 「次」 が選択された時点でインストールプロセスが 追加のカスタマイズ画面を表示するようになります。
Package Group Details
Choose to add or remove optional packages from this package group.
図9.54 Package Group Details

Fedora は収録するソフトウェアを パッケージグループに分けています。使いやすいようにパッケージ選択画面ではこれらのグループをカテゴリーとして表示しています。
You can select package groups, which group components together according to function (for example, X Window System and Editors), individual packages, or a combination of the two.
あるカテゴリーのパッケージグループを表示するには、左側の一覧からその カテゴリーを選択します。右側の一覧は、現在選択してあるカテゴリーの パッケージグループを表示します。
インストール用にパッケージグループを指定するには、そのグループ横のチェックボックスを選択します。画面底辺の ボックスは現在強調表示されているパッケージグループの詳細を表示します。グループのチェックボックスが 選択されていないと、そのグループからのパッケージはどれもインストールされません。
If you select a package group, Fedora automatically installs the base and mandatory packages for that group. To change which optional packages within a selected group will be installed, select the Optional Packages button under the description of the group. Then use the check box next to an individual package name to change its selection.
右側にあるパッケージ選択一覧内では、コンテキストメニューをショートカットとして 使用してベース及び必須のパッケージ、又は全てのオプションパッケージを選択/選択解除 することができます。
パッケージの選択一覧のコンテキストメニュー
このコンテキストメニューによりパッケージの選択又は選択解除ができるようになり、 グループ内の全てのオプションパッケージも選択、又は選択解除ができるようになります。
図9.55 パッケージの選択一覧のコンテキストメニュー

目的とするパッケージの選択が終わったら、 を選択して進みます。インストーラは選択をチェックし、選択したソフトウェアを使うのに必要な追加のパッケージを自動的に追加します。パッケージの選択が終わったら、閉じる をクリックしてオプションパッケージ選択を保存し、メインのパッケージ選択画面に戻ります。
The packages that you select are not permanent. After you boot your system, use the Add/Remove Software tool to either install new software or remove installed packages. To run this tool, from the main menu, select SystemAdministrationAdd/Remove Software. The Fedora software management system downloads the latest packages from network servers, rather than using those on the installation discs.

9.17.2.1. 中核ネットワークサービス

All Fedora installations include the following network services:
  • syslog を介した中央化したロギング
  • SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) を介した電子メール
  • NFS (Network File System) を介したネットワークファイル共有
  • SSH (Secure SHell) を介したリモートアクセス
  • mDNS (multicast DNS) を介したリソース広報
デフォルトのインストールは以下も提供します:
  • HTTP (HyperText Transfer Protocol) を介したネットワークファイル転送
  • CUPS (Common UNIX Printing System) を介した印刷
  • VNC (Virtual Network Computing) を介したリモートデスクトップアクセス
Some automated processes on your Fedora system use the email service to send reports and messages to the system administrator. By default, the email, logging, and printing services do not accept connections from other systems. Fedora installs the NFS sharing, HTTP, and VNC components without enabling those services.
You may configure your Fedora system after installation to offer email, file sharing, logging, printing and remote desktop access services. The SSH service is enabled by default. You may use NFS to access files on other systems without enabling the NFS sharing service.

9.18. Installing Packages

この段階では、すべてのパッケージがインストールされるまで、他に操作することはありません。パッケージのインストールに要する時間は選択しているパッケージの数やコンピュータの速度により異なります。
利用可能なリソースに応じて、インストール用に選択したパッケージの依存関係を インストーラが解決する間に以下のような進捗バーが表示されます。
インストールの開始
インストール進捗バーの開始
図9.56 インストールの開始

Fedora reports the installation progress on the screen as it writes the selected packages to your system.
パッケージの完了
パッケージ完了の進捗バー
図9.57 パッケージの完了

インストールの完全なログはシステムの再起動後に参照用に /root/install.log で見ることができます。
インストールが完了したら、再起動を選択してコンピューターを再起動してください。Fedora はコンピューターを再起動する前に装填されている全てのディスクを取り出します。

9.19. Installation Complete

おめでとうございます。Fedora のインストールが完了しました。
The installation program prompts you to prepare your system for reboot. Remember to remove any installation media if it is not ejected automatically upon reboot.
After your computer's normal power-up sequence has completed, Fedora loads and starts. By default, the start process is hidden behind a graphical screen that displays a progress bar. Eventually, a login: prompt or a GUI login screen (if you installed the X Window System and chose to start X automatically) appears.
The first time you start your Fedora system in run level 5 (the graphical run level), the FirstBoot tool appears, which guides you through the Fedora configuration. Using this tool, you can set your system time and date, install software, configure your machine to receive software updates, and more. FirstBoot lets you configure your environment at the beginning, so that you can get started using your Fedora system quickly.


[2] root パスワードとは、Red Hat Enterprise Linux システムの管理用パスワードです。システム管理に必要な時にのみ root としてログインすることをお勧めします。root アカウントは通常のユーザーアカウントに課された制約を受けないため、root として行う変更は使用しているシステム全体に影響を及ぼす可能性があります。
[3] The fsck application is used to check the file system for metadata consistency and optionally repair one or more Linux file systems.

第10章 Intel 又は AMD システム上のインストールのトラブルシューティング

このセクションでは一般的なインストールの問題とその対策について説明しています。
デバッギングの目的で、anaconda はインストール アクションを /tmp ディレクトリ内のファイルにログします。 これらのファイルは以下のものがあります:
/tmp/anaconda.log
全般的な anaconda のメッセージ
/tmp/program.log
anaconda で実行される全ての外部プログラム
/tmp/storage.log
総括的なストレージモジュールの情報
/tmp/yum.log
yum パッケージインストールのメッセージ
/tmp/syslog
ハードウェア関連のシステムメッセージ
If the installation fails, the messages from these files are consolidated into /tmp/anaconda-tb-identifier, where identifier is a random string.
All of the files above reside in the installer's ramdisk and are thus volatile. To make a permanent copy, copy those files to another system on the network using scp on the installation image (not the other way round).

10.1. You are unable to boot Fedora

10.1.1. Are You Unable to Boot With Your RAID Card?

If you have performed an installation and cannot boot your system properly, you may need to reinstall and create your partitions differently.
Some BIOSes do not support booting from RAID cards. At the end of an installation, a text-based screen showing the boot loader prompt (for example, GRUB: ) and a flashing cursor may be all that appears. If this is the case, you must repartition your system.
Whether you choose automatic or manual partitioning, you must install your /boot partition outside of the RAID array, such as on a separate hard drive. An internal hard drive is necessary to use for partition creation with problematic RAID cards.
You must also install your preferred boot loader (GRUB or LILO) on the MBR of a drive that is outside of the RAID array. This should be the same drive that hosts the /boot/ partition.
Once these changes have been made, you should be able to finish your installation and boot the system properly.

10.1.2. Is Your System Displaying Signal 11 Errors?

A signal 11 error, commonly known as a segmentation fault, means that the program accessed a memory location that was not assigned to it. A signal 11 error may be due to a bug in one of the software programs that is installed, or faulty hardware.
If you receive a fatal signal 11 error during your installation, it is probably due to a hardware error in memory on your system's bus. Like other operating systems, Fedora places its own demands on your system's hardware. Some of this hardware may not be able to meet those demands, even if they work properly under another OS.
最新のインストール更新とイメージを持っていることを確認して下さい。オンライン errata で新しいバージョンが入手できるかどうか調べて下さい。最新の イメージを使用してもまだ失敗する場合は、それはハードウェアの問題かも知れません。 一般的にはこれらのエラーは メモリーか CPU キャッシュの中にあるものです。システムがサポートする場合は、 BIOS 内で CPU キャッシュをオフにするとこのエラーが 解決することもあります。またマザーボードスロット内のメモリーを入れ換えて、問題がスロットか、 メモリーにあるのか確認することも試してみて下さい。
Another option is to perform a media check on your installation DVD. Anaconda, the installation program, has the ability to test the integrity of the installation media. It works with the DVD, hard drive ISO, and NFS ISO installation methods. The Fedora Project recommends that you test all installation media before starting the installation process, and before reporting any installation-related bugs (many of the bugs reported are actually due to improperly-burned DVDs). To use this test, type the following command at the boot: or yaboot: prompt:
	linux mediacheck
For more information concerning signal 11 errors, refer to:
	http://www.bitwizard.nl/sig11/

10.2. Trouble Beginning the Installation

10.2.1. グラフィカルインストールへの起動問題

グラフィカルなインストールプログラムでの起動に問題を持つビデオカードが一部存在します。インストールプログラムがそのデフォルト設定を使って実行できない場合、低い解像度モードで実行しようとします。それでも実行に失敗する場合は、テキストモードでの実行を試行します。
可能性のある解決案の1つは インストール中に基本ビデオドライバーのみを使用することです。 これはブートメニューで Install system with basic video driver を 選択するか、又はブートプロンプトで xdriver=vesaブートオプションを使用することで達成できます。別の方法としては、resolution= ブートオプションでインストーラを強制的に特定の解像度を使用させることも可能です。このオプションは、ラップトップ使用者にとって最も役に立つかもしれません。もう1つ試すべきことは driver= オプションを使用してビデオカードの為にロードできるドライバーを指定することです。これが機能する場合、インストーラがこのビデオカードを自動検出するのに失敗したことを意味しますので、バグを報告すべきです。ブートオプションに関する詳細情報は 11章ブートオプション を参照して下さい。

Note

フレームバッファサポートを無効にして、インストールプログラムがテキストモードで 実行するようにするには、nofb ブートオプションを 使用してみて下さい。このコマンドは一部の画面読み込みハードウェアのアクセスに必要かも 知れません。

10.3. インストール中の問題

10.3.1. No devices found to install Fedora Error Message

If you receive an error message stating No devices found to install Fedora, there is probably a SCSI controller that is not being recognized by the installation program.

10.3.2. トレースバックメッセージを保存

グラフィカルインストールプロセス中に anaconda が エラーに遭遇した場合は、クラッシュレポートのダイアログボックスを提示します:
クラッシュレポートのダイアログボックス
未処理の例外が発生しました。これはバグの可能性があります。例外の 詳細のコピーを保存して https://bugzilla.redhat.com/bugzilla/ で anaconda に 関するバグレポートを報告して下さい。
図10.1 クラッシュレポートのダイアログボックス

Debug
エラーの詳細を表示:
クラッシュの詳細
クラッシュの詳細:python トレースバックの表示
図10.2 クラッシュの詳細

保存
エラーの詳細をローカルで、又はリモートで保存:
Exit
インストールプロセスを終了
主要ダイアログから 保存する を選択した場合、 以下のオプションから選択することができます:
Report destination
Possible destinations for the error report: Red Hat Global Support, Red Hat Global Support (FTP), ftp, local, scp, Cancel.
図10.3 Report destination

Red Hat Global Support
helps you to create a new support case for the issue that you encountered, or to append the details of the issue to an existing support case. Click Create Case or Attach to Existing Case as appropriate, or click Cancel to abandon sending details of the incident to Red Hat Global Support.
Open or Update a case with Red Hat Global Support
Red Hat Global Support selected, with options to Create Case, Attach to Existing Case, or Cancel.
図10.4 Open or Update a case with Red Hat Global Support

Red Hat Global Support (FTP)
automatically saves details of the error to a location within Red Hat Global Support using FTP.
Save Crash Report to Red Hat Global Support (FTP)
Red Hat Global Support (FTP) selected, displaying location to which the report was uploaded.
図10.5 Save Crash Report to Red Hat Global Support (FTP)

ftp
saves details of the error to a remote directory using FTP.
クラッシュレポートをリモートサーバーに保存
ftp selected, displaying the field for the URL of the destination directory.
図10.6 クラッシュレポートをリモートサーバーに保存

local
saves details of the error to the local hard drive, in a directory that you select:
クラッシュレポートをローカルディスクに保存します
Local disk selected, the field for the location in which to store the error report.
図10.7 クラッシュレポートをローカルディスクに保存します

scp
saves details of the error to a remote host using SCP.
クラッシュレポートをリモートサーバーに保存
scp selected, displaying the field for the address of the destination host.
図10.8 クラッシュレポートをリモートサーバーに保存

Cancel
cancels saving the error report.

10.3.3. パーティションテーブルに関する問題

インストールの ディスクパーティション設定 (「Disk Partitioning Setup」) の段階の後に次のような 内容のエラーが出た場合
The partition table on device hda was unreadable. To create new partitions it must be initialized, causing the loss of ALL DATA on this drive.
そのドライブにはパーティションテーブルが無い、あるいはそのドライブにあるパーティションテーブルはインストールプログラムで使用しているパーティションのソフトウェアで認識できないのかもしれません。
Users who have used programs such as EZ-BIOS have experienced similar problems, causing data to be lost (assuming the data was not backed up before the installation began) that could not be recovered.
実行しているインストールのタイプに関係なく、システム上の既存データのバックアップは必ず作成してください。

10.3.4. Using Remaining Space

You have a swap and a / (root) partition created, and you have selected the root partition to use the remaining space, but it does not fill the hard drive.
If your hard drive is more than 1024 cylinders, you must create a /boot partition if you want the / (root) partition to use all of the remaining space on your hard drive.

10.3.5. Other Partitioning Problems

手動でパーティションを作成している時、次の画面へ移動できない場合は、恐らくインストールを 継続するのに必要なパーティションをすべて作成していないことが考えられます。
最低必要条件として次のパーティションがあることを確認してください。
  • / (root) パーティション
  • A <swap> partition of type swap

Note

When defining a partition's type as swap, do not assign it a mount point. Anaconda automatically assigns the mount point for you.

10.4. Problems After Installation

10.4.1. Trouble With the Graphical GRUB Screen on an x86-based System?

If you are experiencing problems with GRUB, you may need to disable the graphical boot screen. To do this, temporarily alter the setting at boot time before changing it permanently.
At boot time, press Esc to reach the GRUB splash screen. Select the GRUB line, and type e.
Edit the kernel line to remove rhgb.
Press Enter to exit the editing mode.
Once the boot loader screen has returned, type b to boot the system.
If your problems with GRUB are now resolved and you want to make the change permanent, become the root user and edit the /etc/default/grub file.
Within the grub file, comment out the line which begins with GRUB_TERMINAL=console by inserting the # character at the beginning of the line.
Refresh the grub.cfg file by running grub2-mkconfig with root privileges. The changes you have made will then take effect.
You may re-enable the graphical boot screen by uncommenting (or adding) the above line back into the /etc/default/grub file.

10.4.2. Blocked by a GRUB command line after upgrading?

If you have restarted your machine after upgrading Fedora but cannot progress beyond the GRUB command line, you will need to issue commands to boot the operating system and then make the changes persistent once Fedora has loaded.
  1. At the GRUB command line, display the superseded GRUB configuration file with the following command:
    cat (hdpartitionnumber,drivenumber)/grub/grub.conf
    partitionnumber and drivenumber refer to the location of your Fedora /boot directory. If you do not know the location, boot the machine using a Fedora live CD to find out and then reboot to return to the GRUB command line. Refer to 「Device Names」 for help with partition numbering.
  2. In the GRUB configuration file, locate the first linux and initrd lines and paste them as individual commands. For example:
    linux /vmlinuz-3.3.0-1.fc17.x86_64 ro root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap rd_NO_LUKS rd_NO_MD rd_NO_DM LANG=en_US.UTF-8 SYSFONT=latarcyrheb-sun16 KEYTABLE=us rhgb quiet
    initrd /initramfs-3.3.0-1.fc17.x86_64.img
  3. Run the boot command.
  4. Once Fedora has loaded, refresh the GRUB configuration file to make the changes persistent:
    grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

10.4.3. Booting into a Graphical Environment

X Window システムをインストールしていて、システムにログインした時に、グラフィカルなデスクトップ環境を出せない場合は、startx コマンドを 使用して X Window システムのグラフィカルインターフェースを起動することができます。
Once you enter this command and press Enter, the graphical desktop environment is displayed.
Note, however, that this is just a one-time fix and does not change the log in process for future log ins.
To set up your system so that you can log in at a graphical login screen, you must edit one file, /etc/inittab, by changing just one number in the runlevel section. When you are finished, reboot the computer. The next time you log in, you are presented with a graphical login prompt.
Open a shell prompt. If you are in your user account, become root by typing the su command.
Now, type gedit /etc/inittab to edit the file with gedit. The file /etc/inittab opens. Within the first screen, a section of the file which looks like the following appears:
# Default runlevel. The runlevels used are: 
#   0 - halt (Do NOT set initdefault to this) 
#   1 - Single user mode 
#   2 - Multiuser, without NFS (The same as 3, if you do not have networking) 
#   3 - Full multiuser mode 
#   4 - unused 
#   5 - X11 
#   6 - reboot (Do NOT set initdefault to this) 
#
id:3:initdefault:
To change from a console to a graphical login, you should change the number in the line id:3:initdefault: from a 3 to a 5.

Warning

Change only the number of the default runlevel from 3 to 5.
Your changed line should look like the following:
	 id:5:initdefault: 
When you are satisfied with your change, save and exit the file using the Ctrl+Q keys. A window appears and asks if you would like to save the changes. Click Save.
The next time you log in after rebooting your system, you are presented with a graphical login prompt.

10.4.4. Problems with the X Window System (GUI)

If you are having trouble getting X (the X Window System) to start, you may not have installed it during your installation.
If you want X, you can either install the packages from the Fedora installation media or perform an upgrade.
If you elect to upgrade, select the X Window System packages, and choose GNOME, KDE, or both, during the upgrade package selection process.
デスクトップ環境のインストール方法の詳細については、 「グラフィカルログインへの切り替え」 を 参照してください。

10.4.5. Problems with the X Server Crashing and Non-Root Users

誰かがログインすると X サーバーがクラッシュしてしまう問題がある場合、ファイルシステムが満杯なのかもしれません (または、ハードドライブの使用可能領域の不足)。
To verify that this is the problem you are experiencing, run the following command:
df -h
The df command should help you diagnose which partition is full. For additional information about df and an explanation of the options available (such as the -h option used in this example), refer to the df man page by typing man df at a shell prompt.
A key indicator is 100% full or a percentage above 90% or 95% on a partition. The /home/ and /tmp/ partitions can sometimes fill up quickly with user files. You can make some room on that partition by removing old files. After you free up some disk space, try running X as the user that was unsuccessful before.

10.4.6. Problems When You Try to Log In

firstboot の画面でユーザーアカウントを作成していなかった 場合は、Ctrl+Alt+F2 を押してコンソールに切り替えて、root としてログインしてそのパスワードを使用します。
If you cannot remember your root password, boot your system as linux single.
If you are using an x86-based system and GRUB is your installed boot loader, type e for edit when the GRUB boot screen has loaded. You are presented with a list of items in the configuration file for the boot label you have selected.
Choose the line that starts with kernel and type e to edit this boot entry.
At the end of the kernel line, add:
	single
Press Enter to exit edit mode.
Once the boot loader screen has returned, type b to boot the system.
Once you have booted into single user mode and have access to the # prompt, you must type passwd root, which allows you to enter a new password for root. At this point you can type shutdown -r now to reboot the system with the new root password.
If you cannot remember your user account password, you must become root. To become root, type su - and enter your root password when prompted. Then, type passwd <username>. This allows you to enter a new password for the specified user account.
If the graphical login screen does not appear, check your hardware for compatibility issues.

10.4.7. Is Your RAM Not Being Recognized?

Sometimes, the kernel does not recognize all of your memory (RAM). The following procedure will allow you to confirm this and then adjust the kernel if necessary.
  1. Run the cat /proc/meminfo command and verify that the displayed quantity is the same as the known amount of RAM in your system. If they are not equal, you can first make a temporary change to confirm whether editing the kernel will be effective.
  2. Reboot, and once you have loaded the GRUB boot screen, type e for edit.
  3. You are presented with a list of items in the configuration file for the boot label you have selected. Choose the line that starts with kernel and type e to edit this boot entry.
  4. At the end of the kernel line, add
    mem=xxM
    where xx equals the amount of RAM in your system, then press Enter to exit edit mode.
  5. Once the boot loader screen has returned, type b to boot the system.
  6. Run cat /proc/meminfo again. If the known amount of RAM in your system is now displayed, add the following line to the /etc/grub.d/10_linux file to make the change permanent:
    mem=xxM
    Replace xx with the amount of RAM you have in megabytes.
  7. To update the grub.cfg file so that the change will take effect, run grub2-mkconfig with root privileges.
In 10_linux, the above example would look similar to the following:
default=0 
timeout=30 
splashimage=(hd0,1)/grub/splash.xpm.gz 
menuentry 'Fedora Linux, with Linux 3.1.0-0.rc6.git0.3.fc16.x86_64'
set root=(hd0,1)
linux /vmlinuz-(2.6.32.130.el6.i686 ro root=UUID=04a07c13-e6bf-6d5a-b207-002689545705 mem=8192M
initrd /initrd-(2.6.32.130.el6.i686.img

10.4.8. Your Printer Does Not Work

If you are not sure how to set up your printer or are having trouble getting it to work properly, try using the Printer Configuration Tool.
Type the system-config-printer command at a shell prompt to launch the Printer Configuration Tool. If you are not root, it prompts you for the root password to continue.

10.4.9. Apache HTTP Server or Sendmail stops responding during startup

If Apache HTTP Server (httpd) or Sendmail stops responding during startup, make sure the following line is in the /etc/hosts file:
127.0.0.1  localhost.localdomain  localhost

パート II. 高度なインストールオプション

This part of the Fedora Installation Guide covers more advanced or uncommon methods of installing Fedora, including:
  • ブートオプション
  • メディアを使用しないインストール
  • VNC 経由のインストール
  • インストールプロセスを自動化するために キックスタートを 使用

目次

11. ブートオプション
11.1. ブートメニューでインストールシステムを設定
11.1.1. 言語の指定
11.1.2. インターフェースの設定
11.1.3. Anaconda の更新
11.1.4. インストール方法を指定
11.1.5. Specifying the Network Settings
11.2. インストールシステムへのリモートアクセスを有効化
11.2.1. VNC でリモートアクセスを有効にする
11.2.2. インストールシステムを VNC リスナーに接続
11.2.3. Enabling Remote Access with ssh
11.3. インストール中にリモートシステムにログイン
11.3.1. ログサーバーを設定する
11.4. キックスタートでインストールを自動化する
11.5. ハードウェアサポートの強化
11.5.1. 自動ハードウェア検出を上書きする
11.6. メンテナンスブートモードの使用
11.6.1. メモリー (RAM) テストモードのロード
11.6.2. ブートメディアの検証
11.6.3. レスキューモードでコンピュータをブート
11.6.4. コンピュータをアップグレード
12. メディア無しでインストール
12.1. ブートファイルの取り込み
12.2. GRUB 設定を編集する
12.3. インストールへブートする
13. Setting Up an Installation Server
13.1. Setting Up cobbler
13.2. Setting Up the Distribution
13.3. Mirroring a Network Location
13.4. Importing the Distribution
13.5. PXE サーバーを手動で設定
13.5.1. ネットワークサーバーを設定する
13.5.2. PXEブート設定
13.5.3. Starting the tftp Server
13.5.4. カスタムのブートメッセージを追加する
13.5.5. PXEインストールを実行する
14. VNC を経由したインストール
14.1. VNC ビューワ
14.2. Anaconda 内の VNC モード
14.2.1. ダイレクトモード
14.2.2. 接続モード
14.3. VNC を使用したインストール
14.3.1. インストールの例
14.3.2. キックスタートの考慮
14.3.3. Firewall Considerations
14.4. 参照
15. Kickstart Installations
15.1. What are Kickstart Installations?
15.2. How Do You Perform a Kickstart Installation?
15.3. Creating the Kickstart File
15.4. Kickstart Options
15.4.1. Advanced Partitioning Example
15.5. Package Selection
15.6. Pre-installation Script
15.6.1. Example
15.7. Post-installation Script
15.7.1. Example
15.8. Making the Kickstart File Available
15.8.1. Creating Kickstart Boot Media
15.8.2. Making the Kickstart File Available on the Network
15.9. Making the Installation Tree Available
15.10. Starting a Kickstart Installation
16. Kickstart Configurator
16.1. 基本設定
16.2. Installation Method
16.3. ブートローダオプション
16.4. Partition Information
16.4.1. Creating Partitions
16.5. ネットワーク設定
16.6. Authentication
16.7. Firewall Configuration
16.7.1. SELinux Configuration
16.8. Display Configuration
16.9. Package Selection
16.10. Pre-Installation Script
16.11. Post-Installation Script
16.11.1. Chroot Environment
16.11.2. Use an Interpreter
16.12. Saving the File

第11章 ブートオプション

Fedora インストールシステムには管理者用の各種の機能とオプションが含まれています。 ブートオプションを使用するには、boot: プロンプトの時に linux option の形式で 入力します。
To access the boot: prompt on a system that displays a graphical boot screen, press the Esc key while the graphical boot screen is displayed.
複数のオプションを指定する場合は、それらのオプションの間に空白を1つずつ 入れます。例えば:
linux option1 option2 option3

Anaconda のブートオプション

anaconda インストーラは多くのブートオプションを含んでいます。そのほとんどは この wiki ページにあります。http://fedoraproject.org/wiki/Anaconda/Options

カーネルのブートオプション

http://fedoraproject.org/wiki/KernelCommonProblems ページでは、多種の一般的カーネルオプションを掲載しています。カーネル オプションの総括一覧は、kernel-doc パッケージでインストールされている /usr/share/doc/kernel-doc-version/Documentation/kernel-parameters.txt のファイルにあります。

レスキューモード

Fedora インストールとレスキューディスクは、レスキューモードでブートするか、またはインストールシステムをロードできます。レスキューディスクとレスキューモードに関する詳細には「レスキューモードでコンピュータをブート」を参照してください。

11.1. ブートメニューでインストールシステムを設定

ブートメニューを使用して、インストールシステム用の設定が数多く指定できます。以下を含みます:
  • 言語
  • ディスプレイの解像度
  • インターフェースの形式
  • インストール方法
  • ネットワークの設定

11.1.1. 言語の指定

インストールプロセスと最終的なシステムの両方のために言語を設定するには、 その言語の ISO コードを lang オプションを付けて指定します。keymap オプションを使うと正しいキーボードレイアウトの設定ができます。
例えば、ISO コード el_GRgr はギリシャ語とギリシャ語キーボードレイアウトを判別します:
linux lang=el_GR keymap=gr

11.1.2. インターフェースの設定

特定のディスプレイ解像度を使用するには、 ブートオプションとして resolution=setting を入力します。例えば、ディスプレイ解像度を 1024x768 に設定するには、以下を入力します:
linux resolution=1024x768
インストールプロセスを テキスト モードで実行するには、以下を入力します:
linux text
シリアルコンソール用のサポートを有効にするには、追加オプションとして serial を入力します。
display=ip:0 を使用すると、リモート ディスプレイの転送が可能になります。このコマンドで、ip の部分は ディスプレイを表示するシステムの実際の IP アドレスで入れ替えます。
ディスプレイを表示したいシステム上で、コマンド xhost +remotehostname を実行する必要があります。ここで、remotehostname の 部分は オリジナルディスプレイを実行しているホスト名となります。コマンド xhost +remotehostname を使用すると、リモートディスプレイターミナルへの アクセスを制限して、リモートアクセスのために特に指定されていない人、またはシステムにはアクセスを許可しません。

11.1.3. Anaconda の更新

使用中のインストールメディアで供給されているバージョンよりも新しい anaconda インストールプログラムで Fedora をインストールすることができます。
ブートオプション
  linux updates
anaconda の更新を収納しているディスクイメージを要求するプロンプトを表示します。ネットワークインストールを実行中であり、既にサーバー上の rhupdates/ に更新イメージコンテンツを配置している場合は、このオプションを指定する必要はありません。
ネットワーク上の場所から anaconda 更新をロードするには、 以下を使用します:
  linux updates=
この後に、更新が格納してある場所の URL を付けます。

11.1.4. インストール方法を指定

askmethod and asknetwork are deprecated.

The askmethod and asknetwork options are no longer available. Use root= to specify the installation method, and see 「Specifying the Network Settings」 to configure network interfaces.
boot: プロンプトでインストール方法を指定するには、repo オプションを使用します。サポートされているインストール方法の詳細については、表11.1「インストール方法」 を参照して下さい。
表11.1 インストール方法
インストール方法 オプションの形式
DVD ドライブ repo=cdrom:device
ハードディスク repo=hd:device/path
HTTP サーバー repo=http://host/path
FTP サーバー repo=ftp://username:password@host/path
NFS サーバー repo=nfs:server:/path
NFS サーバー上の ISO イメージ repo=nfsiso:server:/path

11.1.5. Specifying the Network Settings

Normally, anaconda prompts you to configure a network interface if one is needed during installation. However, if your network cannot be configured automatically via DHCP and you need a network connection from the beginning of the installation, you can provide network settings with options at the boot: prompt. Such a connection may be required if you need to access an updates.img or kickstart file over a network, for example.
The available network configuration boot options include:
ip
the IP address for system
netmask
the netmask for the system
gateway
the IP address of the network gateway
dns
the IP address of the network DNS server
ksdevice
the network device to use with these settings
This example configures the network settings for an installation system that uses the IP address 192.168.1.10 for interface eth0:
linux ip=192.168.1.10 netmask=255.255.255.0 gateway=192.168.1.1 dns=192.168.1.3 ksdevice=eth0
If you specify the network configuration and network device at the boot: prompt, these settings are used for the installation process and the Networking Devices and Configure TCP/IP dialogs do not appear.

11.2. インストールシステムへのリモートアクセスを有効化

You may access a graphical interface for the installation system from any other system. To remotely access the graphical display of an installation system, use client software that supports the VNC (Virtual Network Computing) display protocol.

