Product SiteDocumentation Site

Fedora 20

リリースノート

Fedora 20 のリリースノート

Logo

編集者

Docs Team Fedora [FAMILY Given]

法律上の通知

Copyright © 2013 Fedora Project Contributors.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. The original authors of this document, and Red Hat, designate the Fedora Project as the "Attribution Party" for purposes of CC-BY-SA. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, JBoss, MetaMatrix, Fedora, the Infinity Logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
For guidelines on the permitted uses of the Fedora trademarks, refer to https://fedoraproject.org/wiki/Legal:Trademark_guidelines.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
All other trademarks are the property of their respective owners.
概要
このドキュメントは Fedora 20 のリリースノートを提供します。Fedora 19 と比較して Heisenbug において提供される主要な変更について説明しています。すべての変更の詳細な一覧は、Fedora テクニカルノートを参照してください。

1. Fedora 20 へようこそ
1.1. Fedora へようこそ
1.2. 概要
1.3. ハードウェアの概要
1.4. アーキテクチャ固有のコンテンツ
1.5. フィードバック
2. Fedora の変更点 - システム管理者向け
2.1. インストール
2.2. セキュリティ
2.3. ファイルシステム
2.4. 仮想化
2.5. データベースサーバー
2.6. メールサーバー
2.7. Samba
2.8. システムデーモン
3. Fedora の変更点 - デスクトップユーザー向け
3.1. デスクトップ
3.2. ネットワーク
3.3. 国際化
3.4. 印刷
4. Fedora の変更点 - 開発者向け
4.1. 開発
4.2. GCC ツール
4.3. Haskell
4.4. ウェブ開発
5. Fedora の変更点 - 特定の方向け
5.1. 回路設計
5.2. アマチュア無線
A. コントリビューター
A.1. 執筆者
A.2. 翻訳者
B. 改訂履歴
索引