Fedora 上に VNC クライアントをインストール

Fedora には、VNC クライアント vncviewer が含まれています。vncviewer を入手するには、tigervnc パッケージをインストールします。
インストールシステムは、VNC 接続の確立に於いて2つの方法をサポートしています。 その1つでは、インストールを開始して別のシステム上の VNC クライアントでグラフィカル ディスプレイへ手動ログインをすることです。もう1つの方法では、インストール システムを設定して、リスニングモード で稼働中のネットワーク 上にある VNC クライアントに自動的に接続するようにします。

11.2.1. VNC でリモートアクセスを有効にする

インストールシステムへのリモートグラフィカルアクセスを有効にするには、プロンプトで 2つのオプションを入力します:
linux vnc vncpassword=qwerty
vnc オプションは VNC サービスを有効にします。 vncpassword オプションはリモートアクセスの為の パスワードを設定します。上記の例では、qwerty として パスワードを設定しています。

VNC パスワード

VNC パスワードは最低でも 6文字の長さが必要です。
その後に続く画面で言語、キーボードレイアウト、及びネットワークセッティングを インストールシステムの為に指定します。その後に、VNC クライアントを介してグラフィカル インターフェイスにアクセスできます。インストールシステムは VNC クライアント用に以下の ような正しい接続セッティングを表示します:
Starting VNC...
The VNC server is now running.
Please connect to computer.mydomain.com:1 to begin the install...
Starting graphical installation...
Press <enter> for a shell
それから VNC クライアントを使用してインストールシステムにログインできます。 Fedora 上で vncviewer クライアントを 実行するには、アプリケーションアクセサリVNC Viewer の順で進みます。 又は、ターミナルウィンドウでコマンド vncviewer を入力します。 VNC Server ダイアログ内にサーバーとディスプレイ番号を記入します。 上記の例では、VNC Servercomputer.mydomain.com:1 です。

11.2.2. インストールシステムを VNC リスナーに接続

インストールシステムを VNC クライアントに自動的に接続させるには、先ず リスニングモードでクライアントを開始します。Fedora システムでは、-listen オプションを使用して vncviewer をリスナーとして実行します。ターミナルウィンドウで次のコマンドを入力します:
 vncviewer -listen

ファイアウォールの再設定が必要

デフォルトでは、リスニングモードの時は vncviewer は TCP ポート 5500 を 使用します。他のシステムからこのポートへの接続を許可するには、システム管理 ファイアウォール と選択して行きます。 他のポート を選択して、それから 追加 を選択します。 ポート フィールドに 5500 と記入して、tcpプロトコル として指定します。
リスニングクライアントがアクティブになると、インストールシステムを開始して、boot: プロンプトで VNC オプションをセットします。vnc オプションと vncpassword オプションに加えて、vncconnect オプションも使用して、リスニングクライアントを持つシステムの 名前か、IP アドレスを指定します。リスナー用の TCP ポートを指定するには、コロンとポート番号をシステム名に追加します。
例えば、ポート 5500 にあるシステム desktop.mydomain.com 上の VNC クライアントに接続するには、 boot: プロンプトで以下を記入します:
linux vnc vncpassword=qwerty vncconnect=desktop.mydomain.com:5500

11.2.3. Enabling Remote Access with ssh

To enable remote access to a text mode installation to monitor and debug the installer, use the sshd=1 option at the boot: prompt:
linux sshd=1
You can then connect to the installation system with the ssh utility. The ssh command requires the name or IP address of the installation system, and a password if you specified one (for example, in a kickstart file).

11.3. インストール中にリモートシステムにログイン

デフォルトで、インストールプロセスはログメッセージをその生成と同時にコンソールへ送信します。 syslog サービスを実行するリモートシステムに対して、これらのメッセージが行くように指定することができます。
リモートロギングを設定するには、syslog オプションを追加します。 ログするシステムの IP アドレスと、システム上のログサービスの UDP ポート番号を指定します。 デフォルトでは、リモートメッセージを受理する syslog サービスは UDP ポート 514 上で リッスンします。
例えば、システム 192.168.1.20 上の syslog サービスに接続するには、boot: プロンプトで以下を記入します:
linux syslog=192.168.1.20:514

11.3.1. ログサーバーを設定する

Fedora は rsyslog を使用して syslog サービスを提供します。rsyslog のデフォルト設定は リモートシステムからのメッセージを拒否します。

リモート Syslog のアクセスは安全なネットワークでのみ有効にする

以下に詳細説明のある rsyslog 設定は rsyslog 内で 利用できるセキュリティ対策のいずれも使用しません。侵入者は大量の偽ログメッセージ送信により、ロギングサービスへのアクセスを許可する システムを低速化したりクラッシュしたりするかも知れません。さらには、悪意のあるユーザーはネットワーク上で ロギングサービスに送信されるメッセージを妨害したり改竄する可能性もあります。
ネットワーク上の他のシステムからのログメッセージを受理するように Red Hat Enterprise Linux を 設定するには、ファイル /etc/rsyslog.conf を編集します。このファイル /etc/rsyslog.conf を 編集するには root 権限を使用する必要があります。 先頭にあるハッシュを削除することにより、以下の行をアンコメントします:
$ModLoad imudp.so
	$UDPServerRun 514
rsyslog サービスを再起動して変更を適用します:
su -c '/sbin/service rsyslog restart'
プロンプトが出た時点で、root パスワードを入力します。

ファイアウォールの再設定が必要

デフォルトでは、syslog サービスは UDP ポート 514 上でリッスンします。 他のシステムからのこのポートへの接続を許可するには、システム管理 ファイアウォール と進んで行きます。 他のポート を選んでから 追加 を選びます。 ポート のフィールドには 514 を記入して、udpプロトコル として 指定します。

11.4. キックスタートでインストールを自動化する

キックスタートを使用するとインストールが監視無しで実行できます。 キックスタート ファイルはインストールの設定を指定します。インストールシステムがブートすると、キックスタートファイルを読み込んで、ユーザーのそれ以上の介入無しにインストールプロセスを遂行していきます。

全てのインストールがキックスタートファイルを作成します。

The Fedora installation process automatically writes a Kickstart file that contains the settings for the installed system. This file is always saved as /root/anaconda-ks.cfg. You may use this file to repeat the installation with identical settings, or modify copies to specify settings for other systems.

Important — Kickstart installations and firstboot

Firstboot は、デスクトップと X Window システムがインストールに含まれていてグラフィカルログインが有効になっていないと、システムがキックスタートファイルから インストールされた後に実行されません。追加のシステムをインストールする前にキックスタート ファイル内に user オプションでユーザーを指定する (詳細には 「Kickstart Options」 を参照) か、root として仮想コンソールでインストール済のシステムにログインして adduser コマンドでユーザーを追加します。
Fedora には、ユーザーが必要とするオプションを選択することで、 キックスタートファイルを作成したり修正したりできるグラフィカルアプリケーションが 含まれています。パッケージ system-config-kickstart を 使用してこのユーティリティをインストールできます。Fedora キックスタート エディタをロードするには、アプリケーションシステムツールKickstart と進んで行きます。
キックスタートファイルはインストールセッティングを平文で行毎に1つのオプションを 列記した一覧を表示します。この形式により、どのエディタを使用してもキックスタートファイルを 編集できて、自分のシステム用にカスタムキックスタートファイルを生成するスクリプト、又は アプリケーションを書くことができます。
キックスタートファイルでインストールプロセスを自動化するには、ks オプションを 使用して、ファイルの名前とその場所を指定します:
 linux ks=location/kickstart-file.cfg
脱着可能なストレージ、ハードドライブ、又はネットワークサーバーで維持されているキック スタートファイルを使用することがあるかも知れません。サポートされるキックスタートソースの 詳細には 表11.2「キックスタートソース」 を参照して下さい。
表11.2 キックスタートソース
キックスタートソース オプションの形式
DVD ドライブ ks=cdrom:/directory/ks.cfg
ハードディスク ks=hd:/device/directory/ks.cfg
他のデバイス ks=file:/device/directory/ks.cfg
HTTP サーバー ks=http://server.mydomain.com/directory/ks.cfg
FTP サーバー ks=ftp://server.mydomain.com/directory/ks.cfg
NFS サーバー ks=nfs:server.mydomain.com:/directory/ks.cfg

ウェブサーバー上にあるスクリプト、又はアプリケーションからキックスタートファイルを取得するには、 ks= オプションを使用して、アプリケーションの URL を指定します。オプション kssendmac を追加すると、この要求は HTTP ヘッダをウェブアプリケーションに送信 します。使用するアプリケーションはこれらのヘッダを使用して、コンピュータを識別できるようになります。 以下の行がヘッダ付きの要求をアプリケーションに送信します。http://server.mydomain.com/kickstart.cgi:
linux ks=http://server.mydomain.com/kickstart.cgi kssendmac

11.5. ハードウェアサポートの強化

デフォルトでは、Fedora はコンピュータの全てのコンポーネンツを 検出してそのサポートを設定する試みをします。Fedora はオペレーティング システム自身に含まれているソフトウェアドライバーで一般的な使用の ほとんどのハードウェアをサポートします。他のデバイスをサポートするには、インストールプロセス中に、 又は後日に、追加のドライバーを供給する必要があります。

11.5.1. 自動ハードウェア検出を上書きする

デバイスの一部のモデルでは、自動ハードウェア検出は失敗するかも知れません。 又は不安定性の原因になる可能性もあります。これらのケースでは、そのタイプの デバイス用の自動設定を無効にする必要があるかも知れません。そしてインストール プロセスが終了してからデバイスを手動で設定する手順を取ることになります。

リリースノートをチェックする

特定のデバイスに関する既知問題の情報についてはリリースノートを参照して下さい。
ハードウェアの自動検出を上書きするには、以下のオプションの内の1つ又は 複数を使用します:
表11.3 ハードウェアオプション
互換性 オプション
全てのハードウェア検出を無効にする noprobe
グラフィクス、キーボード、及びマウス検出を無効にする headless
キーボードとマウスの情報をインストールプログラムのステージ 2 に 渡す動作を無効にする nopass
ビデオ用に基本 VESA ドライバーを使用する xdriver=vesa
インストール時に仮想コンソール 2 上のシェルアクセスを無効にする。 noshell
ACPI (advanced configuration and power interface) を無効にする acpi=off
MCE (machine check exception) CPU 自己診断を無効にする nomce
Disable non-uniform memory access on the AMD64 architecture numa-off
メモリーの特定の容量を検出するようにカーネルに強制する。xxx はメガバイトでの値。 mem=xxxm
IDE と SATA ドライブ用のみに DMA を有効にする libata.dma=1
BIOS で支援の RAID を無効にする nodmraid
Firewire デバイスの検出を無効にする nofirewire
パラレルポートの検出を無効にする noparport
PC カード (PCMCIA) の検出を無効にする nopcmcia
ネットワークハードウェアの全てのプローブを無効にする nonet

追加の画面

isa オプションにより、システムはインストールプロセスの 初期に追加のテキスト画面を表示するようになります。この画面を使用して、 コンピュータ上の ISA デバイスを設定します。

重要

他のカーネルブートオプションは anaconda に対して 特定の意味を持たず、インストールプロセスに影響しません。しかし、これらのオプションを 使用してインストールシステムをブートするならば、anaconda は それらをブートローダ設定の中に保存します。

11.6. メンテナンスブートモードの使用

11.6.1. メモリー (RAM) テストモードのロード

Faults in memory modules may cause your system to freeze or crash unpredictably. In some cases, memory faults may only cause errors with particular combinations of software. For this reason, you should test the memory of a computer before you install Fedora for the first time, even if it has previously run other operating systems.
Fedora includes the Memtest86+ memory testing application. To boot your computer in memory testing mode, choose Memory test at the boot menu. The first test starts immediately. By default, Memtest86+ carries out a total of ten tests.
In most cases, a single successful pass with Memtest86+ is sufficient to verify that your RAM is in good condition. In some rare circumstances, however, errors that went undetected on the first pass might appear on subsequent passes. To perform a thorough test of the RAM on an important system, leave Memtest86+ running overnight or for a few days.
Memtest86+ の使い方の詳細は、http://forum.canardpc.com/showthread.php?t=28864 にある Memtest86+ FAQ を参照してください。
テストを中止して、コンピューターを再起動するには、いつでも Esc を押します。

11.6.2. ブートメディアの検証

Fedora のインストール用に使用する前に、ISO ベースのインストールソースの整合性をテストすることができます。これらのソースとして、DVD、そしてハードドライブ、又は NFS サーバー格納されている ISO イメージがあります。 インストールを試行する前に ISO イメージが 完全かどうかを確証するとインストール中に遭遇する可能性のある問題を避けることができます。
Fedora はインストール ISO のテストのために2つの方法を提供します:
  • Fedora のディストリビューション DVD からブートしている場合、 プロンプトで OK を選択して、インストール前にメディアのテストをします。
  • mediacheck オプションで Fedora をブート

11.6.3. レスキューモードでコンピュータをブート

コンピュータに Fedora をインストールしないで レスキューディスク、またはインストールディスクからコマンドライン Linux システムをブートできます。これにより、コンピュータにすでにインストール済のシステムを変更したり修復したりするために、稼働中の Linux システムのユーティリティと機能を使用できるようになります。
レスキューディスクはデフォルトでレスキューモードを開始します。インストールディスクで レスキューシステムをロードするには、ブートメニューから インストール済の システムをレスキューする(Rescue installed system) を選択します。
その後に続く画面で言語、キーボードレイアウト、及びネットワークセッティングを レスキューシステムの為に指定します。最後のセットアップ画面は使用中のコンピュータ上の 既存システムへのアクセスを設定します。
デフォルトでレスキューモードは既存のオペレーティングシステムを、 ディレクトリ /mnt/sysimage/ の下のレスキューシステムに 取り付けます。

11.6.4. コンピュータをアップグレード

以前のブートオプション upgrade はインストールプロセスの工程で 更新されて、インストールプログラムがユーザーに対して、システム上で検出した以前の バージョンの Fedora をアップグレードするか再インストールするかの プロンプトを出すようになりました。
しかし、/etc/redhat-release ファイルの内容が変更されている場合は、 インストールプログラムは以前のバージョンの Red Hat Enterprise Linux を正しく 検出しない可能性があります。ブートオプション upgradeany は インストールプログラムが実行するテストを寛容にして、インストールプログラムが 正しく識別していなかった Fedora インストールをアップグレードできる ようにしてくれます。

第12章 メディア無しでインストール

Linux が必要

This procedure assumes you are already using Fedora or another relatively modern Linux distribution, and the GRUB boot loader. It also assumes you are a somewhat experienced Linux user.
This section discusses how to install Fedora on your system without making any additional physical media. Instead, you can use your existing GRUB boot loader to start the installation program.

12.1. ブートファイルの取り込み

メディアや PXE サーバーを必要としないインストールを実行するには、使用するシステムが カーネルとイニシャル RAM ディスクと言う2つのファイルをローカルに保存している必要が あります。
Copy the vmlinuz and initrd.img files from a Fedora DVD (or DVD image) to the /boot/ directory, renaming them to vmlinuz-install and initrd.img-install. You must have root privileges to write files into the /boot/ directory.

12.2. GRUB 設定を編集する

The GRUB boot loader uses the configuration files /etc/default/grub and the scripts in etc/grub.d/. To configure GRUB to boot from the new files, add a boot stanza to /etc/grub.d/40_custom that refers to them.
最低限ブートスタンザは以下の一覧のようになります:
menuentry "Fedora Linux" {
        set root=(hd0,1)
        linux /vmlinuz-install
        initrd /initrd.img-install
	}
You will also need to specify the location of the second stage installer image by adding an option to the end of the linux line of the boot stanza. For example:
linux /vmlinuz-install stage2=http://my.internal.server/17/x86_64/os/
If the second stage image and the package repositories you will be downloading from are on the same server, use the repo= option instead.
You may wish to add additional options to the end of the linux line, which will set preliminary options in Anaconda that the user normally sets interactively. For a list of available installer boot options, refer to 11章ブートオプション.
以下のオプションは一般的にメディア無しのインストールに役立つものです:
  • ip=
  • repo=
  • lang=
  • keymap=
  • ksdevice=(インストールが eth0 以外のインターフェイスを要求する場合)
  • vnc 及び リモートインストール用の vncpassword=
When you are finished, run grub2-mkconfig with root privileges and open the grub.cfg file to view the updated configuration. Locate your new menu entry stanza and determine its place in the stanza order.
Finally, change the GRUB_DEFAULT option in /etc/default/grub to point to the new stanza you added. 0 will refer to the first stanza, 1 to the second, and so on. For example:
GRUB_DEFAULT=0
Alternatively, specify the menu entry title. This is particularly useful if you have a number of menu entries across the various script files.
GRUB_DEFAULT="Fedora Linux"

12.3. インストールへブートする

システムを再起動します。GRUB はインストールカーネルと RAM ディスクをブートします。この時ユーザーがセットしたオプションが含まれています。 ここで、次のステップとして本ガイドの適切な章を参照したいと思うでしょう。VNC を使用した リモートインストールを選択する場合は、リモートシステムへの接続のためのお手伝いとして 「インストールシステムへのリモートアクセスを有効化」 を参照して下さい。

第13章 Setting Up an Installation Server

Experience Required

This appendix is intended for users with previous Linux experience. If you are a new user, you may want to install using minimal boot media or the distribution DVD instead.

Warning

この付録内の案内は、自動化したインストールサーバーを設定します。 デフォルトの設定では、この手法を使用したインストールのホストの全てのディスク上の 既存データすべてが破壊されることになります。これは、対話式のインストール形式を 提供する他のネットワークインストールサーバー設定と異なります。
Fedora allows for installation over a network using the NFS, FTP, or HTTP protocols. A network installation can be started from a boot CD-ROM, a bootable flash memory drive, or by using the repo= boot option with the Fedora DVD. Alternatively, if the system to be installed contains a network interface card (NIC) with Pre-Execution Environment (PXE) support, it can be configured to boot from files on another networked system rather than local media such as a DVD.
For a PXE network installation, the client's NIC with PXE support sends out a broadcast request for DHCP information. The DHCP server provides the client with an IP address, other network information such as name server, the IP address or hostname of the tftp server (which provides the files necessary to start the installation program), and the location of the files on the tftp server. This is possible because of PXELINUX, which is part of the syslinux package.
In the past, administrators needed to perform a great deal of manual configuration to produce an installation server. However, if you have a server running Fedora or a similar operating system on your local network, you can use cobbler to perform these tasks. To configure a PXE server manually, see 「PXE サーバーを手動で設定」.
To perform the tasks in this section, switch to the root account with the command su -. As an alternative, you can run a command with the -c option, using the form su -c 'command'.

13.1. Setting Up cobbler

To install cobbler use the following command:
yum -y install cobbler
The cobbler command can check its own settings for validity and report the results. Run the following command to check the settings:
cobbler check
Verify SELinux is configured for cobbler:
setsebool -P httpd_can_network_connect_cobbler 1
Other SELinux booleans may apply, and can be listed with:
getsebool -a|grep cobbler
/etc/cobbler/settings ファイル内の設定を変更して、 サーバー用の IP アドレス情報を反映します。少なくとも servernext_server のオプションを変更する必要があります。但し、 これらのオプションは、同じ IP アドレスを指す可能性があります。
まだ、DHCP サーバーを実行していない場合は、manage_dhcp オプションを 1 に変更することも必要です。DHCP サーバーを実行している場合は、 syslinux パッケージドキュメント内にある案内に従って、それを設定します。 その詳細情報は、ローカルファイル /usr/share/doc/syslinux-version/syslinux.doc/usr/share/doc/syslinux-version/pxelinux.doc を参照してください。

13.2. Setting Up the Distribution

完全な Fedora DVD か、ISO イメージからディストリビューションを設定するにはこの手続きを使います。

Network Locations

既存のネットワークソースからローカルのミラーを作成するには、このセクションをスキップし、代わりに 「Mirroring a Network Location」 を参照してください。
  1. If you are using a DVD disc or ISO image, Create a directory mount point:
    mkdir /mnt/dvd
    To mount a physical DVD disc, use the following command:
    mount -o context=system_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 /dev/dvd /mnt/dvd
    To mount a DVD ISO image, use the following command:
    mount -ro loop,context=system_u:object_r:httpd_sys_content_t:s0 /path/to/image.iso /mnt/dvd

    If SELinux enabled, use the default label

    If SELinux is enabled, use the default iso9660_t label instead of httpd_sys_content_t.
  2. To support NFS installation, create a file /etc/exports and add the following line to it:
    /mnt/dvd *(ro,async)
    Start the NFS server using the following commands:
    /sbin/service rpcbind start /sbin/service nfs start
  3. To support HTTP installation, use yum to install the Apache web server if it is not already installed:
    yum -y install httpd
    Make a link to the mounted disc in the Apache public content area:
    ln -s /mnt/dvd /var/www/html/distro

13.3. Mirroring a Network Location

ディストリビューションのディスクや ISO イメージがない場合は、cobbler コマンドを使用して、インストールサーバーを作成することができます。cobbler コマンドはネットワーク上でインポートプロセスの一部としてディストリビューションを取り込みます。
ネットワーク上でディストリビューションを見つけます。場所はローカルネットワークか、FTPか、HTTP、rsync プロトコル経由で届く遠隔サイトかもしれません。

13.4. Importing the Distribution

To offer a distribution through more than one installation method, perform additional cobbler import tasks using a different name for each method. For best results, use the installation method as part of the name, so it appears in the client's boot menu.
  1. To import the DVD disc or ISO distribution into cobbler, run this command:
    cobbler import --path=/mnt/dvd --name=distro_name
    For distro_name, substitute a meaningful name for the distribution.
    ローカル、又はリモートのネットワークディストリビューションを cobbler にインポートするには、このコマンドを使用します。network_URI の 部分は、「Mirroring a Network Location」 で見つけた URI に入れ替えます。そして、distro_name は 前述のように入れ替えます:
    cobbler import --path=network_URI --name=distro_name

    Importing a Source

    When cobbler imports a distribution with the commands above, it copies all the files to the server's local storage, which may take some time.
    クライアントがすでにその場所に到達できるため、ディストリビューションのコピーを 作成したくない場合は、--available-as オプションを使います。
    cobbler import --path=/mnt/dvd --name=distro_name --available-as=network_URI
    cobbler import --path=network_URI --name=distro_name --available-as=network_URI
    For nework_URI, substitute the appropriate network location of the distribution. This URI indicates how the server makes the distribution available to its clients. The examples above assume that your cobbler server reaches the mirror location at the same URI as the clients. If not, substitute an appropriate URI for the --path option. The following examples are URI locations that work if you have been following the procedures in this section, and your server's IP address is 192.168.1.1:
    • nfs://192.168.1.1:/mnt/dvd
    • http://192.168.1.1:/distro
    必要であれば、192.168.1.1 を 使用する cobbler サーバーの IP アドレスで入れ替えます。
  2. コマンド cobbler sync を実行して、変更を適用します。 cobbler サーバーが正しいポート上でリッスンしていることを チェックするには、netstat -lp コマンドを使用します。

    Firewall Considerations

    Depending on your server's configuration, you may need to use the system-config-securitylevel command to permit access to some or all of these network services:
    • 67 or bootps, for the DHCP/BOOTP server
    • 69 or tftp, for providing the PXE loader
    • 80 or http, if the cobbler server is to provide HTTP installation service
    • 20 and 21 or ftp, if the cobbler server is to provide FTP installation service
    • 111 or sunrpc, if the cobbler server is to provide NFS installation service

13.5. PXE サーバーを手動で設定

PXEインストールの準備として次の手順を行なう必要があります。
  1. ネットワーク(NFS、FTP、HTTP)サーバーを設定して インストールツリーをエクスポートします。
  2. tftp サーバーで PXE ブートに必要なファイルを設定します。
  3. どのホストにPXE設定からのブート許可を与えるかを設定します。
  4. tftp サービスを開始します。
  5. DHCPを設定します。
  6. クライアントをブートしてからインストールを起動します。

13.5.1. ネットワークサーバーを設定する

最初に、NFS、FTP、HTTP のいずれかのサーバーを設定して、インストールする Fedora のバージョンと互換種用のインストールツリー全体をエキスポートします。 詳細については 「Preparing for a Network Installation」 を参照してください。

13.5.2. PXEブート設定

次のステップは、tftp サーバーへのインストールを開始するのに必要なファイルをコピーして、クライアントがそれを要求する時に発見できるようにします。tftp サーバーは通常、インストールツリーをエキスポートするネットワークサーバーと同じサーバーです。
BIOS and EFI configuration differs for this procedure.

13.5.2.1. Configuring for BIOS

  1. If tftp-server is not yet installed, run yum install tftp-server.
  2. In the tftp-server config file at /etc/xinet.d/tftp, change the disabled parameter from yes to no.
  3. Configure your DHCP server to use the boot images packaged with SYSLINUX. (If you do not have a DHCP server installed, refer to the DHCP Servers chapter in the Fedora Deployment Guide.)
    A sample configuration in /etc/dhcp/dhcpd.conf might look like:
      option space pxelinux;
      option pxelinux.magic code 208 = string;
      option pxelinux.configfile code 209 = text;
      option pxelinux.pathprefix code 210 = text;
      option pxelinux.reboottime code 211 = unsigned integer 32;
    
      subnet 10.0.0.0 netmask 255.255.255.0 {
              option routers 10.0.0.254;
              range 10.0.0.2 10.0.0.253;
    
              class "pxeclients" {
                      match if substring (option vendor-class-identifier, 0, 9) = "PXEClient";
                      next-server 10.0.0.1;
                     
                      if option arch = 00:06 {
                              filename "pxelinux/bootia32.efi";
                      } else if option arch = 00:07 {
                              filename "pxelinux/bootx64.efi";
                      } else {
                              filename "pxelinux/pxelinux.0";
                      }
              }
    
              host example-ia32 {
                      hardware ethernet XX:YY:ZZ:11:22:33;
                      fixed-address 10.0.0.2;
              }
      }
    
  4. You now need the pxelinux.0 file from the SYSLINUX package installed with Fedora. Create a pxelinux directory within tftpboot and copy pxelinux.0 into it:
    mkdir /var/lib/tftpboot/pxelinux
    cp /usr/share/syslinux/pxelinux.0 /var/lib/tftpboot/pxelinux
  5. Create a pxelinux.cfg directory within pxelinux:
    mkdir /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg
  6. Add a config file to this directory. The file should either be named default or named after the IP address. For example, if your machine's IP address is 10.0.0.1, the filename would be 0A000001.
    A sample config file at /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/default might look like:
    default vesamenu.c32
    prompt 1
    timeout 600
    
    display boot.msg
    
    label linux
      menu label ^Install or upgrade an existing system
      menu default
      kernel vmlinuz
      append initrd=initrd.img inst.repo=http://dl.fedoraproject.org/pub/fedora/linux/development/17/x86_64/os/
    label vesa
      menu label Install system with ^basic video driver
      kernel vmlinuz
      append initrd=initrd.img xdriver=vesa nomodeset
    label rescue
      menu label ^Rescue installed system
      kernel vmlinuz
      append initrd=initrd.img rescue
    label local
      menu label Boot from ^local drive
      localboot 0xffff
    label memtest86
      menu label ^Memory test
      kernel memtest
      append -
    
    If both the stage 2 installer image and the package repositories you intend to download from are on the same server, use the repo= boot option. If they are on separate servers, use stage2= instead.
    For instructions on how to specify the installation source, refer to 8章Configuring Installation Source
  7. Copy the splash image into your tftp root directory:
    cp /boot/grub/splash.xpm.gz /var/lib/tftpboot/pxelinux/splash.xpm.gz
  8. Copy the boot images into your tftp root directory:
     cp /path/to/x86_64/os/images/pxeboot/{vmlinuz,initrd.img} /var/lib/tftpboot/pxelinux/rawhide-x86_64/
  9. Reboot the system, and select the network device as your boot device when prompted.

13.5.2.2. Configuring for EFI

  1. If tftp-server is not yet installed, run yum install tftp-server.
  2. In the tftp-server config file at /etc/xinet.d/tftp, change the disabled parameter from yes to no.
  3. Create a directory path within tftpboot for the EFI boot images, and then copy them from your boot directory:
    mkdir /var/lib/tftpboot/pxelinux
    mkdir /var/lib/tftpboot/pxelinux/bootx64.efi
    cp /boot/efi/EFI/redhat/grub.efi /var/lib/tftpboot/pxelinux/bootx64.efi
  4. Configure your DHCP server to use the EFI boot images packaged with GRUB. (If you do not have a DHCP server installed, refer to the DHCP Servers chapter in the Fedora Deployment Guide.)
    A sample configuration in /etc/dhcp/dhcpd.conf might look like:
      option space PXE;
      option PXE.mtftp-ip    code 1 = ip-address;
      option PXE.mtftp-cport code 2 = unsigned integer 16;
      option PXE.mtftp-sport code 3 = unsigned integer 16;
      option PXE.mtftp-tmout code 4 = unsigned integer 8;
      option PXE.mtftp-delay code 5 = unsigned integer 8;
      option arch code 93 = unsigned integer 16; # RFC4578
    
      subnet 10.0.0.0 netmask 255.255.255.0 {
              option routers 10.0.0.254;
              range 10.0.0.2 10.0.0.253;
    
              class "pxeclients" {
                      match if substring (option vendor-class-identifier, 0, 9) = "PXEClient";
                      next-server 10.0.0.1;
                     
                      if option arch = 00:06 {
                              filename "pxelinux/bootia32.efi";
                      } else if option arch = 00:07 {
                              filename "pxelinux/bootx64.efi";
                      } else {
                              filename "pxelinux/pxelinux.0";
                      }
              }
    
              host example-ia32 {
                      hardware ethernet XX:YY:ZZ:11:22:33;
                      fixed-address 10.0.0.2;
              }
      }
    
  5. Create a pxelinux.cfg directory within pxelinux:
    mkdir /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg
  6. Add a config file to this directory. The file should either be named efidefault or named after the IP address. For example, if your machine's IP address is 10.0.0.1, the filename would be 0A000001.
    A sample config file at /var/lib/tftpboot/pxelinux/pxelinux.cfg/efidefault might look like:
    default=0
    timeout=1
    splashimage=(nd)/splash.xpm.gz
    hiddenmenu
    title RHEL
            root (nd)
            kernel /rawhide-x86_64/vmlinuz
            initrd /rawhide-x86_64/initrd.img
    
    For instructions on how to specify the installation source, refer to 8章Configuring Installation Source
  7. Copy the splash image into your tftp root directory:
    cp /boot/grub/splash.xpm.gz /var/lib/tftpboot/pxelinux/splash.xpm.gz
  8. Copy the boot images into your tftp root directory:
     cp /path/to/x86_64/os/images/pxeboot/{vmlinuz,initrd.img} /var/lib/tftpboot/pxelinux/rawhide-x86_64/
  9. Reboot the system, and select the network device as your boot device when prompted.

13.5.3. Starting the tftp Server

DHCP サーバー上では、コマンド rpm -q tftp-server を使用して、 tftp-server パッケージがインストールされていることを確認します。
tftp is an xinetd-based service. Configure xinetd to process tftp requests by editing /etc/xinetd.d/tftp so that disable = no.
Start the tftp service with the following commands:
systemctl start xinetd.service
systemctl enable xinetd.service
These commands configure the tftp and xinetd services to immediately turn on and also configure them to start at boot.

13.5.4. カスタムのブートメッセージを追加する

オプションとして、/tftpboot/linux-install/msgs/boot.msg を修正して、カスタムのブートメッセージを使用することが出来ます。

13.5.5. PXEインストールを実行する

ネットワークからブートするために PXE サポートのネットワークインターフェースカードを 設定する方法についての詳細は、カードによって若干異なりますので NICの説明書をお読みください。
If your NIC does not support PXE booting, you can still PXE boot your system by using the gPXE bootloader. The Fedora Project does not distribute gPXE — refer to the Etherboot Project website at http://etherboot.org/wiki/start for more information.
システムがインストールプログラムをブートした後については、9章Installing using anaconda を参照して下さい。

第14章 VNC を経由したインストール

The Fedora installer (anaconda) offers you two interactive modes of operation. The original mode is a text-based interface. The newer mode uses GTK+ and runs in the X Window environment. This chapter explains how you can use the graphical installation mode in environments where the system lacks a proper display and input devices typically associated with a workstation. This scenario is typical of systems in datacenters, which are often installed in a rack environment and do not have a display, keyboard, or mouse. Additionally, a lot of these systems even lack the ability to connect a graphical display. Given that enterprise hardware rarely needs that ability at the physical system, this hardware configuration is acceptable.
これらの環境内でも、グラフィカルインストーラが推奨のインストール法となります。 テキストモード環境はグラフィカルモードで見られる多くの能力を欠いています。 多くのユーザーがまだテキストモードインターフェイスの方がグラフィカルバージョンには無い 余分な力量と設定の機能を与えると感じています。実際にはその反対です。テキストモード 環境に対しては少ししか開発努力がなされておらず、特定の事項(例えば、LVM 設定、パーティションレイアウト、 パッケージ選択、及びブートローダ設定)は故意にテキストモード環境から除外されています。 その理由は以下のようになります:
  • グラフィカルモードで見ることができるものと同様のユーザーインターフェイスの作成により少ない画面領域
  • 困難な国際化サポート
  • 単独の対話式インストールコードパスを維持する希望
そのため、Anaconda は、Virtual Network Computing (VNC) を 収納していて、インストーラのグラフィカルモードがローカルで実行できる状態で、ネットワークに接続している システムで表示することを可能にしています。VNC モードでのインストールは、システムがディスプレイや 入力デバイスを欠いている状況でも総括的なインストールオプションを提供します。

14.1. VNC ビューワ

VNC インストールの実行には、使用ワークステーション、又は他のターミナルコンピュータ上に VNC ビューワが稼働している必要があります。VNC ビューワがインストールされるべき場所には 以下があります:
  • ユーザーのワークステーション
  • データセンターのクラッシュカード上のラップトップ
VNC is open source software licensed under the GNU General Public License.
  • VNC clients are available in the repositories of most Linux distributions. Use your package manager to search for a client for your chosen distribution. For example, on Fedora, install the tigervnc package:
    # yum install tigervnc
  • TightVNC is available for Windows at http://www.tightvnc.com/
  • MacOS X includes built-in VNC support as of version 10.5. In the Finder, click the Go menu and choose Connect to Server. In the server address field, you can type vnc://SERVER:DISPLAY, where SERVER is the IP address or DNS host name of the VNC server you wish to connect to and DISPLAY is the VNC display number (usually 1), and click Connect.
Once you have verified you have a VNC viewer available, it's time to start the installation.

14.2. Anaconda 内の VNC モード

Anaconda は VNC インストールのために2つのモードを提供します。選択すべきモードはご使用の環境内のネットワーク設定に左右されます。

14.2.1. ダイレクトモード

Anaconda 内のダイレクトモード VNC はクライアントが Anaconda 内で稼働している VNC サーバーへの接続を開始する時です。Anaconda はこの接続を開始する時期を VNC ビューワ内で知らせます。ダイレクトモードは以下の2つのコマンドのいずれかで アクティベートできます:
  • vnc をブート引数として指定する。
  • インストールに使用されるキックスタートファイルに vnc コマンドを指定する。
VNC モードを指定するとき、anaconda はインストーラの第一段階を完了して、 それからグラフィカルインストーラを実行するために VNC を開始します。 インストーラは以下の形式でコンソール上にメッセージを表示します:
Running anaconda VERSION, the PRODUCT system installer - please wait...
Anaconda はまた、IP アドレスを知らせて、VNC ビューワで使用すべき番号を表示します。 インストールを継続するためにはこの時点で、VNC ビューワを開始してターゲットシステムに接続 する必要があります。VNC ビューワはグラフィカルモードで anaconda を提示します。
ダイレクトモードには少々の不利な点があります。以下を含みます:
  • VNC ビューワの接続先の IP アドレスとポートを見るためにシステムコンソールに視覚的な アクセスを必要とします。
  • インストーラの第一段階を完了するためにシステムコンソールへ対話式のアクセスを 必要とします。
これらの不利な点のいずれかが、anaconda でダイレクトモード VNC の使用を 阻止した場合、接続モードの方がご使用の環境に適切でしょう。

14.2.2. 接続モード

ターゲットシステムが、動的 IP アドレスを取得するように設定されていることろでは 特定のファイアウォール、又はインスタンスは anaconda 内のダイレクト VNC モードで 問題を起こす原因になる可能性があります。さらには、ターゲットシステム上にコンソールが 欠如していて接続先の IP アドレスを告げるメッセージを見ることが出来ないと、その状態では インストールは継続できません。
The VNC connect mode changes how VNC is started. Rather than anaconda starting up and waiting for you to connect, the VNC connect mode allows anaconda to automatically connect to your view. You won't need to know the IP address of the target system in this case.
To activate the VNC connect mode, pass the vnc vncconnect boot parameter:
boot: linux vnc vncconnect=HOST[:port]
Replace HOST with your VNC viewer's IP address or DNS host name. Specifying the port is optional. Before starting the installation process on the target system, start up your VNC viewer and have it wait for an incoming connection.
インストールを開始して、 VNC ビューワがグラフィカルインストーラを表示した時に、 進行準備が完了です。

14.3. VNC を使用したインストール

この時点で、VNC ビューワアプリケーションをインストールしていて anaconda での使用に VNC モードを選択していれば、インストールを開始する準備が出来ています。

14.3.1. インストールの例

VNC を使用してインストールを実行するための最も簡単な方法は、ターゲットシステム上の ネットワークポートにもう1つのコンピュータを直接接続することです。データセンターの クラッシュカート上にあるラップトップが通常この役割を果たします。この方法でインストールを 実行する場合は、以下のステップに従うようにして下さい:
  1. ラップトップ、あるいは他のワークステーションをクロスオーバーケーブルでターゲットシステムに接続します。レギュラー patch ケーブルを使用している場合、2つの システムを接続するのに小さなハブかスイッチを使用することを忘れないで下さい。殆どの 最近のイーサネットインターフェイスは、クロスオーバーケーブルが必要かどうかを自動的に 検出するようになっています。そのため、レギュラー patch ケーブルを使用して直接 2つのシステムを接続することは可能かも知れません。
  2. VNC ビューワを設定して、ゲートウェイ無しで RFC 1918 アドレスを使用するようにします。 このプライベートネットワーク接続はインストールの目的のみに使用されるものです。VNC ビューワ システムを設定して 192.168.100.1/24 にします。このアドレスが使用中なら、利用可能な値を RFC 1918 アドレス欄に選択します。
  3. ターゲットシステム上でインストールを開始します。
    1. インストール DVD をブートする
      インストール DVD をブートしている場合、vnc がブートパラメータとして渡されていることを確認してください。vnc パラメータを追加するには、ブートプロセスと通信するように許可されているターゲットシステムに コンソールが付けられている必要があります。プロンプトで以下を入力します:
      boot: linux vnc
    2. ネットワーク経由でブートする
      If the target system is configured with a static IP address, add the vnc command to the kickstart file. If the target system is using DHCP, add vnc vncconnect=HOST[:port] to the boot arguments for the target system. HOST is the IP address or DNS host name of the VNC viewer system. Specifying the port is optional. Enter the following at the prompt:
      boot: linux vnc vncconnect=HOST[:port]
  4. ターゲットシステム上のネットワーク設定を催促された時は、VNC ビューワシステムで使用したのと 同じネットワーク内で利用可能な RFC 1918 アドレスを割り当てます。例えば、192.168.100.2/24。

    Note

    この IP アドレスはインストール中にのみ使用できます。最終ネットワークセッティングを 構成する機会があれば、インストーラの後半でその機会があるでしょう。
  5. インストーラが anaconda を開始したことを示したら、VNC ビューワを使用してシステムに 接続するように指示されます。ビューワに接続してから、このプロダクトドキュメント内に あるグラフィカルインストールモードの案内に従います。

14.3.2. キックスタートの考慮

ターゲットシステムがネットワーク経由でブートする場合でも、VNC はまだ使用可能です。 そのシステム用のキックスタートファイルに vnc コマンドを 追加するだけです。VNC ビューワを使用すればターゲットシステムへの接続とインストールの 進捗をモニターすることができます。使用するアドレスはシステムがキックスタートファイル経由で 設定されているアドレスです。
If you are using DHCP for the target system, the reverse vnc vncconnect method may work better for you. Rather than adding the vnc boot parameter to the kickstart file, add the vnc vncconnect=HOST[:port] parameter to the list of boot arguments for the target system. For HOST, put the IP address or DNS host name of the VNC viewer system. Specifying the port is optional. See the next section for more details on using the vncconnect mode.

14.3.3. Firewall Considerations

VNC ビューワシステムが、ターゲットシステムとは異なるサブネット上のワークステーションで ある状況でインストールを実行している場合、ネットワークルーティング問題に遭遇するかも 知れません。ビューワシステムがターゲットシステムへルートして、ポート 5900 と 5901 が 開いている限りは VNC はちゃんと機能します。使用中の環境がファイアウォールを持つ場合、 ポート 5900 と 5901 が ワークステーションとターゲットシステム間で開いていることを確認して 下さい。
vnc ブートパラメータを渡すことに加えて、これらの状況では vncpassword パラメータも渡すと良いでしょう。パスワードが ネットワーク上で平文で送信されている間、ビューワがシステムに接続するまで余分のステップを 提供しません。ビューワが VNC 上でターゲットシステムに接続すると、他の接続はもう許可 されません。これらの制限は通常インストール目的には十分です。

Important

vncpassword オプションには一時的なパスワードを使用することに 注意して下さい。このパスワードはどのシステムにも使用するようなパスワードであってはいけません。 特に本当の root パスワードは厳禁です。
If you continue to have trouble, consider using the vnc vncconnect parameter. In this mode of operation, you start the viewer on your system first telling it to listen for an incoming connection. Pass vnc vncconnect=HOST[:port] at the boot prompt and the installer will attempt to connect to the specified HOST (either a hostname or IP address). Specifying the port is optional.

14.4. 参照

第15章 Kickstart Installations

15.1. What are Kickstart Installations?

Many system administrators would prefer to use an automated installation method to install Fedora on their machines. To answer this need, Red Hat created the kickstart installation method. Using kickstart, a system administrator can create a single file containing the answers to all the questions that would normally be asked during a typical installation.
Kickstart files can be kept on a single server system and read by individual computers during the installation. This installation method can support the use of a single kickstart file to install Fedora on multiple machines, making it ideal for network and system administrators.
Kickstart provides a way for users to automate a Fedora installation.
全てのキックスタートスクリプトとそれらの実行ログファイルは /tmp ディレクトリに 保存されて、インストール失敗に於けるデバッグを支援します。

Note — /tmp/netinfo no longer used

Anaconda now configures network interfaces with NetworkManager. Consequently, kickstart users that referenced the network settings located in /tmp/netinfo in previous versions of Fedora must now source the ifcfg files in /etc/sysconfig/network-scripts.

15.2. How Do You Perform a Kickstart Installation?

キックスタートは、ローカル DVD やローカルハード ドライブを使用して、あるいは NFS、FTP、HTTP 経由でインストールすることが できます。
To use kickstart, you must:
  1. Create a kickstart file.
  2. Create a boot media with the kickstart file or make the kickstart file available on the network.
  3. Make the installation tree available.
  4. Start the kickstart installation.
This chapter explains these steps in detail.

15.3. Creating the Kickstart File

The kickstart file is a simple text file, containing a list of items, each identified by a keyword. You can create it by using the Kickstart Configurator application, or writing it from scratch. The Fedora installation program also creates a sample kickstart file based on the options that you selected during installation. It is written to the file /root/anaconda-ks.cfg. You should be able to edit it with any text editor or word processor that can save files as ASCII text.
First, be aware of the following issues when you are creating your kickstart file:
  • Sections must be specified in order. Items within the sections do not have to be in a specific order unless otherwise specified. The section order is:
    • コマンドセクション — キックスタートオプションのリストには 「Kickstart Options」 を参照して下さい。必須のオプションを含む必要があります。
    • %packages セクション — 詳細には 「Package Selection」 を参照して下さい。
    • %pre%post セクション — これらの二つのセクションの順番は重要でなく、必須でもありません。詳細には 「Pre-installation Script」「Post-installation Script」 を参照して下さい。
  • Items that are not required can be omitted.
  • Omitting any required item results in the installation program prompting the user for an answer to the related item, just as the user would be prompted during a typical installation. Once the answer is given, the installation continues unattended (unless it finds another missing item).
  • Lines starting with a pound (also known as hash) sign (#) are treated as comments and are ignored.
  • For kickstart upgrades, the following items are required:
    • Language
    • Installation method
    • Device specification (if device is needed to perform the installation)
    • Keyboard setup
    • The upgrade keyword
    • Boot loader configuration
    If any other items are specified for an upgrade, those items are ignored (note that this includes package selection).

15.4. Kickstart Options

以下のオプションはキックスタートファイル内で配置できます。キックスタートファイルの作成にグラフィカルインターフェイスを使用したい場合、キックスタート設定 のアプリケーションを使います。詳細は 16章Kickstart Configurator をご覧下さい

Note

If the option is followed by an equals mark (=), a value must be specified after it. In the example commands, options in brackets ([]) are optional arguments for the command.
autopart (optional)
自動的にパーティションを作成します — 1 GB 又はそれ以上の root (/) パーティション、スワップパーティション、そして アーキテクチャに適切な boot パーティション。part ディレクティブを使用して1つ、又は複数のデフォルトパーティションサイズを再定義することができます。
  • --encrypted — サポートのあるデバイスはすべてデフォルトで 暗号化されるべきかどうか ? これは、初期パーティション設定画面の Encrypt チェックボックスをチェックすることと同等になります。
  • --passphrase= — 全ての暗号化したデバイス用に デフォルトのシステム全体のパスフレーズを提供します。
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store data encryption keys of all encrypted volumes as files in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. The keys are stored as a separate file for each encrypted volume. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to each encrypted volume. Store these passphrases in separate files in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
ignoredisk (optional)
インストーラが指定ディスクを無視するようになります。これは、自動パーティションを使用して、 一部のパーティションが確実に無視されることを希望する場合に役に立ちます。例えば、 ignoredisk なしで、SAN クラスター上で導入しようとすると、インストーラは、パーティションテーブルを返さない SAN への受け身パスを検知するため、キックスタートは失敗します。
The syntax is:
ignoredisk --drives=drive1,drive2,...
where driveN is one of sda, sdb,..., hda,... etc.
To ignore a multipath device that does not use logical volume management (LVM), use the format disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to ignore a disk with WWID 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017, use:
ignoredisk --drives=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
Multipath devices that use LVM are not assembled until after anaconda has parsed the kickstart file. Therefore, you cannot specify these devices in the format dm-uuid-mpath. Instead, to ignore a multipath device that uses LVM, use the format disk/by-id/scsi-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to ignore a disk with WWID 58095BEC5510947BE8C0360F604351918, use:
ignoredisk --drives=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

Warning — Never specify multipath devices by device names like mpatha

Device names like mpatha are not specific to a particular disk. The disk named /dev/mpatha during installation might not be the one that you expect it to be. Therefore, the ignoredisk command could target the wrong disk.
  • --only-use — 使用するインストーラ用のディスクの 一覧を指定します。他のディスクはすべて無視されます。例えば、インストール中に sda を使用するには、その他のディスクを無視します:
    ignoredisk --only-use=sda
    To include a multipath device that does not use LVM:
    ignoredisk --only-use=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    To include a multipath device that uses LVM:
    ignoredisk --only-use=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918
autostep (optional)
次の画面に進むという以外は interactive に似ています。 多くの場合、デバグで使用されます。
  • --autoscreenshot — インストール中の全てのステップで スクリーンショットを取り、そのイメージをインストールが完了した後に /root/anaconda-screenshots にコピーします。これは文書化のために非常に役に立ちます。
auth or authconfig (required)
システム用の認証オプションをセットします。これは、インストール終了後に実行できる authconfig コマンドに似ています。デフォルトで、パスワードは 通常暗号化されており、シャドウ化されていません。
  • --enablenis — NIS サポートを有効にします。 デフォルトでは、 --enablenis はネットワーク上で見つけた任意のドメインを 使用ます。必ず --nisdomain= オプションを使用してドメインを手動で指定してください。
  • --nisdomain= — NIS サービスに使う NIS ドメインの名前です。
  • --nisserver= — NIS サービスに使うサーバーです (デフォルト ではブロードキャスト)。
  • --useshadow 又は --enableshadow — シャドウパスワードを使用します。
  • --enableldap — Turns on LDAP support in /etc/nsswitch.conf, allowing your system to retrieve information about users (for example, their UIDs, home directories, and shells) from an LDAP directory. To use this option, you must install the nss-pam-ldapd package. You must also specify a server and a base DN (distinguished name) with --ldapserver= and --ldapbasedn=.
  • --enableldapauth — Use LDAP as an authentication method. This enables the pam_ldap module for authentication and changing passwords, using an LDAP directory. To use this option, you must have the nss-pam-ldapd package installed. You must also specify a server and a base DN with --ldapserver= and --ldapbasedn=. If your environment does not use TLS (Transport Layer Security), use the --disableldaptls switch to ensure that the resulting configuration file works.
  • --ldapserver=--enableldap または --enableldapauth を指定した場合、 利用する LDAP サーバーの名前を指定するのにこのオプションを使用します。このオプションは、 /etc/ldap.conf ファイル内で 設定します。
  • --ldapbasedn=--enableldap または--enableldapauth を指定した場合、ユーザー情報が格納されたLDAP ディレクトリツリーの DN を指定するためにこのオプションを使用します。このオプションは /etc/ldap.conf ファイルで設定します。
  • --enableldaptls — TLS (Transport Layer Security) ルックアップを使用します。 このオプションによって、LDAP は認証前に暗号化したユーザー名とパスワードを LDAP サーバーに送信できます。
  • --disableldaptls — Do not use TLS (Transport Layer Security) lookups in an environment that uses LDAP for authentication.
  • --enablekrb5 — Use Kerberos 5 for authenticating users. Kerberos itself does not know about home directories, UIDs, or shells. If you enable Kerberos, you must make users' accounts known to this workstation by enabling LDAP, NIS, or Hesiod or by using the /usr/sbin/useradd command. If you use this option, you must have the pam_krb5 package installed.
  • --krb5realm= — ワークステーションの所属先である kerberos 5 の realm (レルム) です。
  • --krb5kdc= — realm への要求に対してサービスを提供する KDC(複数可)。realm 内に複数の KDC がある場合には、 名前をカンマ(,)で区切って指定します。
  • --krb5adminserver= — realm にある KDC で、kadmind が動作しているもの。 このサーバーはパスワードの変更やその他の 管理関連要求を取り扱います。複数の KDC がある場合には、 このサーバーはマスター KDC 上で実行しなければなりません。
  • --enablehesiod — ユーザーのホームディレクトリ、UID、シェルをルックアップするための Hesiod サポートを有効にします。 ネットワークでの Hesiod の設定と使い方に関しての詳細 はglibc パッケージに含まれている /usr/share/doc/glibc-2.x.x/README.hesiod 内に あります。Hesiod は DNS の 拡張機能であり、DNS レコードを使用してユーザーや グループ、及び各種項目に関する情報を保存します。
  • --hesiodlhs and --hesiodrhs — The Hesiod LHS (left-hand side) and RHS (right-hand side) values, set in /etc/hesiod.conf. The Hesiod library uses these values to search DNS for a name, similar to the way that LDAP uses a base DN.
    To look up user information for the username jim, the Hesiod library looks up jim.passwd<LHS><RHS>, which should resolve to a TXT record that contains a string identical to an entry for that user in the passwd file: jim:*:501:501:Jungle Jim:/home/jim:/bin/bash. To look up groups, the Hesiod library looks up jim.group<LHS><RHS> instead.
    To look up users and groups by number, make 501.uid a CNAME for jim.passwd, and 501.gid a CNAME for jim.group. Note that the library does not place a period (.) in front of the LHS and RHS values when performing a search. Therefore, if the LHS and RHS values need to have a period placed in front of them, you must include the period in the values you set for --hesiodlhs and --hesiodrhs.
  • --enablesmbauth — Enables authentication of users against an SMB server (typically a Samba or Windows server). SMB authentication support does not know about home directories, UIDs, or shells. If you enable SMB, you must make users' accounts known to the workstation by enabling LDAP, NIS, or Hesiod or by using the /usr/sbin/useradd command.
  • --smbservers= — The name of the servers to use for SMB authentication. To specify more than one server, separate the names with commas (,).
  • --smbworkgroup= — SMB サーバーのワークグループ名。
  • --enablecache — Enables the nscd service. The nscd service caches information about users, groups, and various other types of information. Caching is especially helpful if you choose to distribute information about users and groups over your network using NIS, LDAP, or Hesiod.
  • --passalgo — To set up the SHA-256 hashing algorithm, run the command authconfig --passalgo=sha256 --kickstart.
    To set up the SHA-512 hashing algorithm, run authconfig --passalgo=sha512 --kickstart.
    Remove the --enablemd5 option if it is present.
bootloader (required)
ブートローダがインストールされるべき方法を指定します。このオプションはインストールとアップグレードの両方に必要となります。

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
  • --append= — カーネルパラメータを指定します。複数のパラメータを 指定するには、パラメータをスペースで区切ります。例えば:
    bootloader --location=mbr --append="hdd=ide-scsi ide=nodma"
  • --driveorder — BIOS がブートする順序で最初になるドライブを指定します。例えば:
    bootloader --driveorder=sda,hda
  • --location= — ブートレコードを書き込む場所を指定します。有効な値は次のようになります。 mbr (デフォルト)、 partition (カーネルを収納しているパーティションの最初のセクションにブートローダをインストール)、または、none (ブートローダをインストールしない)
  • --password= — GRUB を使用している場合、このオプションで 指定された人に対して GRUB ブートローダパスワードを設定します。これは、随意のカーネルオプションが 渡される GRUB シェルへのアクセスを制限するために使用されるべきものです。
  • --md5pass= — GRUB を使用している場合、パスワードがすでに暗号化してあること以外は --password= と似ています。
  • --timeout= — Specify the number of seconds before the bootloader times out and boots the default option. Specifying 0 will tell GRUB not to display these menus.
  • --upgrade — 古いエントリを保存しながら、既存のブートローダー設定をアップグレードします。このオプションはアップグレードでのみ使用できます。
clearpart (optional)
新しいパーティションを作る前に、システムからパーティションを削除します。デフォルトでは、パーティションは削除されません。

Note

If the clearpart command is used, then the --onpart command cannot be used on a logical partition.
  • --all — システムのすべてのパーティションが消去されます。
  • --drives= — パーティションを消去するドライブを指定します。例えば、 以下のコマンドでは、プライマリ IDE コントローラの最初の 2 つのドライブ上のすべてのパーティションを消去します。
    clearpart --drives=hda,hdb --all
    To clear a multipath device that does not use logical volume management (LVM), use the format disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to clear a disk with WWID 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017, use:
    clearpart --drives=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    Multipath devices that use LVM are not assembled until after anaconda has parsed the kickstart file. Therefore, you cannot specify these devices in the format dm-uuid-mpath. Instead, to clear a multipath device that uses LVM, use the format disk/by-id/scsi-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to clear a disk with WWID 58095BEC5510947BE8C0360F604351918, use:
    clearpart --drives=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

    Warning — Never specify multipath devices by device names like mpatha

    Device names like mpatha are not specific to a particular disk. The disk named /dev/mpatha during installation might not be the one that you expect it to be. Therefore, the clearpart command could target the wrong disk.
  • --initlabel — 使用中のアーキテクチャ用のデフォルトにディスクラベルを初期化します。(例えば、 x86 には msdos) 新品のハードドライブにインストールしている場合、インストールプログラムはディスクラベルを初期化すべきかどうか尋ねないので便利です。
  • --linux — 全ての Linux パーティションを消去します。
  • --none (デフォルト) — どのパーティションも削除しません。
cmdline (optional)
Perform the installation in a completely non-interactive command line mode. Any prompts for interaction halts the install.
device (optional)
ほとんどの PCI システムでは、インストールプログラムは Ethernet カードと SCSI カードを正常に自動検出します。但し、旧式のシステムと 一部の PCI では、キックスタートが正しいデバイスを見つけるのにヒントが必要になります。device コマンドは インストールプログラムに対して余分のモジュールをインストールするように指示しますが、以下の形式になります:
device <moduleName> --opts=<options>
  • <moduleName> — Replace with the name of the kernel module which should be installed.
  • --opts= — NFS エキスポートのマウント用に使用する マウントオプションです。NFS マウントの為に /etc/fstab 内で 指定出来るオプションはいずれも許可されます。このオプションは nfs(5) man ページ内に一覧表示してあります。オプションが複数ある場合はコンマで分離します。
driverdisk (optional)
Driver diskettes can be used during kickstart installations. You must copy the driver diskettes's contents to the root directory of a partition on the system's hard drive. Then you must use the driverdisk command to tell the installation program where to look for the driver disk.
driverdisk <partition> --source=<url> --biospart=<biospart> [--type=<fstype>]
Alternatively, a network location can be specified for the driver diskette:
driverdisk --source=ftp://path/to/dd.img
driverdisk --source=http://path/to/dd.img
driverdisk --source=nfs:host:/path/to/img
  • <partition> — Partition containing the driver disk.
  • <url> — URL for the driver disk. NFS locations can be given in the form nfs:host:/path/to/img.
  • <biospart> — BIOS partition containing the driver disk (for example, 82p2).
  • --type= — ファイルシステムタイプです (例、vfat または ext2)。
firewall (optional)
このオプションはインストールプログラム内の ファイアーウォールの設定 画面に相当します:
firewall --enabled|--disabled [--trust=] <device> [--port=]
  • --enabled 又は --enable — DNS 応答や DHCP 要求などの アウトバウンド要求に応答のない受信接続を拒否します。 このマシンで実行中のサービスにサクセスが必要な場合は、 特定サービスがファイアウォールを通過できるよう選択できます。
  • --disabled 又は --disable — どんな iptable のルールも設定しません。
  • --trust= — この一覧にデバイス (たとえば eth0 など) を記述 すると、そのデバイスからのすべてのトラフィックはファイアウォールを通り抜けることができます。複数の デバイスを記述するには、 --trust eth0 --trust eth1のように指定します。--trust eth0, eth1 のようにカンマで区切ることはできません。
  • <incoming> — Replace with one or more of the following to allow the specified services through the firewall.
    • --ssh
    • --smtp
    • --http
    • --ftp
  • --port= — ファイアウォールの通過を許可するポートを、 port:protocol の形式で指定できます。たとえば、 IMAP アクセスがファイアウォールを通過できるようにするには、imap:tcp と指定します。ポートを数値で直接指定することもできます。たとえば、ポート 1234 上で UDP パケットを許可するには、1234:udp と指定します。複数のポートを指定するには、カンマで区切って隔離します。
firstboot (optional)
Determine whether the firstboot starts the first time the system is booted. If enabled, the firstboot package must be installed. If not specified, this option is disabled by default.
  • --enable 又は --enabled設定エージェント はシステムが初めて起動する時に開始します。
  • --disable 又は --disabled設定エージェント はシステムが初めて起動する時に開始しません。
  • --reconfig — システムが起動する時に、セットアップエージェント の開始を再設定モードで有効にします。この再設定モードでは言語、マウス、キーボード、 root パスワード、セキュリティレベル、タイムゾーン、及びネットワーク設定のオプションをデフォルト設定に追加して選択することができます。
graphical (optional)
グラフィカルモードでキックスタートインストールを実行します。これがデフォルトです。
halt (optional)
インストールが正常に完了した後にシステムを停止します。これは anaconda がメッセージを表示して、ユーザーが再起動のためにキーを押すまで待機する手動インストールと似ています。キックスタートインストール内に完了方法が指定されていない場合は、デフォルトでこのオプションが使用されます。
The halt option is equivalent to the shutdown -h command.
For other completion methods, refer to the poweroff, reboot, and shutdown kickstart options.
install (optional)
既存システムのアップグレードではなく、フレッシュなシステムをインストールするようにシステムに対して指示します。これがデフォルトモードです。インストールのために、cdromharddrivenfs、又は url (FTP か HTTP のインストール用) のいずれかの インストールタイプを指定しなければなりません。install コマンドとインストール方法のコマンドは 別々の行で設定します。
  • cdrom — システムの最初の光学ドライブからインストールします。
  • harddrive — Install from a Fedora installation tree on a local drive, which must be either vfat or ext2.
    • --biospart=
      BIOS partition to install from (such as 82).
    • --partition=
      Partition to install from (such as sdb2).
    • --dir=
      Directory containing the variant directory of the installation tree.
    例えば:
    harddrive --partition=hdb2 --dir=/tmp/install-tree
  • nfs — 指定した NFS サーバからインストール
    • --server=
      Server from which to install (hostname or IP).
    • --dir=
      Directory containing the variant directory of the installation tree.
    • --opts=
      Mount options to use for mounting the NFS export. (optional)
    例えば:
    nfs --server=nfsserver.example.com --dir=/tmp/install-tree
  • url — FTP または HTTP 経由でリモートサーバ上にあるインストールツリーからのインストール
    例えば:
    url --url http://<server>/<dir>
    又は:
    url --url ftp://<username>:<password>@<server>/<dir>
iscsi (optional)
iscsi --ipaddr= [オプション].
Specifies additional iSCSI storage to be attached during installation. If you use the iscsi parameter, you must also assign a name to the iSCSI node, using the iscsiname parameter earlier in the kickstart file.
可能であれば、iscsi パラメータの使用よりも、システム BIOS 内で、又は ファームウェア(Intel システムでは iBFT)内で iSCSI ストレージの設定を推奨します。Anaconda は 自動的に BIOS 内の又は ファームウェア内のディスクを検出して使用しますので、キックスタートファイル内で 特別な設定は必要ありません。
iscsi パラメータを使用しなければならない場合は、 インストールの開始時にネットワークが始動されていることを確認して下さい。そして、 キックスタートファイル内で clearpartignoredisk などの パラメータで iSCSI ディスクを参照する前に iscsi パラメータが表示されることを 確認して下さい。
  • --port= (mandatory) — ポート番号 (一般的に、 --port=3260
  • --user= — ターゲットで認証するために必要なユーザー名です
  • --password= — tターゲット用に指定されたユーザー名に 該当するパスワードです
  • --reverse-user= — 逆 CHAP 認証を使用するターゲットからの イニシエータで認証するために必要なユーザー名です。
  • --reverse-password= — イニシエータ用に指定された ユーザー名に該当するパスワードです。
iscsiname (オプション)
Assigns a name to an iSCSI node specified by the iscsi parameter. If you use the iscsi parameter in your kickstart file, you must specify iscsiname earlier in the kickstart file.
keyboard (required)
Sets the default keyboard type for the system. The available keyboard types are:
  • be-latin1 — Belgian
  • bg_bds-utf8 — Bulgarian
  • bg_pho-utf8 — Bulgarian (Phonetic)
  • br-abnt2 — Brazilian (ABNT2)
  • cf — French Canadian
  • croat — Croatian
  • cz-us-qwertz — Czech
  • cz-lat2 — Czech (qwerty)
  • de — German
  • de-latin1 — German (latin1)
  • de-latin1-nodeadkeys — German (latin1 without dead keys)
  • dvorak — Dvorak
  • dk — Danish
  • dk-latin1 — Danish (latin1)
  • es — Spanish
  • et — Estonian
  • fi — Finnish
  • fi-latin1 — Finnish (latin1)
  • fr — French
  • fr-latin9 — French (latin9)
  • fr-latin1 — French (latin1)
  • fr-pc — French (pc)
  • fr_CH — Swiss French
  • fr_CH-latin1 — Swiss French (latin1)
  • gr — Greek
  • hu — Hungarian
  • hu101 — Hungarian (101 key)
  • is-latin1 — Icelandic
  • it — Italian
  • it-ibm — Italian (IBM)
  • it2 — Italian (it2)
  • jp106 — Japanese
  • ko — Korean
  • la-latin1 — Latin American
  • mk-utf — Macedonian
  • nl — Dutch
  • no — Norwegian
  • pl2 — Polish
  • pt-latin1 — Portuguese
  • ro — Romanian
  • ru — Russian
  • sr-cy — Serbian
  • sr-latin — Serbian (latin)
  • sv-latin1 — Swedish
  • sg — Swiss German
  • sg-latin1 — Swiss German (latin1)
  • sk-qwerty — Slovak (qwerty)
  • slovene — Slovenian
  • trq — Turkish
  • uk — United Kingdom
  • ua-utf — Ukrainian
  • us-acentos — U.S. International
  • us — U.S. English
The file /usr/lib/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py on 32-bit systems or /usr/lib64/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py on 64-bit systems also contains this list and is part of the system-config-keyboard package.
lang (必須)
Sets the language to use during installation and the default language to use on the installed system. For example, to set the language to English, the kickstart file should contain the following line:
lang en_US
The file /usr/share/system-config-language/locale-list provides a list of the valid language codes in the first column of each line and is part of the system-config-language package.
Certain languages (for example, Chinese, Japanese, Korean, and Indic languages) are not supported during text-mode installation. If you specify one of these languages with the lang command, the installation process continues in English, but the installed system uses your selection as its default language.
langsupport (廃止決定)
The langsupport keyword is deprecated and its use will cause an error message to be printed to the screen and installation to halt. Instead of using the langsupport keyword, you should now list the support package groups for all languages you want supported in the %packages section of your kickstart file. For instance, adding support for French means you should add the following to %packages:
@french-support
logvol (オプション)
Create a logical volume for Logical Volume Management (LVM) with the syntax:
logvol <mntpoint> --vgname=<name> --size=<size> --name=<name> <options>
The options are as follows:
  • --noformat — 既存の論理ボリュームを使用してフォーマット化しません。
  • --useexisting — 既存の論理ボリュームを使用して再フォーマット化します。
  • --fstype= — 論理ボリューム用のファイルシステムタイプを設定します。 有効な値は、xfsext2ext3ext4swapvfat、及び hfs です。
  • --fsoptions= — ファイルシステムをマウントする時に 使用する自由形式の文字列を指定します。この文字列はインストールされるシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされますので引用句で囲む必要があります。
  • --grow= — (もしあれば) 最大利用可能サイズまで論理ボリュームを拡張する、または、指定限度サイズまで拡張するように指示します。
  • --maxsize= — The maximum size in megabytes when the logical volume is set to grow. Specify an integer value here such as 500 (do not include the unit).
  • --recommended= — 論理ボリュームのサイズを自動的に 決定します。
  • --percent= — Specify the amount by which to grow the logical volume, as a percentage of the free space in the volume group after any statically-sized logical volumes are taken into account. This option must be used in conjunction with the --size and --grow options for logvol.
  • --encrypted — Specifies that this logical volume should be encrypted, using the passphrase provided in the --passphrase option. If you do not specify a passphrase, anaconda uses the default, system-wide passphrase set with the autopart --passphrase command, or stops the installation and prompts you to provide a passphrase if no default is set.
  • --passphrase= — Specifies the passphrase to use when encrypting this logical volume. You must use this option together with the --encrypted option; by itself it has no effect.
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store data encryption keys of all encrypted volumes as files in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. The keys are stored as a separate file for each encrypted volume. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to each encrypted volume. Store these passphrases in separate files in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
  • --label= — assign a label to an individual volume.
Create the partition first, create the logical volume group, and then create the logical volume. For example:
part pv.01 --size 3000 
volgroup myvg pv.01
logvol / --vgname=myvg --size=2000 --name=rootvol
Create the partition first, create the logical volume group, and then create the logical volume to occupy 90% of the remaining space in the volume group. For example:
part pv.01 --size 1 --grow
volgroup myvg pv.01
logvol / --vgname=myvg --size=1 --name=rootvol --grow --percent=90
logging (オプション)
This command controls the error logging of anaconda during installation. It has no effect on the installed system.
  • --host= — ロギング情報を該当するリモートホストに送信 します。このホストはリモートロギングを受理するように設定された syslogd プロセスを実行している 必要があります。
  • --port= — リモートの syslogd プロセスがデフォルト以外の ポートを使用する場合、このオプションで指定できます。
  • --level= — debug、info、warning、error、又は、 critical の内の1つです。
    Specify the minimum level of messages that appear on tty3. All messages will still be sent to the log file regardless of this level, however.
mediacheck (オプション)
If given, this will force anaconda to run mediacheck on the installation media. This command requires that installs be attended, so it is disabled by default.
monitor (オプション)
If the monitor command is not given, anaconda will use X to automatically detect your monitor settings. Please try this before manually configuring your monitor.
  • --hsync= — モニタの水平同期周波数を指定します。
  • --monitor= — 指定されたモニターを使用します。 モニター名は、hwdata パッケージからの /usr/share/hwdata/MonitorsDB 内のモニターの 一覧から来る必要があります。モニターの 一覧はキックスタート設定の X 設定画面上でも見ることが できます。--hsync 又は --vsync が提供されている場合は、--monitor= は 無視されます。モニター情報が提供されない場合、インストールプログラムが自動的にそれを検出する 試みをします。
  • --noprobe= — モニターの検出をしない。
  • --vsync= — モニタの垂直同期周波数を指定します。
mouse (廃棄決定)
マウスキーワードは廃止されました。
network (オプション)
Configures network information for the target system and activates network devices in the installer environment. The device specified in the first network command is activated automatically if network access is required during installation, for example, during a network installation or installation over VNC. You can also explicitly require device to activate in the installer environment with the --activate option.

How to manually input network settings

If you need to manually specify network settings during an otherwise-automated kickstart installation, do not use network. Instead, boot the system with the asknetwork option (refer to 「Starting a Kickstart Installation」), which will prompt anaconda to ask you for network settings rather than use the default settings. anaconda will ask this before fetching the kickstart file.
Once the network connection is established, you can only reconfigure network settings with those specified in your kickstart file.

注記

You will only be prompted for information about your network:
  • before fetching the kickstart file if you are using the asknetwork boot option
  • when the network is first accessed once the kickstart file has been fetched, if the network was not used to fetch it and you have provided no kickstart network commands
  • --activate — activate this device in the installer environment.
    If you use the --activate option on a device that has already been activated (for example, an interface you configured with boot options so that the system could retrieve the kickstart file) the device is reactivated to use the details specified in the kickstart file.
    Use the --nodefroute option to prevent the device from using the default route.
    The activate option is new in Fedora 16.
  • --biosdevname=0 — disables consistent network device naming (refer to Appendix A in the Fedora System Administrators Guide).
  • --bootproto= — One of dhcp, bootp, ibft, or static.
    The ibft option is new in Fedora 16.
    The bootproto option defaults to dhcp. bootp and dhcp are treated the same.
    The DHCP method uses a DHCP server system to obtain its networking configuration. As you might guess, the BOOTP method is similar, requiring a BOOTP server to supply the networking configuration. To direct a system to use DHCP:
    network --bootproto=dhcp
    To direct a machine to use BOOTP to obtain its networking configuration, use the following line in the kickstart file:
    network --bootproto=bootp
    To direct a machine to use the configuration specified in iBFT, use:
    network --bootproto=ibft
    The static method requires that you specify the IP address, netmask, gateway, and nameserver in the kickstart file. As the name implies, this information is static and is used during and after the installation.
    All static networking configuration information must be specified on one line; you cannot wrap lines using a backslash as you can on a command line. A line that specifies static networking in a kickstart file is therefore more complex than lines that specify DHCP, BOOTP, or iBFT. Note that the examples on this page have line breaks in them for presentation reasons; they would not work in an actual kickstart file.
    network --bootproto=static --ip=10.0.2.15 --netmask=255.255.255.0
     --gateway=10.0.2.254 --nameserver=10.0.2.1
    
    ここでは複数のネームサーバーを設定することもできます。それを実行するには、 それらをコマンドライン内にコンマで区切られた一覧として指定します。
    network --bootproto=static --ip=10.0.2.15 --netmask=255.255.255.0
     --gateway=10.0.2.254 --nameserver 192.168.2.1,192.168.3.1
    
  • --device= — specifies the device to be configured (and eventually activated) with the network command. For the first network command, --device= defaults (in order of preference) to one of:
    1. the device specified by the ksdevice boot option
    2. the device activated automatically to fetch the kickstart file
    3. the device selected in the Networking Devices dialog
    The behavior of any subsequent network command is unspecified if its --device option is missing. Take care to specify a --device option for any network command beyond the first.
    You can specify a device in one of five ways:
    • the device name of the interface, for example, eth0
    • the MAC address of the interface, for example, 00:12:34:56:78:9a
    • the keyword link, which specifies the first interface with its link in the up state
    • the keyword bootif, which uses the MAC address that pxelinux set in the BOOTIF variable. Set IPAPPEND 2 in your pxelinux.cfg file to have pxelinux set the BOOTIF variable.
    • the keyword ibft, which uses the MAC address of the interface specified by iBFT
    network --bootproto=dhcp --device=eth0
  • --ip= — IP address of the device.
  • --ipv6= — IPv6 address of the device, or auto to use automatic neighbor discovery, or dhcp to use DHCPv6.
  • --gateway= — Default gateway as a single IPv4 or IPv6 address.
  • --nameserver= — Primary nameserver, as an IP address. Multiple nameservers must each be separated by a comma.
  • --nodefroute — Prevents the interface being set as the default route. Use this option when you activate additional devices with the --activate= option, for example, a NIC on a separate subnet for an iSCSI target.
    The nodefroute option is new in Fedora 16.
  • --nodns — いずれの DNS サーバーも設定しない。
  • --netmask= — Network mask of the device.
  • --hostname= — インストール済みシステムのホスト名。
  • --ethtool= — ethtool プログラムに渡される ネットワークデバイス用の追加の低レベル設定を指定する。
  • --onboot= — 起動時にデバイスを有効にするかどうか
  • --dhcpclass= — DHCP クラス
  • --mtu= — デバイスの MTU 。
  • --noipv4 — このデバイス上の IPv4 を無効にする。
  • --noipv6 — このデバイス上の IPv6 を無効にする。
part あるいは partition (インストールで必須、アップグレードで無視)
Creates a partition on the system.
If more than one Fedora installation exists on the system on different partitions, the installation program prompts the user and asks which installation to upgrade.

警告

As of Fedora 16, you need a biosboot partition in order to successfully install the bootloader on a disk that contains a GPT/GUID partition table. This includes disks initialized by the installer. This partition can be created with the kickstart option part biosboot --fstype=biosboot --size=1.
However, if the disk already has a biosboot partition, adding a "part biosboot" option is unnecessary.

Warning

All partitions created are formatted as part of the installation process unless --noformat and --onpart are used.

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
part の実行例の詳細には、「Advanced Partitioning Example」 を参照して下さい。
  • <mntpointmultipath --name= --device= --rule=> — The <mntpoint> is where the partition is mounted and must be of one of the following forms:
    • /<path>
      For example, /, /usr, /home
    • swap
      The partition is used as swap space.
      To determine the size of the swap partition automatically, use the --recommended option:
      swap --recommended
      The size assigned will be effective but not precisely calibrated for your system.
      If you wish to set the swap partition more precisely, refer to 「Recommended Partitioning Scheme」.
    • raid.<id>
      The partition is used for software RAID (refer to raid).
    • pv.<id>
      The partition is used for LVM (refer to logvol).
  • --size= — The minimum partition size in megabytes. Specify an integer value here such as 500 (do not include the unit).

    Important - --size value must be high

    If the --size value is too small, the installation will fail. Set the --size value as the minimum amount of space you require. For size recommendations, refer to 「Recommended Partitioning Scheme」.
  • --grow — (もしあれば) 最大利用可能サイズまでパーティションを拡張 する、または、指定限度サイズまで拡張するように指示します。

    Note

    swap パーティション上に --maxsize= を設定しないで、 --grow= を使用すると、Anaconda は swap パーティションの最大サイズを制限します。2GB 以下の物理メモリーを持つシステムでは、 課せられる制限は物理メモリーの2倍となります。2GB 以上の物理メモリーを持つシステムには この制限は物理メモリープラス 2GB となります。
  • --maxsize= — The maximum partition size in megabytes when the partition is set to grow. Specify an integer value here such as 500 (do not include the unit).
  • --noformat — Specifies that the partition should not be formatted, for use with the --onpart command.
  • --onpart= or --usepart= — Specifies the device on which to place the partition. For example:
    partition /home --onpart=hda1
    puts /home on /dev/hda1.
    The device must already exist on the system; the --onpart option will not create it.
  • --ondisk= 又は --ondrive= — パーティションが 特定のディスク上に作成されるように強制します。例えば、--ondisk=sdb は、システム上の 2 番目の SCSIディスクにパーティションを設定します。
    To specify a multipath device that does not use logical volume management (LVM), use the format disk/by-id/dm-uuid-mpath-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to specify a disk with WWID 2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017, use:
    part / --fstype=ext3 --grow --asprimary --size=100 --ondisk=disk/by-id/dm-uuid-mpath-2416CD96995134CA5D787F00A5AA11017
    Multipath devices that use LVM are not assembled until after anaconda has parsed the kickstart file. Therefore, you cannot specify these devices in the format dm-uuid-mpath. Instead, to specify a multipath device that uses LVM, use the format disk/by-id/scsi-WWID, where WWID is the world-wide identifier for the device. For example, to specify a disk with WWID 58095BEC5510947BE8C0360F604351918, use:
    part / --fstype=ext3 --grow --asprimary --size=100 --ondisk=disk/by-id/scsi-58095BEC5510947BE8C0360F604351918

    Warning — Never specify multipath devices by device names like mpatha

    Device names like mpatha are not specific to a particular disk. The disk named /dev/mpatha during installation might not be the one that you expect it to be. Therefore, the part command could target the wrong disk or partition.
  • --asprimary — プライマリパーティションとして自動割り当てを強制的に実行します。実行できなければパーティションの設定に失敗します。
  • --type= (fstype に入れ換え) — このオプションはもう利用できません。代わりに fstype を使用します。
  • --fsoptions= — ファイルシステムをマウントする時に 使用する自由形式のオプションの文字列を指定します。この文字列はインストールしたシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされますので引用句で囲む必要があります。
  • --fsprofile — Specifies a usage type to be passed to the program that makes a filesystem on this partition. A usage type defines a variety of tuning parameters to be used when making a filesystem. For this option to work, the filesystem must support the concept of usage types and there must be a configuration file that lists valid types. For ext2, ext3, and ext4, this configuration file is /etc/mke2fs.conf.
  • --fstype= — パーティション用のファイルシステムタイプを設定します。有効な値は、 xfsext2ext3ext4swapvfat、及び hfs です。
  • --recommended — パーティションのサイズを自動的に 決定します。
  • --onbiosdisk — BIOS で検出された特定のディスク上で パーティションが作成されるように強制します。
  • --encrypted — Specifies that this partition should be encrypted, using the passphrase provided in the --passphrase option. If you do not specify a passphrase, anaconda uses the default, system-wide passphrase set with the autopart --passphrase command, or stops the installation and prompts you to provide a passphrase if no default is set.
  • --passphrase= — Specifies the passphrase to use when encrypting this partition. You must use this option together with the --encrypted option; by itself it has no effect.
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store data encryption keys of all encrypted partitions as files in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. The keys are stored as a separate file for each encrypted partition. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to each encrypted partition. Store these passphrases in separate files in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
  • --label= — assign a label to an individual partition.

Note

If partitioning fails for any reason, diagnostic messages appear on virtual console 3.
poweroff (オプション)
インストールが正しく完了した後に、システムをシャットダウンして電源を切ります。通常、手動のインストールでは anaconda はメッセージを表示して、再起動前にユーザーがキーを押すのを待ちます。キックスタートインストールでは、完了法が指定されていない場合、 デフォルトで halt オプションが使用されます。
The poweroff option is equivalent to the shutdown -p command.

Note

poweroff オプションは使用中のハードウェアに多く依存します。 特に、BIOS、APM (advanced power management)、ACPI (advanced configuration and power interface) など特定のハードウェアコンポーネントはシステムカーネルと交流できる必要が あります。使用システムの APM/ACPI 能力に関してはその製造元に連絡して下さい。
For other completion methods, refer to the halt, reboot, and shutdown kickstart options.
raid (オプション)
Assembles a software RAID device. This command is of the form:
raid <mntpoint> --level=<level> --device=<mddevice> <partitions*>
  • <mntpoint> — Location where the RAID file system is mounted. If it is /, the RAID level must be 1 unless a boot partition (/boot) is present. If a boot partition is present, the /boot partition must be level 1 and the root (/) partition can be any of the available types. The <partitions*> (which denotes that multiple partitions can be listed) lists the RAID identifiers to add to the RAID array.
  • --level= — 使用する RAID のレベル (0、1、または、5)。
  • --device= — 使用する RAID デバイスの名前 (md0 や md1 など)。 RAID デバイスの範囲は md0 から md15 まであり、 それぞれ 1 度だけ使用することができます。
  • --spares= — RAID アレイに割り当てられたスペアドライブの数を指定します。スペアドライブはドライブが故障した場合にアレイを再構築するために使用します。
  • --grow= — Only supported for RAID0. Tells the RAID device to grow to fill available space (if any), or up to the maximum size setting.
  • --fsprofile — Specifies a usage type to be passed to the program that makes a filesystem on this partition. A usage type defines a variety of tuning parameters to be used when making a filesystem. For this option to work, the filesystem must support the concept of usage types and there must be a configuration file that lists valid types. For ext2, ext3, and ext4, this configuration file is /etc/mke2fs.conf.
  • --fstype= — RAID アレイ用のファイルシステムタイプを設定します。有効な値は、 xfsext2ext3ext4swapvfat、及び hfs です。
  • --fsoptions= — ファイルシステムをマウントする時に 使用されるオプションの自由形式の文字列を指定します。この文字列はインストールされるシステムの /etc/fstab ファイルにコピーされますので引用句で囲む必要があります。
  • --noformat — 既存の RAID デバイスを使用し、RAID アレイをフォーマットしません。
  • --useexisting — 既存の RAID デバイスを使用し、再フォーマットします。
  • --encrypted — Specifies that this RAID device should be encrypted, using the passphrase provided in the --passphrase option. If you do not specify a passphrase, anaconda uses the default, system-wide passphrase set with the autopart --passphrase command, or stops the installation and prompts you to provide a passphrase if no default is set.
  • --passphrase= — Specifies the passphrase to use when encrypting this RAID device. You must use this option together with the --encrypted option; by itself it has no effect.
  • --escrowcert=URL_of_X.509_certificate — Store the data encryption key for this device in a file in /root, encrypted using the X.509 certificate from the URL specified with URL_of_X.509_certificate. This option is only meaningful if --encrypted is specified.
  • --backuppassphrase= — Add a randomly-generated passphrase to this device. Store the passphrase in a file in /root, encrypted using the X.509 certificate specified with --escrowcert. This option is only meaningful if --escrowcert is specified.
The following example shows how to create a RAID level 1 partition for /, and a RAID level 5 for /usr, assuming there are three SCSI disks on the system. It also creates three swap partitions, one on each drive.
part raid.01 --size=60 --ondisk=sda
part raid.02 --size=60 --ondisk=sdb 
part raid.03 --size=60 --ondisk=sdc
part swap --size=128 --ondisk=sda  
part swap --size=128 --ondisk=sdb  
part swap --size=128 --ondisk=sdc
part raid.11 --size=1 --grow --ondisk=sda  
part raid.12 --size=1 --grow --ondisk=sdb  
part raid.13 --size=1 --grow --ondisk=sdc
raid / --level=1 --device=md0 raid.01 raid.02 raid.03  
raid /usr --level=5 --device=md1 raid.11 raid.12 raid.13
raid の実行例の詳細には、 「Advanced Partitioning Example」 を参照して下さい。
reboot (オプション)
Reboot after the installation is successfully completed (no arguments). Normally, kickstart displays a message and waits for the user to press a key before rebooting.
The reboot option is equivalent to the shutdown -r command.
For other completion methods, refer to the halt, poweroff, and shutdown kickstart options.
キックスタートファイルに明示的に他の方法が示されていない場合は、halt オプションがデフォルトの完了方法です。

注記

Use of the reboot option may result in an endless installation loop, depending on the installation media and method.
repo (オプション)
Configures additional yum repositories that may be used as sources for package installation. Multiple repo lines may be specified.
repo --name=<repoid> [--baseurl=<url>| --mirrorlist=<url>]
  • --name= — レポジトリの id です。このオプションは必須です。
  • --baseurl= — レポジトリ用の URL です。 yum repo config ファイル内で使用される可能性のある変数はここではサポートされていません。 このオプションか、又は --mirrorlist のどちらかを使用できますが、両方は使用できません。
  • --mirrorlist= — レポジトリ用のミラーの一覧を ポイントしている URL です。yum repo config ファイル内で使用される可能性のある変数は ここではサポートされていません。このオプションか、又は --baseurl のどちらかを使用できますが、 両方は使用できません。
rootpw (required)
Sets the system's root password to the <password> argument.
rootpw [--iscrypted] <password>
  • --iscrypted — これを設定すると、引数のパスワードはすでに暗号化されているものとみなされます。
selinux (optional)
インストール済みシステム上に SELinux の状態をセットします。SELinux は anaconda で強制モードがデフォルトです。
selinux [--disabled|--enforcing|--permissive]
  • --enforcing — デフォルトのターゲットポリシーが強制 されている SELinux を有効にします。

    Note

    If the selinux option is not present in the kickstart file, SELinux is enabled and set to --enforcing by default.
  • --permissive — SELinux ポリシーを基にして警告を 出力しますが、実際にはポリシーを強制しません。
  • --disabled — システム上の SELinux を完全に無効にします。
For more information regarding SELinux for Fedora, refer to the Fedora Deployment Guide.
services (optional)
Modifies the default set of services that will run under the default runlevel. The list of disabled services is processed before the list of enabled services. Therefore, if a service appears on both lists, it is enabled.
  • --disabled — コンマで隔離された一覧で提示された サービスを無効にします。
  • --enabled — コンマで隔離された一覧内で提示された サービスを有効にします。

サービスの一覧には空白を入れないで下さい

コンマで隔離された一覧内に空白を挿入すると、キックスタートは最初の空白までの サービスだけを有効、又は無効にします。例えば:
services --disabled auditd, cups,smartd, nfslock
これは、auditd サービスのみを無効にします。4つの全ての サービスを無効にするには、サービス名の間に空白が入るべきではありません:
services --disabled auditd,cups,smartd,nfslock
shutdown (optional)
インストールが正しく終了した後にシステムをシャットダウンします。キックスタートインストール内で、 完了法が指定されていないと、デフォルトとして halt オプションが使用されます。
The shutdown option is equivalent to the shutdown command.
For other completion methods, refer to the halt, poweroff, and reboot kickstart options.
skipx (optional)
存在する場合は、インストールしたシステム上では X は設定されません。

Package selection might configure X

If you install a display manager among your package selection options, this package will create an X configuration, and the installed system will default to run level 5. The effect of the skipx option is overridden.
sshpw (オプション)
During installation, you can interact with anaconda and monitor its progress over an SSH connection. Use the sshpw command to create temporary accounts through which to log on. Each instance of the command creates a separate account that exists only in the installation environment. These accounts are not transferred to the installed system.
sshpw --username=<name> <password> [--iscrypted|--plaintext] [--lock]
  • --username — ユーザーの名前を提供します。このオプションは 必須です。
  • --iscrypted — Specifies that the password is already encrypted.
  • --plaintext — Specifies that the password is in plain text and not encrypted.
  • --lock — これを設定すると、新規のユーザーアカウントは デフォルトでロックされます。すなわち、そのユーザーはコンソールからログインできません。

Important — You must boot with sshd=1

By default, the ssh server is not started during installation. To make ssh available during installation, boot the system with the kernel boot option sshd=1. Refer to 「Enabling Remote Access with ssh」 for details of how to specify this kernel option at boot time.
text (optional)
キックスタートインストールをテキストモードで実行します。デフォルトでは、キックスタートインストールはグラフィカルモードで実行されます。

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
timezone (required)
Sets the system time zone to <timezone> which may be any of the time zones listed by timeconfig.
timezone [--utc] <timezone>
  • --utc — これを指定すると、ハードウェアクロックが UTC (グリニッジ標準) 時間に合わせて 設定されているものとみなされます。
upgrade (optional)
フレッシュなシステムのインストールではなく、既存システムのアップグレードをシステムに指示します。インストールツリーの場所として cdromharddrivenfs、又は url (FTP と HTTP 用) のいずれかを指定する必要があります。詳細は install でご覧下さい。
user (optional)
システム上に新規のユーザーを作成します。
user --name=<username> [--groups=<list>] [--homedir=<homedir>] [--password=<password>] [--iscrypted] [--shell=<shell>] [--uid=<uid>]
  • --name= — ユーザーの名前を提供します。このオプションは 必須です。
  • --groups= — デフォルトグループの他にもユーザーが 所属すべきグループ名のコンマで分離された一覧があります。このグループはユーザーアカウントが 作成される前に存在する必要があります。
  • --homedir= — The home directory for the user. If not provided, this defaults to /home/<username>.
  • --password= — The new user's password. If not provided, the account will be locked by default.
  • --iscrypted= — パスワードが提供されているか?、 パスワードが既に暗号化されているかどうか?
  • --shell= — The user's login shell. If not provided, this defaults to the system default.
  • --uid= — The user's UID. If not provided, this defaults to the next available non-system UID.
vnc (optional)
VNC 経由のリモートでグラフィカルインストールを表示できるようにします。この方法が通常はテキストモードよりも好まれます。テキストインストールには一部のサイズと言語に限界があるからです。オプション指定がない場合は、このコマンドはパスワード無しでマシン上で VNC サーバーを開始し、リモートマシンを接続するために実行すべきコマンドを表示します。
vnc [--host=<hostname>] [--port=<port>] [--password=<password>]
  • --host= — VNC サーバーをインストールマシンで開始する 代わりに、該当するホスト名でリッスンしている VNC ビューワプロセスに接続します。
  • --port= — リモート VNC ビューワプロセスがリッスンしている ポートを提供します。提供されないと、anaconda は VNC のデフォルトを使用します。
  • --password= — パスワードを設定します。これは VNC セッションへの 接続のために用意されなければなりません。これはオプションですが、推奨事項です。
volgroup (optional)
LVM (Logical Volume Management) グループを以下の構文で作成するために使用します:
volgroup <name> <partition> <options>
The options are as follows:
  • --noformat — 既存のボリュームグループを使用し、フォーマットしません。
  • --useexisting — 既存のボリュームグループを使用し、再フォーマットします。
  • --pesize= — 物理拡張領域のサイズを設定します。
Create the partition first, create the logical volume group, and then create the logical volume. For example:
part pv.01 --size 3000 
volgroup myvg pv.01 
logvol / --vgname=myvg --size=2000 --name=rootvol
volgroup の実行例の詳細には、 「Advanced Partitioning Example」 を参照して下さい。
xconfig (optional)
Configures the X Window System. If you install the X Window System with a kickstart file that does not include the xconfig command, you must provide the X configuration manually during installation.
Do not use this command in a kickstart file that does not install the X Window System.
  • --driver — ビデオハードウェア用に使用する X ドライバーを指定します。
  • --videoram= — ビデオカードのビデオ RAM 容量を指定します。
  • --defaultdesktop= — デフォルトのデスクトップを GNOME または KDE に設定します (%packages によって GNOME または KDE のデスクトップ環境がインストールされていることが前提)。
  • --startxonboot — インストールされたシステムでグラフィカルログインを使います。
zerombr (optional)
zerombr が指定されていると、ディスク上で検出された無効なパーティションテーブルが 初期化されます。これは無効なパーティションテーブルを持つディスクの全てのコンテンツを抹消します。
このコマンドは以前は、zerombr yes として指定されていた ことに注意して下さい。この形式は現在では廃棄されており、今はその代わりにキックスタート ファイル内で単に zerombr を指定します。
%include (オプション)
%include /path/to/file コマンドを使用すると、キックスタートファイル内に別のファイルのコンテンツを含んで、まるでそのコンテンツがキックスタートファイルの %include コマンドの 場所にあるかのように機能します。

15.4.1. Advanced Partitioning Example

The following is a single, integrated example showing the clearpart, raid, part, volgroup, and logvol kickstart options in action:
clearpart --drives=hda,hdc --initlabel  
# Raid 1 IDE config 
part raid.11    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hda 
part raid.12    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hda 
part raid.13    --size 2000     --asprimary     --ondrive=hda 
part raid.14    --size 8000                     --ondrive=hda 
part raid.15    --size 16384 --grow             --ondrive=hda             
part raid.21    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hdc 
part raid.22    --size 1000     --asprimary     --ondrive=hdc 
part raid.23    --size 2000     --asprimary     --ondrive=hdc 
part raid.24    --size 8000                     --ondrive=hdc 
part raid.25    --size 16384 --grow             --ondrive=hdc  

# You can add --spares=x  
raid /          --fstype ext3 --device md0 --level=RAID1 raid.11 raid.21 
raid /safe      --fstype ext3 --device md1 --level=RAID1 raid.12 raid.22 
raid swap       --fstype swap --device md2 --level=RAID1 raid.13 raid.23 
raid /usr       --fstype ext3 --device md3 --level=RAID1 raid.14 raid.24 
raid pv.01      --fstype ext3 --device md4 --level=RAID1 raid.15 raid.25  

# LVM configuration so that we can resize /var and /usr/local later 
volgroup sysvg pv.01     
logvol /var             --vgname=sysvg  --size=8000     --name=var 
logvol /var/freespace   --vgname=sysvg  --size=8000     --name=freespacetouse 
logvol /usr/local       --vgname=sysvg  --size=1 --grow --name=usrlocal
This advanced example implements LVM over RAID, as well as the ability to resize various directories for future growth.

15.5. Package Selection

Warning — do not install every available package

You can use a kickstart file to install every available package by specifying @Everything or simply * in the %packages section. However, using a kickstart file in this way will introduce package and file conflicts onto the installed system
Use the %packages command to begin a kickstart file section that lists the packages you would like to install (this is for installations only, as package selection during upgrades is not supported).
You can specify packages by group or by their package names. The installation program defines several groups that contain related packages. Refer to the variant/repodata/comps-*.xml file on the Fedora DVD for a list of groups. Each group has an id, user visibility value, name, description, and package list. If the group is selected for installation, the packages marked mandatory in the package list are always installed, the packages marked default are installed if they are not specifically excluded elsewhere, and the packages marked optional must be specifically included elsewhere even when the group is selected.
Specify groups, one entry to a line, starting with an @ symbol, a space, and then the full group name or group id as given in the comps.xml file. For example:
%packages 
@ X Window System 
@ Desktop 
@ Sound and Video
Note that the Core and Base groups are always selected by default, so it is not necessary to specify them in the %packages section.
Specify individual packages by name, one entry to a line. You can use asterisks as wildcards to glob package names in entries. For example:
sqlite
curl
aspell
docbook*
The docbook* entry includes the packages docbook-dtds, docbook-simple, docbook-slides and others that match the pattern represented with the wildcard.
Use a leading dash to specify packages or groups to exclude from the installation. For example:
-@ Graphical Internet 
-autofs
-ipa*fonts
Using a kickstart file to install every available package by specifying * will introduce package and file conflicts onto the installed system. Packages known to cause such problems are assigned to the @Conflicts (variant) group, where variant is Client, ComputeNode, Server or Workstation. If you specify * in a kickstart file, be sure to exclude @Conflicts (variant) or the installation will fail:
*
-@Conflicts (Server)
Note that the Fedora Project does not support the use of * in a kickstart file, even if you exclude @Conflicts (variant).
The following options are available for the %packages option:
--nobase
@Base グループをインストールしません。単一目的サーバー、又はデスクトップ 使用などの目的で最低限インストールを実行するためにこのオプションを使用します。
--resolvedeps
The --resolvedeps option has been deprecated. Dependencies are now always resolved automatically.
--ignoredeps
The --ignoredeps option has been deprecated. Dependencies are resolved automatically every time now.
--ignoremissing
Ignore the missing packages and groups instead of halting the installation to ask if the installation should be aborted or continued. For example:
%packages --ignoremissing

15.6. Pre-installation Script

You can add commands to run on the system immediately after the ks.cfg has been parsed. This section must be placed towards the end of the kickstart file, after the kickstart commands described in 「Kickstart Options」, and must start with the %pre command. If your kickstart file also includes a %post section, the order of the %pre and %post sections does not matter.
You can access the network in the %pre section; however, name service has not been configured at this point, so only IP addresses work.

Note

Note that the pre-install script is not run in the change root environment.
--interpreter /usr/bin/python
Allows you to specify a different scripting language, such as Python. Replace /usr/bin/python with the scripting language of your choice.

15.6.1. Example

Here is an example %pre section:
%pre  
#!/bin/sh  
hds="" 
mymedia=""  
for file in /proc/ide/h* do   
	mymedia=`cat $file/media`   
	if [ $mymedia == "disk" ] ; then       
		hds="$hds `basename $file`"   
	fi 
done  
set $hds 
numhd=`echo $#`  
drive1=`echo $hds | cut -d' ' -f1` 
drive2=`echo $hds | cut -d' ' -f2`  
#Write out partition scheme based on whether there are 1 or 2 hard drives  
if [ $numhd == "2" ] ; then   
	#2 drives   
	echo "#partitioning scheme generated in %pre for 2 drives" > /tmp/part-include   
	echo "clearpart --all" >> /tmp/part-include   
	echo "part /boot --fstype ext3 --size 75 --ondisk hda" >> /tmp/part-include   
	echo "part / --fstype ext3 --size 1 --grow --ondisk hda" >> /tmp/part-include   
	echo "part swap --recommended --ondisk $drive1" >> /tmp/part-include   
	echo "part /home --fstype ext3 --size 1 --grow --ondisk hdb" >> /tmp/part-include 
else   
	#1 drive   
	echo "#partitioning scheme generated in %pre for 1 drive" > /tmp/part-include   
	echo "clearpart --all" >> /tmp/part-include   
	echo "part /boot --fstype ext3 --size 75" >> /tmp/part-include
	echo "part swap --recommended" >> /tmp/part-include   
	echo "part / --fstype ext3 --size 2048" >> /tmp/part-include   
	echo "part /home --fstype ext3 --size 2048 --grow" >> /tmp/part-include 
fi
This script determines the number of hard drives in the system and writes a text file with a different partitioning scheme depending on whether it has one or two drives. Instead of having a set of partitioning commands in the kickstart file, include the line:
%include /tmp/part-include
The partitioning commands selected in the script are used.

Note

The pre-installation script section of kickstart cannot manage multiple install trees or source media. This information must be included for each created ks.cfg file, as the pre-installation script occurs during the second stage of the installation process.

15.7. Post-installation Script

You have the option of adding commands to run on the system once the installation is complete. This section must be placed towards the end of the kickstart file, after the kickstart commands described in 「Kickstart Options」, and must start with the %post command. If your kickstart file also includes a %pre section, the order of the %pre and %post sections does not matter.
This section is useful for functions such as installing additional software and configuring an additional nameserver.

Note

If you configured the network with static IP information, including a nameserver, you can access the network and resolve IP addresses in the %post section. If you configured the network for DHCP, the /etc/resolv.conf file has not been completed when the installation executes the %post section. You can access the network, but you can not resolve IP addresses. Thus, if you are using DHCP, you must specify IP addresses in the %post section.

Note

The post-install script is run in a chroot environment; therefore, performing tasks such as copying scripts or RPMs from the installation media do not work.
--nochroot
Allows you to specify commands that you would like to run outside of the chroot environment.
The following example copies the file /etc/resolv.conf to the file system that was just installed.
%post --nochroot 
cp /etc/resolv.conf /mnt/sysimage/etc/resolv.conf
--interpreter /usr/bin/python
Allows you to specify a different scripting language, such as Python. Replace /usr/bin/python with the scripting language of your choice.
--log /path/to/logfile
インストール後スクリプトの出力をログします。ログファイルのパスは、ユーザーが --nochroot オプションを使用するかどうかを考慮に入れる必要が あることに注意して下さい。例えば、--nochroot 無しでは:
%post --log=/root/ks-post.log
--nochroot を付けて:
%post --nochroot --log=/mnt/sysimage/root/ks-post.log

15.7.1. Example

例15.1 Run a script named runme from an NFS share:
mkdir /mnt/temp 
mount -o nolock 10.10.0.2:/usr/new-machines /mnt/temp 
openvt -s -w -- /mnt/temp/runme 
umount /mnt/temp
NFS file locking is not supported while in kickstart mode, therefore -o nolock is required when mounting an NFS mount.

15.8. Making the Kickstart File Available

A kickstart file must be placed in one of the following locations:
  • On removable media, such as a floppy disk, optical disk, or USB flash drive
  • On a hard drive
  • On a network
Normally a kickstart file is copied to the removable media or hard drive, or made available on the network. The network-based approach is most commonly used, as most kickstart installations tend to be performed on networked computers.
Let us take a more in-depth look at where the kickstart file may be placed.

15.8.1. Creating Kickstart Boot Media

To perform a kickstart installation using removable media, the kickstart file must be named ks.cfg and must be located in the top-level directory of the disc.
Diskette-based booting is no longer supported in Fedora. Installations must use CD-ROM or flash memory products for booting. However, the kickstart file may still reside on a diskette's top-level directory, and must be named ks.cfg. Separate boot media will be required.
Refer to 「最低限ブートメディアの作成」 for instructions on creating boot media.
ペンベースのフラッシュメモリキックスタートインストールを実行するには、ks.cfg と言う名前のキックスタートファイルがフラッシュメモリの最上部ディレクトリになければなりません。 最初にブートイメージを作成して、その後 ks.cfg ファイルをコピーします。
Refer to 「最低限ブートメディアの作成」 for instructions on creating live USB media using the Fedora-version-architecture-format.iso image file that you can download from the Fedora Project site at http://download.fedoraproject.org/.

Note

ブート用の USB フラッシュドライブの作成は可能ですが、これはシステムハードウェアの BIOS 設定に大きく依存します。 使用しているシステムが代替デバイスでのブートをサポートしているかどうかについてはハードウェア製造元に確認してください。

15.8.2. Making the Kickstart File Available on the Network

Network installations using kickstart are quite common, because system administrators can quickly and easily automate the installation on many networked computers. In general, the approach most commonly used is for the administrator to have both a BOOTP/DHCP server and an NFS server on the local network. The BOOTP/DHCP server is used to give the client system its networking information, while the actual files used during the installation are served by the NFS server. Often, these two servers run on the same physical machine, but they are not required to.
Include the ks kernel boot option in the append line of a target in your pxelinux.cfg/default file to specify the location of a kickstart file on your network. The syntax of the ks option in a pxelinux.cfg/default file is identical to its syntax when used at the boot prompt. Refer to 「Starting a Kickstart Installation」 for a description of the syntax and refer to 例15.2「Using the ks option in the pxelinux.cfg/default file」 for an example of an append line.
If the dhcpd.conf file on the DHCP server is configured to point to /tftpboot/pxelinux.0 on the BOOTP server (whether on the same physical machine or not), systems configured to boot over the network can load the kickstart file and commence installation.
例15.2 Using the ks option in the pxelinux.cfg/default file
For example, if foo.ks is a kickstart file available on an NFS share at 192.168.0.200:/export/kickstart/, part of your pxelinux.cfg/default file might include:
label 1
  kernel Fedora17/vmlinuz
  append initrd=Fedora17/initrd.img ramdisk_size=10000 ks=nfs:192.168.0.200:/export/kickstart/foo.ks

15.9. Making the Installation Tree Available

The kickstart installation must access an installation tree. An installation tree is a copy of the binary Fedora DVD with the same directory structure.
If you are performing a DVD-based installation, insert the Fedora installation DVD into the computer before starting the kickstart installation.
If you are performing a hard drive installation, make sure the ISO images of the binary Fedora DVD are on a hard drive in the computer.
ネットワークベース(NFS、FTP、HTTP)のインストールを実行している場合は、ネットワーク上でインストールツリー、又は ISO イメージが利用できるようにしなければなりません。 その詳細情報には、「Preparing for a Network Installation」 を参照して下さい。

15.10. Starting a Kickstart Installation

Important — Kickstart installations and firstboot

Firstboot は、デスクトップと X Window システムがインストールに含まれていてグラフィカルログインが有効になっていないと、システムがキックスタートファイルから インストールされた後に実行されません。追加のシステムをインストールする前にキックスタート ファイル内に user オプションでユーザーを指定する (詳細には 「Kickstart Options」 を参照) か、root として仮想コンソールでインストール済のシステムにログインして adduser コマンドでユーザーを追加します。
To begin a kickstart installation, you must boot the system from boot media you have made or the Fedora DVD, and enter a special boot command at the boot prompt. The installation program looks for a kickstart file if the ks command line argument is passed to the kernel.
DVD とローカルストレージ
The linux ks= command also works if the ks.cfg file is located on a vfat or ext2 file system on local storage and you boot from the Fedora DVD.
With Driver Disk
If you need to use a driver disk with kickstart, specify the dd option as well. For example, if installation requires a kickstart file on a local hard drive and also requires a driver disk, boot the system with:
linux ks=hd:partition:/path/ks.cfg dd
Boot CD-ROM
「Creating Kickstart Boot Media」 で説明してあるように、キックスタートファイルが ブート CD-ROM 上にある場合、 その CD-ROM をシステムに挿入してシステムをブートし、boot: プロンプトで以下のコマンドを入力します (ks.cfg はキックスタートファイルの名前):
linux ks=cdrom:/ks.cfg
Other options to start a kickstart installation are as follows:
autostep
Make kickstart non-interactive.
debug
Start up pdb immediately.
dd
Use a driver disk.
dhcpclass=<class>
カスタムの DHCP ベンダークラス識別子を送ります。ISC の dhcpcd は、"option vendor-class-identifier" を 使用して、この値を調べます。
dns=<dns>
Comma separated list of nameservers to use for a network installation.
driverdisk
'dd' と同等
expert
Turns on special features:
  • allows partitioning of removable media
  • prompts for a driver disk
gateway=<gw>
Gateway to use for a network installation.
graphical
Force graphical install. Required to have ftp/http use GUI.
isa
Prompt user for ISA devices configuration.
ip=<ip>
ネットワークインストール用に使用の IP : DHCP として 'dhcp' 使用
ipv6=auto, ipv6=dhcp
IPv6 configuration for the device. Use auto to specify automatic neighbor discovery or dhcp for a stateful configuration with DHCPv6. You cannot specify a static IPv6 address.
keymap=<keymap>
Keyboard layout to use. Valid layouts include:
  • be-latin1 — Belgian
  • bg_bds-utf8 — Bulgarian
  • bg_pho-utf8 — Bulgarian (Phonetic)
  • br-abnt2 — Brazilian (ABNT2)
  • cf — French Canadian
  • croat — Croatian
  • cz-us-qwertz — Czech
  • cz-lat2 — Czech (qwerty)
  • de — German
  • de-latin1 — German (latin1)
  • de-latin1-nodeadkeys — German (latin1 without dead keys)
  • dvorak — Dvorak
  • dk — Danish
  • dk-latin1 — Danish (latin1)
  • es — Spanish
  • et — Estonian
  • fi — Finnish
  • fi-latin1 — Finnish (latin1)
  • fr — French
  • fr-latin9 — French (latin9)
  • fr-latin1 — French (latin1)
  • fr-pc — French (pc)
  • fr_CH — Swiss French
  • fr_CH-latin1 — Swiss French (latin1)
  • gr — Greek
  • hu — Hungarian
  • hu101 — Hungarian (101 key)
  • is-latin1 — Icelandic
  • it — Italian
  • it-ibm — Italian (IBM)
  • it2 — Italian (it2)
  • jp106 — Japanese
  • ko — Korean
  • la-latin1 — Latin American
  • mk-utf — Macedonian
  • nl — Dutch
  • no — Norwegian
  • pl2 — Polish
  • pt-latin1 — Portuguese
  • ro — Romanian
  • ru — Russian
  • sr-cy — Serbian
  • sr-latin — Serbian (latin)
  • sv-latin1 — Swedish
  • sg — Swiss German
  • sg-latin1 — Swiss German (latin1)
  • sk-qwerty — Slovak (qwerty)
  • slovene — Slovenian
  • trq — Turkish
  • uk — United Kingdom
  • ua-utf — Ukrainian
  • us-acentos — U.S. International
  • us — U.S. English
The file /usr/lib/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py on 32-bit systems or /usr/lib64/python2.6/site-packages/system_config_keyboard/keyboard_models.py on 64-bit systems also contains this list and is part of the system-config-keyboard package.
ks=nfs:<server>:/<path>
The installation program looks for the kickstart file on the NFS server <server>, as file <path>. The installation program uses DHCP to configure the Ethernet card. For example, if your NFS server is server.example.com and the kickstart file is in the NFS share /mydir/ks.cfg, the correct boot command would be ks=nfs:server.example.com:/mydir/ks.cfg.
ks=http://<server>/<path>
The installation program looks for the kickstart file on the HTTP server <server>, as file <path>. The installation program uses DHCP to configure the Ethernet card. For example, if your HTTP server is server.example.com and the kickstart file is in the HTTP directory /mydir/ks.cfg, the correct boot command would be ks=http://server.example.com/mydir/ks.cfg.
ks=hd:<device>:/<file>
The installation program mounts the file system on <device> (which must be vfat or ext2), and looks for the kickstart configuration file as <file> in that file system (for example, ks=hd:sda3:/mydir/ks.cfg).
ks=bd:<biosdev>:/<path>
The installation program mounts the file system on the specified partition on the specified BIOS device <biosdev>, and looks for the kickstart configuration file specified in <path> (for example, ks=bd:80p3:/mydir/ks.cfg). Note this does not work for BIOS RAID sets.
ks=file:/<file>
The installation program tries to read the file <file> from the file system; no mounts are done. This is normally used if the kickstart file is already on the initrd image.
ks=cdrom:/<path>
The installation program looks for the kickstart file on CD-ROM, as file <path>.
ks
If ks is used alone, the installation program configures the Ethernet card to use DHCP. The kickstart file is read from NFS server specified by DHCP option server-name. The name of the kickstart file is one of the following:
  • If DHCP is specified and the boot file begins with a /, the boot file provided by DHCP is looked for on the NFS server.
  • If DHCP is specified and the boot file begins with something other than a /, the boot file provided by DHCP is looked for in the /kickstart directory on the NFS server.
  • If DHCP did not specify a boot file, then the installation program tries to read the file /kickstart/1.2.3.4-kickstart, where 1.2.3.4 is the numeric IP address of the machine being installed.
ksdevice=<device>
The installation program uses this network device to connect to the network. You can specify the device in one of five ways:
  • the device name of the interface, for example, eth0
  • the MAC address of the interface, for example, 00:12:34:56:78:9a
  • the keyword link, which specifies the first interface with its link in the up state
  • the keyword bootif, which uses the MAC address that pxelinux set in the BOOTIF variable. Set IPAPPEND 2 in your pxelinux.cfg file to have pxelinux set the BOOTIF variable.
  • the keyword ibft, which uses the MAC address of the interface specified by iBFT
For example, consider a system connected to an NFS server through the eth1 device. To perform a kickstart installation on this system using a kickstart file from the NFS server, you would use the command ks=nfs:<server>:/<path> ksdevice=eth1 at the boot: prompt.
kssendmac
ks=http:// 要求に HTTP ヘッダーを追加します。これは provisioning システムに役に立ちます。 "X-RHN-Provisioning-MAC-0: eth0 01:23:45:67:89:ab" 形式の CGI 環境変数内の全ての nic の MAC アドレスを含んでいます。
lang=<lang>
インストールで使用する言語です。これは 'lang'キックスタートコマンドと共に使用する のに有効な言語でなければなりません。
loglevel=<level>
Set the minimum level required for messages to be logged. Values for <level> are debug, info, warning, error, and critical. The default value is info.
mediacheck
Activates loader code to give user option of testing integrity of install source (if an ISO-based method).
netmask=<nm>
Netmask to use for a network installation.
nofallback
If GUI fails exit.
nofb
Do not load the VGA16 framebuffer required for doing text-mode installation in some languages.
nofirewire
Do not load support for firewire devices.
noipv6
Disable IPv6 networking during installation.

このオプションは PXE インストール中には利用できません。

PXE サーバーからのインストール中に、IPv6 ネットワーキングは anaconda が キックスタートファイルをプロセスする前にアクティブになる可能性があります。そうなると、このオプションは インストール中に何の効果も持ちません。
nomount
インストールした Linux パーティションを自動的に、レスキューモードでマウントしません。
nonet
Do not auto-probe network devices.
noparport
Do not attempt to load support for parallel ports.
nopass
Do not pass information about the keyboard and mouse from anaconda stage 1 (the loader) to stage 2 (the installer).
nopcmcia
Ignore PCMCIA controller in system.
noprobe
Do not automatically probe for hardware; prompt the user to allow anaconda to probe for particular categories of hardware.
noshell
Do not put a shell on tty2 during install.
repo=cdrom
DVD ベースインストールを実行
repo=ftp://<path>
Use <path> for an FTP installation.
repo=hd:<dev>:<path>
Use <path> on <dev> for a hard drive installation.
repo=http://<path>
Use <path> for an HTTP installation.
repo=nfs:<path>
Use <path> for an NFS installation.
rescue
Run rescue environment.
resolution=<mode>
指定したモードでインストーラを実行します。例として、'1024x768'
serial
Turns on serial console support.
skipddc
Do not probe the Data Display Channel (DDC) of the monitor. This option provides a workaround if the DDC probe causes the system to stop responding.
syslog=<host>[:<port>]
Once installation is up and running, send log messages to the syslog process on <host>, and optionally, on port <port>. Requires the remote syslog process to accept connections (the -r option).
text
Force text mode install.

重要

キックスタートインストール用にテキストモードを選択した場合、パーティション設定、ブート ローダ、及びパッケージ選択オプションの選択を指定することを確認して下さい。これらの ステップはテキストモードでは自動化されており、anaconda は足りない情報のための催促は出来ません。これらのオプション用の選択を 用意しないと、anaconda はインストールプロセスを 停止します。
updates
更新 (バグ修正) を含むストレージデバイス用のプロンプトです。
updates=ftp://<path>
Image containing updates over FTP.
updates=http://<path>
Image containing updates over HTTP.
upgradeany
Offer to upgrade any Linux installation detected on the system, regardless of the contents or the existence of the /etc/redhat-release file.
vnc
Enable vnc-based installation. You will need to connect to the machine using a vnc client application.
vncconnect=<host>[:<port>]
Connect to the vnc client named <host>, and optionally use port <port>.
'vnc' オプションの指定も要求されます。
vncpassword=<password>
Enable a password for the vnc connection. This will prevent someone from inadvertently connecting to the vnc-based installation.
'vnc' オプションの指定も要求されます。

第16章 Kickstart Configurator

Kickstart Configurator allows you to create or modify a kickstart file using a graphical user interface, so that you do not have to remember the correct syntax of the file.
Kickstart Configurator is not installed by default on Fedora 17. Run su - yum install system-config-kickstart or use your graphical package manager to install the software.
To launch Kickstart Configurator, boot your system into a graphical environment, then run system-config-kickstart, or click ApplicationsSystem ToolsKickstart on the GNOME desktop or Kickoff Application Launcher+ApplicationsSystemKickstart on the KDE desktop.
As you are creating a kickstart file, you can click FilePreview at any time to review your current selections.
To start with an existing kickstart file, select FileOpen and select the existing file.

16.1. 基本設定

基本設定
基本設定
図16.1 基本設定

Choose the language to use during the installation and as the default language to be used after installation from the Default Language menu.
Select the system keyboard type from the Keyboard menu.
From the Time Zone menu, choose the time zone to use for the system. To configure the system to use UTC, select Use UTC clock.
Enter the desired root password for the system in the Root Password text entry box. Type the same password in the Confirm Password text box. The second field is to make sure you do not mistype the password and then realize you do not know what it is after you have completed the installation. To save the password as an encrypted password in the file, select Encrypt root password. If the encryption option is selected, when the file is saved, the plain text password that you typed is encrypted and written to the kickstart file. Do not type an already encrypted password and select to encrypt it. Because a kickstart file is a plain text file that can be easily read, it is recommended that an encrypted password be used.
Choosing Target Architecture specifies which specific hardware architecture distribution is used during installation.
Choosing Target Architecture specifies which specific hardware architecture distribution is used during installation.
Choosing Reboot system after installation reboots your system automatically after the installation is finished.
Kickstart installations are performed in graphical mode by default. To override this default and use text mode instead, select the Perform installation in text mode option.
You can perform a kickstart installation in interactive mode. This means that the installation program uses all the options pre-configured in the kickstart file, but it allows you to preview the options in each screen before continuing to the next screen. To continue to the next screen, click the Next button after you have approved the settings or change them before continuing the installation. To select this type of installation, select the Perform installation in interactive mode option.

16.2. Installation Method

Installation Method
Kickstart Installation Method
図16.2 Installation Method

The Installation Method screen allows you to choose whether to perform a new installation or an upgrade. If you choose upgrade, the Partition Information and Package Selection options are disabled. They are not supported for kickstart upgrades.
Choose the type of kickstart installation or upgrade from the following options:
  • DVD — Choose this option to install or upgrade from the Fedora DVD.
  • NFS — Choose this option to install or upgrade from an NFS shared directory. In the text field for the NFS server, enter a fully-qualified domain name or IP address. For the NFS directory, enter the name of the NFS directory that contains the variant directory of the installation tree. For example, if the NFS server contains the directory /mirrors/redhat/i386/Server/, enter /mirrors/redhat/i386/ for the NFS directory.
  • FTP — Choose this option to install or upgrade from an FTP server. In the FTP server text field, enter a fully-qualified domain name or IP address. For the FTP directory, enter the name of the FTP directory that contains the variant directory. For example, if the FTP server contains the directory /mirrors/redhat/i386/Server/, enter /mirrors/redhat/i386/Server/ for the FTP directory. If the FTP server requires a username and password, specify them as well.
  • HTTP — Choose this option to install or upgrade from an HTTP server. In the text field for the HTTP server, enter the fully-qualified domain name or IP address. For the HTTP directory, enter the name of the HTTP directory that contains the variant directory. For example, if the HTTP server contains the directory /mirrors/redhat/i386/Server/, enter /mirrors/redhat/i386/Server/ for the HTTP directory.
  • ハードドライブ — ハードドライブからインストール、又は アップグレードするには、このオプションを選択します。ハードドライブインストールには、 ISO イメージの使用が必要になります。インストールを開始する前に ISO イメージが正常であるかを確認して下さい。確認するには、「ブートメディアの検証」 で 説明してあるように、md5sum プログラムと linux mediacheck ブートオプションを「ブートメディアの検証」 で説明があるとおりに使用します。ISO イメージを 収納しているハードドライブパーティション(例えば、/dev/hda1)を ハードドライブパーティション テキストボックスに入力します。そして、 ハードドライブディレクトリ テキストボックスには、ISO イメージを収納しているディレクトリを入力します。

16.3. ブートローダオプション

ブートローダオプション
ブートローダオプション
図16.3 ブートローダオプション

Please note that this screen will be disabled if you have specified a target architecture other than x86 / x86_64.
GRUB is the default boot loader for Fedora on x86 / x86_64 architectures. If you do not want to install a boot loader, select Do not install a boot loader. If you choose not to install a boot loader, make sure you create a boot diskette or have another way to boot your system, such as a third-party boot loader.
You must choose where to install the boot loader (the Master Boot Record or the first sector of the /boot partition). Install the boot loader on the MBR if you plan to use it as your boot loader.
To pass any special parameters to the kernel to be used when the system boots, enter them in the Kernel parameters text field. For example, if you have an IDE CD-ROM Writer, you can tell the kernel to use the SCSI emulation driver that must be loaded before using cdrecord by configuring hdd=ide-scsi as a kernel parameter (where hdd is the CD-ROM device).
You can password protect the GRUB boot loader by configuring a GRUB password. Select Use GRUB password, and enter a password in the Password field. Type the same password in the Confirm Password text field. To save the password as an encrypted password in the file, select Encrypt GRUB password. If the encryption option is selected, when the file is saved, the plain text password that you typed is encrypted and written to the kickstart file. If the password you typed was already encrypted, unselect the encryption option.
Whenever you are required to enter this password, you will also be asked for a username, which is root.
If Upgrade an existing installation is selected on the Installation Method page, select Upgrade existing boot loader to upgrade the existing boot loader configuration, while preserving the old entries.

16.4. Partition Information

Partition Information
Kickstart Partition Information
図16.4 Partition Information

Select whether or not to clear the Master Boot Record (MBR). Choose to remove all existing partitions, remove all existing Linux partitions, or preserve existing partitions.
システムのアーキテクチャ用のデフォルトへディスクラベル (例えば、x86 用に msdos) を初期化するには、新品のハードドライブにインストールする場合に、 ディスクラベルを初期化 を選択します。

注記

Although anaconda and kickstart support Logical Volume Management (LVM), at present there is no mechanism for configuring this using the Kickstart Configurator.

16.4.1. Creating Partitions

パーティションを作成するには、追加 ボタンをクリックします。図16.5「Creating Partitions」 に示してある ような パーティションオプション ウィンドウが現われます。 マウントポイント、ファイルシステムタイプ、新規パーティションのパーティションサイズを選択します。オプションとして、以下の項目も選択可能です:
  • In the Additional Size Options section, choose to make the partition a fixed size, up to a chosen size, or fill the remaining space on the hard drive. If you selected swap as the file system type, you can select to have the installation program create the swap partition with the recommended size instead of specifying a size.
  • Force the partition to be created as a primary partition.
  • Create the partition on a specific hard drive. For example, to make the partition on the first IDE hard disk (/dev/hda), specify hda as the drive. Do not include /dev in the drive name.
  • Use an existing partition. For example, to make the partition on the first partition on the first IDE hard disk (/dev/hda1), specify hda1 as the partition. Do not include /dev in the partition name.
  • Format the partition as the chosen file system type.
Creating Partitions
Creating Partitions for Kickstart
図16.5 Creating Partitions

既存のパーティションを編集するには、リストからそのパーティションを選択して、 編集 ボタンをクリックします。図16.5「Creating Partitions」 で示してあるように、選択したパーティションの値が反映すること以外は、パーティションの追加を選択する時と同じ パーティションオプション 画面が出て来ます。パーティションオプションを修正して OK をクリックします。
To delete an existing partition, select the partition from the list and click the Delete button.

16.4.1.1. Creating Software RAID Partitions

To create a software RAID partition, use the following steps:
  1. Click the RAID button.
  2. Select Create a software RAID partition.
  3. Configure the partitions as previously described, except select Software RAID as the file system type. Also, you must specify a hard drive on which to make the partition or specify an existing partition to use.
Creating a Software RAID Partition
Software RAID Partition
図16.6 Creating a Software RAID Partition

Repeat these steps to create as many partitions as needed for your RAID setup. All of your partitions do not have to be RAID partitions.
After creating all the partitions needed to form a RAID device, follow these steps:
  1. Click the RAID button.
  2. Select Create a RAID device.
  3. Select a mount point, file system type, RAID device name, RAID level, RAID members, number of spares for the software RAID device, and whether to format the RAID device.
    Creating a Software RAID Device
    Software RAID Device
    図16.7 Creating a Software RAID Device

  4. Click OK to add the device to the list.

16.5. ネットワーク設定

ネットワーク設定
Network Configuration for Kickstart
図16.8 ネットワーク設定

If the system to be installed via kickstart does not have an Ethernet card, do not configure one on the Network Configuration page.
Networking is only required if you choose a networking-based installation method (NFS, FTP, or HTTP). Networking can always be configured after installation with the Network Administration Tool (system-config-network). Refer to the Fedora Deployment Guide for details.
For each Ethernet card on the system, click Add Network Device and select the network device and network type for the device. Select eth0 to configure the first Ethernet card, eth1 for the second Ethernet card, and so on.

16.6. Authentication

Authentication
Authentication for Kickstart
図16.9 Authentication

In the Authentication section, select whether to use shadow passwords and MD5 encryption for user passwords. These options are highly recommended and chosen by default.
The Authentication Configuration options allow you to configure the following methods of authentication:
  • NIS
  • LDAP
  • Kerberos 5
  • Hesiod
  • SMB
  • Name Switch Cache
These methods are not enabled by default. To enable one or more of these methods, click the appropriate tab, click the checkbox next to Enable, and enter the appropriate information for the authentication method. Refer to the Fedora Deployment Guide for more information about the options.

16.7. Firewall Configuration

The Firewall Configuration window is similar to the screen in the installation program and the Security Level Configuration Tool.
Firewall Configuration
Firewall Configuration for Kickstart
図16.10 Firewall Configuration

If Disable firewall is selected, the system allows complete access to any active services and ports. No connections to the system are refused or denied.
Selecting Enable firewall configures the system to reject incoming connections that are not in response to outbound requests, such as DNS replies or DHCP requests. If access to services running on this machine is required, you can choose to allow specific services through the firewall.
Only devices configured in the Network Configuration section are listed as available Trusted devices. Connections from any devices selected in the list are accepted by the system. For example, if eth1 only receives connections from internal system, you might want to allow connections from it.
If a service is selected in the Trusted services list, connections for the service are accepted and processed by the system.
In the Other ports text field, list any additional ports that should be opened for remote access. Use the following format: port:protocol. For example, to allow IMAP access through the firewall, specify imap:tcp. Numeric ports can also be specified explicitly; to allow UDP packets on port 1234 through the firewall, enter 1234:udp. To specify multiple ports, separate them with commas.

16.7.1. SELinux Configuration

Kickstart can set SELinux to enforcing, permissive or disabled mode. Finer grained configuration is not possible at this time.

16.8. Display Configuration

X Window システムをインストールする場合は、図16.11「X の設定 」 で 示してあるように、キックスタートインストール中に ディスプレーの設定 にある X Window システムを設定 オプションをチェックすることにより設定できます。 このオプションが選択されないと、X 設定オプションは無効となり、skipx オプションが キックスタートファイルに書き込まれます。
X の設定
X Configuration for Kickstart
図16.11 X の設定

Select whether to start the Setup Agent the first time the installed system boots. The Setup Agent is disabled by default, but the setting can be changed to enabled or enabled in reconfiguration mode. Reconfiguration mode enables the language, mouse, keyboard, root password, security level, time zone, and networking configuration options in addition to the default ones.

16.9. Package Selection

Package Selection
Package Selection for Kickstart
図16.12 Package Selection

The Package Selection window allows you to choose which package groups to install.
Package resolution is carried out automatically.
現在、Kickstart Configurator はユーザーに個別パッケージの選択を許可しません。個別パッケージをインストールするには、キックスタートファイルを保存した後で、その %packages セクションを修正します。詳細は、「Package Selection」 で 確認して下さい。

16.10. Pre-Installation Script

Pre-Installation Script
Pre-Installation Script for Kickstart
図16.13 Pre-Installation Script

You can add commands to run on the system immediately after the kickstart file has been parsed and before the installation begins. If you have configured the network in the kickstart file, the network is enabled before this section is processed. To include a pre-installation script, type it in the text area.
スクリプトを実行するのに使用するスクリプト言語を指定するには、 インタプリタを使う オプションを選択して、その横のテキストボックスに インタプリタを記入します。例えば、Python スクリプトには /usr/bin/python2.6 を指定します。このオプションは、キックスタートファイル内で %pre --interpreter /usr/bin/python2.6 を使用することに相当します。
最も一般的に使用されているコマンドのみが、インストール前の環境で使用可能です:
arping, awk, basename, bash, bunzip2, bzcat, cat, chattr, chgrp, chmod, chown, chroot, chvt, clear, cp, cpio, cut, date, dd, df, dirname, dmesg, du, e2fsck, e2label, echo, egrep, eject, env, expr, false, fdisk, fgrep, find, fsck, fsck.ext2, fsck.ext3, ftp, grep, gunzip, gzip, hdparm, head, hostname, hwclock, ifconfig, insmod, ip, ipcalc, kill, killall, less, ln, load_policy, login, losetup, ls, lsattr, lsmod, lvm, md5sum, mkdir, mke2fs, mkfs.ext2, mkfs.ext3, mknod, mkswap, mktemp, modprobe, more, mount, mt, mv, nslookup, openvt, pidof, ping, ps, pwd, readlink, rm, rmdir, rmmod, route, rpm, sed, sh, sha1sum, sleep, sort, swapoff, swapon, sync, tail, tar, tee, top, touch, true, tune2fs, umount, uniq, vconfig, vi, wc, wget, xargs, zcat.

重要

Do not include the %pre command. It is added for you.

注記

The pre-installation script is run after the source media is mounted and stage 2 of the bootloader has been loaded. For this reason it is not possible to change the source media in the pre-installation script.

16.11. Post-Installation Script

Post-Installation Script
Post-Installation Script for Kickstart
図16.14 Post-Installation Script

You can also add commands to execute on the system after the installation is completed. If the network is properly configured in the kickstart file, the network is enabled, and the script can include commands to access resources on the network. To include a post-installation script, type it in the text area.

重要

Do not include the %post command. It is added for you.
For example, to change the message of the day for the newly installed system, add the following command to the %post section:
echo "Hackers will be punished" > /etc/motd

Note

他の例は 「Example」 でご覧になれます。

16.11.1. Chroot Environment

To run the post-installation script outside of the chroot environment, click the checkbox next to this option on the top of the Post-Installation window. This is equivalent to using the --nochroot option in the %post section.
To make changes to the newly installed file system, within the post-installation section, but outside of the chroot environment, you must prepend the directory name with /mnt/sysimage/.
For example, if you select Run outside of the chroot environment, the previous example must be changed to the following:
echo "Hackers will be punished" > /mnt/sysimage/etc/motd

16.11.2. Use an Interpreter

To specify a scripting language to use to execute the script, select the Use an interpreter option and enter the interpreter in the text box beside it. For example, /usr/bin/python2.2 can be specified for a Python script. This option corresponds to using %post --interpreter /usr/bin/python2.2 in your kickstart file.

16.12. Saving the File

To review the contents of the kickstart file after you have finished choosing your kickstart options, select File => Preview from the pull-down menu.
プレビュー
プレビュー
図16.15 プレビュー

To save the kickstart file, click the Save to File button in the preview window. To save the file without previewing it, select File => Save File or press Ctrl+S . A dialog box appears. Select where to save the file.
ファイルを保存した後は、キックスタートインストールの開始法に関する情報を 「Starting a Kickstart Installation」 で参照して下さい。

パート III. インストールの後

This part of the Fedora Installation Guide covers finalizing the installation, as well as some installation-related tasks that you might perform at some time in the future. These include:
  • using a Fedora installation disk to rescue a damaged system.
  • upgrading to a new version of Fedora.
  • removing Fedora from your computer.

第17章 Firstboot

重要 — Firstboot はテキストモードインストールでは使用できません

Firstboot は、デスクトップと X window システムがインストールされてグラフィカルログインが 有効になっているグラフィカルインストール、又はキックスタートインストールの後にのみ使用できます。 テキストモードインストールや、デスクトップと X window システムを含んでいないキックスタート インストールを実行している場合は、Firstboot の設定ツールは出現 しません。
Firstboot は、新しい Fedora システムを最初に起動した時に起動します。ログインする前に使うためにシステムを設定するために Firstboot を使ってください。
Firstboot の「ようこそ」の画面
Firstboot の「ようこそ」の画面
図17.1 Firstboot の「ようこそ」の画面

Select Forward to start Firstboot.

17.1. License Agreement

This screen displays the overall licensing terms for Fedora. Each software package in Fedora is covered by its own license. All licensing guidelines for Fedora are located at http://fedoraproject.org/wiki/Legal/Licenses.
Firstboot のライセンスの画面
Firstboot のライセンスの画面
図17.2 Firstboot のライセンスの画面

ライセンスの条項に同意する場合は、はい、ライセンス同意書に同意します を選択して、 進む をクリックします。

17.2. ユーザーの作成

この画面であなた自身のための利用者アカウントを作成します。あなたの Fedora システムにログインするには rootアカウントではなく、常にこのアカウントを使用します。
Firstboot のユーザー作成画面
Firstboot のユーザー作成画面
図17.3 Firstboot のユーザー作成画面

ユーザー名とフルネームを記入します。そして選択したパスワードを記入します。 パスワードの確認 ボックスでもう一度パスワードを入力して、 それが正しいことを確定します。
Check the Add to Administrators group box if you would like administrative privileges. This will place you in the wheel group, which gives you access to all administrative functions, including installing and updating software, creating and altering configuration files, and administering other users.
To configure Fedora to use network services for authentication of user information, click Use Network Login. Refer to 「認証の設定」 for further details.
To create additional users or customise your first user account, click Advanced to open the User Manager.
User Manager
Firstboot user manager screen
図17.4 User Manager

In User Manager you can edit various properties, such as a private group for the user, the preferred login shell, and user and group IDs.

重要 — 少なくともユーザーアカウントを1つ作成します。

If you do not create at least one user account in this step, you will not be able to log in to the Fedora graphical environment. If you skipped this step during installation, refer to 「Booting into a Graphical Environment」.

注記 — 余分なユーザーアカウントの作成

インストールが完了した後に余分のユーザーアカウントを追加するには、 システム管理ユーザーとグループ と進んで行きます。

17.2.1. 認証の設定

ユーザーの作成(Create User)画面上で ネットワークログインを使用 (Use Network Login)をクリックしている場合は、このシステムでユーザーが認証される方法を 指定しなければなりません。ドロップダウンメニューを使ってユーザーデータベースの以下のタイプから 選択します:
  • ローカルアカウントのみ(Local accounts only) (ネットワーク上でユーザー データベースにアクセス出来ない時に使用)
  • LDAP (Lightweight Directory Access Protocol)
  • NIS (Network Information Service)
  • Winbind (Microsoft Active Directory での使用)
Firstboot の認証の設定画面
Firstboot の認証の設定画面
図17.5 Firstboot の認証の設定画面

使用ネットワーク用に適切なユーザーデータベースのタイプを選択する時には、 そのデータベースタイプに関連した追加の詳細を供給しなければなりません。 例えば、LDAP を選択する場合、LDAP 検索用に ベース 識別名(base distinguished name) と LDAP サーバーのアドレスを指定する 必要があります。また、選択するユーザーデータベースに適切な 認証方法(Authentication Method) も選択する必要があります。例えば、Kerberos パスワード、LDAP パスワード、又は NIS パスワード。
高度なオプション タブでは、指紋読み取り、スマートカード、及び /etc/security/access.conf 内のローカルアクセス制御を含む その他の認証メカニズムを有効にすることができます。
Firstboot の認証の高度なオプション画面
Firstboot の認証の高度なオプション画面
図17.6 Firstboot の認証の高度なオプション画面

The Password Options tab lets you set format requirements for user passwords, including minimum length and required character classes such as lower case, upper case, and numbers.
Firstboot authentication Password Options screen
Firstboot authentication Password Options screen
図17.7 Firstboot authentication Password Options screen

17.3. Date and Time

この画面を使用してシステムクロックの日付と時刻を調節します。これらの設定をインストール後に 変更するには、システム管理日付と時刻 と進んで行きます。
Firstboot の日付と時刻の画面
Firstboot の日付と時刻の画面
図17.8 Firstboot の日付と時刻の画面

ネットワーク上の日付と時刻に同期化する チェックボックスをクリックして NTP (Network Time Protocol) サーバーの使用でシステムを設定して、 クロックの精度を維持します。 NTP は 同一ネットワーク上のコンピュータに対して時刻同期化サービスを提供します。インターネット上で多数の公共 NTP サーバーが利用できます。

17.4. ハードウェア分析結果

Firstboot displays a screen that allows you to submit your hardware information anonymously to the Fedora Project. Developers use these hardware details to guide further support efforts. You can read more about this project and its development at http://smolts.org/.
Firstboot hardware profile screen
Firstboot hardware profile screen
図17.9 Firstboot hardware profile screen

この重要な作業に参加するには、分析結果を送るを選択します。分析結果を送らないことを選択する場合は省略値から変更しないでください。ログイン画面を続けるには終わり を選択します。

Update Your System

To ensure the security of your system, run a package update after the installation completes. 18章次のステップ explains how to update your Fedora system.

第18章 次のステップ

18.1. システムの更新

The Fedora Project releases updated software packages for Fedora throughout the support period of each version. Updated packages add new features, improve reliability, resolve bugs, or remove security vulnerabilities. To ensure the security of your system, update regularly, and as soon as possible after a security announcement is issued. Refer to 「Subscribing to Fedora Announcements and News」 for information on the Fedora announcements services.
An update applet reminds you of updates when they are available. This applet is installed by default in Fedora. It checks for software updates from all configured repositories, and runs as a background service. It generates a notification message on the desktop if updates are found, and you can click the message to update your system's software.
To update your system with the latest packages manually, use Update System:
Updating your system
Updating your system screen
図18.1 Updating your system

  1. Choose SystemAdministrationUpdate System.
  2. To review the list of updated packages, select Review.
  3. Click Update System to begin the update process.
  4. If one or more updates require a system reboot, the update process displays a dialog with the option to Reboot Now. Either select this option to reboot the system immediately, or Cancel it and reboot the system at a more convenient time.
  5. If a reboot is not required the update will conclude with a dialog that indicates that the System Update Completed and all selected updates have been successfully installed as well as a button to Close Update System
To update packages from the command-line, use the yum utility. Type this command to begin a full update of your system with yum:
su -c 'yum update'
プロンプトが出た時点で、root パスワードを入力します。
Refer to http://docs.fedoraproject.org/yum/ for more information on yum.

Network Connection Required

Ensure that your system has an active network connection before you run the Update Software tool, or the yum utility. The update process downloads information and packages from a network of servers.
If your Fedora system has a permanent network connection, you may choose to enable daily system updates. To enable automatic updates, follow the instructions on the webpage http://docs.fedoraproject.org/yum/sn-updating-your-system.html.

18.2. アップグレードを終了する

推奨のシステム更新

システムのアップグレードを実行した後に再起動をしたら、手動でシステムの更新も する必要があります。詳細は 「システムの更新」 でご覧下さい。
If you chose to upgrade your system from a previous release ratherthan perform a fresh installation, you may want to examine the differences in the package set. 「 Upgrading Using the Installer 」 advised you to create a package listing for your original system. You can now use that listing to determine how to bring your new system close to the original system state.
ほとんどのソフトウェアレポジトリ設定は、用語 リリース(release) を 末尾に持つパッケージに保存されています。インストールしていたレポジトリ用の 古いパッケージ一覧をチェックします:
awk '{print $1}' ~/old-pkglist.txt | grep 'release$'
If necessary, retrieve and install these packages from their original sources on the Internet. Follow the instructions at the originating site to install the repository configuration packages for use by yum and other software management tools on your Fedora system.
それから以下のコマンドを使用して欠如しているソフトウェアパッケージの一覧を 作成します:
awk '{print $1}' ~/old-pkglist.txt | sort | uniq > ~/old-pkgnames.txt
rpm -qa --qf '%{NAME}\n' | sort | uniq > ~/new-pkgnames.txt
diff -u ~/old-pkgnames.txt ~/new-pkgnames.txt | grep '^-' | sed 's/^-//' > /tmp/pkgs-to-install.txt
ここで、ファイル /tmp/pkgs-to-install.txtyum コマンドと 一緒に使用して古いソフトウェアの殆どか全てを復元します。
su -c 'yum install `cat /tmp/pkgs-to-install.txt`'

欠如ソフトウェア

Due to changes in package complements between Fedora releases, it is possible this method may not restore all the software on your system. You can use the routines above to again compare the software on your system, and remedy any problems you find.

18.3. グラフィカルログインへの切り替え

重要 — ソフトウェアレポジトリへのアクセスが必要かも知れません。

To switch to a graphical environment, you might need to install extra software from a repository. You can access Fedora repositories through the Internet or use a Fedora installation DVD as a repository. Refer to 「コマンドラインからのソフトウェアレポジトリアクセスを有効にする」.
テキストログインを使用してインストールして、グラフィカルログインに切り替えたい 場合は、次の手順に従います。
  1. まだ、root になっていない場合は、root アカウントにユーザーを切り替えます:
    su -
    プロンプトが出たら、管理者パスワードを入れます。
  2. まだインストールしていない場合は、X Window システム とグラフィカルデスクトップ環境をインストールします。例えば、 GNOME デスクトップ環境をインストールするには、次のコマンドを使用します:
    yum groupinstall "X Window System" Desktop
    KDE デスクトップ環境をインストールするには、次を使用します:
    yum groupinstall "X Window System" "KDE Desktop"
    This step may take some time as your Fedora system downloads and installs additional software. You may be asked to provide the installation media depending on your original installation source.
  3. Run the following commands to change the run level:
      rm -f /etc/systemd/system/default.target
      ln -s /lib/systemd/system/graphical.target
      /etc/systemd/system/default.target
reboot コマンドを使用して、システムを再起動します。これで システムは再スタートしてグラフィカルログインを提示します。
If you encounter any problems with the graphical login, refer to 10章Intel 又は AMD システム上のインストールのトラブルシューティング.

18.3.1. コマンドラインからのソフトウェアレポジトリアクセスを有効にする

The usual way to install new software on a Fedora system is through a software repository. You can access Fedora repositories through the Internet, or use a Fedora installation DVD as a repository. The software that you access through online repositories is more up-to-date than what is available on an installation DVD. Furthermore, configuring a Fedora system to access online repositories is generally easier than configuring the system to use an installation DVD as a repository, as long as you have an existing, wired network connection available.

18.3.1.1. インターネット経由でソフトウェアレポジトリへのアクセスを有効にする

By default, every Fedora installation is already configured to access Fedora repositories through the Internet. Therefore, all you must do is ensure that the system can access the Internet. If you have an existing, wired network connection available, this process is straightforward:
  1. まだ、root になっていない場合は、root アカウントにユーザーを切り替えます:
    su -
  2. システムがネットワークに継っていることを確認します。ネットワークは、コンピュータと 外部モデム/ルーターとだけの小規模なものかも知れません。
  3. system-config-network を実行します。ネットワーク設定ツールが スタートして、アクションの選択 画面が表示されます。
  4. Select Device configuration and press Enter. The network configuration tool displays the Select A Device screen with a list of network interfaces present on your system. The first interface is named eth0 by default.
  5. 設定するネットワークインターフェイスを選択して、Enter を 押します。ネットワーク設定ツールは ネットワーク設定 画面を 開きます。
  6. この画面では、静的 IP、ゲートウェイ、及び DNS サーバーを手動で設定できますが、 また、これらのフィールドを空白にしたままデフォルト値を受理することも出来ます。 設定を選択したあとは、OK を選んで Enter を 押します。ネットワーク設定ツールは デバイスの選択 画面に戻します。
  7. 保存 を選んで Enter を押します。 ネットワーク設定ツールは アクションを選択 の画面に戻します。
  8. 保存して終了 を選択して Enter を押します。ネットワーク設定ツールは今までの設定を保存して終了します。
  9. ifup interface を実行します。 ここで、interface はネットワーク設定ツールで設定した ネットワークインターフェイスです。例えば、ifup eth0 を 実行すると、eth0 がスタートします。
ダイアルアップやワイヤレスインターネット接続の設定はもっと複雑であり このガイドの範囲を越えています。

18.3.1.2. Using a Fedora Installation DVD as a Software Repository

To use a Fedora installation DVD as a software repository, either in the form of a physical disc, or in the form of an ISO image file.
  1. If you are using a physical DVD, insert the disc into your computer.
  2. まだ、root になっていない場合は、root アカウントにユーザーを切り替えます:
    su -
  3. レポジトリ用の マウントポイント を作成します:
    mkdir -p /path/to/repo
    /path/to/repo とは、レポジトリ用の場所です。 例えば、/mnt/repo
  4. Mount the DVD on the mount point that you just created. If you are using a physical disc, you need to know the device name of your DVD drive. You can find the names of any CD or DVD drives on your system with the command cat /proc/sys/dev/cdrom/info. The first CD or DVD drive on the system is typically named sr0. When you know the device name, mount the DVD:
    mount -r -t iso9660 /dev/device_name /path/to/repo
    例えば、: mount -r -t iso9660 /dev/sr0 /mnt/repo
    ディスクの ISO イメージファイルを使用している場合は、以下のようにしてイメージファイルをマウントします:
    mount -r -t iso9660 -o loop /path/to/image/file.iso /path/to/repo
    For example: mount -r -o loop /home/root/Downloads/Fedora17-Server-i386-DVD.iso /mnt/repo
    イメージファイルを収納しているストレージデバイス自身がマウントされている場合にのみ イメージファイルをマウントできることに注意して下さい。例えば、イメージファイルが システムブート時に自動的にマウントされないハードドライブに収納されている場合、 そのハードドライブ内のイメージファイルをマウントする前にハードドライブをマウント しなければなりません。ブート時に自動的にマウントされないハードドライブの名前を /dev/sdb と想定して、その最初のパーティションのディレクトリ Downloads にそのイメージファイルが収納されていると想定します:
    mkdir /mnt/temp
    mount /dev/sdb1 /mnt/temp
    mkdir /mnt/repo
    mount -r -t iso9660 -o loop /mnt/temp/Downloads/Fedora-17-i386-DVD.iso /mnt/repo
    ストレージデバイスがマウントされている事が確実でない場合は、mount コマンドを 実行して現在のマウント一覧を取得します。ストレージデバイスのデバイス名やパーティション番号が不明な場合は、 fdisk -l を実行して、その出力から識別して下さい。
  5. Create a new repo file in the /etc/yum.repos.d/ directory. The name of the file is not important, as long as it ends in .repo. For example, dvd.repo is an obvious choice.
    1. Choose a name for the repo file and open it as a new file with the vi text editor. For example:
      vi /etc/yum.repos.d/dvd.repo
    2. I キーを押して insert モードに入ります。
    3. Supply the details of the repository. For example:
      [dvd]
      baseurl=file:///mnt/repo/Server
      enabled=1
      gpgcheck=1
      gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-fedora-$basearch
      The name of the repository is specified in square brackets — in this example, [dvd]. The name is not important, but you should choose something that is meaningful and recognizable.
      The line that specifies the baseurl should contain the path to the mount point that you created previously, suffixed with /Server for a Fedora server installation DVD, or with /Client for a Fedora client installation DVD.
    4. Esc キーを押して insert モードを終了します。
    5. :wq と入力して、Enter キーを押して ファイルを保存し、vi テキストエディタを終了します。
    6. After installing or upgrading software from the DVD, delete the repo file that you created.

18.4. Subscribing to Fedora Announcements and News

To receive information about package updates, subscribe to either the announcements mailing list, or the RSS feeds.
Fedora Project announcements mailing list
Fedora Project RSS feeds
The announcements mailing list also provides you with news on the Fedora Project, and the Fedora community.

Security Announcements

Announcements with the keyword [SECURITY] in the title identify package updates that resolve security vulnerabilities.

18.5. Finding Documentation and Support

Members of the Fedora community provide support through mailing lists, Web forums and Linux User Groups (LUGs) across the world.
The Web site for the formally endorsed forums is http://forums.fedoraforum.org/.
The following resources provide information on many aspects of Fedora:
Many other organizations and individuals also provide tutorials and HOWTOs for Fedora on their Web sites.

18.6. Joining the Fedora Community

The Fedora Project is driven by the individuals that contribute to it. Community members provide support and documentation to other users, help to improve the software included in Fedora by testing, and develop new software alongside the programmers employed by Red Hat. The results of this work are available to all.
To make a difference, start here:

第19章 Basic System Recovery

When things go wrong, there are ways to fix problems. However, these methods require that you understand the system well. This chapter describes how to boot into rescue mode, single-user mode, and emergency mode, where you can use your own knowledge to repair the system.

19.1. Rescue Mode

19.1.1. Common Problems

You might need to boot into one of these recovery modes for any of the following reasons:
  • You are unable to boot normally into Fedora (runlevel 3 or 5).
  • ハードウェアまたはソフトウェアの問題があるので、システムのハードディスクドライブから いくつかの重要なファイルを取り出したい。
  • You forgot the root password.

19.1.1.1. Unable to Boot into Fedora

This problem is often caused by the installation of another operating system after you have installed Fedora. Some other operating systems assume that you have no other operating system(s) on your computer. They overwrite the Master Boot Record (MBR) that originally contained the GRUB boot loader. If the boot loader is overwritten in this manner, you cannot boot Fedora unless you can get into rescue mode and reconfigure the boot loader.
Another common problem occurs when using a partitioning tool to resize a partition or create a new partition from free space after installation, and it changes the order of your partitions. If the partition number of your / partition changes, the boot loader might not be able to find it to mount the partition. To fix this problem, boot in rescue mode and modify the /etc/grub.d/10_linux file.
レスキューモード環境から GRUB ブートローダを再インストールする方法についての手順は 「Reinstalling the Boot Loader」を参照して下さい。

19.1.1.2. Hardware/Software Problems

This category includes a wide variety of different situations. Two examples include failing hard drives and specifying an invalid root device or kernel in the boot loader configuration file. If either of these occur, you might not be able to reboot into Fedora. However, if you boot into one of the system recovery modes, you might be able to resolve the problem or at least get copies of your most important files.

19.1.1.3. Root Password

What can you do if you forget your root password? To reset it to a different password, boot into rescue mode or single-user mode, and use the passwd command to reset the root password.

19.1.2. Booting into Rescue Mode

Rescue mode provides the ability to boot a small Fedora environment entirely from CD-ROM, or some other boot method, instead of the system's hard drive.
As the name implies, rescue mode is provided to rescue you from something. During normal operation, your Fedora system uses files located on your system's hard drive to do everything — run programs, store your files, and more.
However, there may be times when you are unable to get Fedora running completely enough to access files on your system's hard drive. Using rescue mode, you can access the files stored on your system's hard drive, even if you cannot actually run Fedora from that hard drive.
To boot into rescue mode, you must be able to boot the system using one of the following methods[5]:
  • ブート CD-ROM / DVD からシステムをブートする。
  • By booting the system from other installation boot media, such as USB flash devices.
  • By booting the system from the Fedora installation DVD.
Once you have booted using one of the described methods, add the keyword rescue as a kernel parameter. For example, for an x86 system, type the following command at the installation boot prompt:
linux rescue
You are prompted to answer a few basic questions, including which language to use. It also prompts you to select where a valid rescue image is located. Select from Local CD-ROM, Hard Drive, NFS image, FTP, or HTTP. The location selected must contain a valid installation tree, and the installation tree must be for the same version of Fedora as the Fedora disk from which you booted. If you used a boot CD-ROM or other media to start rescue mode, the installation tree must be from the same tree from which the media was created. For more information about how to setup an installation tree on a hard drive, NFS server, FTP server, or HTTP server, refer to the earlier section of this guide.
If you select a rescue image that does not require a network connection, you are asked whether or not you want to establish a network connection. A network connection is useful if you need to backup files to a different computer or install some RPM packages from a shared network location, for example.
The following message is displayed:
The rescue environment will now attempt to find your Linux installation and mount it under the directory /mnt/sysimage. You can then make any changes required to your system. If you want to proceed with this step choose 'Continue'. You can also choose to mount your file systems read-only instead of read-write by choosing 'Read-only'. If for some reason this process fails you can choose 'Skip' and this step will be skipped and you will go directly to a command shell.
If you select Continue, it attempts to mount your file system under the directory /mnt/sysimage/. If it fails to mount a partition, it notifies you. If you select Read-Only, it attempts to mount your file system under the directory /mnt/sysimage/, but in read-only mode. If you select Skip, your file system is not mounted. Choose Skip if you think your file system is corrupted.
Once you have your system in rescue mode, a prompt appears on VC (virtual console) 1 and VC 2 (use the Ctrl-Alt-F1 key combination to access VC 1 and Ctrl-Alt-F2 to access VC 2):
sh-3.00b#
If you selected Continue to mount your partitions automatically and they were mounted successfully, you are in single-user mode.
Even if your file system is mounted, the default root partition while in rescue mode is a temporary root partition, not the root partition of the file system used during normal user mode (runlevel 3 or 5). If you selected to mount your file system and it mounted successfully, you can change the root partition of the rescue mode environment to the root partition of your file system by executing the following command:
chroot /mnt/sysimage
This is useful if you need to run commands such as rpm that require your root partition to be mounted as /. To exit the chroot environment, type exit to return to the prompt.
If you selected Skip, you can still try to mount a partition or LVM2 logical volume manually inside rescue mode by creating a directory such as /foo, and typing the following command:
mount -t ext4 /dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 /foo
上記のコマンドで、/foo はユーザーが作成したディレクトリ、/dev/mapper/VolGroup00-LogVol02 はマウントする LVM2 論理ボリュームです。パーティションが ext2 又は、ext3 タイプの場合ext4 をそれぞれ ext2 又は、ext3ext2 で入れ替えます。
If you do not know the names of all physical partitions, use the following command to list them:
fdisk -l
If you do not know the names of all LVM2 physical volumes, volume groups, or logical volumes, use the following commands to list them:
pvdisplay
vgdisplay
lvdisplay
From the prompt, you can run many useful commands, such as:
  • ssh, scp, and ping if the network is started
  • dump and restore for users with tape drives
  • parted and fdisk for managing partitions
  • rpm for installing or upgrading software
  • vi for editing text files

19.1.2.1. Reinstalling the Boot Loader

In many cases, the GRUB boot loader can mistakenly be deleted, corrupted, or replaced by other operating systems.
The following steps detail the process on how GRUB is reinstalled on the master boot record:
  • Boot the system from an installation boot medium.
  • Type linux rescue at the installation boot prompt to enter the rescue environment.
  • Type chroot /mnt/sysimage to mount the root partition.
  • /sbin/grub-install bootpart と入力して、GRUB ブート ローダを再インストールします。ここで、bootpart とは、ブートパーティション(通常 /dev/sda)を指します。
  • Review the /etc/grub.d/10_linux file, as additional entries may be needed in the /etc/grub.d/40_custom for GRUB to control additional operating systems.
  • Reboot the system.

19.1.3. Booting into Single-User Mode

One of the advantages of single-user mode is that you do not need a boot CD-ROM; however, it does not give you the option to mount the file systems as read-only or not mount them at all.
If your system boots, but does not allow you to log in when it has completed booting, try single-user mode.
In single-user mode, your computer boots to runlevel 1. Your local file systems are mounted, but your network is not activated. You have a usable system maintenance shell. Unlike rescue mode, single-user mode automatically tries to mount your file system. Do not use single-user mode if your file system cannot be mounted successfully. You cannot use single-user mode if the runlevel 1 configuration on your system is corrupted.
On an x86 system using GRUB, use the following steps to boot into single-user mode:
  1. Press the Esc key at boot time to load the GRUB splash screen, then press any key to enter the GRUB interactive menu.
  2. Select Fedora with the version of the kernel that you wish to boot and type a to append the line.
  3. Go to the end of the line and type single as a separate word (press the Spacebar and then type single). Press Enter to exit edit mode.

19.1.4. Booting into Emergency Mode

In emergency mode, you are booted into the most minimal environment possible. The root file system is mounted read-only and almost nothing is set up. The main advantage of emergency mode over single-user mode is that the init files are not loaded. If init is corrupted or not working, you can still mount file systems to recover data that could be lost during a re-installation.
緊急モードでブートするには、一か所以外は 「Booting into Single-User Mode」 の中にあるようにシングルユーザーモード用に説明してある同じ方法を使用します。 キーワード single をキーワードemergency に入れ換えます。

19.2. Using rescue mode to fix or work around driver problems

A malfunctioning or missing driver can prevent a system from booting normally. Rescue mode provides an environment in which you can add, remove, or replace a driver even when the system fails to boot. Wherever possible, we recommend that you use the RPM package manager to remove malfunctioning drivers or to add updated or missing drivers. If you cannot remove a malfunctioning driver for some reason, you can instead blacklist the driver so that it does not load at boot time.
Note that when you install a driver from a driver disc, the driver disc updates all initramfs images on the system to use this driver. If a problem with a driver prevents a system from booting, you cannot rely on booting the system from another initramfs image.

19.2.1. Using RPM to add, remove, or replace a driver

In rescue mode, you can use RPM to install, remove, or update packages from the installed system, even though you did not boot the installed system. To remove a malfunctioning driver:
  1. Boot the system into rescue mode with the linux rescue command at the boot prompt, or the linux rescue dd command if you need to load a third-party driver from a driver disc. Follow the instructions in 「Booting into Rescue Mode」 and do not choose to mount the installed system as read only.
  2. Change the root directory to /mnt/sysimage/:
    chroot /mnt/sysimage/
  3. Use the rpm -e command to remove the driver package. For example, to remove the kmod-foobar driver package, run:
    rpm -e kmod-foobar
  4. Exit the chroot environment:
    exit
Installing a driver is a similar process, but the RPM package that contains the driver must be available on the system.
  1. Boot the system into rescue mode with the linux rescue command at the boot prompt, or the linux rescue dd command if you need to load a third-party driver from a driver disc. Follow the instructions in 「Booting into Rescue Mode」 and do not choose to mount the installed system as read only.
  2. Make the RPM package that contains the driver available. For example, mount a CD or USB flash drive and copy the RPM package to a location of your choice under /mnt/sysimage/, for example: /mnt/sysimage/root/drivers/.
  3. Change the root directory to /mnt/sysimage/:
    chroot /mnt/sysimage/
  4. Use the rpm -ivh command to install the driver package. For example, to install the kmod-foobar driver package from /root/drivers/, run:
    rpm -­ivh /root/drivers/kmod-foobar-­1.2.0­4.17.el6.i686
    Note that /root/drivers/ in this chroot environment is /mnt/sysimage/root/drivers/ in the original rescue environment.
When you have finished removing and installing drivers, reboot the system.

19.2.2. Blacklisting a driver

As described in 「Booting into Rescue Mode」, the rdblacklist kernel option blacklists a driver at boot time. To continue to blacklist the driver on subsequent boots, add the rdblacklist option to the line in /etc/grub.d/10_linux that describes your kernel. To blacklist the driver when the root device is mounted, add a blacklist entry in a file under /etc/modprobe.d/.
  1. Boot the system into rescue mode with the command linux rescue rdblacklist=name_of_driver, where name_of_driver is the driver that you need to blacklist. Follow the instructions in 「Booting into Rescue Mode」 and do not choose to mount the installed system as read only.
  2. Open the /mnt/sysimage/etc/grub.d/10_linux file with the vi text editor:
    vi /mnt/sysimage/etc/grub.d/10_linux
  3. Identify the default kernel used to boot the system. Each kernel is specified in the 10_linux file with a group of lines that begins menuentry. The default kernel is specified by the default parameter in /etc/default/grub. A value of 0 refers to the first menu entry in the custom script files in /etc/grub.d, a value of 1 refers to the second menu entry, and higher values refer to subsequent kernels in turn. Check the script prior to 10_linux, named 00_header, to ensure you specify the correct kernel.
  4. Edit the linux line of the menu entry to include the option rdblacklist=name_of_driver, where name_of_driver is the driver that you need to blacklist. For example, to blacklist the driver named foobar:
    linux /vmlinuz-2.6.32-71.18-2.el6.i686 ro root=/dev/sda1 rhgb quiet rdblacklist=foobar
  5. Save the file and exit vi.
  6. Create a new file under /etc/modprobe.d/ that contains the command blacklist name_of_driver. Give the file a descriptive name that will help you find it in future, and use the filename extension .conf. For example, to continue to blacklist the driver foobar when the root device is mounted, run:
    echo "blacklist foobar" >> /mnt/sysimage/etc/modprobe.d/blacklist-foobar.conf
  7. Reboot the system. You no longer need to supply rdblacklist manually as a kernel option until you next update the default kernel. If you update the default kernel before the problem with the driver has been fixed, you must edit 10_linux again to ensure that the faulty driver is not loaded at boot time.


[5] Refer to the earlier sections of this guide for more details.

第20章 Upgrading Your Current System

This chapter explains the various methods available for upgrading your Fedora system.

20.1. Determining Whether to Upgrade or Re-Install

Before upgrading to Fedora 17 you should first bring your current version up to date. However, it is not then necessary to upgrade to intermediate versions. For example, you can upgrade from Fedora 14 to Fedora 17 directly.
システムの安定性を確保するにはこの推奨の再インストール方法が最適な方法です。
If you currently use Fedora 16, you can perform a traditional, installation program-based upgrade.
However, before you chose to upgrade your system, there are a few things you should keep in mind:
  • Individual package configuration files may or may not work after performing an upgrade due to changes in various configuration file formats or layouts.
  • Third party or ISV applications may not work correctly following the upgrade.
  • If you have additional third-party package repositories (such as rpmfusion) enabled, note that software installed from those repositories may not function properly after a system upgrade. Fedora does not maintain third-party packages and cannot guarantee that such repositories are up-to-date.
Upgrading your system installs updated versions of the packages which are currently installed on your system.
The upgrade process preserves existing configuration files by renaming them with an .rpmsave extension (for example, sendmail.cf.rpmsave). The upgrade process also creates a log of its actions in /root/upgrade.log.

Warning

As software evolves, configuration file formats can change. It is very important to carefully compare your original configuration files to the new files before integrating your changes.

Note

システム上のデータはすべて必ずバックアップしておいた方がよいでしょう。例えば、アップグレードしたりデュアルブートシステムを構築する場合、ハードドライブ上の保存しておきたいデータはすべて必ずバックアップすべきです。誤ってすべてのデータを喪失する恐れがあるからです。
Some upgraded packages may require the installation of other packages for proper operation. If you choose to customize your packages to upgrade, you may be required to resolve dependency problems. Otherwise, the upgrade procedure takes care of these dependencies, but it may need to install additional packages which are not on your system.
Depending on how you have partitioned your system, the upgrade program may prompt you to add an additional swap file. If the upgrade program does not detect a swap file that equals twice your RAM, it asks you if you would like to add a new swap file. If your system does not have a lot of RAM (less than 256 MB), it is recommended that you add this swap file.

20.2. Upgrading Your System

In most cases, the simplest way to upgrade an existing Fedora installation is with the preupgrade tool. When a new version of Fedora is available, preupgrade downloads the packages necessary to upgrade your installation, and initiates the upgrade process.
Install preupgrade with your graphical package manager, or type yum install preupgrade at the command line and press Enter.
To run preupgrade, type preupgrade at the command line and press Enter.
You can also upgrade a Fedora installation by starting the installation process by any of the methods described in 9章Installing using anaconda. If the installer detects a previous Fedora installation on the system, it will ask you whether you want to upgrade that installation — refer to 「 The Upgrade Dialog 」
The Upgrade Examine screen appears if you have instructed the installation program to perform an upgrade.

Note

If the contents of your /etc/fedora-release file have been changed from the default, your Fedora installation may not be found when attempting an upgrade to Fedora 17.
You can relax some of the checks against this file by booting with the following boot command:
linux upgradeany
Use the linux upgradeany command if your Fedora installation was not given as an option to upgrade.
To perform an upgrade, select Perform an upgrade of an existing installation. Click Next when you are ready to begin your upgrade.
To re-install your system, select Perform a new Fedora installation and refer to 9章Installing using anaconda for further instructions.

第21章 Removing Fedora

We respect your freedom to choose an operating system for your computer. This section explains how to uninstall Fedora.

これらの手順はデータを破損する可能性があります!

If you have data from Fedora that you want to keep, back it up before you proceed. Write your data to CD, DVD, external hard disk, or other storage device.
いつか失敗は発生しますので全てのデータを喪失する可能性があります。予防策として、 同じコンピュータにインストールされている他のオペレーティングシステムからの データもバックアップしておきましょう。
If you back up data from Fedora to be used later in another operating system, make sure that the storage medium or device is readable by that other operating system. For example, without extra third-party software, Microsoft Windows cannot read an external hard drive that you have formatted with Fedora to use the ext2, ext3, or ext4 file system.
To uninstall Fedora from your x86-based system, you must remove the Fedora boot loader information from your master boot record (MBR) and remove any partitions that contain the operating system. The method for removing Fedora from your computer varies, depending on whether Fedora is the only operating system installed on the computer, or whether the computer is configured to dual-boot Fedora and another operating system.
ここにある案内は全てのコンピュータ設定に対しては対処できません。ご使用の コンピュータが3つ又はそれ以上のオペレーティングシステムをブートするように 設定されている場合、又は高度にカスタム化したパーティション設定を持つ場合は、 以下のセクションをパーティション削除の一般的ガイドとして参照しながら、説明 してある各種ツールを使って下さい。このような状況では、選択したブートローダの 設定を学ぶ必要があるでしょう。この課題についての入門案内は 付録E The GRUB Boot Loader で ご覧になれますが、それ以上の詳細案内はこのドキュメントの範疇を越えます。

Microsoft オペレーティングシステムのレガシーバージョン

Fdisk, the disk partitioning tool provided with MS-DOS and Microsoft Windows, is unable to remove the file systems used by Fedora. MS-DOS and versions of Windows prior to Windows XP (except for Windows 2000) have no other means of removing or modifying partitions. Refer to 「Replacing Fedora with MS-DOS or legacy versions of Microsoft Windows」 for alternative removal methods for use with MS-DOS and these versions of Windows.

21.1. Fedora is the only operating system on the computer

If Fedora is the only operating system on your computer, use the installation media for the replacement operating system to remove Fedora. Examples of installation media include the Windows XP installation CD, Windows Vista installation DVD, or the installation CD, CDs, or DVD of another Linux distribution.
Note that some manufacturers of factory-built computers pre-installed with Microsoft Windows do not supply the Windows installation CD or DVD with the computer. The manufacturer may instead have supplied their own "system restore disk", or have included software with the computer that allowed you to create your own "system restore disk" when you first started the computer. In some cases, the system restore software is stored on a separate partition on the system's hard drive. If you cannot identify the installation media for an operating system that was pre-installed on your computer, consult the documentation supplied with the machine, or contact the manufacturer.
選択したオペレーティングシステム用のインストールメディアを発見した時点で:
  1. 保管しておきたいデータをバックアップします。
  2. コンピュータをシャットダウンします。
  3. 入れ替え用のオペレーティングシステムのインストールディスクでコンピュータをブートします。
  4. Follow the prompts presented during the installation process. Windows, OS X, and most Linux installation disks allow you to manually partition your hard drive during the installation process, or will offer you the option to remove all partitions and start with a fresh partition scheme. At this point, remove any existing partitions that the installation software detects or allow the installer to remove the partitions automatically. "System restore" media for computers pre-installed with Microsoft Windows might create a default partition layout automatically without input from you.

    警告

    使用中のコンピュータがシステム復元のソフトウェアをハードドライブのパーティションの 1つに保存している場合、他のメディアからオペレーティングシステムをインストールしている 時にはパーティションの削除に於いて注意が必要です。この状況では、システム復元の ソフトウェアを保管しているパーティションを破壊してしまう可能性があります。

21.2. Your computer dual-boots Fedora and another operating system

If your computer is configured to dual-boot Fedora and another operating system, removing Fedora without removing the partitions containing the other operating system and its data is more complicated. Specific instructions for a number of operating systems are set out below. To keep neither Fedora nor the other operating system, follow the steps described for a computer with only Fedora installed: 「Fedora is the only operating system on the computer」

21.2.1. Your computer dual-boots Fedora and a Microsoft Windows operating system

21.2.1.1. Windows 2000、Windows Server 2000、Windows XP、及び Windows Server 2003 の場合

警告

このプロセスを開始したら、案内の全てを完了するまでコンピュータは起動不可能な状態になります。削除のプロセスを開始する前にこれらの手順を注意して読んで下さい。 これらの案内を他のコンピュータ上で開くか、又はそれを印刷して、このプロセス中に 常にこの案内を見ることができるようにすることを考慮してください。
This procedure relies on the Windows Recovery Console that loads from the Windows installation disk, so you will not be able to complete the procedure without access to this disk. If you start this procedure and do not complete it, you could leave your computer in a condition where you cannot boot it. The "system restore disk" supplied with some factory-built computers that are sold with Windows pre-installed on them might not include the Windows Recovery Console.
これらの案内で説明してある工程内で、Windows リカバリコンソール は使用中の Windows システムの管理者パスワードを 催促してきます。このシステム用の管理者パスワードを知らない場合、又は管理者パスワードが 作成されていないことが判明している場合は、この案内に従わないで下さい。
  1. Remove the Fedora partitions
    1. コンピュータを Microsoft Windows 環境で起動します。
    2. Click Start>Run..., type diskmgmt.msc and press Enter. The Disk Management tool opens.
      The tool displays a graphical representation of your disk, with bars representing each partition. The first partition is usually labeled NTFS and corresponds to your C: drive. At least two Fedora partitions will be visible. Windows will not display a file system type for these partitions, but may allocate drive letters to some of them.
    3. 削除.
  2. Enable Windows to use the space on your hard drive vacated by Fedora (optional)

    注記

    This step is not required to remove Fedora from your computer. However, if you skip this step, you will leave part of your hard drive's storage capacity unusable by Windows. Depending on your configuration, this might be a a significant portion of the storage capacity of the drive.
    余分の領域を使用するために既存の Windows パーティションを拡張するか、又は その領域に新規の Windows パーティションを作成するかを決定します。新規の Windows パーティションを作成する場合は、Windows はそれに新しいドライブ文字を 割り当てて、それがまるで別のハードドライブであるかのように取り扱います。
    既存 Windows パーティションの拡張

    注記

    このステップで使用される diskpart ツールは Windows XP 及び Windows 2003 のオペレーティングシステムの一部としてインストールされています。このステップを Windows 2000 又は Windows Server 2000 が稼働しているコンピュータで実行している場合は、Microsoft のウェブサイトから使用オペレーティングシステム用の バージョンの diskpart をダウンロードすることができます。
    1. Click Start>Run..., type diskpart and press Enter. A command window appears.
    2. Type list volume and press Enter. Diskpart displays a list of the partitions on your system with a volume number, its drive letter, volume label, filesystem type, and size. Identify the Windows partition that you would like to use to occupy the space vacated on your hard drive by Fedora and take note of its volume number (for example, your Windows C: drive might be "Volume 0").
    3. select volume N と 入力します(ここで、N は拡張予定の Windows パーティションの ボリューム番号)。そして、Enter を押します。それから extend と 入力してから Enter を押します。そうすると Diskpart は ハードドライブの残りの領域を占領するように、選択したパーティションを拡張します。それが完了した時点で 通知してくれます。
    新規 Windows パーティションの追加
    1. In the Disk Management window, right-click on disk space that Windows labels as unallocated and select New Partition from the menu. The New Partition Wizard starts.
    2. 新規パーティションのウィザード が提示するプロンプトに 従います。デフォルトのオプションを受け付けると、ツールはハードドライブ上の全ての 利用可能な領域を占領するような新規のパーティションを作成し、それに対して次に 使用可能なドライブ文字を割り当てて、NTFS ファイルシステムでフォーマットします。
  3. Windows ブートローダの復元
    1. Windows のインストールディスクを挿入してコンピュータを再起動します。 コンピュータが起動すると、画面上に以下のメッセージが数秒だけ表示されます:
      Press any key to boot from CD
      メッセージが表示されている間にいずれかのキーを押すと Windows インストールソフトウェアがロードされます。
    2. セットアップにようこを の画面が出てきたら、Windows リカバリコンソール を 開始できます。この手順は Windows バージョン毎にすこし異なります。
      • Windows 2000 及び Windows Server 2000 では、R キーを押してから C キーを押します。
      • Windows XP と Windows Server 2003 では R キーを押します。
    3. Windows リカバリコンソール は Windows インストールを 見るために使用中のハードドライブをスキャンし、そしてそれぞれに番号を割り当てます。 Windows インストールの種類の一覧を表示してその1つを選択するように催促されます。 復元したい Windows インストールに該当する番号を入力します。
    4. Windows リカバリコンソール は Windows インストール用の 管理者パスワードを要求してきます。その管理者パスワードを入力して Enter キーを 押します。このシステム用に管理者パスワードが存在しない場合は、Enter キーを押すだけです。
    5. プロンプトでコマンド fixmbr を入力して Enter を押します。fixmbr ツールは システム用のマスターブートレコードを復元します。
    6. プロンプトが再度出てきたら、exit と入力して Enter キーを押します。
    7. 使用コンピュータが Windows オペレーティング システムを再開始して 起動します。

21.2.1.2. Windows Vista 及び Windows Server 2008 の場合

警告

このプロセスを開始したら、案内の全てを完了するまでコンピュータは起動不可能な状態になります。削除のプロセスを開始する前にこれらの手順を注意して読んで下さい。 これらの案内を他のコンピュータ上で開くか、又はそれを印刷して、このプロセス中に 常にこの案内を見ることができるようにすることを考慮してください。
This procedure relies on the Windows Recovery Environment that loads from the Windows installation disk and you will not be able to complete the procedure without access to this disk. If you start this procedure and do not complete it, you could leave your computer in a condition where you cannot boot it. The "system restore disk" supplied with some factory-built computers that are sold with Windows pre-installed on them might not include the Windows Recovery Environment.
  1. Remove the Fedora partitions
    1. コンピュータを Microsoft Windows 環境で起動します。
    2. 開始 をクリックして 検索の開始 ボックスに diskmgmt.msc と入力して、Enter を押します。そうすると ディスク管理ツールが 開きます。
      The tool displays a graphical representation of your disk, with bars representing each partition. The first partition is usually labeled NTFS and corresponds to your C: drive. At least two Fedora partitions will be visible. Windows will not display a file system type for these partitions, but may allocate drive letters to some of them.
    3. 削除.
  2. Enable Windows to use the space on your hard drive vacated by Fedora (optional)

    注記

    This step is not required to remove Fedora from your computer. However, if you skip this step, you will leave part of your hard drive's storage capacity unusable by Windows. Depending on your configuration, this might be a a significant portion of the storage capacity of the drive.
    余分の領域を使用するために既存の Windows パーティションを拡張するか、又は その領域に新規の Windows パーティションを作成するかを決定します。新規の Windows パーティションを作成する場合は、Windows はそれに新しいドライブ文字を 割り当てて、それがまるで別のハードドライブであるかのように取り扱います。
    既存 Windows パーティションの拡張
    1. ディスク管理 のウィンドウ内で、拡張予定の Windows パーティションを右クリックして、メニューから ボリュームの拡張 を 選択します。ボリューム拡張のウィザード が出てきます。
    2. ボリューム拡張のウィザード で提示されるプロンプトに 従います。提供されたデフォルトを受け付けると、ツールはハードドライブ上で利用可能な 全ての領域を占領するように、選択したボリュームを拡張します。
    新規 Windows パーティションの追加
    1. ディスク管理 ウィンドウ内で、Windows が 未割り当てとして ラベル付けしているディスク領域を右クリックして、そのメニューから 新規単純ボリュームを 選択します。そうすると、新規単純ボリュームのウィザード が始まります。
    2. 新規単純ボリュームのウィザード で提示されるプロンプトに従います。 デフォルトのオプションを受け付けると、ツールはハードドライブ上の利用可能な全ての領域を 占領するような新規のパーティションを作成し、次に利用可能なドライブ文字を割り当てて、 NTFS ファイルシステムでフォーマットします。
  3. Windows ブートローダの復元
    1. Windows のインストールディスクを挿入してコンピュータを再起動します。 コンピュータが起動すると、画面上に以下のメッセージが数秒だけ表示されます:
      Press any key to boot from CD or DVD
      メッセージが表示されている間にいずれかのキーを押すと Windows インストールソフトウェアがロードされます。
    2. Windows のインストール ダイアログで、言語、時刻、貨幣の形式、 及びキーボードのタイプを選択します。それから をクリックします。
    3. コンピュータの修復 をクリックします。
    4. Windows リカバリ環境 (WRE) がシステム上で検出した Windows インストールを表示します。復元したいインストールを選択して、 を クリックします。
    5. コマンドプロンプト をクリックします。コマンドウィンドウが開きます。
    6. bootrec /fixmbr を入力して、Enter を 押します。
    7. プロンプトが再度出てくると、コマンドウィンドウを閉じて、再開始 を クリックします。
    8. 使用コンピュータが Windows オペレーティング システムを再開始して 起動します。

21.2.2. Your computer dual-boots Fedora and Mac OS X

The procedure to remove Fedora from a system that dual-boots Fedora and Mac OS X varies depending on whether you have installed Boot Camp on your computer:
You are not using Boot Camp on your computer
  1. Open the Disk Utility in /Applications/Utilities.
  2. Select the entry on the left for the disk volume containing Fedora.
  3. Click the Partition tab on the right side of the dialog.
  4. Select the Fedora partitions and click the minus button below the partition layout diagram.
  5. Resize your OS X partition to include the newly freed space.
You are using Boot Camp on your computer
  1. Open the Boot Camp Assistant in /Applications/Utilities.
  2. Select Create or remove a Windows partition and click Next.
  3. If your computer has a single internal disk, click Restore.
  4. If your computer has multiple internal disks, select the Linux disk, and then select Restore to a single Mac OS partition. Click Continue.

21.2.3. Your computer dual-boots Fedora and a different Linux distribution

Because of the differences between the many different Linux distributions, these instructions are a general guide only. Specific details vary according to he configuration of your particular system and the Linux distribution that dual-boots with Fedora.
  1. 手順21.1 Remove Fedora partitions
    1. Boot your Fedora installation.
    2. As root or with sudo, run mount. Note the partitions that are mounted. In particular, note the partition that is mounted as the root of the filesystem. The output of mount on a system where the root of the filesystem is on a standard partition such as /dev/sda2 might resemble:
      /dev/sda2 on / type ext4 (rw)
      proc on /proc type proc (rw)
      sysfs on /sys type sysfs (rw)
      devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
      tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,rootcontext="system_u:object_r:tmpfs_t:s0")
      /dev/sda1 on /boot type ext4 (rw)
      none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
      sunrpc on /var/lib/nfs/rpc_pipefs type rpc_pipefs (rw)
      The output of mount on a system where the root of the filesystem is on a logical volume might resemble:
      /dev/mapper/VolGroup00-LogVol00 on / type ext4 (rw)
      proc on /proc type proc (rw)
      sysfs on /sys type sysfs (rw)
      devpts on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
      tmpfs on /dev/shm type tmpfs (rw,rootcontext="system_u:object_r:tmpfs_t:s0")
      /dev/sda1 on /boot type ext4 (rw)
      none on /proc/sys/fs/binfmt_misc type binfmt_misc (rw)
      sunrpc on /var/lib/nfs/rpc_pipefs type rpc_pipefs (rw)
    3. Ensure that any data on this system that you still require is backed up to another system or storage location.
    4. Shut down the system and boot the Linux distribution that you want to keep on the system.
    5. As root or with sudo, run mount. If any of the partitions that you previously noted as used for Fedora are mounted, review the contents of these partitions. If you no longer require the contents of these partitions, unmount them with the umount command.
    6. Remove any unwanted and unnecessary partitions, for example, with fdisk for standard partitions, or lvremove and vgremove to remove logical volumes and volume groups.
  2. Remove Fedora entries from your bootloader

    例としてのみ

    These instructions assume that your system uses the GRUB bootloader. If you use a different bootloader (such as LILO) consult the documentation for that software to identify and remove Fedora entries from its list of boot targets and to ensure that your default operating system is correctly specified.
    1. コマンドラインで su - と 入力し、Enter を押します。 システムが root パスワードを催促するとそのパスワードを入力して Enter を押します。
    2. Type gedit etc/grub.d/10_linux and press Enter. This opens the 10_linux file in the gedit text editor.
    3. A typical Fedora entry in the 10_linux file consists of four lines:
      例21.1 Example Fedora entry in 10_linux
      menuentry "Fedora (2.6.32.130.el6.i686)"
      set root=(hd0,1)
      linux /vmlinuz-2.6.32.130.el6.i686 ro root=UUID=04a07c13-e6bf-6d5a-b207-002689545705 rhgb quiet
      initrd /initrd-2.6.32.130.el6.i686.img

      Depending on the configuration of your system, there may be multiple Fedora entries in 10_linux, each corresponding to a different version of the Linux kernel. Delete each of the Fedora entries from these files
      Save the updated 10_linux file and close gedit.
    4. Type gedit etc/default/grub and press Enter.
    5. The file etc/default/grub contains a line that specifies the default operating system to boot, in the format default=N where N is a number equal to or greater than 0. If N is set to 0, GRUB will boot the first operating system in the list. If N is set to 1, it will boot the second operating system, and so forth. Alternatively, the default value can be the full menu entry.
      デフォルトで GRUB にブートさせたいオペレーティングシステムの エントリを判定して、一覧内でのその順序を確認します。
      default= 行が、一覧内の選択したデフォルトオペレーティングシステムの 順序数値より 1つ少ない 数値を含んでいることを確認します。
      Save the updated grub file and close gedit. If you have Fedora entries in the other script files in the /etc/grub.d directory, use this procedure to remove them in the same way.
  3. オペレーティングシステムに利用可能な領域を作る

    注記

    This step is not required to remove Fedora from your computer. However, if you skip this step, you will leave part of your hard drive's storage capacity unusable by your other Linux operating system. Depending on your configuration, this might be a a significant portion of the storage capacity of the drive.

    注記

    この手順を実行するには、Fedora Live CD や Knoppix DVD などのLinux ディストリビューションのライブメディアが必要になります。
    The method to make the space freed by removing the Fedora partitions available to your other Linux operating system differs, depending on whether your chosen operating system is installed on disk partitions configured to use Logical Volume Management (LVM) or not.
    • LVM を使用しない場合
      1. Boot your computer from Linux live media, and install parted if it is not already present.
      2. As root or with sudo, run parted disk, where disk is the device name of the disk that contains a partition that you want to resize, for example, /dev/sda.
      3. At the (parted) prompt, enter print. The parted tool displays information about the partitions on your system, including their partition numbers, their sizes, and their positions on the disk.
      4. At the (parted) prompt, enter resize number start end, where number is the partition number, start is the location on the disk at which the partition begins, and end is the location on the disk at which you want the partition to end. Use the start position that you previously obtained with the print command, and refer to the parted documentation for different ways to specify the end parameter.
      5. When parted finishes resizing the partition, enter quit at the (parted) prompt.
      6. Run e2fsck partition, where partition is the partition that you just resized. For example, if you just resized /dev/sda3, enter e2fsck /dev/sda3.
        Linux はここで、新しくサイズ変更されたパーティションのファイルシステムをチェックします。
      7. When the file system check finishes, type resize2fs partition at a command line and press Enter, where partition is the partition that you just resized. For example, if you just resized /dev/sda3, type resize2fs /dev/sda3.
        Linux はここで、使用中のファイルシステムをサイズ変更して新しくサイズ変更になったパーティションを 満杯にします。
      8. Restart your computer. The extra space is now available to your Linux installation.
    • LVM を使用する場合
      1. Boot your computer from Linux live media and install fdisk and lvm2 if they are not already present.
      2. ディスク上の空き領域に新規パーティションを作成
        1. As root or with sudo, run fdisk disk, where disk is the device name of the disk where you want to create new space, for example, /dev/sda.
        2. At the prompt Command (m for help):, enter n to create a new partition. Refer to the fdisk documentation for options.
      3. パーティションタイプ識別子の変更
        1. At the prompt Command (m for help):, enter t to change a partition type.
        2. Partition number (1-4): プロンプトで、作成したパーティションの 番号を入力します。例えば、/dev/sda3 と言うパーティションを作成 した場合、数値 3 を入力して Enter を押します。 これで fdisk が変更すべきパーティションタイプを識別します。
        3. At the prompt Hex code (type L to list codes):, enter 8e to create a Linux LVM partition.
        4. At the prompt Command (m for help):, enter w to write the changes to disk and exit fdisk.
      4. ボリュームグループの拡張
        1. コマンドプロンプトで、lvm と入力して Enter を押すことで lvm2 ツールを開始します。
        2. At the lvm> prompt, type pvcreate partition and press Enter, where partition is the partition that you recently created. For example, pvcreate /dev/sda3. This creates /dev/sda3 as a physical volume in LVM.
        3. At the lvm> prompt, type vgextend VolumeGroup partition and press Enter, where VolumeGroup is the LVM volume group on which Linux is installed and partition is the partition that you recently created. For example, if Linux is installed on /dev/VolumeGroup00, you would type vgextend /dev/VolumeGroup00 /dev/sda3 to extend that volume group to include the physical volume at /dev/sda3.
        4. At the lvm> prompt, type lvextend -l +100%FREE LogVol and press Enter, where LogVol is the logical volume that contains your Linux filesystem. For example, to extend LogVol00 to fill the newly-available space in its volume group, VolGroup00, type lvextend -l +100%FREE /dev/VolGroup00/LogVol00.
        5. At the lvm> prompt, type exit and press Enter to exit lvm2
      5. コマンドラインで e2fsck LogVol と 入力して、Enter を押します。ここで LogVol はサイズ変更した論理ボリュームです。例えば、/dev/VolumeGroup00/LogVol00 を サイズ変更した場合は、 e2fsck /dev/VolumeGroup00/LogVol00 と 入力します。
        Linux はここで、新規にサイズ変更になった論理ボリュームのファイルシステムを チェックします。
      6. ファイルシステムのチェックが終了したら、コマンドラインで resize2fs LogVol を入力して、Enterを 押します。ここで、LogVol は先ほどサイズ変更したパーティションです。 例えば、/dev/VolumeGroup00/LogVol00 をサイズ変更した場合、 resize2fs /dev/VolumeGroup00/LogVol00 と入力します。
        Linux はここで、ファイルシステムのサイズを変更してサイズ変更になった新規論理ボリュームを 満杯にします。
      7. Restart your computer. The extra space is now available to your Linux installation.

21.3. Replacing Fedora with MS-DOS or legacy versions of Microsoft Windows

In DOS and Windows, use the Windows fdisk utility to create a new MBR with the undocumented flag /mbr. This ONLY rewrites the MBR to boot the primary DOS partition. The command should look like the following:
fdisk /mbr
If you need to remove Linux from a hard drive and have attempted to do this with the default DOS (Windows) fdisk, you will experience the Partitions exist but they do not exist problem. The best way to remove non-DOS partitions is with a tool that understands partitions other than DOS.
To begin, insert the Fedora DVD and boot your system. When the boot prompt appears, type: linux rescue. This starts the rescue mode program.
You are prompted for your keyboard and language requirements. Enter these values as you would during the installation of Fedora.
Next, a screen appears telling you that the program attempts to find a Fedora install to rescue. Select Skip on this screen.
After selecting Skip, you are given a command prompt where you can access the partitions you would like to remove.
First, type the command list-harddrives. This command lists all hard drives on your system that are recognizable by the installation program, as well as their sizes in megabytes.

Warning

Be careful to remove only the necessary Fedora partitions. Removing other partitions could result in data loss or a corrupted system environment.
To remove partitions, use the partitioning utility parted. Start parted, where /dev/hda is the device on which to remove the partition:
parted /dev/hda
Using the print command, view the current partition table to determine the minor number of the partition to remove:
print
The print command also displays the partition's type (such as linux-swap, ext2, ext3, ext4 and so on). Knowing the type of the partition helps you in determining whether to remove the partition.
Remove the partition with the command rm. For example, to remove the partition with minor number 3:
rm 3

Important

The changes start taking place as soon as you press [Enter], so review the command before committing to it.
After removing the partition, use the print command to confirm that it is removed from the partition table.
Once you have removed the Linux partitions and made all of the changes you need to make, type quit to quit parted.
After quitting parted, type exit at the boot prompt to exit rescue mode and reboot your system, instead of continuing with the installation. The system should reboot automatically. If it does not, you can reboot your computer using Control+Alt+Delete .

パート IV. 技術的付録

The appendixes in this section do not contain instructions that tell you how to install Fedora. Instead, they provide technical background that you might find helpful to understand the options that Fedora offers you at various points in the installation process.

目次

A. An Introduction to Disk Partitions
A.1. Hard Disk Basic Concepts
A.1.1. It is Not What You Write, it is How You Write It
A.1.2. Partitions: Turning One Drive Into Many
A.1.3. Partitions within Partitions — An Overview of Extended Partitions
A.1.4. Making Room For Fedora
A.1.5. Partition Naming Scheme
A.1.6. Disk Partitions and Other Operating Systems
A.1.7. Disk Partitions and Mount Points
A.1.8. How Many Partitions?
B. ISCSI ディスク
B.1. anaconda 内の iSCSI ディスク
B.2. スタートアップ時の iSCSI ディスク
C. ディスク暗号化
C.1. ブロックデバイス暗号化とは?
C.2. dm-crypt/LUKS を使用してブロックデバイスを暗号化
C.2.1. LUKS の概要
C.2.2. インストールの後で暗号化したデバイスにアクセスする方法は?(システムスタートアップ)
C.2.3. 良いパスフレーズの選択法
C.3. Anaconda 内で暗号化したブロックデバイスを作成
C.3.1. 暗号化できるブロックデバイスの種類は?
C.3.2. パスフレーズの保存
C.3.3. バックアップパスフレーズの作成と保存
C.4. インストール後にインストール済みのシステムで暗号化したブロックデバイスを作成
C.4.1. ブロックデバイスの作成
C.4.2. オプション: ランダムデータでデバイスを充填します。
C.4.3. デバイスを dm-crypt/LUKS 暗号化デバイスとしてフォーマットする
C.4.4. マッピングを作成して解読されたデバイスの内容にアクセスできるようにする
C.4.5. マップしたデバイス上にファイルシステムを作成、又はマップしたデバイスを使用して 複雑なストレージ構造の構築を継続する
C.4.6. マッピング情報を /etc/crypttab に追加します。
C.4.7. エントリを /etc/fstab に追加します。
C.5. インストール後の一般的なタスク
C.5.1. 暗号化したブロックデバイスへアクセスをするための追加の手段としてランダムに生成した キーをセットします。
C.5.2. 既存のデバイスに新規のパスフレーズを追加します。
C.5.3. デバイスからパスフレーズ、又はキーを削除します。
D. LVM を理解する
E. The GRUB Boot Loader
E.1. ブートローダとシステムアーキテクチャ
E.2. GRUB
E.2.1. GRUB and the boot process on BIOS-based x86 systems
E.2.2. GRUB and the boot process on UEFI-based x86 systems
E.2.3. Features of GRUB
E.3. Installing GRUB
E.4. GRUB Terminology
E.4.1. Device Names
E.4.2. File Names and Blocklists
E.4.3. The Root File System and GRUB
E.5. GRUB Interfaces
E.5.1. Interfaces Load Order
E.6. GRUB Commands
E.7. GRUB Menu Configuration File
E.7.1. Configuration File Structure
E.7.2. Configuration File Directives
E.8. ブート時にランレベルの変更
E.9. Additional Resources
E.9.1. Installed Documentation
E.9.2. Useful Websites
F. Boot Process, Init, and Shutdown
F.1. The Boot Process
F.2. A Detailed Look at the Boot Process
F.2.1. The firmware interface
F.2.2. The Boot Loader
F.2.3. The Kernel
F.2.4. The /sbin/init Program
F.2.5. ジョブの定義
F.3. Running Additional Programs at Boot Time
F.4. SysV Init Runlevels
F.4.1. Runlevels
F.4.2. Runlevel Utilities
F.5. Shutting Down
G. Logging the Installation
G.1. Log files and formats
G.1.1. Logging on the installed system
G.2. Remote logging with rsyslog
G.3. Remote logging via virtio
H. Other Technical Documentation

An Introduction to Disk Partitions

Note

This appendix is not necessarily applicable to non-x86-based architectures. However, the general concepts mentioned here may apply.
This appendix is not necessarily applicable to non-x86-based architectures. However, the general concepts mentioned here may apply.
If you are reasonably comfortable with disk partitions, you could skip ahead to 「Making Room For Fedora」, for more information on the process of freeing up disk space to prepare for a Fedora installation. This section also discusses the partition naming scheme used by Linux systems, sharing disk space with other operating systems, and related topics.

A.1. Hard Disk Basic Concepts

Hard disks perform a very simple function — they store data and reliably retrieve it on command.
ディスクパーティション設定などの問題を論議する場合、背後にあるハードウェアについて少々の知識を持っていることが重要です。但し、詳細に深入りしてしまう可能性が あります。そこで、この付録では、簡潔化したディスクの図を使用して、ディスクドライブが パーティションされる時に実際に何が起こっているのかを説明する手助けとします。 図A.1「An Unused Disk Drive」 では、新品の未使用のディスクドライブを示しています。
An Unused Disk Drive
Image of an unused disk drive.
図A.1 An Unused Disk Drive

Not much to look at, is it? But if we are talking about disk drives on a basic level, it is adequate. Say that we would like to store some data on this drive. As things stand now, it will not work. There is something we need to do first.

A.1.1. It is Not What You Write, it is How You Write It

経験のあるユーザーなら多分すぐにお分かりでしょう。ドライブを フォーマット する必要があります。フォーマット(通常『ファイルシステムを作る』と言う意味で知られています)とはドライブに情報を書き込んで、未フォーマットのドライブの空白の領域に順番を付けることです。
Disk Drive with a File System
Image of a formatted disk drive.
図A.2 Disk Drive with a File System

図A.2「Disk Drive with a File System」 で判るように、ファイルシステムで与えられる順序には、いくらかのトレードオフがあります:
  • ドライブの使用可能領域のごく一部がファイルシステム自身に関連するデータの保存に使用されますが、これはオーバーヘッド(必要経費)と考えていいでしょう。
  • ファイルシステムは残りの領域を小規模で均一なサイズのセグメントに分割します。 Linux ではこれらのセグメントは ブロック [6]と呼ばれます。
Given that file systems make things like directories and files possible, these trade-offs are usually seen as a small price to pay.
It is also worth noting that there is no single, universal file system. As 図A.3「Disk Drive with a Different File System」, shows, a disk drive may have one of many different file systems written on it. As you might guess, different file systems tend to be incompatible; that is, an operating system that supports one file system (or a handful of related file system types) may not support another. This last statement is not a hard-and-fast rule, however. For example, Fedora supports a wide variety of file systems (including many commonly used by other operating systems), making data interchange between different file systems easy.
Disk Drive with a Different File System
Image of a disk drive with a different file system.
図A.3 Disk Drive with a Different File System

Of course, writing a file system to disk is only the beginning. The goal of this process is to actually store and retrieve data. Let us take a look at our drive after some files have been written to it.
Disk Drive with Data Written to It
Image of a disk drive with data written to it.
図A.4 Disk Drive with Data Written to It

図A.4「Disk Drive with Data Written to It」 で示してあるように 以前に空きブロックだった位置にデータが保管されています。しかし、この図を見るだけでは このドライブに存在するファイルの数量を確実に判定することは出来ません。全てのファイルは 最低でも1つのブロックを使い、その一部は複数のブロックを占有しますのでたった1つの ファイルかも知れないし、多くのファイルがあるかも知れません。もう1つ注意すべき点は使用済みのブロックは連続領域を持つ必要がないことです。使用ブロックと未使用ブロックが 交互に混ざっているかも知れません。これは フラグメンテーション と呼ばれます。フラグメンテーションは、既存パーティションのサイズ変更時に役めを果たします。
As with most computer-related technologies, disk drives changed over time after their introduction. In particular, they got bigger. Not larger in physical size, but bigger in their capacity to store information. And, this additional capacity drove a fundamental change in the way disk drives were used.

A.1.2. Partitions: Turning One Drive Into Many

As disk drive capacities soared, some people began to wonder if having all of that formatted space in one big chunk was such a great idea. This line of thinking was driven by several issues, some philosophical, some technical. On the philosophical side, above a certain size, it seemed that the additional space provided by a larger drive created more clutter. On the technical side, some file systems were never designed to support anything above a certain capacity. Or the file systems could support larger drives with a greater capacity, but the overhead imposed by the file system to track files became excessive.
The solution to this problem was to divide disks into partitions. Each partition can be accessed as if it was a separate disk. This is done through the addition of a partition table.

Note

While the diagrams in this chapter show the partition table as being separate from the actual disk drive, this is not entirely accurate. In reality, the partition table is stored at the very start of the disk, before any file system or user data. But for clarity, they are separate in our diagrams.
Disk Drive with Partition Table
Image of an unused disk drive with a partition table.
図A.5 Disk Drive with Partition Table

図A.5「Disk Drive with Partition Table」 で示してあるように パーティションテーブルは四つのセクション、則ち、四つの プライマリ パーティションに分割されています。プライマリパーティションは 論理ドライブ (又はセクション) を1つだけ含むことができるパーティションです。各セクションは 単独パーティションを定義する為に必要な情報を保持することができます。これはパーティションテーブルが四つまでのパーティションしか定義できないと言う意味です。
Each partition table entry contains several important characteristics of the partition:
  • The points on the disk where the partition starts and ends
  • パーティションが「アクティブ」かどうか
  • パーティションのタイプ
これらの特長について詳しく見てみましょう。開始点と終了点によって実際のパーティションサイズとディスク上の物理的な位置が定義されます。「アクティブ」フラグは幾つかの OS のブートローダーによって使用されます。つまり、「アクティブ」に設定されたパーティションに含まれる OS がブートすることになります。
パーティションのタイプについては少々混乱を招くかもしれません。タイプとは予測されたパーティションの用途を識別する番号です。この表現では曖昧に響くかもしれませんが、それはパーティションの意味がやや曖昧だからです。数種の OS はパーティションタイプを使い分けることで特殊なファイルシステムタイプを表現するとか、フラグを付けて一定の OS に関連しているパーティションを区別とか、起動可能な OS を含んでいるパーティション表示とか、さらにはその 3 つの組合せなどの目的で使用します。
この時点で、この複雑さがどのように実際に使用されるのか不思議に思うかも知れません。 その例として、図A.6「Disk Drive With Single Partition」 を参照して 下さい。
Disk Drive With Single Partition
Image of a disk drive with a single partition.
図A.6 Disk Drive With Single Partition

In many cases, there is only a single partition spanning the entire disk, essentially duplicating the method used before partitions. The partition table has only one entry used, and it points to the start of the partition.
We have labeled this partition as being of the "DOS" type. Although it is only one of several possible partition types listed in 表A.1「Partition Types」, it is adequate for the purposes of this discussion.
表A.1「Partition Types」 に、一般的 (及びあまり知られていない) パーティション タイプとその 16 進数の数値の一覧を示します。
表A.1 Partition Types
パーティションタイプ パーティションタイプ
空白 00 Novell Netware 386 65
DOS 12-ビット FAT 01 PIC/IX 75
XENIX root 02 Old MINIX 80
XENIX usr 03 Linux/MINUX 81
DOS 16-bit <=32M 04 Linux swap 82
Extended 05 Linux native 83
DOS 16-bit >=32 06 Linux extended 85
OS/2 HPFS 07 Amoeba 93
AIX 08 Amoeba BBT 94
AIX bootable 09 BSD/386 a5
OS/2 Boot Manager 0a OpenBSD a6
Win95 FAT32 0b NEXTSTEP a7
Win95 FAT32 (LBA) 0c BSDI fs b7
Win95 FAT16 (LBA) 0e BSDI swap b8
Win95 Extended (LBA) 0f Syrinx c7
Venix 80286 40 CP/M db
Novell 51 DOS access e1
PReP ブート 41 DOS R/O e3
GNU HURD 63 DOS secondary f2
Novell Netware 286 64 BBT ff

A.1.3. Partitions within Partitions — An Overview of Extended Partitions

Of course, over time it became obvious that four partitions would not be enough. As disk drives continued to grow, it became more and more likely that a person could configure four reasonably-sized partitions and still have disk space left over. There needed to be some way of creating more partitions.
Enter the extended partition. As you may have noticed in 表A.1「Partition Types」, there is an "Extended" partition type. It is this partition type that is at the heart of extended partitions.
When a partition is created and its type is set to "Extended," an extended partition table is created. In essence, the extended partition is like a disk drive in its own right — it has a partition table that points to one or more partitions (now called logical partitions, as opposed to the four primary partitions) contained entirely within the extended partition itself. 図A.7「Disk Drive With Extended Partition」, shows a disk drive with one primary partition and one extended partition containing two logical partitions (along with some unpartitioned free space).
Disk Drive With Extended Partition
Image of a disk drive with an extended partition.
図A.7 Disk Drive With Extended Partition

As this figure implies, there is a difference between primary and logical partitions — there can only be four primary partitions, but there is no fixed limit to the number of logical partitions that can exist. However, due to the way in which partitions are accessed in Linux, you should avoid defining more than 12 logical partitions on a single disk drive.
Now that we have discussed partitions in general, let us review how to use this knowledge to install Fedora.

A.1.4. Making Room For Fedora

The following list presents some possible scenarios you may face when attempting to repartition your hard disk:
  • Unpartitioned free space is available
  • An unused partition is available
  • Free space in an actively used partition is available
Let us look at each scenario in order.

Note

Keep in mind that the following illustrations are simplified in the interest of clarity and do not reflect the exact partition layout that you encounter when actually installing Fedora.

A.1.4.1. Using Unpartitioned Free Space

この状況では、既に定義されているパーティションはハードディスク全体に拡がることはありません。定義済みのパーティションの一部ではない未割り当ての領域が残ります。図A.8「Disk Drive with Unpartitioned Free Space」 では、 このような状況を示します。
Disk Drive with Unpartitioned Free Space
Image of a disk drive with unpartitioned free space, where 1 represents an undefined partition with unallocated space and 2 represents a defined partition with allocated space.
図A.8 Disk Drive with Unpartitioned Free Space

図A.8「Disk Drive with Unpartitioned Free Space」 では 1 は領域が割り当てられていない未定義のパーティションを表し、2 は割り当てられた領域で定義済みのパーティションを表します。
If you think about it, an unused hard disk also falls into this category. The only difference is that all the space is not part of any defined partition.
In any case, you can create the necessary partitions from the unused space. Unfortunately, this scenario, although very simple, is not very likely (unless you have just purchased a new disk just for Fedora). Most pre-installed operating systems are configured to take up all available space on a disk drive (refer to 「Using Free Space from an Active Partition」).
Next, we will discuss a slightly more common situation.

A.1.4.2. Using Space from an Unused Partition

この場合、もう使用しなくなった1つ、又は複数のパーティションがあるかも知れません。以前に他のオペレーティングシステムを娯楽で使用していて、それに割り当てていたパーティションが 無用になっているかも知れません。図A.9「Disk Drive With an Unused Partition」 では そのような状況を示します。
Disk Drive With an Unused Partition
Image of a disk drive with an unused partition, where 1 represents an unused partition and 2 represents reallocating an unused partition for Linux.
図A.9 Disk Drive With an Unused Partition

図A.9「Disk Drive With an Unused Partition」 では、1 は未使用のパーティションを示し、2 はLinux 用に未使用パーティションの再割り当てをするところを示します。
If you find yourself in this situation, you can use the space allocated to the unused partition. You first must delete the partition and then create the appropriate Linux partition(s) in its place. You can delete the unused partition and manually create new partitions during the installation process.

A.1.4.3. Using Free Space from an Active Partition

This is the most common situation. It is also, unfortunately, the hardest to handle. The main problem is that, even if you have enough free space, it is presently allocated to a partition that is already in use. If you purchased a computer with pre-installed software, the hard disk most likely has one massive partition holding the operating system and data.
Aside from adding a new hard drive to your system, you have two choices:
破壊的なパーティション再設定
Basically, you delete the single large partition and create several smaller ones. As you might imagine, any data you had in the original partition is destroyed. This means that making a complete backup is necessary. For your own sake, make two backups, use verification (if available in your backup software), and try to read data from your backup before you delete the partition.

Warning

If there was an operating system of some type installed on that partition, it needs to be reinstalled as well. Be aware that some computers sold with pre-installed operating systems may not include the CD-ROM media to reinstall the original operating system. The best time to notice if this applies to your system is before you destroy your original partition and its operating system installation.
After creating a smaller partition for your existing operating system, you can reinstall any software, restore your data, and start your Fedora installation. 図A.10「Disk Drive Being Destructively Repartitioned」 shows this being done.
Disk Drive Being Destructively Repartitioned
Image of a disk drive being destructively repartitioned, where 1 represents before and 2 represents after.
図A.10 Disk Drive Being Destructively Repartitioned

図A.10「Disk Drive Being Destructively Repartitioned」 では、1 は「前」、2 は「後」を示します。

Warning

図A.10「Disk Drive Being Destructively Repartitioned」 で示してあるように、元来のパーティションに存在していたデータは、正しいバックアップなしでは消失します。
非破壊的なパーティション再設定
Here, you run a program that does the seemingly impossible: it makes a big partition smaller without losing any of the files stored in that partition. Many people have found this method to be reliable and trouble-free. What software should you use to perform this feat? There are several disk management software products on the market. Do some research to find the one that is best for your situation.
While the process of non-destructive repartitioning is rather straightforward, there are a number of steps involved:
  • Compress and backup existing data
  • 既存パーティションのサイズ変更
  • 新規パーティションの作成
Next we will look at each step in a bit more detail.
A.1.4.3.1. Compress existing data
As 図A.11「Disk Drive Being Compressed」, shows, the first step is to compress the data in your existing partition. The reason for doing this is to rearrange the data such that it maximizes the available free space at the "end" of the partition.
Disk Drive Being Compressed
Image of a disk drive being compressed, where 1 represents before and 2 represents after.
図A.11 Disk Drive Being Compressed

図A.11「Disk Drive Being Compressed」 では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。
This step is crucial. Without it, the location of your data could prevent the partition from being resized to the extent desired. Note also that, for one reason or another, some data cannot be moved. If this is the case (and it severely restricts the size of your new partition(s)), you may be forced to destructively repartition your disk.
A.1.4.3.2. 既存パーティションのサイズ変更
図A.12「Disk Drive with Partition Resized」 に実際のサイズ変更のプロセスを示します。 実際のサイズ変更操作の結果は、使用するソフトウェアによって異なります。ほとんどの場合では 新しく解放した領域を使用することで、元のパーティションと同じタイプの未フォーマットパーティションが 作成されます。
Disk Drive with Partition Resized
Image of a disk drive with a resized partition, where 1 represents before and 2 represents after.
図A.12 Disk Drive with Partition Resized

図A.12「Disk Drive with Partition Resized」 では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。
It is important to understand what the resizing software you use does with the newly freed space, so that you can take the appropriate steps. In the case we have illustrated, it would be best to delete the new DOS partition and create the appropriate Linux partition(s).
A.1.4.3.3. 新規パーティションの作成
前のステップで判断できるように、新しいパーティションを作成する必要があるかも 知れないし、ないかも知れません。しかし、使用中のサイズ変更ソフトウェアが Linux-認識 タイプでない限り、サイズ変更プロセスで作成されたパーティションを削除する可能性があります。 図A.13「Disk Drive with Final Partition Configuration」 では、その実行例を示します。
Disk Drive with Final Partition Configuration
Image of a disk drive with final partition configuration, where 1 represents before and 2 represents after.
図A.13 Disk Drive with Final Partition Configuration

図A.13「Disk Drive with Final Partition Configuration」 では、1 は「前」を示し、2 は「後」を示します。

Note

The following information is specific to x86-based computers only.
As a convenience to our customers, we provide the parted utility. This is a freely available program that can resize partitions.
If you decide to repartition your hard drive with parted, it is important that you be familiar with disk storage and that you perform a backup of your computer data. You should make two copies of all the important data on your computer. These copies should be to removable media (such as tape, CD-ROM, or diskettes), and you should make sure they are readable before proceeding.
Should you decide to use parted, be aware that after parted runs you are left with two partitions: the one you resized, and the one parted created out of the newly freed space. If your goal is to use that space to install Fedora, you should delete the newly created partition, either by using the partitioning utility under your current operating system or while setting up partitions during installation.

A.1.5. Partition Naming Scheme

Linux がディスクパーティションを表現する際には文字と数字の組合せを使用しますが、これは特にハードディスクやパーティションを 「C ドライブ」の様に表すことに慣れている人々にとっては混乱のもとになるかもしれません。DOS や Windows の世界では、以下の様にしてパーティションに名前が付けられています。
  • 各パーティションのタイプがチェックされ、DOS/Windows で読み取れるかどうか調べられます。
  • パーティションのタイプが互換性を持つものであれば、「ドライブ文字」が割り当てられます。ハードディスクドライブの文字は「C」から始まり、ラベルを付けるパーティションの数により、次の文字へ進みます。
  • The drive letter can then be used to refer to that partition as well as the file system contained on that partition.
Fedora uses a naming scheme that is more flexible and conveys more information than the approach used by other operating systems. The naming scheme is file-based, with file names in the form of /dev/xxyN.
Here is how to decipher the partition naming scheme:
/dev/
This is the name of the directory in which all device files reside. Since partitions reside on hard disks, and hard disks are devices, the files representing all possible partitions reside in /dev/.
xx
The first two letters of the partition name indicate the type of device on which the partition resides, usually either hd (for IDE disks) or sd (for SCSI disks).
y
This letter indicates which device the partition is on. For example, /dev/hda (the first IDE hard disk) or /dev/sdb (the second SCSI disk).
N
The final number denotes the partition. The first four (primary or extended) partitions are numbered 1 through 4. Logical partitions start at 5. So, for example, /dev/hda3 is the third primary or extended partition on the first IDE hard disk, and /dev/sdb6 is the second logical partition on the second SCSI hard disk.

Note

There is no part of this naming convention that is based on partition type; unlike DOS/Windows, all partitions can be identified under Fedora. Of course, this does not mean that Fedora can access data on every type of partition, but in many cases it is possible to access data on a partition dedicated to another operating system.
Keep this information in mind; it makes things easier to understand when you are setting up the partitions Fedora requires.

A.1.6. Disk Partitions and Other Operating Systems

If your Fedora partitions are sharing a hard disk with partitions used by other operating systems, most of the time you will have no problems. However, there are certain combinations of Linux and other operating systems that require extra care.

A.1.7. Disk Partitions and Mount Points

Linux を始めて使用される多くの人々に取って混乱を招きやすい事柄のひとつは、どの様に Linux がパーティションを使い、アクセスするかと言う問題です。これは DOS/Windows の中では比較的簡単なことです。各パーティションは「ドライブ文字」を持っており、この「ドライブ文字」を使用して関連するパーティション上のファイルやディレクトリを参照します。
This is entirely different from how Linux deals with partitions and, for that matter, with disk storage in general. The main difference is that each partition is used to form part of the storage necessary to support a single set of files and directories. This is done by associating a partition with a directory through a process known as mounting. Mounting a partition makes its storage available starting at the specified directory (known as a mount point).
例えば、パーティション /dev/hda5/usr/ に マウントされている場合、これは /usr/ の基にある全てのファイルとディレクトリは物理的に /dev/hda5 上に存在することになります。 そして、ファイル /usr/share/doc/FAQ/txt/Linux-FAQ/dev/hda5 に保存され、ファイル /etc/gdm/custom.conf はそこには保存されません。
Continuing our example, it is also possible that one or more directories below /usr/ would be mount points for other partitions. For instance, a partition (say, /dev/hda7) could be mounted on /usr/local/, meaning that /usr/local/man/whatis would then reside on /dev/hda7 rather than /dev/hda5.

A.1.8. How Many Partitions?

At this point in the process of preparing to install Fedora, you must give some consideration to the number and size of the partitions to be used by your new operating system. The question of "how many partitions" continues to spark debate within the Linux community and, without any end to the debate in sight, it is safe to say that there are probably as many partition layouts as there are people debating the issue.
これを心に留めている状態で、他の方法で実行する理由がない限りは、少くとも以下のようなパーティションの作成が推奨されます: swap/boot/、及び、 / (root)。
詳細は、「Recommended Partitioning Scheme」 を参照して下さい。


[6] ブロックは、ここにあるイラストとは異り、実際には均一な サイズを持ちます。覚えておくべき事は、平均的ディスクドライブは数千のブロックを含んでいるという事です。しかしここにある説明の為の例が実際とは異ることを承知して下さい。

ISCSI ディスク

iSCSI (Internet Small Computer System Interface) は、 SCSI の要求と応答が TCP/IP 上で運用されることでコンピュータがストレージデバイスと 通信できるようにするプロトコルです。iSCSI は標準の SCSI プロトコルを土台にしているため、 SCSI の用語を一部使用します。要求の送信先(及び要求に応える)SCSI バス上のデバイスは ターゲットと呼ばれており、要求を発行しているデバイスは イニシエータと呼ばれます。言い替えると、iSCSI ディスクはターゲットであり、 SCSI コントローラ、又は SCSI Host Bus Adapter (HBA) に相当する iSCSI ソフトウェアがイニシエータです。 この付録は、Linux を iSCSI イニシエータとしてのみ説明します。それは Linux が iSCSI ディスクを 使用する方法を示し、Linux のホストが iSCSI ディスクを使用方法ではありません。
Linux は、SCSI HBA の位置とその型式を取るソフトウェア iSCSI イニシエータを カーネル内に持っており、Linux が iSCSI を使用できるようにします。しかし、iSCSI が 完全にネットワークベースのプロトコルであるため、iSCSI イニシエータのサポートは ネットワーク上で SCSI パケットを送信する能力だけよりももっとニーズが大きくなります。 Linux が iSCSI ターゲットを使用できるためには、Linux はネットワーク上でターゲットを探して、 それに接続する必要があります。一部のケースでは、Linux はターゲットへのアクセスを取得するため、 認証情報を送信しなければなりません。Linux はまた、ネットワーク接続上の障害を検出して、 必要であれば再ログインも含む、新規接続も確立する必要があります。
発見、接続、及びログインは iscsiadm ユーティリティに よってユーザースペース内で処理されます。そしてエラー処理は、 iscsid に よってユーザースペース内で処理されます。
Both iscsiadm and iscsid are part of the iscsi-initiator-utils package under Fedora.

B.1. anaconda 内の iSCSI ディスク

Anaconda は iSCSI ディスクを2つの方法で発見(及びログイン)できます:
  1. anaconda がスタートする時、BIOS、又はシステムの後付けブート ROM が iSCSI Boot Firmware Table (iBFT) をサポートするかどうかを チェックします。iBFT は iSCSI からブートできるシステム用の BIOS 拡張です。BIOS が iBFT をサポートする場合は、anaconda は BIOS から 設定済みブートディスク用の iSCSI ターゲット情報を読み込んで、このターゲットへ ログインします。これによりターゲットはインストールターゲットとして利用可能に なります。
  2. インストール中に、特殊化したストレージデバイス オプションを選択すると、ストレージデバイス選択の画面が 高度なターゲットを追加(Add Advanced Target) ボタンを表示します。このボタンをクリックすると、「発見 IP アドレス」などの iSCSI ゲスト情報を追加することができます。Anaconda はその該当する IP アドレス を探索してそれが見つけるターゲットのいずれかにログインします。iSCSI ターゲット用に 指定できる詳細については 「 Advanced Storage Options 」 をご覧下さい。
anaconda が、iSCSI ターゲットを見つけてログインするために iscsiadm を使用すると、iscsiadm は 自動的にこれらのターゲット情報を iscsiadm iSCSI データベースに保存します。Anaconda は それから、このデータベースをインストール済みのシステムにコピーして / のために使用されていない iSCSI ターゲットのいずれかをマークして、システムが開始するときにそれらに自動的に ログインできるようにします。/ が iSCSI ターゲット上に配置されている場合は、 initrd がこのターゲットにログインして、anaconda は スタートアップスクリプトにこのターゲットを含めないようにして、同じターゲットへの複数ログイン試行を回避します。
/ が iSCSI ターゲット上に配置されている場合、anaconda は インストールプロセス中にアクティブであったネットワークインターフェイスを無視するように NetworkManager をセットします。 これらのインターフェイスは、システムがスタートする時に initrd で でも設定できます。NetworkManager がこれらのインターフェイスを再設定することに なれば、システムは / への接続を失います。

B.2. スタートアップ時の iSCSI ディスク

ISCSI 関連のイベントがシステム開始時に多くの場所で発生する可能性があります:
  1. initrd 内の init スクリプトは / の ために使用される iSCSI ターゲット(存在すれば)にログインします。これは iscsistart ユーティリティを使用して実行されます(iscsid の実行無しで機能します)。
  2. root ファイルシステムがマウントされて、各種サービスの initscript が実行されると、 iscsid initscript がコールされます。 その後、いずれかの iSCSI ターゲットが / のために使用されているか、 又は iSCSI データベース内のいずれかのターゲットが自動的にログインするようにマークされている場合に、 この initscript は iscsid をスタートします。
  3. 旧来のネットワークサービススクリプトが実行された後(又は、有効な場合に実行される状態であった時)、 iscsi initscript が稼働します。ネットワークがアクセス可能な場合、iscsi initscript は 自動ログインの マークがある iSCSI データベース内のいずれかのターゲットにログインします。ネットワークがアクセス出来ない場合は、 このスクリプトは静かに終了します。
  4. ネットワークにアクセスするために(旧来のネットワークサービススクリプトの代わりに)NetworkManager を 使用している場合、NetworkManager が iscsi initscript をコールします。

    重要

    NetworkManager/usr 内にインストールされているため、/usr が、iSCSI ターゲットなどのネットワーク付帯のストレージ上に ある場合は、NetworkManager を使用してネットワーク アクセスを設定することは出来ません。
システムがスタートする時点に iscsid が 必要でない場合は、それは自動的に開始しません。iscsiadm を開始している場合は、iscsiadmiscsid を開始します。

ディスク暗号化

C.1. ブロックデバイス暗号化とは?

ブロックデバイスの暗号化はブロックデバイス上のデータを暗号化することにより保護します。 解読されたデバイスの内容を得るには、 ユーザーは認証としてパスフレーズやキーを入力しなければなりません。 これにより既存のオペレーティングシステムのセキュリティ構